FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

10日間

昨日、妻を北海道に残し、娘と孫二人と一緒に東京へ帰った。お盆ウィークの上りとあって、千歳も空いていたし飛行機も空席がちらほら。羽田に着くと暑い。北海道も涼しかった訳ではないが、東京は暑さの質が違う。大門駅で嫁ぎ先のお母さんと落ちあい、昨日からは嫁ぎ先で過ごすことになっている。

娘たちは4日にシンガポールから来たのでちょうど10日間、孫と過ごした。上の3歳の子は片言ながら言葉をしゃべるし、あちこち動き回るしで、30年ぶりぐらいの幼児の取り扱いにもすぐ慣れ、あっという間の10日間だったが疲れたのも確か。今朝は9時過ぎまで寝てしまった。

今日から暫しの都会生活。そろそろ家を出ねば。
スポンサーサイト

ひまわり畑でつかまえて(3) 北竜町のひまわり畑

昨夜の天気予報では今日は雨も上がり曇り時々晴との予報、ようやく待望の北竜町のひまわり畑に行くことに。0歳児が喜ぶとも思わなかったが、2時間ほどかかるので少し早めに起きて全員で出かけることにした。ここは、毎年20万人以上の観光客が訪れるという日本有数のひまわり畑、23haの広大な畑に150万本ものひまわりが7月中旬から8月下旬まで咲き続ける。

が、朝起きるとまた下の子の熱が少々あるという。さすがに娘と下の孫は家で留守番は確定したが、3歳2か月の上の子も「行かない」と言いだしたので、妻と二人で9時頃出発した。ここ数日孫と付き合ったおかげで、それはそうかもと思い、無理に連れて行くことはしなかった。

天気予報通り朝の内厚かった雲も次第に薄れたが、北竜町に近づくにつれ雲は厚くなって青空は期待できそうもなかった。
20180812-1.jpg 20180812-2.jpg

とはいえ、今シーズンの「ひまわり畑でつかまえて」ツアーの最終日、期待も大きかったが、花のピークは過ぎていて、残念の二乗。一面のひまわりのはずが、かなり晩年の姿をさらしたひまわりが多い。
20180812-3.jpg

しかし何といっても広大なひまわり畑、それなりに十分の迫力はある。
20180812-4.jpg

お盆休暇ウィークと重なったせいか観光客も多い。11時ごろ着いた時は難なく駐車場に入れたが、帰る時は国道に駐車待ちの車が列をなしていた。ちなみに、ここ、駐車料金も入場料もない。タダ。
20180812-5.jpg

奥に黄色い絨毯のようなひまわり畑が見える。先を急ぐ。
20180812-6.jpg

凄い!青空ではないのがとても残念だけど、十分しあわせ感満載。
20180812-7.jpg

丘の頂上からひまわりの裏側。満開だと裏側もなかなか。
20180812-8.jpg

20180812-9.jpg

また丘を降りて満開のひまわりとお別れ。
20180812-10.jpg

残念なひまわり達。
20180812-13.jpg 20180812-11.jpg

20180812-14.jpg 20180812-15.jpg

青空の下の満開であれば壮絶だったろう。
20180812-12.jpg

と書いたものの、こちらはロンドンにいた娘が昨年ひまわりを見に行ったとかで撮影したスペインのひまわり畑。やはり世界は広い。
FB_IMG_1502589418227.jpg

当別名所?巡り

下の子の熱も下がり、昨日までのぐでたま状態から一転していつもの愛想の良い元気な子に戻った。
ぐでたまa

それもあって、ランチは娘も行ったことのない近くの道の駅に行こうかとなった。名称は「北欧の風 道の駅とうべつ」、昨年9月に完成したもので、妻の実家から1キロ程のところにある。当別町とスウェーデンのレクサンドは姉妹都市で、オスロ時代にレクサンドの夏至祭を訪れた時、当町は当別町と姉妹都市、との看板を見てびっくりしたという逆輸入の知識。そのため、駅舎は木のぬくもりが感じられる北欧風のつくりになっており、家具は北欧のインテリアショップ「IKEA」というこだわりよう。木造一部鉄筋コンクリート平屋で床面積は約460坪で総工費は約10億7500万円だそうだ。こじゃれたレストランを含めテイクアウトの食事処は6店入っていてちょっとしたSA並。
20180811-1.jpg 20180811-2.jpg

借景は100%北海道。
20180811-6.jpg 20180811-5.jpg

20180811-7.jpg

その後、ソフトクリームを食べようということでロイズの工場へ。といっても1キロ程のところ。
20180811-11.jpg

お土産を買うのももう一つ目的。このロイズ製品売り場の一角に、「ご自由にお召し上がりください」のサインを載せたコーヒーメーカーが置かれ、椅子とテーブルも用意されている。ソフトクリームは300円だが、ソフトクリーム付コーヒーみたいなものが300円でもある。もちろん、何も買わなくてもコーヒーはタダ。

20180811-12.jpg 20180811-13.jpg

あいの里公園

昨日下の子が熱を出した。朝食後に出かけたのが「あいの里公園」にある小児科、この辺りでは学園都市線の「あいの里公園」
駅に多くの商業施設というか、社会生活を営む上で必要なものやサービスが得られるという。なお、駅で降りたことはないが、人が住んでいるのは駅の北西側だけで、南東側は原野、駅の出口もない。

容易に想像されるように、この駅にはあいの里公園がある。診察の間、待っていてもしょうがないのでそこに行ってみた。小児科から公園へ続く道と、道の左側にあったあいの里東小学校。
 20180810-2.jpg

300メートルほどで公園の入り口に着いた。有名だからでもガイドブックにあるから行ってみた訳ではなく時間潰し。入り口の雰囲気はただのよくある公園。
20180810-3.jpg 20180810-6.jpg

公園の案内図を見ると真ん中に大きな遊水池があり、その周りを遊歩道があるだけの公園。
20180810-4.jpg

ただ北海道とあって、池の雰囲気は良い。この池、トンネウス沼という名で、札幌市北区歴史と文化の八十八選の86番だそうだ。貴重なトンボの生息地で、希少種3種を含む10数種が確認されている。
20180810-5.jpg

平日の午前中とあってか、人影は少なく、公園入口の小さな芝生の広場で風もないのにカイトを揚げようとしていた小学生と、競歩っぽく歩いてるシニアと、ジョギングをしている女子中学生と、はだしでボールで遊んでいるよくわからないお兄さんの4人を見ただけだった。
20180810-7.jpg 20180810-10.jpg

自然公園とあってこんなものもいた。アオサギとエゾリス。
20180810-8.jpg 20180810-9.jpg

やはり今度も

月曜日の夕方、エアドゥから木曜日のフライトをキャンセルして翌日以降に順延できますとの連絡があった。妻がどうしようというので、前回記した理由から予約をそのまま放置することにしていた。昨夜台風の現況を確認すると進路は外角外側に少々ストライクゾーンを外れている。
20180808forecast.jpg

衛星画像やレーダー観測では雨雲の発達は未熟。アメダスの観測では風もたいしたことはない。970hPaの強い台風という触れ込みなのでテレビのアナウンサーやレポーター、気象予報士が緊迫感を演じているのが少々滑稽。

 20180808wind.jpg

今朝の台風13号の状況。結局東京に影響はほとんどなかった。昨夜は多くの鉄道が午前中の運休を決めたとテレビで報じていたが、今朝の運行状況は一部で間引き運転しているだけ。今では衛星画像やレーダー、高度のシミュレーション解析機能など、有効な予測手段が多数あるにもかかわらず、最近はそれらを無視した愚かしい予報が目につく。きっと気象庁の予報責任者がお粗末な方に変わったのだろう。それを信じる人が可哀想というか喜劇だし、信じないくなって真の危機の際に狼少年になってしまうと悲劇。
20180809.jpg

われわれのフライトは12:50発ADO23便、予約時は満員だったそうだが羽田に着いた時の座席状況は△だった。すなわち事前にキャンセルした人が少なからずいた訳だ。羽田は雲っていたが多分無風。フライトに何の差しさわりもなくほぼ定刻に離陸した。
20180809-1.jpg 20180809-2.jpg

千歳も札幌も曇り。日暮には雨も降った。金曜土曜も似たような天気で晴れるのは日曜からと、札幌のNHKのおじさんが言っていた。きっとそうなのだろう。
20180809-3.jpg

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック