FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [科学 ] 記事一覧

キン肉マン(修正版)

6月5日(水)、「運動なしで筋力アップ!?」なる?キャッチフレーズの「ためしてガッテン」 が放送され、半信半疑でNHKを見つづけた。タネは大豆。どこかの病院で、寝たきりの要介護の患者に毎食煎り大豆を20粒ほどを2週間だか1ヶ月だか食べ続けたところ、筋力が平均40%アップ、歩けるようになった人もいたそうだ。そこで、ガッテン!が徳島大学 二川健教授の指導の下20代~70代の健康な男女54名に「煎り大豆」を2週間食べてもら...

フェーン現象のパワー

今日は無名の会の吟行、そんな中、昨日は平幕の朝乃山が初土俵から20場所目で優勝を決め、トランプ大統領と安倍首相がゴルフと大相撲の観戦と六本木の居酒屋で飲み会を開き、ダービーでは12番人気の馬が逃げ切って単勝9310円の大穴を開けた。それだけでも吟行の話など書く気にもならないが、加えて気象観測史上に残る出来事があった。情報の価値としてはこちらがはるかに高い。多分生きている間に更新されることはないだろう。それ...

藤原アメダスの消雪日

昨日18日の午前中に藤原アメダスの積雪深がゼロとなった。少なくとも積雪深観測ポイントの雪が消えたことになる。積雪深の日データはその日の最大積雪深をもって積雪深とするので、記録上は19日、すなわち今日が消雪日。今年の積雪深の推移は下図のように、ほぼ昨年並みだった。白が平年値なので、雪が少なかったシーズンに感じていたが平年並みだったようだ。4月20日朝の大芦 4月19日の雪解達成、早いような気がしたので実際はど...

花粉症の発症メカニズム

身の回りに花粉症の人は少なくない。幸い花粉症ではないが、いくつになっても突然発症することがあると聞いているので、ご同情申しあげるとともに、他人事ではないよなと多少の関心はある。先日、ノバルティスが花粉症の新薬として画期的な抗体医薬「オマリズマブ(一般名)」を開発したという記事が日経新聞に掲載され、そこに花粉症の発症メカニズムがわかりやすく説明されていた。花粉症の人にとっては常識なのかもしれないが、...

ブラックホールの物理学

日経新聞朝刊のトップ記事がこれだった。人類史上最大の知的成果のひとつだろうから当然と言えば当然のニュース、トップをこういう記事で飾ってくれるということは、価値観が共通ということでもあり、さすがクオリティペーパーとたまには素直に称賛する。他紙も当然取り上げているだろうが、とりあえずブラックホールの画像がこちら。M87のブラックホール M87はおとめ座にある巨大銀河で、中心に太陽質量 の65億倍もの質量を持つ...

桜の開花日と満開日

今日の中央例会は茗荷谷。満開の播磨坂を横目に会場へ。播磨坂を訪れたのは2年前の4月5日、意外に古い桜の樹が並び、桜のトンネルになっていて賑やかだった。下の写真はその時の画像。桜の開花や満開日、60余年も生きているとなんとなく毎年早くなっているような気がする。地球規模の短期的温暖化現象は否定し難く、実際にそうなのだろう。というので確認した。気象庁は桜の開花や満開日を1953年以降定点観測している。毎年ニュー...

「サイエンス」

新聞は週刊誌のタイトルまでわりときちんと見ているが、先日日経サイエンス5月号の広告に目が止まった。3月24日朝刊から 「暗黒エネルギーに新説 ダークマターは幻か」というタイトル。1年前に、アインシュタインの一般相対性理論=重力場の方程式は、ニュートンの運動方程式が低速での近似式だったように、(アインシュタインの一般相対性理論は)宇宙で部分的に適用可能な近似式である可能性が高い。という結論で締めくくった...

ILCの行方

ILCとはInternational Linear Colliderの頭文字をとったもので、直訳すれば国際直線型衝突器だろうか、これでは何のことかわからないので、ILC(これでも何のことかわからない)、もしくは巨大加速器と呼んでいる。1993年に国際将来加速器委員会(ICFA)が推進を決定したものの、欧州にはCERNがあるからという理由で、アメリカは最初から降り、唯一日本の素粒子物理学コミュニティがILCを日本に建設する準備を進め、2013年以降、世...

福島の震災関連死

昨日NHKのニュースで福島の震災関連死に関して、独自の取材結果を放映していた。その中で福島県によりますと、県内で先月までに震災関連死と認定された人は2267人で、震災と原発事故から8年がたつ今も増えていて、津波などで犠牲となった1605人を大きく上回るようになっています。とあった。確かアナウンサーは震災関連死は全体で3800人と述べていたので、2267人の大部分は福島原発事故により帰還困難ということで非難を余儀なく...

ボケ予防にはたんぱく質を

認知機能に不安を覚え始めているせいで、見につまされる見出しを見てつい精読。ただ、関連記事に、「体重1キロで1グラム以上を」 摂取量の目安に という見出しの元、(前略)100グラム当たりに含まれるたんぱく質は、例えば豚バラ肉で約14グラム、アジの開きだと20グラム前後。 とあったことから、本当かな???、という疑惑が生じ厚生労働省のHPから原文を閲覧。記事は厚生労働省は22日、65歳以上の高齢者が1日に摂取するたんぱ...

はやぶさ2、りゅうぐう着陸成功

今夜は夕刊もトップ記事だしNHKニュースでも大きく取り上げていた。日本のというかJAXA技術者たちの偉業達成に拍手。ただ日経新聞の「はやぶさ2、りゅうぐう着陸成功 」という見出しに続く「、宇宙の起源解明に挑む 」ははしゃぎすぎ。宇宙の起源は全く別の話で、今回はやぶさ2がりゅうぐうの資料を持ち帰っても、何らかの発見はあるだろうが、多分想定内の発見もしくは確認で「宇宙の起源」の解明には寄与しない。それはともかく...

史上最強?の寒気団来襲

8日から山荘に行く予定なので日々気象情報をチェック中。そのかいあって現在史上最強かどうかはともかく、高度5000メートル付近でこれまで見たことのない-48度という寒気が北海道を通過するという気象庁のコンピューターのご託宣に出合った。ただ南方の暖気団の影響で、-36度線は東北地方北部までしか南下しないこと、地上天気図でも強い冬型ではないので、本州中部山岳地方は豪雪にはならないだろうという期待というか読み。ただ...

ゾフルーザとアイ・アム・レジェンド

今年はインフルエンザが大流行しているらしい。去年インフルエンザに罹患し、今年はその予防注射もしたぐらいだから、ちょっとインフルエンザには過敏に反応してしまう。インフル患者、過去最多 全都道府県で警報レベル 厚生労働省は1日、1月21~27日の1週間に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり57.09人だったと発表した。昨シーズンのピークだった54.33人を上回り、1999年の調査開始以来、最多。全都道府県で...

大雪のピークを越えて

さて今回の大雪のピークを越えたところで、今シーズンの積雪の現状を記しておく。今日9時現在の積雪深ベスト10。一位は不動の王者、酸ヶ湯で240センチ。藤原は4位の138センチ、みなかみも9位にはいっている。ついでに今回の年末寒波の結果。72時間降雪量の一位が藤原、二位がみなかみ、いずれも群馬県。日本の豪雪地帯というと新潟や長野、東北、北陸というのが一般的な認識だろうが、それが如何に勘違いか、ボーと生きてるんじゃ...

年末豪雪三冠王

今回の年末寒波による豪雪、テレビでもトップニュースで扱われていることから、世間の関心も高いのだろう。xxxxでyyyセンチと紹介されている。が、よくあるように今回の豪雪の実態を正確に報道しているわけではない。気象庁のHPでは、直近の24時間、48時間、72時間での降雪量のベスト10を公表している。これらがまさに今回の豪雪の実態、大雪など降らないエリアでありながらxxxxでは一晩で1メートルの雪が降ったという...

年末寒波

明日から大規模な寒波が南下してくる見込みだ。上空約5000メートルの-36度の等温線でみると、確かに大規模、-42℃の寒気の塊も大きく北海道にかかっている。いつもなら藤原の積雪が気になるのだが、明日、北海道に発つので関心は北海道の天候。幸い、明日27日の北海道の天候はさほど荒れず、飛行機も予定通り飛ぶ見込みとか。これだけの寒気が来ると地上天気図も教科書に載りそうな冬型の気圧配置。寒気はさらに南下すると思われる...

赤と青

今年一番の寒気団が南下している。ようやく暖かかった初冬から本格的な冬に、と思ったが東京は意外と暖かく、上越の国境地帯の雪もまだ。今日の最高気温の分布をみると、確かに全国的に真青で平年比6度以上低い地域が多いが、関東から関西にかけては、それほど寒いわけではなかった。寒気の様子をみると、確かに立派な冬将軍が南下している点において嘘ではないが、南進は東北地方北部まで。なるほど雪にはならない訳だ。雪国に暮...

初雪

北海道は雪。札幌では20日に初雪を観測、1890年と並び128年ぶりに観測史上最も遅い初雪となったそうだ。時は明治の半ば、その時も地球温暖化で世の中は盛り上がったのかな?ライブカメラを覗くと藤原にも初雪が降っていた。左が大芦で右が水上高原。水上高原GCは25日で営業終了となっていて、わずかとはいえこの三連休で最と後の営業収入を期待してのだが残念な結果に。ゴルフの泊り客もいたと思うが、思わぬ初雪で残念だったのか...

人間の心とAI

昨日の続き。「ユーミンがアース・ウインド&ファイアー に触発されて作った曲は何か?」という質問に一発で正解した自分に大きな感動を覚えたと書いたが、これは前座でその後がある。AIという言葉は今や常識となっているが、AIを最初にここで取り上げたのは約3年前の2016年1月28日。「人工知能、囲碁でプロを破る」という記事だったが、ただの碁の世界の話で終わり、世間の関心を引くことはなかったろう→こちら。続編が同年3月10日...

脳の壊れ方

高速道路で運転中、ラジオをつけるかCDを流している。関越道は一般に路面状態が悪く路面とタイヤの接触する騒音が大きい。ラジオはともかくCDだと知っている曲ばかりなのだが、ここ数年、時々、何の曲だか一瞬わからないことがままあるようになった。それと共に人の話を聞き返すことも多くなっている。気のせいではなく、昨年暮れの健康診断では右耳の1000ヘルツが異常なしの30dBを超えて35と記載されていた。ただし、4000ヘルツ...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック