風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

赤色エレジー

先月下旬の日経新聞の文化面に、「わが青春の漫画 十選」と題する記事が連載された。その10回目が林静一「赤色エレジー」、弥生美術館学芸員 松本品子。あがた森魚の大傑作として歌は知っていたが、漫画の原作があるとは知らなかった。多分当時は知っていたと思われるも、実物を見ていないので記憶から完全に消失したのだろう。紙面に二コマが添えられていて、それに対する氏の感想文にしびれた。
 夢と挫折、貧しさ、現実の残酷さ、哀しみ、生活苦……それを一枚でこんなにも美しく描けるなんて。一郎と幸子のエレジー(哀歌)が、私たちの心を締め付ける。
70年5月号「月刊漫画ガロ」赤色エレジー文化面

ここまで書かれると是非読んでみたくなり、アマゾンで検索、値段がいろいろある中で「中古品・非常に良い、帯あり」という高価な部類の2000円の出品を購入した。数日で届いた本は多分新品、2008年12月第一刷発行で定価1900円だった。写真の通りかなり分厚い本。
赤色エレジー」

おそるおそるページをめくる。なんだか雑な印象の絵が並んでいる。そして脈絡のない短い言葉がぽつんぽつんと入ってくる。決して上手ではない多数の心象風景。そもそもコマとコマのつながりもセリフのつながりも飛躍が多くてついて行けない。読み終えても何がいいのかわからなかった。この手の漫画は読者と作品がシンクロしないと理解できない・・・。

というようなことを書こうと思って再読した。驚いたことに支離滅裂な印書のコマやセリフの間が見事に埋まって、幸子と一郎の世界にシンクロしている自分がいた。前回はただの読解力不足だったらしい。氏の感想文の一節にこうあった。

それにしても、暗い。暗いのだ。

なのに絵柄はポップである。作中では、唐突にイラストが挿入され、所々飛躍するコマとコマの間に一郎と幸子のセリフにならない言葉が沈み込む。今読んでも新鮮で、シビれる。


絶賛するほどではないもののいい本を手に入れたような気がする。
スポンサーサイト

雨に打たれて

昨夜から10時前まで雨。雨上がりに最後の庭の見回り。雨に打たれた花もなかなか風情がある。

今日は終戦記念日というよりお盆最後の日。昨日が帰省ラッシュのピークだったらしいが、程度の差こそあれ今日の夕方も渋滞は必至なので11時前に出発した。水上ICに入った段階で車の量は少々多めだったものの順調な流れ、ところが赤城ICの先を先頭に渋滞が。赤城高原SAから先は渋川伊香保ICまで一方的な下りにもかかわらず何故渋滞が発生するのか全く渋滞発生のメカニズムに想像がつかない。

まだ昼過ぎというのに前橋ICから先も小規模な渋滞が時々発生し、嵐山PAで軽食休憩をとったものの、結局帰宅するまで4時間15分かかった。普段の平日の午後に較べ1時間以上余計。写真など撮らなければもう少しあっさり帰れたと思うが、お盆最終日でこれで済めば上出来と納得。

ギボウシの仲間 
オオマツヨイグサ20170815-3.jpg
チョウセンヨメナ20170815-4.jpg
ルドベキアと某20170815-5.jpg
カンゾウの仲間20170815-2.jpg

明川散策

雲がちの空ではあったが、太陽も時折顔を出すので久しぶりに午後からカメラを携え明川の散策に出かけた。今回は航空写真を添え撮影ポイントの開示という新企画で紹介。
201708明川散策路

町道を下りポイントAから明川の村を俯瞰。棚田の谷間ではあるが上半分以上は耕作放棄地。


宝台樹に抜ける町道を行き、榛名神社の前の杣道へはいる。歩く人もなく夏草が繁るなか30メートルも下ると望岳台(ポイントB)。村人が作ったもので名所でも何でもないが、村が一望でき、天気が良いと朝日岳の稜線が正面に見える。
20170814-2.jpg 20170814-3.jpg

この道にも古老の大坪さんが提唱し、ボランティアが寄付した明川千本桜が植えられており、我が家も各自の名前で4本寄贈した。平成20年に植えた桜は立派に育ち毎年満開になる。今でも名札が付けられたまま(左)。更に下ると大きな檻があり、中に林檎がたくさん転がっていた。多分クマ用なのだろう、札には7月1日から9月30日まで設置とあった(右)。
20170814-4.jpg 20170814-5.jpg

檻の仕掛けの少し先に道があり、田んぼにおりた。この辺りでは棚田は水田になっている。早稲は稲の花を付けていて、実が膨らんでいた(ポイントC)。
20170814-6.jpg 20170814-7.jpg

村の真ん中、すなわち谷の真ん中に広い農道がある(CからD)。両側にやはり寄付された桜が並ぶ。
20170814-10.jpg

その農道の左の墓山が二つある。その他にも墓地が2-3あり、明らかに家の数より墓石の数の方がはるかに多い。
20170814-8.jpg 20170814-9.jpg

晩稲は満々と水を湛え、放棄田は花野に。
20170814-11.jpg 20170814-12.jpg

こんなものもある。20170814-13a.jpg

恒久的降雨対策施設

幸い今回雨に降られることはなかったが、これから秋にになると夕方しぐれることが多くなる。そうはいっても実際に食事中雨に降られることはそれほど多いわけではないので、その都度対処療法的にしのいできた。今日は妻が帰る日なので時間の制約もあり、ゴルフでも出かける気分でもないので、午前中から恒久的降雨対策施設の建造に着手した。

雨というのは、ぽつんと降り出してから本降りになるまで5分以上の間がある。だから5分以内に準備できるよう技術の粋を凝らした設計にした。これがほぼ完成形。多少これから手を加えるものの自己満足の極致。これからは雨が降るのが楽しみ。


そんな作業中、妻が、長女が6月にスペインにヒマワリを見に行った時の写真をFBにアップしたといって、タブレットを持ってきて見せてくれた。凄い。一枚拝借して昨日のブログに添付。

昔と今

津南方面へ行こうかと昨夜話していたのだが、今朝の雨雲レーダーを見ると2時ぐらいまで雨が降る。じゃあ雨の降らない近場へ、ということで玉原ラベンダーパークへ行くことにした。

30年近い昔、まだ小さい子供たちを連れて何回か行ったスキー場が玉原。その後、いつ頃かも定かでないが一度ラベンダーパークにも行ったことがある。ということで珍しくもないのだが、昔に比べてきっと立派になってるに違いないという期待の元に出かけた。お盆休みのせいか駐車場はほぼ満杯。


入り口は昔のまま、通り抜けるとスイスの民族衣装を着たお姉さんがアルプスホルンを吹いていた。ちょうどショータイムの始まった時間だった。それほど感動的なものではないのだが、「アルプスホルンの体験を!」という看板があり、妻が吹いてみたい、というので30分ほど彼女の演奏やおしゃべりを聴く。ショーが終わると、吹いたり触ったりしませんか、との言葉に手を挙げて妻が一番で挑戦。実にきれいに鳴る。右手前の黄色とピンクの子供が次に挑戦。上手い。トロンボーンをやっているとか。続いて挑戦、ちょっと緊張して最初ならなかったものの情けない音で鳴ることはなった。
20170812-2.jpg 20170812-3.jpg

超初心者向けの緩斜面をラベンダー畑へと登るというか歩く。ここはまるでスキーが止まってしまいそうなほどの緩斜面。だから、当時としては子供の初体験としてはちょうど良かった。しばらく歩くと目の前にラベンダー畑が・・・。
20170812-4.jpg 20170812-5.jpg

これまで富良野とか九重とかでラベンダー畑を見たが、玉原のラベンダー畑は絶句するほどしょぼい。少々満開の時期を過ぎている点は同情するものの、ラベンダーの密度が低く、背も低いし、ボリュームに欠けるし、枯れた株はあるし、畑にはスギナがいっぱい生えているし、といい所がない。実は、ラベンダーを庭に何度か植えたことがあるのだが、いつも絶滅した。学習した結論は雪に半年も埋まる環境ではラベンダーは育たないということ。ここ玉原も雪は多い。大ラベンダー畑になっていると思ったのは、思えば大妄想だった。せめてもと、恰好を付けさせてあげた写真。
20170812-6.jpg 20170812-7.jpg

(追記)ヒマワリ畑に続き、14日に娘がフランスはプロバンスで撮ったラベンダー畑の画像を妻に送ってきた。昔バンコクで有名ブランドの金ぴかの時計を路上で一個1000円ぐらいで売っていたいたことを思いだす。
received_1423876524356689.jpeg


ラベンダーの看板は外せないからどうしよう、と思ったかどうか知らないが、ヒマワリ畑があった。それほど大きなものではないのだが、それらしい写真は撮れる。
20170812-8.jpg 20170812-9.jpg

そういえば昔「ヒマワリ」というイタリア映画があったな。
20170812-10.jpg

(追記)13日に娘がFBにアップしたスペインのセビリアのヒマワリ畑。花の大きさも違うし、1000倍ぐらい規模も違うのだろう。
FB_IMG_1502589418227.jpg


営業努力としてこんなものも。
20170812-11.jpg 20170812-12.jpg

お昼を玉原のレストハウスで食べ、道の駅川場田園プラザに行くことに。妻が行きたいという。ここも時期が不明なぐらい昔に行ったことがあり、2-3棟ほどの店が広大な敷地に散在したそれはそれは淋しい道の駅だった記憶がある。それが、今は「関東の好きな道の駅」ランキングで5年連続1位を記録したという(2004-2008)。その他2015年に観光庁長官表彰やらなにやら勲章はたくさん獲っているらしい。へえー。行ってびっくり、昔日の面影は全くなく、たくさんある駐車場はぎっしり、人も一杯。わざわざここを目的として来る人もいるそうだ。確かに、これが道の駅?というようなたたずまい。ここは平成5年にオープン、その後一軒ずつ店が増えて現在に至ったそうだ。20年という時間の長さに暫し感動。
20170812-21.jpg 20170812-22.jpg 20170812-23.jpg

なんだか疲れたので、まっすぐ帰る。望郷ラインを途中右折して上牧へ出る道を通ったら1時間かからずに帰ってしまった。意外と近いのでびっくり。


20170812-31.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック