風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

南沙諸島の現在

先日の「弾道ミサイルの」記事に、「・・・だから北朝鮮はミサイルを発射しない。それが軍事的抑止力。日本には安保反対という日本人がいるそうだが。」と書いた。もし日米安保条約がなかったら、北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込んでも恐れるものがない。そうなれば多分中国が「北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込んだのは遺憾である」とコメントし、国連が制裁案を出すも中国とロシアの反対で非難声明を出しておしまい。

そんな中国の南沙諸島開発状況を記しておく。防衛省は「防衛白書」なる日本の防衛力や日本近隣の軍事情勢に関する教科書のようなものを公開しており、スパイなど派遣しなくても日本周辺の概況が一望にわかる。南沙諸島問題についてはH27年版から写真付きで説明されるようになった。これが公開されたのは2016年だろう。一方、このブログで「南沙諸島で何が起きているか」と題し現況を紹介したのが2015年3月15日→こちら。2年以上前になる。その後マスコミや政府も口に出すようになった。
H28防衛白書

白書にも触れられているのだが、防衛省は昨年12月に「南シナ海における中国の活動」と題する資料を公開している。全36ページの大量の写真や図の入った大変優れた資料。そこから抜粋して現状を記す。現在8つの環礁の埋め立てが終了し、飛行場等のインフラも多くの島でほぼ完成している。その面積は合計12.9平方キロメートル。小さそうに見えるが、お台場全体でが1平方キロ程なのでその13個分。これをわずか3年間で大陸からの遠隔地に造成したのだからこの技術力は絶賛に値する。

201612南沙1
1平方キロ 201612南沙4

中でも印象的なのがスピ環礁の開発。大分経験を積んだ後なのでノウハウと経験が蓄積されたのだろう。2015年1月には美しい環礁に過ぎなかった島が、1年4か月後には3000メートル滑走路を含む巨大な島に変身した。多分「美しい海を守れ!」という反対派は中国に居なかったに違いない。
201612南沙2
201612南沙3

ここは国際的には各国が主権を主張する紛争地域であるが、中国が主権を主張しているので中国領土。これを世界は容認した。尖閣諸島も同じ論理構造で中国が主権を主張している。大きな違いは尖閣列島はアメリカが日本の領土だと公言していること。もしアメリカがいなかったら、中国は一年半で尖閣列島を大規模に開発していた可能性は否定しがたい。そんな時でも、国会は与野党が対応方針について不毛な時間を費やし、日本外務省は中国を刺激しない様「遺憾の意」を強く申し入れているような気がする。
スポンサーサイト

地球一周達成

昨日、山荘から帰る途中で新車購入時からの累計走行距離が4万キロメートルを超えた。4万キロというのは地球の円周にあたり、地球を一周したことになるわけだ。これを3年8か月で達成した。他人にとってはどうでもいいことだが、運転手にとってはそれなりに感慨深い。もちろん目的ではなく経過点。
購入後二か月目頃 

さて東京の反対側に当たるのが、実はブラジルではなく、正確にはウルグアイの沖の海上。地球を一周したという事はこのポイントを通過してきたことになる。ここでクイズ。地球が完全な球でかつ平坦かつ自動車で走行可能とした時、東京からこの地球の裏側のポイントに直行するにはどの方向に進むのが最短か?
世界地図


答えはどの方向でも同じ。東京から東北道で青森を目指しても、北朝鮮経由でも、ジンバブエでもグリーンランドでも南極でも(以下略)、どこを目指そうが真直ぐ進めば距離は同じ。大発見だと思ったがどうも常識だったらしい。

Monday満ちる?

「Monday満ちる」と言っても知っている人は少ないだろう。そんな彼女のライブに行ってきた。私も全く知らなかったし、何者かも調べもしなかった。「ビルボード」に行くと必ずアンケート用紙を渡されるが、妻が昨年行った際に書いたアンケートが抽選で当たり、今日の「Monday満ちる」のライブにペアでご招待となった次第。
 20170425-2.jpg

「ビルボード」に来たのは2014年2月24日のLarry Carlton以来3年ぶり(やはりブログは便利、すぐ調べることができる)。ここはライブ会場ではなく、ライブレストランというのが正しい認識。食事をとらなくても厭な顔はされないが、普通にビールと前菜3種盛りとピザを頼んで開演を待つ。ガラガラかと思ったが杞憂でほぼ満席。

開演と共にマイケルジャクソンみたいな雰囲気のおばさんが現れた。デビュー30周年記念だそうで御年53歳、なんだかやけに明るいおば様だった。知らない曲ばかりだが雰囲気はクルセイダーズの「ストリートライフ」やChicの「Good times」に似ている感じ。バックミュージシャン、特にドラムがよく、彼女はボーカルとフルート、若い頃は相当上手かったろうと思わせる歌いぶりで心地よい。ライブというのは知らない人や知らない曲でも嗜好が合えば十分に楽しめる。なんとなく得をした気分。
20170425-3.jpg

残雪の上野原

なんという青い空。午前中に家の周りを片付け、昼食後ドライブに出かける。まず、前回行けなかった八木沢ダムに。が、未だ通行止め、GWまで観光客を入れない方針なのだろう。

半分想定していたので、前回感動ものだった上野原へ、宝台樹スキー場の先の大雪原だ。前回は街靴、といってもウォーキングシューズ、だったのでグチョグチョになったのに懲り、今回は長靴を履いて来た。行くと偶々先客がいた。ネクタイを締めジャケットを着た40代と思われるおじさん。雪の様子を見に来たという。来週野焼きをする予定だそうだ。残雪はたっぷり残っているのだが、車道の傍は一部雪が消えていた。雪の形状から一部除雪したようだ。野焼きをすることにより葦をを生やして屋根葺きの材料にするのだという。山火事のリスクがあるので残雪期にやるのだとか。

そんな話の後分かれて高みへすすむ。見事な根明けの楢や山毛欅の残雪の斜面を登る。若い頃、GWは毎年上越国境の残雪の山に入っていたことを思いだす。人がほとんどいなかったから。なぜか上の急斜面に入ると雪が少なり稜線部に行くのを諦め、誰もいない雪原の奥へと向かう。目の前は雪原と上越国境の山々の大パノラマ。カメラを持たなかったことを暫し後悔するも、幸せ感一杯。ここは残雪期のピクニックとして最高の穴場だ。テントを持って泊まったらしあわせ感で一杯になれそう。

カメラがないので前回の撮影画像から。高みに登ったり、雪原の奥まで行ったので前回よりはるかに良かったが、印象はあまり変わらない。
20170410-51.jpg

国境の山々は朝日岳を中心に西は仙ノ倉岳から、北というか右は巻機山まで一望に広がる。これは下手な山に登るよりすごい。なお下の写真では朝日岳の少し北の稜線までしか映っていない。
20170410-52.jpg

時間がたっぷりあったので、宝台樹スキー場を横切る林道に入った。道は完全に除雪され両脇は雪の壁。60センチぐらいあり、スキー場は完璧な滑降可の状態。車二台で行けばファミリーゲレンだけだがタダで滑れる。

尾根の向こう側の谷へ出たので「裏見の滝」へ。ここも完全に除雪されているが駐車場は雪の壁。滝に下る道を見つけ、残雪をガシャガシャ踏んで滝を目指す。残雪の様相からして誰も通った雰囲気がない。今年初の訪問者かもなどと思いながら下るとすぐ滝の轟音が聞こえた。雪解けとあってすごい水量。行き止まりのコンクリートの観望台では鉄柵が外されていた。高所恐怖症ながらも下を覗くが、それほど高いわけではなかった。戻ると立ち入り禁止の札が倒れているのに気が付いた。やはり、今年一番乗りだったらしい。

今日の夕方に似た写真を探す。2015年4月12日撮影、雪が少々多いが雰囲気はかなりいい感じ。
20150412-02.jpg

雪囲い解く

これは俳句の春の季語。週末にロンドンの娘が休暇で帰国するので、わずかな暇を見つけてやって来た。今朝、水上高原ホテルのライブカメラを覗くと、やはりかなりの雪が残っている。藤原アメダスはとっくに積雪無しと言っていたけど・・・。
20170423.png

春というのに真青な空。庭の残雪は減っているとはいえ30-60センチほど、要するに完全な雪野原。3時前に着いたので、冬囲いを解き、雪から菰巻きしたアジサイなど掘り出し青いビニールシートを外した。雪が多かったので結構バキバキ折れている。物置の瓦が一枚砕けていて、ドアの飾りのドラゴンの頭が地面に落とされていた。

なぜ写真がないかというとカメラを忘れたから。関越に乗ってから気が付いた。天気が良いのに写真を撮れないのは残念だが、カメラを忘れたことに衝撃を覚えた。このようにしてボケていくのだろうか?電話で妻に話したら、「私も充電器は入れたけどカメラを忘れたことがある」となぐさめられた。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック