FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [日記 ] 記事一覧

タイの母子手帳

妻が、何やらいろいろと書類を広げて何かやっていた。シンガポールの次女から転勤の内示があり、ついては過去の予防注射の実績を知らせて欲しいとの連絡があったという。次女はバンコク生まれ、戸籍にも、当たり前とはいえ、生誕地の欄に「バンコク市」と記載されている。書類の中にタイの母子手帳があった。タイ語で書かれていて、一瞬「わかるの?」と尋ねたが、重要な見出しは英語も併記されていた。質素な紙に粗末な印刷がされ...

超ムズ間違いさがし

日経新聞に時々、すなわち数か月に一度、「超ムズ間違いさがし」が掲載される。紙面の足元に載ることから、新聞広告が入らない時に埋めているのかな、などと訝るものの実際はどうなのかは知らない。今日句会から帰った後、新聞記事が話題になりその記事を探す中で、「超ムズ間違いさがし」を発見した。この欄、見つけると二人でマジに間違いに挑戦している。超ムズと題するだけあってさすがに難しい。7つ間違いがあるのだが前回は...

豆本本棚の完成

私の担当だった豆本の最後の一冊を作成し、昨年12月から製作中だった豆本の本棚が完成した。豆本て何?という方は→こちら。表紙は「不思議の国のアリス」からと決めていた。いかにもヒグチユウコの絵にぴったりという気がした。後日、「文藝別冊総特集ヒグチユウコ」という雑誌でのロングインタビューで、影響を受けた作家や作品はという質問に対し、幼い頃自宅にダリの全集があったことと、ジョン・テニエルがも好きでした、と語...

マリーナベイサンズ異形

春節といえば新型肺炎、というのは中国のこと。シンガポールも中国人が主体の文化なので、春節は大きな国民的行事である。日本のクリスマスより、もう少し共感があるかもしれない。次女がFBだかラインに春節の模様をアップしたとかで、先日妻がその画像を見せてくれた。ただの内輪の家族ものではあるが、思わず刮目したのがこの画像。友だちのコンド、日本ならマンションというところをコンドミニアム、略してコンドという、に数家...

ローカルオフィス

別に用があった訳ではないが、目覚ましを掛けて8時前に起きた。窓の外には雪が舞っていた。本格的に積もる気のないような雪で、やがて止み雲が薄くなって白日が顔を出した。朝食後、改めて「季」の校正兼編集作業を始める。昼前には雲は切れ、日が射してきた。まるでローカルオフィスで仕事をしている気分。8階にあるとはいえ発行所のマンションの屋内でする作業と較べ、気の充実が全然違うように思えた。目を上げれば雪斜面のブナ...

「季」誌製作の一日

今日から山荘に行く予定であったが、昨夜から雪が降り続いていて、10時の積雪深は47センチ、30センチほど新たに降り積もったようだった。30センチという新雪そのものは町道が除雪されることもあって、それほど問題はないのだが、寒そうだし、午後まで降り続くというので山荘行を中止した。山荘に行く目的の一つに、「季」の次号の作成作業があったが、向こうに行けば落ち着いてできるというだけなので、目的というほどでもない。天...

快気祝い

今日は妻の手術の三ヶ月検診。もうすっかり回復気分なので、赤羽橋から慈恵医大病院まで、東京タワーの下を回って歩くことにした。最寄りの駅である御成門より歩く距離は長いが、所詮15-20分ほど、乗り換える時間を考えると赤羽橋まで一本で行けるので所用時間は短いぐらい。  慈恵医大病院、正式名称は東京慈恵医科大付属病院、の外来は今年から新しい建物に移った。正面入り口を入ると、まるでどこかのオフィスビルのロビーよ...

節分会

氷川神社の豆まきに初めて行った。子供の頃の昔に行って以来だから55年ぶりぐらいになる。2時の開催少し前に着くと、白い衣装をまとった年男年女が屯していたが、やがて整列して本殿へと入っていく。豆撒きにあたり追儺の儀式が執り行われるらしい。 そこそこの人出、豆撒き前に小さなお子様連れの方には、事前に豆を渡すと案内され、ずらずらと母親と小さい子が並んだ。けっこうな数で、この町もまだ安泰と妻と話す。 定刻の二...

1月のまとめ

観測史上1位なのか4位なのかわからないが1月も記録的な暖冬であったことは確か。平均気温の平年差を見ると本州は真っ赤の平年比プラス2度以上の観測点がほとんどだった。当然の帰結として、雪も少ない。本州では寒気団の南下もなく、典型的な冬型の気圧配置も一度も現れなかった。□印は例年積雪の観測されている地点であるが、日本海側を中心にほとんどが紺の平年比40%以下。普段雪の少ないオホーツク側で平年比プラスであること...

東京の休日

昨日帰ってきたが、何か用事がある訳ではない。東京の休日も少しは必要である。朝食後マーランドゴルフに行き、その後新宿センタービルの皮膚科へ。昨年暮れから両方の手のひらが部分的に赤くなってかかゆみを覚えていた。たいしたことはないので放置していたが、赤味は消えない。先日調べると、どうも乾癬らしい。菌によるものではなく病気だそうでかつ治るものではないそうだ。生活には何の差しさわりもないが、医者に行った方が...

11連勝

今日は今月4回目の碁会。所詮遊びの碁会だが、今年に入って今日まで10連勝していた。こんなことはこれまでなかったことなので、前回の二次会では、「ここで止めようかな、今年は無敗だったと言えるから」などと口も軽かった。だから今日は気合十分で、ということもなく定刻に「天元」へ。気合を入れようが勝気十分だろうがそれで勝てるわけではない。第一戦目は完勝で11連勝達成と良い結果でスタート。二戦目は小さなミスがあって...

豆本

先月から妻が製作中の豆本がだいぶ出来上がってきて賑々しくなってきた。とても面白そうなので一冊作ってみることに挑戦した。本のタイトルは「三葉虫のなぞ」、場違いなようだがヒグチユウコの本の生き物たちの雰囲気と見事に調和する。豆本は20ミリx24ミリという大きさ、製作には昨年購入した0.03ミリのペンが不可欠で、ペンに慣れるまでちょっと大変だが使いこなすと繊細な絵がかける。ペンの記事をブログに書いているので興味...

地球環境に優しい生活

この2年ほど続けている年末の金融資産残高の推移の鑑賞。仕事を辞めた2013年年末を100として、どのぐらい食いつぶしているのかをビジュアル化している。昨年は一昨年比で横ばい、すなわち使った分(家計支出合計と個人的浪費)と年金等の収入プラス資産増加分が同じという、財務省がみたら大喜びしそうな結果だった。倹約に努めるわけでもなく無為自然に生きているだけなので、去年はきわめて健全な財政状態だったといえるが、会社...

バッハの30代

バッハというと中学校の音楽室にあった肖像画のイメージが一般的ではないだろうか。どちらかというと老人のイメージで、これだと音楽の父と称されても画像的に納得するものがある。バッハ(1685-1750) 山荘の屋内で過ごす時には、バッハをかけ流しにしていることが多い。バッハの主な曲のCDは概ね揃っている。多くの曲がバッハのケーテン時代に作られているということは知っていたが、その時のバッハの具体的なイメージがなかっ...

黒嘉嘉(2)

昨日は地元の氷川神社へ初詣。三日ともなると人影もまばら。帰りに破魔矢を買って帰る。 天気も良かったので少しだけ遠回りして帰る。本町小学校は解体され今は本町学園の第二グランドとしての空間が残るのみ。三日からオアシスが営業を開始しているので、午後から出かけた。さすがに人がいっぱい。ランニングマシンを時速8キロで走る。マシンのテレビを付けると「新春スペシャル囲碁対局」と題して女流棋士の対局を放映していた...

12月のまとめ

年末の全国の積雪状況の平年比(%)。全国的にほぼ寒色で、特に40%未満の観測点が圧倒的に多い。先に記したが、決して珍しいことではなく、5年に一度ぐらいは雪の少ない年があるようだ。そうは言っても少ない年の中でも少ない方であるのは確かなようだ。本州中部の積雪地帯、長野県、新潟県、群馬県、福島県のアメダス観測値点を詳しく見てみると、40%未満といいながら、0%の観測値点も少なくなく、平均は20%ぐらい。スキー場...

元日

新聞を取りに行くと、「季」の一・二月号が届いていた。喪中なので年賀状はない。原稿や校正版は十分にみているが、本になった姿を見るまではなんとなく不安もあるので、いそいそと封を切る。ピカピカの期待通りの本が現れた。季の表紙 本になったものを見ると、製作段階で気の付かなかった点もいくつか目についた。人生で初めて製作した本にしては上出来だと思うが、それらを暫時改善していけば恥ずかしくないものになりそう。こ...

2019年の終わり

思い起こせば春に義母の逝去、夏には長女の結婚、初冬に妻の大手術と、大きな出来事が重なった2019年が終わる。最後に東京で大晦日を落ち着いて過ごしたのがいつだったか全く記憶にないから相当昔のことなのだろう。紅白歌合戦にチャンネルを合わせても通しで観たことはなかったが、妻が観たいというので見るともなくつきあった。理由はともかくほとんどが見るに、もしくは聴くに堪えない曲ばかり。「白日」という曲と椎名林檎だけ...

ヒグチユウコカレンダー

夕方、新宿へおつかいに。メインの使命を難なくこなした後、ふたつめの使命がいずしの購入。もしあったらという条件付きで小田急ハルクの地下に行って探した。いずしというのは北海道の冬の定番料理で、サケやハタハタなどの魚と野菜を米と一緒に塩で漬け込んで寝かせたもの。妻の親が健在の時にお邪魔すると必ず大量のいずしが出された。が、一般的ではないからだろう、そんなものは売っていなかった。市販されているいずし 仕方...

大掃除

今年は暮れから三が日まで東京で過ごす予定。当たり前のことのようだが、朝食後に大掃除の一環として汚れた窓を洗い始めると、そういえば年の暮れらしく大掃除をして三が日は家でお正月、という生活をした記憶がないことに気付いた。昨年は27日から北海道へ、その前の年は東京で暮れと正月を過ごしたが、二日から妻が北海道へ行った。後は毎年年末年始は山荘で過ごしている。だから、天気が良かったせいもあるが人並の年末の大掃除...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック