風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [日記 ] 記事一覧

不在住証明書

山荘隣接地の買収契約は11月12日に調印したにもかかわらず、提出した登記申請書の取り下げ願いを提出した状態のままで登記申請さえまだできていない。原因は、対象不動産の所有者の登記上の住所が以前のままのため、「持分移転登記」に先立ち「所有権登記名義人住所変更」の登記申請をしておかねばならないため。そのため、住所移動の記録が書かれているという「戸籍の附票」を売主に取得してもらわねばならない。で、「戸籍の附票...

9月の食費

長年趣味で家計簿をつけている妻が、9月の食費がびっくりぽんの34000円だったという。2016年の我が家のエンゲル係数は11%だったから金額として異常に少ない。9月の手帳を開くと、妻が2回北海道に行き、私が2回山荘に行っていた。家で夕食を食べない日も少なくないことからこの結果になったわけだが、これだけ見るとほとんど夫婦で夕食を共にすることのない隙間風の吹くすれ違い夫婦のように見える。可笑しかったのでメモ。...

オスロ会ゴルフin取手桜が丘GC

前回3月の赤羽GCでBBをくらい、新幹事に代わって今回は取手桜ヶ丘GC。64キロしかないのだが車で1時間半ほどかかる。谷和原ICで降りてから20キロ近く一般道を走るからだろう。さて結果は優勝。44/47のグロス91は、近年の自分の公式戦ではベスト。しかもベスグロでもあった。実は91の同スコアは4人いた。ただ、ハンデが16.5と一番大きかったので優勝が転がり込んだ次第。二位の人は16.1、三位は16.0だった。運がいいとしか言いよう...

1000円の巨大キャベツ:札幌大球

北海道に行っている妻からメールが来た。太美のスーパーで巨大キャベツが売られていたので、写真を送ります。札幌大球という種類だって、びっくりしたわ~(*_*)一個970円だったとか 確かに大きい。10キロ以上になるという。近年の品種改良種かと思ったら、昔から石狩地方でニシンと漬けるために作られていたそうで、妻は道東の育ちだから知らなかったようだ。以下人様の記事の無断引用、他人のふんどしだとよくわかる。・札幌大球の全...

たいせつなことは目に見えない

何も用事がなかったので気になっていた屋上の手入れ作業をした。夏は暑いし冬は寒いのでやるとしたら春か秋、今年の春に何かした記憶がないので多分1年ぶりぐらい、もっと久しぶりかもしれない。左が手を付ける前の画像で手前の一鉢の一群が今回の作業の対象、右が手入れ後。まるで間違い探しの画像のようで、日の当たり具合の違いぐらいしか違いが判らないかもしれないがもちろん間違い。この作業を終えるのに2時間ぐらいかかって...

雀の死

先日の台風の風で傾いていた屋上の鉢を立てなおしたら何かが落ちた。雀の死骸だった。外傷らしきものはなく、一方巣でもない木の枝で老衰で死ぬとも思われず死因は不明。飢え死にで力尽きて死んだとしたら哀れだが見かけはふっくらしている。思えば山荘の庭でアカゲラが同じように死んでいたことを思い出した。2年前の5月8日だった。この時も不自然に地面に横たわっていた。このアカゲラは以前より何回か見かけたことがあり、少々...

10月のまとめ

今年の10月の記憶は雨。その割に日光に行った日は雲が多かったものの太陽が出て草紅葉や日光の山々がとてもビューティフルだったし、下旬の水上高原GCでの紅葉狩りは二日とも快晴。こんなところで運を使ってもったいない、とは全く思わず運は使える時に使った方が良い。多分全人類の運の総和は一定なのでせっせと使った方がお得なような気がする。さて記憶が正しいか、10月の降雨量と日照時間の平年比をアメダスの観測データで見て...

不動産売買に伴う登記手続き

隣接する山荘の土地の買収案件、売買契約書素案については異論なくあっさり承認してもらえたので、残るは登記手続きの詰め。思えば我が家では税理士がやるような確定申告は妻が行い、司法書士か行政書士が行う売買契約書作成や登記手続きは私が行っているので、**士泣かせ。というより、やってみればわかるがいずれも簡単なので、そんな作業で万円単位の金を取る方がよほど理不尽、と書くとやはり顰蹙か。元々はイングリッシュガー...

「読書をする少女」

ロンドンの娘はオスロ時代に主な国を訪れているため、ヨーロッパのマイナーな国を頻繁に訪れてはFBにアップしている。多分ヨーロッパだけで40ヵ国ぐらいになるのではと思う。そのせいだろう、先日オルセー美術館に行ってきたとかで写真を1枚だけ送ってきた。写真はルノアールの「読書をする少女」。去年日本で豪華なルノアール展が開催され、そこでも展示されていた作品。オルセー美術館蔵 何故それだけが送られて来たかというと...

シンガポール往復のフライト料金

シンガポールの次女の2番目の子が1月の中旬に生まれる予定であることから、妻が諸々の手助けのため現地に行くことになっていたが、ようやく日程が確定した。ずっとついて行くのも邪魔だろうからおじいさんは最後の数日間だけ。シンガポールは5-6年前、長女の駐在中に訪れ、マリーナベイサンズにも泊めてもらったし、もう新鮮味はないのでそのぐらいで十分かと思う。驚いたのがフライト料金。妻がANAで予約したが、シンガポール往復...

秋季吟行会

大会二日目は秋季吟行会。と言ってもどこかへ行くわけではなく、各人が12時までに投句して1時半から句会、というだけ。地方から来られた方の何人かはどこかへ行かれたかもしれないが吟行句らしいものは一割に満たない感じ。実際、今日は10時半に発行所に行かねばならないので、昨夜2句を投句した。何故そんな早くいくかというと句会に合わせて清記版を作らねばならないため。今回で言えば166句の投句を1時間半以内にまとめて句会場...

第59回「河」全国大会

「河」の全国大会、千葉、鎌倉、京都、東京、東京に続く6回目の全国大会も東京、場所はいつもの「ホテルグランドヒル市ヶ谷」の瑠璃の間。初参加の千葉、2回目の鎌倉では華々しかったが、それ以降は鳴かず飛ばずで今回も同じ。まあそうかなと納得するところ大。ただ前三回と異なり、大会後の懇親会で余興に代えて、先日書いたように(→こちら)、HPに掲載している写真俳句をプレゼンする機会があった。「魂の一行詩」と題し、全52...

秋刀魚と鰯

芸術の秋、という訳ではないが東京駅そばのOAZOの丸善ギャラリーで開催中の、野村重存(しげあり)展へ行ってきた。誰それ?という人も多いと思うが、「プレバト」の俳句は夏井いつき、生け花は假屋崎省吾、そして水彩画が野村重存先生。妻の職場の知り合いが30年来先生に習っているそうで、その人から紹介状の絵葉書を貰った。それだけ習うと教室に行っても自分で絵を描くだけで、先生は何か他の仕事をしているとか。有料の個展か...

5年目の再会

18:30の待ち合わせで新橋第一ホテルANEXに赴く(おもむくってこういう字なんだ)も誰も来ない。1分前ぐらいに元の会社の4人が現れた。第一ホテル本館で待っていたそうで、誰も来ないのでANEXだったと気が付いたとか。がメインの客のカルロスが依然来ない。皆スマホでガチャガチャやっていた甲斐あって、デンバー発の飛行機が1時間ほど遅れたことが判明、暫くしてカルロスが到着した。彼のチェックインを待って新橋のシャビ―なイタ...

40年前の明川

東京は雲っていたが北へ向かうにつれいい天気。今日は中秋の名月、きれいな月の写真が撮れるかもなどと思っていたが、山に入ると時雨模様、寒気が入ると言っていたから思えば仕方がないか。4時過ぎに着いた山荘の温度計は8度。なるほど寒気だ。高崎付近にて榛名山 買収する土地の売買契約書を起草しようと前回の売買契約書をながめた。ここの住所は10年前は群馬県利根郡みなかみ町大字藤原字明川xxxx番地xxだったが、今は群...

9月のまとめ

あっという間に過ぎ去ってしまった9月、とりあえず9月のまとめ、義務だから。1)寝場所: 自宅 24日、外泊 6日。2)内容: -用事のない日 4日:わずか1日か2日少ないだけでも慌ただしさの体感はずいぶん違う。 -用事のある日 18日:その分用事もちょっと多い。 -山荘 8日:3泊4日が2回。 -山と旅 0日:そんな時間が無いというより、優先順次が下がったというか、体力的に山らしい山にはもう行けない。かといってハイキング...

会社を辞めて5年目

昨日から会社を辞めて5年目に入った。再雇用で残れば4年間を20日間の有給休暇で過ごしていたのに対し、仕事を辞めたので4年間の無給休暇。どちらが良いかは人の価値観によるのだろうが、今振り返るにやはり無給休暇の4年間は大正解との印象。振り返りついでに、会社を辞めた当初のブログ=日記を見返した。午前中だけとはいえ働いて帰ってくる妻のためにランチを作ったりして、新たな人生を意識してか結構殊勝。尤もそれもすぐに作...

元の会社のゴルフ大会

赤羽GCで元の会社のゴルフコンペ、今回は14名参加と退職後では一番賑やかだった。過去の結果を見返すとハンデ9になってから連続のブービー。今度こそは汚名挽回、ハンデ9の名に恥じないとゴルフを見せねば、という気負いが全くなかったせいか、インからスタートした前半のスコアは45。ショートホールでの単純ミスによるトリプルボギーを含んでのスコアだからまあ順調。が、好事魔多し、昼食後の第一打をミスしてからリズムが狂い、...

秋の花図鑑

高気圧にすっぽり覆われて良いお天気。そのせいか8時過ぎまでぐっすり寝込んでしまい、目覚めてびっくり、6時半目覚まし時計をセットして置いたのに気づかずに寝ていたらしい。普段ならどうということないのだが、今日に限って水上高原GCの朝一番のスカイコースのスタートを取っていた。昨日、ゴルフの支払いが終わると、顔なじみの受付のおねえさんが軽く「XXさんありがとうございます、また来てくださいね」、と言うものだから軽...

墓のうらに廻る

午後から墓参り。彼岸ではあるものの高尾の駅に到着したのが3時頃と遅かったためか、墓参りの人影は少なく霊園行の臨時バスもなく平常のバス乗り場でバスを待つ。明日が本番にもかかわらず、けっこう供華でお墓は賑やか。 妹が我々の前に来たらしく供華が供えられていた。我が家の分も足し入れると少なくとも付近一帯では一番立派な供華になった。ここは墓の周りが芝生になっているので、お参りをした後ビニールの敷物に座ってお...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック