FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [科学 ] 記事一覧

7月の暑さの検証

7月から引き続き猛暑著しい日本。天気マニアとして目に着いたのが猛暑日、すなわち最高気温が35度を超える観測点の数の異常な多さだった。改めて気象庁のHPからデータを引っ張り出して、今年の猛暑日観測地点数から7月の暑さをしみじみと味わってみたい。平年値のデータはなかったが、2012年からの日々のデータがあった。去年まで7年分あるので、これらの平均はほぼ平年値に近いと考えて良い。それが下図。赤線が2018年で、7月中旬...

台風12号の雨(2)

先日、気象庁とテレビの気象予報士のお姉さんやおじさんを敵にして、今回の台風の雨は報道された雨量の半分も降らない、と書いた。それにもかかわらず、昨日のテレビは信じられないことに朝から晩までどこのチャンネルも400ミリの雨がー、と大はしゃぎ。で、今朝結果が判明。気象庁の発表した24時間雨量データでは、200ミリ台が3ポイント関東甲信東海に関してはそれ以外は200ミリ未満だった。ちなみに東京は51.5ミリで藤原は10.5...

台風12号の雨

今日は天気番組は当然としてニュースもトップは台風情報。それもいいのだが、稀有なコースを通る台風とあってか話だけ聞いていると猛烈で巨大な台風が来襲するような錯覚を覚える。明日の関東南部の降水量の予報は、多い所でという形容詞句が付くが、250ミリ、明後日は100-200ミリだそうだ。でも、現在の台風の衛星画像を見た感じではそれほどパワフルな雰囲気が感じられない・・・。確かに現在の本州の南側の海面表面温度は29度も...

台風の目

25日午前3時ごろ、日本の南の太平洋上で熱帯低気圧が台風12号になった。この台風、発生から4日足らずの28日夜遅くには日本を直撃するらしい。7月下旬というと本州は太平洋高気圧に覆われ台風は上陸できないのが普通なので、よほど日ごろの行いの悪い人が週末に旅行でも計画したのだろう。そんなある日、台風の話題が出て、ある人が台風の目がくっきりときれいなので驚いたと発言し、それを聞いて驚いた。少なくともNHKの気象情報で...

暑さ指数

先日テレビで「暑さ指数」を取り上げて啓蒙活動のようなものを時間をかけて報道していた。確かTBS、主旨は日本各地の「暑さ指数」といものが環境省のHPでみれるので是非参考にして熱中症に備えて下さい、といようなもの。「暑さ指数」に親しくなかったので見ていたが、なんとも違和感を禁じ得なかった。指数といいながら単位が℃だったことも一つだが、℃で示されながら気温よりも低く意味があるの???と思ったから。一応肩書は立...

宇宙論の現在位置

金曜日にこんな記事があった。見出しを見ても何のことだかわからないが、記事を読むと現在の宇宙論の立ち位置が簡潔にして明快に記されていた。話をした東京大学の山下了特任教授が本物の専門家で、記者の小玉祥司編集委員が完全に話を理解したからだろう。記事の主旨とは異なるのだが、これほど簡明な宇宙論の解説を見たことがないので書き留めておく。ポイントは、ヒッグス粒子の性質が詳しくわかるといろいろと提唱されている宇...

世界で一番暑い国

7月中旬というのに猛暑が続く。今日の15時現在で、全国927のアメダス観測地点のうち、過去最高気温の更新が1地点、7月としての更新が15地点、また157地点で35度を超えたという。全国の最高気温分布をみても東北以南は真っ赤かの30度以上。こんな暑い日はより暑苦しくということで、世界の国々の暑さ較べを試みた。世界一暑い国というしてはジブチが近年知られるようになってきた。実際以前からそう思っていたし、多分ピンポイント...

りゅうぐう

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、2014年に打ち上げた無人探査機「はやぶさ2」が地球から約3億キロメートル離れた小惑星「りゅうぐう」に同日午前9時35分に到着したと発表した。日本の偉業というかJAXAの偉業が達成された。科学系の記事に関しては、どこの新聞も真実、もしくは発表された内容を真摯に伝えようとするので、多少の勘違いはあっても国民は情報を共有することができていることだろう。この記事で気になった...

梅雨の研究

梅雨前線が南に下がって今日は梅雨の晴れ間。予定もないし久しぶりに赤羽GCに行こうと思っていたが、昨夜からの喉の痛みが残り、完全休養の日にした。どうも風邪の初期症状らしいが、熱があるわけではなくちょっと完全な健康体とは違うかな?という程度。時間もたっぷりあるので昔から気になっていた梅雨の研究に着手。といっても難しい話ではなく、東京の梅雨の実態を調べるだけ。梅雨というと雨の季節、という先入観があるだろう...

地震のエネルギー

今朝、大阪で震度6弱の地震があり3名の方の死亡が確認され、また多数の方がけがをされたようだ。当然新幹線も運休となり、学校は休校などと影響はそこそこ大きい。この地震のマグニチュードは6.1だったという。マグニチュードとは地震のエネルギーの指標で、地震の規模もしくは大きさの絶対値を認識するためには貴重な情報である。一方震度というのはある地点での地震の強さをわかりやすく示すものでこれはこれで価値がある。震度...

スモールワールド

先月末にこんな新聞記事があった。【台北=共同】台湾東部、宜蘭県蘇澳の海岸で見つかった防水ケース入りのデジタルカメラが、約240キロ離れた沖縄県・石垣島でダイビングをしていた日本人がなくしたものだったことが分かった。ケースは海藻や貝で覆われており、2年半かけて漂着したとみられる。(中略)カメラのメモリーカードには、石垣島とみられる風景や日本人とみられるダイバーが写っていた。最後の撮影日は2015年9月7日。FB...

ダークエネルギー

金曜の朝刊に久しぶりに宇宙ものの解説記事があったので、久しぶりに宇宙ものの記事を。新聞記事は「国立天文台などのチームは「すばる望遠鏡」で観測したデータをもとに、この現象から暗黒物質の分布を推定した。」という成果の紹介、ご苦労様というだけでこれを否定するものではないが、そこに貼られた絵を見て、一言書いておかねばという気になった。夜の街を見下ろせば大地に家々の灯がともり、見上げれば星がいっぱいというこ...

今シーズンの雪

東京の雪、降ることは降ったが何の影響もない程度で終わった。先週ふった20センチの雪の残りの方がはるかに多い。今日は妻がシンガポールから帰ってくるので、交通への影響は想定されずひと安心。今年さぼっていた藤原の積雪推移の現況を確認する。年末から年初にかけてまとまった雪が降ったものの、その後は小康状態、先週3回目の大雪となったが、現状は昨年並み(黄色のプロット)。図の赤線は観測史上最高の積雪を記録した2005...

一晩で1メートルの雪

雪の話になった時しばしば耳にするのが、一晩で1メートルも降った、という話。しかしこれまでの経験ではすべて100%の嘘。話題になった場所はそれほど雪が降る地域ではないし、そもそも24時間で1メートルを超える雪となることは豪雪地帯でも稀。そんな豪雪地帯に出かけようという文化をそもそも持ち合わせていないタイプにその手の話をする人が多いような気がする。さて、昨夜のニュースでも触れていたが、今回の藤原の大雪は24時...

アルマ望遠鏡のすごさ

アルマ望遠鏡の能力が6倍になるという。だからどうした、という人はどうぞ記事をスルーして下さい。アルマ望遠鏡とはチリ北部の標高5千メートルに設置した66台の電波アンテナ群。日本の主導により日米欧の国際協力によって建設され、2013年から本格運用を開始、現在の運用は22ヵ国の協力で行われている。日本の国立天文台のスタッフ十数名も現地に赴任しているそうだ。更に、国際協力で生まれたアルマ望遠鏡プロジェクトのなかで、...

アルファ碁ゼロ

碁におけるAIの進歩が凄まじいらしい。先日の日経新聞での特集記事から。「人間の知識なしで囲碁を極める」。米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の英ディープマインドは10月、英科学誌ネイチャーにこんな論文を投稿した。新たに開発した「アルファ碁ゼロ」は世界トップ棋士、韓国のイ・セドル九段に勝ったアルファ碁と100局戦い無敗。世界最強といわれる中国の柯潔(かけつ)九段を圧倒した「アルファ碁マスター」にも大き...

大雪較べ

11月24日の朝の新雪は素晴らしかったが、奇しくも昨年の11月24日も大雪だった。下の画像はその時の模様。雪の量は昨年の方が圧倒的に多い。といっても藤原のアメダスの最深積雪の観測値は昨年が16センチで今年が4センチ、わずか3キロしか離れていないとはいえ、標高が違うので多い少ないの比較はできても絶対値に意味はない。下図は24日は朝の積雪の証拠写真。左が2016年で右が2017年。 今回の雪、高層天気図を見ると確かにこの時...

稀有な秋を記憶遺産に

先日、「これほど雨が降って雲が多い10月は稀なのではないか」と推量系の説得力に欠けるセリフを記したので、真実を探求した。気象庁による東京の気象観測開始は1875年、明治9年から、多分その前から観測していたのかもしれないがデータはその年から残されている。ただし今と同じデータ項目ではなく、例えば日照時間については15年後の1890年から。いずれにせよ、100年間以上のの東京の気象観測データを簡単に机の前で得られるわけ...

「超大型」台風の不思議

台風21号、結局死者は7人だったそうで亡くなられた方にはご冥福を。さて、新聞テレビでは21号の前に全て「超大型」という枕詞を付けて報道している。気象庁はそう呼んでいるが、先日、実態は普通の台風と教えてあげたばかり。普通の台風を「超大型」と呼ぶと、テレビ局の若いアナウンサーが如何にも悲惨な状況にあるかの如く張りきって報道するが、視聴者や台風の暴風域内の住民や視聴者は「でもたいしたことないかな」と内心思っ...

高層天気図の使い方

(23日追記)21日にこう書いた。そしてその通りだった。前線活動に伴う大雨が降り、暴風や高波等による台風に伴う被害はほとんどなかった模様。「超大型で非常に強い台風」と聞いた時はヤバいかもと思ったが、それほどのことはなく普通の台風と思ってよさそう。また今週は東京の最高気温が12度だった日があったように、日本の北には力強い寒気が南下している。台風が北上すれば台風の暖かい空気がその寒気とぶつかるので、上陸する...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック