風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [日記 ] 記事一覧

回想の1970年代

1940年代は激変の時代、50年代は良く知らないないが60年代は復興の時代、時代の色合いはずいぶんと異なるが、それぞれ人々が生きることに必死であった時代だったと総括できそう。そして1970年代というのは人々が衣食住から解放された、日本の現代文化史の中で最も多様性に富んだ精神的に豊かな時代だったのではないかと思う。1970年は高校2年生から3年生にかけてであった。高校は都立青山高校、学校群制度の2年目で、確か22群とい...

赤色エレジー

先月下旬の日経新聞の文化面に、「わが青春の漫画 十選」と題する記事が連載された。その10回目が林静一「赤色エレジー」、弥生美術館学芸員 松本品子。あがた森魚の大傑作として歌は知っていたが、漫画の原作があるとは知らなかった。多分当時は知っていたと思われるも、実物を見ていないので記憶から完全に消失したのだろう。紙面に二コマが添えられていて、それに対する氏の感想文にしびれた。 夢と挫折、貧しさ、現実の残酷...

巨大クルーズ船の旅

土曜日の朝刊で最も印象的だった記事が、トラピックスの来年のゴールデンウィークに催行されるチャータークルーズの全面広告だった。近年、日本でもクルーズ船のツアーに人気があるようで、この手の全面広告は目に留まることが多いが、このツアーには大きな特徴が認められた。「70周年記念特別企画」とあるから、まんざら見当違いではないと思うものの、一方旅行マニアではないだけに、「特徴でも何でもなくて今や当たり前、お前が...

7月のまとめ

梅雨明け十日といって、梅雨が明けると太平洋高気圧に覆われ、真夏の太陽が照り付けるのが東京の夏。しかし今年は梅雨が明けてから毎日曇り空が続く。観測データによると、この十日間の日照時間は関東甲信で4割以下と、多分十年から二十年に一度の椿事となっている。子供や若い人たちには気の毒だが、年寄には楽。では、この日照不足を補うため8月は好天が続くかというと、そうともいえず平年並みになりそう。というのも、今年は実...

苦行と快感

そんなわけで昨夜はささやかな誕生会。和食ではあったがバースデーケーキ様のポテトサラダ付き。ローソクは下一桁の5本だけ。 天気予報でも今日は暑いと断言していたが、実際東京は33度ほどになった。それにもかかわらず午後から赤羽GCに行った。練習では調子が良いため少々ゴルフに熱心になってきている。好きこそものの上手云々というが、上手とはならなくても進歩が見えるだけで人はそれを好きになる。ただしけっして単純なプラ...

合理的判断も・・・

今日は妻が北海道から帰るぐらいで何も用事がなかったので、久しぶりに赤羽GCに行くことにした。気になったのが雷雨。天気予報では午後から雷雨と自信をもっておじさんが述べていたから。お昼のサミットで買った弁当を食べ終え、雨雲の予報を見る。雷雲と言うのは局地的に降るものなので、東京に雷雨の予想と言うのは100%正しいが、行動をとる場合はいつどこで?という予想がポイント。その場所その時間に雨が降らなければ晴れや...

5年目に入ったブログ

いつの間にかブログを書き始めて5年目に入っていた。書き始めたのが2013年7月7日。いかにもぎごちない感じの文章だが、面白いことに文体にあまり変化はない。この4年間ちょっとで書いた記事は1639本、もう覚えていないが8本が非公開記事で、公開記事総数は1631本だった。一日一記事以上になるから立派と言うか、食事や睡眠と同じようにもう生活の一部。ブログページの右下に「カテゴリ」という部分があって、そこをクリックすると...

紅秀峰と紅てまり

山形県東根市の母方の本家のいとこからさくらんぼが届いた。さくらんぼの歴史を紹介しておくと、日本へは、明治初期に欧米から導入され、日本各地で試作されたものの、なぜか山形県だけが実績をあげたそうだ。風土に適合したことと、霜害や台風被害が少ないことが幸いしたらしい。しかし、その頃の品種は実割れや実腐れが起こり長期輸送も困難だった。そこで、山形県東根市の佐藤栄助さんが品種改良に挑み、酸味があって日持ちする...

駄文

書くに足ることがないので休もうと思ったが、空白が続くと日記の機能が損なわれるので、如何に書くに足ることがなかったかを徒然に記しておこう。土曜日は久しぶりの休日、タバコもカートンで買っているので一歩も家を出なかった気がする。それもあって九州の記録的豪雨に関して2本の記事を書いた。やるべきことは多々あるのだが、そんなものを書けるのはやはり暇な証拠。日曜日は、訳あって急ではあったが妹夫婦を誘って午後から...

6月のまとめ

今年は梅雨に入ったものの雨が少ない。関東以西では6月10日-19日の10日間の降水量が平年の10%という地域が大部分だった。この図を見れば大旱魃。20日からは前線が北上してきて太平洋岸で大量の雨が降った。上記旱魃期間とその後の10日間、すなわち6月末の20日間の降雨量の平年比をみると、確かに太平洋岸は平年比を上回っているが、それ以外の本州はやはり平年比70%以下の地域がほとんど。5月のまとめでも触れたが、5月も少雨、5...

改めて石の上にも三年

教科書みたいな気圧配置が続く今日この頃、朝は小雨まで降っていて、いかにも梅雨の真っ只中、何も用事のない休日にぴったりの梅雨の一日。昼前から、昨日引き受けた「河」の各種句会の配布用清記用紙のエクセル化作業を始めた。これまで、編集長がなんとかいうソフトを使って作っていたのだが、それだと何かあった時にる対処できない。エクセルで同じようなものが簡単にできますよ、述べたので試作品を作ることになった。これなら...

実戦初形詰将棋

28連勝を達成した日のテレビと翌日の新聞は藤井四段の話題で花盛り、なぜ彼は強いかという観点から、「詰碁解答選手権」三連覇に言及している番組や新聞記事も目についた。そんなことこの前書いたのにー(→こちら)、と思いつつも、テストの答が模範解答と同じだったような喜び感も少々あり。テレビでは、将棋に興味を持つ子供たちが増えているという映像も流していた。アプリのゲームは人間がプログラムした世界で遊ばされている...

しあわせ感のコスト

先日の夕食。メニューは;サラダ:北海道直送のアスパラガスとフルーツトマトメイン:ラタトゥーユと豚肉のソテーチーズ:イタリア産パルミジャーノレッジャーノとベビーチーズパン:トロアグロのフランスパンワイン:Montesのピノノアール2015アスパラは20本ぐらい、ラタトゥーユは容器一杯、豚肉は二人で300グラムとボリューム十分の上とっても美味しかったので、食後、原価が話題になった。それがあまりに安かったので、思わず...

メールの不可解と可解

タイトルを入力してわかったが、不可解の反語としての可解という言葉は無いようだ。曰く「不可解」(蛇足とも思うがこれ、藤村 操が華厳滝で投身自殺現場に残した遺書「巌頭之感」から)。という事はさておき、昨日今日でメールに事件が起きたので記しておかねばならない。昨日ある人からメールがあり、「返信」で返信を送信したところFailure Noticeが入った。受信メールに返信してFalureなどという経験は初めてで何回か試みたが...

五月のまとめ

今日もすっかりパターン化した午前はゴルフ、午後は庭師の手下作業。書き込みはパスして忘れていた五月のまとめを書くことにする。今年の五月の特徴は猛暑。気象庁の資料を見ると一目瞭然。まず気温、全国的に高く、2度以上高かった地域も多い。マップを見ているだけで暑苦しい気分になるわかりやすい資料。続いて降水量、暑かった上に雨も少なかった。雨が少なかったから暑かった、というのは部分的には正しいが、紛らわしい言い...

タオルミーナ

昨夜NHKの7時のニュース、「・・・G7がタオルミーナ開催され・・・」のような声が流れびっくり、映像として開会会場であるギリシア劇場が流れた。イタリアはローマもフィレンツェもサンジミニャーノも素晴らしいが、それにも負けないのがシチリア島。オスロ駐在時のアルバムを開いてみると、18年前の1999年春に訪れていた。中でも印象的なのがアグリジェントとタオルミーナ。5泊のうちタオルミーナでは連泊したほど。当時は最初の...

ゴルフの無いOBゴルフ会

元の会社のOBゴルフ会、今日に備え、今週はレッスンも取って十分な態勢で臨んだのだが、無情の雨。 場所はいつもの総武CC印旛コースで、スタートが10時30分と朝が苦手の人にとっては理想的な状況。昨日調べたら走行距離57キロ、所要時間1時間半とのナビのご託宣だったが、雨なので8時に家を出た。市川ICからコースまでの一般道は30キロもありかついつも渋滞気味なのだが、今日は雨のせいか車が多く、刻々と時間が過ぎてゆく。途中...

小皺取りクリーム

先日、娘が来日した際のお土産の一つが小さな壜の化粧品のクリーム。今は週に2-3度らしいが2週間ほど毎日ごく少量を目の周りに塗ったところ、目の周りの小皺がきれいになくなったという。妻に要るかと訊ね、要る!というので買ってきた。正確に言うと、何らかの事情でロンドンで買わなかったので、新宿の伊勢丹で買い求めたもの。「Neal's Yard Remedies」というコベントガーデンの会社の製品で、商品名は「Frankincence Intense...

暑い日曜日

今日で木曜からの俳句の日々もおしまい。お昼は京王プラザホテルの45階で、出張で来日した次女のお婿さんと会食。12時の予約だったので15分ほど早めに行ったのだが、店内は暗く背の高いドアがぴったりと閉まっていた。開店が12時だそうだ。12時の予約を受け付けるなら12時前に店を開けるのが常識だろ、おい、と、ドアを開けたフロアマネージャーとおぼしき全く隙のない恰好をしたおじさんに反省を求めたが、笑って相手にされずテー...

寝坊

今朝も7時起床、の予定だった。13:30から城西支部の句会があるので8:30頃には出発するつもりだったから。当然目覚ましもセットしていたのだが、目覚めて時計を見ると8時近くになっていた。どうも目覚ましが鳴っているのに気づかないで寝ているうちに、制限時間が来て止まってしまったらしい。さすがに飛び起き、湯にもつからず簡単に朝食を済ませ、撤収作業。昨夜にできるだけ済ませておいて良かった。それでも何かと時間がかかり...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック