風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

実戦初形詰将棋

28連勝を達成した日のテレビと翌日の新聞は藤井四段の話題で花盛り、なぜ彼は強いかという観点から、「詰碁解答選手権」三連覇に言及している番組や新聞記事も目についた。そんなことこの前書いたのにー(→こちら)、と思いつつも、テストの答が模範解答と同じだったような喜び感も少々あり。

テレビでは、将棋に興味を持つ子供たちが増えているという映像も流していた。アプリのゲームは人間がプログラムした世界で遊ばされている感があるが、将棋は自分で世界を創造するゲームなので、ちょっと親しくなればずっと面白いと思う。また、詰将棋の魅力と効能も見直されているそうだ。いずれにせよ日本文化と健全な子供の精神の成長にとって良い兆であるのは間違いない。

ということで、内藤國雄九段の実戦初形詰将棋を思い出した。20世紀末に「将棋世界」で紹介され、目にした時の驚愕と感動は忘れがたい。ネットで探すと見つかった。それが下図。多分藤井四段は解けるのだろう。藤井四段が先手、すなわち下側で、自分の王様に詰めろが掛けられた局面としよう。すなわち一手で詰まされてしまう状況。後手は勝ったと思っているかもしれない。でもここから彼は敵の王様を詰ましてしまうわけだ。そんなことより、やはりこの詰将棋、あまりに美しすぎる。
実戦初型詰将棋1

上図は後手実戦初形だが、後日内藤九段は攻め方実戦初形という詰将棋も作ったそうだ。それが下図。詰将棋なので盤上の駒すべてに存在する意味がある。まるで神の技を見るよう。この二つは内藤九段の詰将棋作品集「【新装版】図式百番」、2012年8月17日発売。A5判 264ページ 定価:2,310円(税込)に収録されているというから解答を見たい方はどうぞ。アマゾンなら1600円ぐらいで手に入る。
実戦初型詰将棋

上記2題は手も足も出ないので、素人でも解けそうな気になる口直しの詰将棋(下図)。持ち駒が香と歩だけなので香歩(きょうふ=恐怖)問題という。江戸時代の作というから、当時の町民や武士も詰将棋を解いていたのかもしれない。昭和になってからは大道詰将棋で使われた。一見三手詰か五手詰と思うのがミソ、もちろん不正解。受けの妙手があり、歩も4枚きっちり必要となる。解答を知らずに解けたら「才能あり」。
香歩問題

スポンサーサイト

「アルジャーノンに花束を」

昨日、六本木の俳優座で劇団「昴」の「アルジャーノンに花束を」を観てきた。Mさんのお芝居は昨年8月の「チヤリング・クロス街84番地」以来。Mさんは碁会「我武者羅」のメンバー、今回会の世話を一手に引き受けているY子ちゃん(と言っても同い年)が、劇のはねた後、Mさんを入れての飲み会を開きましょう、と呼び掛けたので14名が参加するという大宴会付き。

脚色・演出は菊地准。「アルジャーノンに花束を」には舞台化された台本があるのだが、面白くないのでこの人が全面的に台本を書き換えたという。そのせいか、無駄なセリフがないので話のキレがよく、単純な舞台を使いまわしてのシーンの切り替えがテンポ良く、昴の役者さんたち(14名)全員の質の高い演技が快い。本を昔読んでいたので、舞台そのものを楽しむ観劇となった。

アルジャーノンに花束を

みなかみエコパークの怪

昨日の帰り、みなかみ町役場水上支部(左)とみなかみ町役場(右、旧月夜野町役場)に寄って、「みなかみエコパーク」登録に対してどんな反応をしているのか見てきた。両方とも意外と地味。千載一遇の町おこしの機会も無為に過ぎ去るのかな、という予感が一杯。
 20170622-2.jpg

さて、NHKの18:40-19:00は各地の放送局に時間が割り振られている。群馬県は前橋放送局作成の「ほっとぐんま640」、20日火曜は「みなかみエコパーク」の特集だった。日曜日にみなかみ町の報告会があって住民400名が参加したというレポートに加え、エコパークに関する詳しい解説があった。その一つがゾーニング。町全体が「核心地域」、「緩衝地域」、「移行地域」の3つに分けられているそうだ。
みなかみ町エコパークマップ1

「核心地域」というと座りが悪いが、コアエリアのこと(赤のエリア)。それにしても二つに分断されていて気分が悪い。上越国境稜線は一体で、間を青にする意味が全くなく理解に苦しむ。解説として町の資料にはこうあった。
利根川源流部・燧ヶ岳周辺森林生態系保護地域(保存地区)、上信越高原国立高原(特別保護地区及び第1種特別地域)の2箇所を核心地域に設定しています。 2つのエリアはともに群馬県最北部である新潟県との県境に位置し、中央分水嶺を形成する山岳地域であり、利根川の最初の一滴が生まれる最上流域です。 標高約2,000mの山々が連なり、冬季の強い季節風と多量の雪に起因する独特の生態系が原生的な状態で維持されています。

なるほど説明はその通りということで納得。であれば一体でなければならないのにと、2個所を検索。南部はOK。問題は北部の「利根川源流部・燧ヶ岳周辺森林生態系保護地域(保存地区)」。関東森林管理局 - 林野庁 - 農林水産省の資料が下図。当然ながら群馬県北部、檜倉山以北の上越国境稜線一帯が全てカバーされている。エコパークの申請では故意に下図から多くのエリアが除外されていた。自らの手で喪林水産省の認定を否定し、町の資産価値を貶めたことになる。なぜ、保存地域の大部分を除外したのか今度役場にお伺いに行こうと思う。
みなかみ町保存地区

そんな決定を下したのは「みなかみユネスコエコパーク検討委員会」、平成26年10月から、「みなかみの自然やくらしに詳しい大学の先生、町民のみなさん、そして関係行政庁のみなさんにより組織され、月に1回程度の会議を経て、町の自然や歴史文化などについて整理や、申請書の作成などをしてきました。」そうだ。

メンバーが下図。一番肝要と思われるコアエリアの選定に対し、肩書を見る限りコアエリアに踏み入ったことはないだろうし、自然とは全く縁のなさそうな面々が並んでいる。要するに「自然に詳し」といいながらコアエリアに関しては無知。無知ゆえに言葉だけの空虚にして時間だけを費やす会議であったろうことは容易に推測される。まさに小人閑居して不全を為すの典型という見立ては多分正しい。
みなかみ町検討委員

以上多々書いたのはこのエリアに対し多少の見識があるから。下図は町の資料のゾーニング別図の拡大図。赤線はこれまで歩いたことのある山道。銀山湖から荒沢岳経由、国境稜線を苗場山まで歩いている。それ以外にも地名の書かれた場所も書かれていない場所も多数訪れていて、多分検討メンバーの誰よりもみなかみの自然に親しい。
みなかみ町エコパークマップ3

朝日岳から巻機山東部に到る稜線。宝台樹スキー場頂部より。
国境稜線1   国境稜線2

喜雨

日曜日の気象庁のコンピュータは、今日の天気を曇りのち雨と言っていたが実際は目覚めれば雨。まあ想定通りで、月曜日に朝早く出発したのも今日はゴルフも庭仕事も無理だと思ったから。
2017-06-21-06-00-00-large.jpg

前に書いたと思うが今年は5月が少雨、6月も異常に雨が少ない。まさに干天の慈雨、季語では喜雨というのがある。夏の土用の頃、暑い日照りが続いて旱魃状態になっている時に降る恵みの雨のことを言うが、時期を除けば気分は喜雨。昨日植え替えた草たちも無事根付くだろう。少々風が強く荒々しいが、「きちがいだからしょうがない」。これ、横溝正史の確か「獄門島」の中のセリフ。
 20170621-2.jpg

屁師匠に書いていただいた色紙を飾った。これで長押に角川春樹、小島健、鎌田俊、上川謙市と4枚無事並んだ。ポーカーでエースが4枚揃った感じ。右にまだ2枚置くスペースがあるので、藤沢紗智子「季」主宰と城西支部の尾沢久美子支部長にもお願いしてみようかな。
20170621-3.jpg

感謝づくしの日

珍しく7時前に起床、目覚まし時計の電池が長らく切れていたので、今回代わりの目覚まし時計を持ってきた。天気予報通りの良い天気。玄関の外の寒暖計は11度、アメダス藤原での最低気温は朝4時の8.4度だった。
 20170620-1.jpg

早起きの理由は朝一でのゴルフ。予約をしていなかったのだが、昨日バッグを置いて行ったので、フォレストコースの一番車にバッグを積んでおいてくれた。「昨日スカイコースだったのでフォレストに行くと思って」とのおじさんの言葉。これが正しい忖度の態度、ありがたいことと心の中で感謝。気分も天気も良くショットも快調、人生で一番いいプレイだったかもしれない。1ラウンドにハーフを追加して終了は12時半、昼食を終えて清算すると、合計支払い額は6570円。今年5回目だが、なぜか一番安い。毎回微妙に支払額が異なり不審に思っていたが、フォレストコースはスカイより500円ほど安くまた火曜日はシニアレディスデイでまた安くなるからと初めて知った。

帰って風呂を浴びてから庭の世話。今年は雨が異常に少なく、植え替えのため土を掘り起こすと下までパサパサ。こんな土でよく青々と茂っていると植物達に感謝。日が沈むまで水道の水を出しっぱなしにして散水してやった。来週の予定を今週に早めて結果大正解。

朴残照  20170620-3.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック