fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

日本財政は持続可能か?

一週間ほど前に「日本の持続不能な財政状況」なる三本立ての記事を書いたばかり→こちら

そんな中、今朝こんな記事を見つけた。上述のブログ記事は「持続不能」との結論の下、財務省の資料を数多引用して「持続不能」の証明であったが、このウェビナー(こんな言葉があるらしい)は「持続可能か?」という疑問形というのが大きな違い。
2月22日開催 20240227東京財団a

内容はこんな感じ。
1.冒頭挨拶
2.基調講演(30分)
  矢野康治  神奈川大学特別招聘教授/前財務省事務次官
3.プレゼンテーション(各10分)
  小黒一正  東京財団政策研究所研究主幹/法政大学経済学部教授
  片山健太郎 国際通貨基金(IMF)財政局審議役
  松岡秀明  東京財団政策研究所プログラム・メンバー/一橋大学経済学研究科兼国際・公共政策大学院准教授
4.ディスカッション(30分)
  パネリスト :小黒、片山、松岡、矢野
  モデレーター:加藤

基調講演の矢野康治氏は前財務省事務次官で、2021年に文藝春秋誌において発表した論文「財務次官、モノ申す『このままでは国家財政は破綻する』」(文藝春秋読者賞受賞)で一躍世に知れた方。現職の財務省事務次官という日本の財政政策トップでありながら、身を賭して「日本は氷山に驀進中のタイタニック」であるとの警鐘を国民に知らしめた。その論文の根拠を示したのが、上述の三本立ての「日本の持続不能な財政状況」でもあった。

この矢野次官の歴史的論文に対してはその名も「氷山に突進中のタイタニック」とゐタイトルで熱い記事を書いた→こちら

新聞に掲載された文藝春秋の広告を見て反応し、その時点でわかる限りの資料をまとめたものだが、今読み返すと、矢野次官の文章中にこんな一節があった。まさに現職財務省事務次官が3年半前に「持続不能」の覚悟を示している。

先ほどのタイタニック号の喩えでいえば、衝突するまでの距離はわからないけれど、日本が氷山に向かって突進していることだけは確かなのです。この破滅的な衝突を避けるには、『不都合な真実』もきちんと直視し、先送りすることなく、最も賢明なやり方で対処していかねばなりません。そうしなければ、将来必ず、財政が破綻するか、大きな負担が国民にのしかかってきます」

続く3名の専門家よるレゼンテーション、どんな内容か知らないが10分間であればまとまった話は無理、見てないのに偉そうだが30分のディスカッションではやはり形だけで実のあるものではなかったと思う。

「持続可能か?」。公の立場ではあまり強い表現は取れず疑問形で問題を提起するしかないのはわかるが、「?」に対して言葉遊びのような浅薄な風評が蔓延、世も慣れて無反応な状況を続ければ、やがて「大きな負担が国民にのしかかってきます」ということになるのは必定。

ではどうすれば良いのか?

「最も賢明なやり方」を取れればよいのだが、国民の痛みは避けられないためよほど覚悟のある政治家が多数いないと実行できない。政治家は国民の多数派によって選出される。そしてそのような政治家は確実に落選するから対処されない。対処されないから問題は先送りに。以下おバカなプログラマーの作ったプログラムのように無限ループが氷山に衝突するなるまで続く。
スポンサーサイト



完全情報ゲーム

藤井聡太棋王に伊藤匠七段が挑戦する 第49期棋王戦五番勝負第二局が24日の土曜日に行われた。

第一局は藤井棋王の先手番で、結果は相入玉となる持将棋で引き分け。この将棋、観てはいないが局後の両者のコメントがたいへん興味深かった。

プロの公式戦で初の持将棋を経験した藤井棋王は「飛車を押さえ込まれて自信のない展開になってしまった。飛車を回って使っていく筋を見せたほうがよかったかな」と悔しそうに振り返った。振り駒で後手となった伊藤七段は自身2度目の持将棋で、「予定の方針ではあった」と明かした。先手番で抜群の成績を残す藤井棋王に対して、負けない作戦を用いた。

将棋は碁やチェスなどと同じく対面型の「完全情報ゲーム」と分類される。「完全情報ゲーム」では、すべての意思決定点において、これまでにとられた行動や実現した状態に関する情報がすべて与えられているような展開型ゲームのことをいう。言いかえれば、情報集合がすべて 1 点からなっており、どのノードにおいてもそこで手番をもつプレーヤーがそれまでの歴史を完全に把握できるようなゲームである。(ウィキより)。わかりやすく言えば、トランプでは一般に手札を隠すが、将棋や碁では情報が全て公開されていて、違いは先手と後手の違いだけ、ということである。

「完全情報ゲーム」は、先手必勝、後手必勝、引き分けの3種類に分けられる。先手必勝のゲームの代表が碁、経験上から先手番の黒は現在6目ぐらい有利としてゲームが成り立っている。後手必勝のゲームは知らないが、もしかしたら将棋がそうなのかもしれないと何となく感じていた。引き分けとなるゲームが小学生がやる
マルバツゲーム。20240226マルバツ

以上の知識を以って話は第一局の両者のコメントに戻る。先手の藤井はたぶん最善の手に近い手を指し続けた。後手の伊藤は「負けないための」最善の手を指し続けた。結果は引き分け。今後何年もしくは数十年先には、将棋は神が対戦すれば引き分けになるゲーム、ということが判明するかもしれない、との予感を覚えたのが第一局であった。ただし将棋を指すのは人間、完ぺきではない。悪手を指した方が負けるという人間臭いゲームであり続けるのだろう。

さて土曜日の棋王戦第二局、昼過ぎに中継のページを覗くと、藤井棋王の後手番で藤井陣(上側)は裸の王様状態の上、4一に飛車を打ち込まれた局面、次の9一飛車成での香取りと2一の桂取りを同時に防ぐ手はない。一方先手の伊藤陣(下側)は金銀が王様を守り手つかずの状態。しいて藤井側の有利な点を探せば手駒が豊富なことだが素人目には藤井棋王の負けは確実に見えた。自分だったら闘志も萎えてこの局面で投了するかもしれない。
20240224棋王戦第2局

さすがに藤井も長考に沈んでいる局面だった。結局1時間の昼食休憩を挟んでの1時間28分の長考の末に差された手は8六歩。AIも予想していなかった手で、AIの「評価も悪手」だった。

この手に対する中継画面のコメント欄、解説になっていない解説が面白い。
・・・船江六段は☖8六歩が指されたと聞いて目を丸くした。検討になかった手だ。歩切れの相手に歩を渡す手は指しづらい。しかも後手の狙い筋がわからない。(中略)。ただ、藤井が1時間28分をかけて指した手だ。はるか先に後手有望な局面を見つけたか。

20240224棋王戦第2局89手目

暗くなってから藤井棋王が負けたのだろうなと思いつつ再度中継画面を覗くと局面は藤井有利。下図は89手目、藤井の5五角に対し、伊藤七段が4五香と角取りに打った場面。なんと、この局面から五手先で伊藤七段が投了、藤井が五番勝負で先勝する結果となった。改めて、将棋は最善手も必要だが、悪手を指した方が負けるゲームだと思った。

5手で終わったのは4手先で伊藤七段に悪手が出たためでもあるが、それはそれとして藤井の次の一手と三手目、そして五手目を当てることができればあなたは将棋の才能あり。

小雪舞う朝

昨日とは様変わりの寒くて小雪の舞う朝。
20240225-1.jpg

三連休の最終日であり、やることもないし昨夜から喉にわずかとはいえ痛みがあり、そうでなくても遅くなると渋滞に巻き込まれるので午前中に出発。
20240225-2.jpg

先ほど覗いた現在の関越道の渋滞状況、18:22時点で赤城越えの月夜野IC‐赤城IC間18キロで70分の渋滞とか。
20240225関越1830

新築の餌台

朝から気温は低いがいいお天気。右手の盛り上がった雪は前回孫たちが作った山の跡だそうだ。高さは半分ぐらいになっているとか。
20240224-1.jpg

雪が少ないので庭巡り。雪が多いと窓の上部まで雪に埋まってしまうので冬にこの角度から撮影する写真は初めて。
20240224-2.jpg

屋根からの落雪の頂上から。
20240224-3.jpg

昼食後のお茶。
20240224-4.jpg

昨夜、新しい餌台を作った。これまでの餌台はそれなりの進歩ではあったが、位置が窓のちょっと下だったので餌を入れにくいし、ガラ達が来ても上から見下ろす感じで何となく不満感が募っていた。そこで、バラ棚の支柱に嵌める義足のようなもの作ることにした。今朝、きっちり嵌るように微調整し、これまでの餌台本体をボンドで貼り付けて完成。ボンドが乾いた午後に取り付け、餌のヒマワリの種を置くと最初のヤマガラが見つけ、ジージーと鳴いて仲間に餌があることを知らせてしばらくするとガラ達がやってきた。
20240224-11.jpg

20240224-13.jpg 20240224-14.jpg
         シジュウカラ                     ヤマガラ


20240224-15.jpg 20240224-16.jpg
           コガラ                      ゴジュウカラ

部屋から見るとこんな感じ。ガラはゴジュウカラ。
20240224-17.jpg

外から見るとこんな感じ。
20240224-18.jpg

夕刻の屋内。
20240224-20.jpg

積雪較べ

会社を辞めて11年目というのに、人様の迷惑を顧みずになぜか三連休の初日に出発。となれば関越道の渋滞もすさまじやと思ったが、9時半ごろに渋滞の現状をリアルタイムでチェックするもスキー人口が激減しているためか渋滞も穏やか。とはいえスキーに行くわけでもないのに渋滞に巻き込まれるのは嫌なので11時過ぎに出発した。
20240223関越0930

都内の一般道はなぜか混んでいて練馬の関越道の入口まで一時間近くかかったものの、関越道は想定通り渋滞は雲散霧消していて、昼食休憩や買い物を済ませても15時過ぎに山荘に着いた。県道、町道はもちろんのこと私道部分の雪もほとんど消えていた。今シーズンは記録的に雪が少ないのは知っていたが、来てみると実感、2月でこんなに少ない冬の記憶はない。
20240223-1.jpg

20240223-2.jpg

昨年も雪は少なかったのだが、改めて確認すると今年よりはるかに多い感じ。画像は2023年2月23日のもの。
20230223-1x.jpg

という訳で、雪の多かった2022年2月25日の画像。同じ山荘の前からの写真だが、なんの画像かわからないぐらい。雪で後ろに下がれずこんな画像になった。
20220225-x1.jpg

この雪を掻き分けねば山荘に入れない。呆然と雪を見上げている妻。
20220225-x2.jpg

行きがかり上、2021年2月26日の積雪状況。
20210226-x.jpg


左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック