FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [山荘 ] 記事一覧

初雪

明るさにまるで麻薬から覚めたようなぼんやりした目を開けると、カーテンの隙間から漏れている光が白い。時計を見ると7時頃。やはり雪だったんだと思い、また眠りに落ちた。眠りから覚めはっきりした意識が戻ると、やはり明らかにカーテンの隙間の光は白い。8時だったのでそのまま起きだしカーテンを開けると雪景色、初雪だった。高度5000メートル付近の高層天気図をみると、北海道にマイナス36度の寒気がいて、この辺りはマイナス...

冬支度

午前中は時雨模様。11月下旬の平日となれば水上高原ホテルの駐車場もガラガラ、ましてやゴルフ場、夜明けも遅くなったので朝一番のスタートも8時28分と遅くなったが、クラブハウスの前にスタートを待つカートもなく、完全な貸し切り状態だった。時雨の中、そぼ降る雨に濡れながらのゴルフ。といっても時雨なので時間雨量は1ミリぐらいで、傘をさす必要はないし、カートに乗っている間に乾いてしまうぐらい。「枯山へ一人時雨のティ...

冬はすぐそこ

前回来たのは10月21-23日の三日間、その後すぐシンガポール、妻の手術と入院、そしてバタバタの先週といつの間にか紅葉の季節は過ぎ、来てみれば木の葉は落ち庭は落葉に埋まっている。雪の気配がまだないのが幸い、明日から落葉を掃いて枯れた草を刈ってと冬を迎える準備を始める。太陽が顔を出していたせいか、山荘の玄関前のテラスの温度計は14度だったが、屋内の温度計は8度。寒い。明日の朝の最低気温は2度という。冬はすぐそ...

菊と芒

山荘に母が郷から持ってきた「もってのほか」があったのだが、4年前の秋に枯れた茎を切って植え替えたら枯れさせてしまった。菊は丈夫だから、と晩秋に植え替えたのが間違いだったらしい。仕方がないので三四年前にジョイフル本田で苗を10本購入、毎年株が大きくなって今年はこれまでで一番の豊作となった。菊は七分咲きぐらい、しばらく来れないので今日の午後、未熟なものを除いて摘んで帰った。全部で200個ぐらいあった。スーパ...

雨の日の過ごし方

朝から雨。雨だとわかっていたいたので今回はたくさん抱えていることをかたずけ始めるつもりだった。優先順位は時間の制限があるものから。具体的にはこんな感じ。1.北海道の義母の庭から持ってきたニラの株とわさび大根の植え付け2.豊作を期待している「もってのほか」の収穫。これは明日帰る時でよい3.「河」HP10月号のアップ。忙しくて手が付けられなかった4.「季」誌の制作5.冬支度の一部6.ブログの更新。内容にも...

ワインと日本酒

先日10月19日(土)は39回目の結婚記念日。土曜日が句会の日だったので前日の金曜に、妻が小さなケーキを勝ってきてささやかなお祝いをした。せっかくだからと、妻が取り出してきたワインが英国バッキンガム宮殿でしか購入できないというポイヤックの2011というもの。娘が帰国の際にお土産としてくれた。このワイン、栓を開けただけで芳醇にして濃厚な香りが漂い、さすがにただ者ではない雰囲気がテーブルに充満する。完璧なまでに...

芒の盛り

今日は帰京の日とあって気を抜いていたら起き出したのが9時近く。朝の日がいっぱいで気持ちがよい。何かするには寝すぎて時間が中途半端、家の周りをぶらぶらしていたらあっという間にお昼になった。 朝食が遅かったものの、何か食べておかないとと思い、ヤマザキの肉まん二個をチンしての軽い昼食。気分も時間にも余裕があったので、久しぶりの明川に車を止めて散策した。土曜日のお昼ではあるが観光地でもないとあれば、秋晴れ...

大工仕事

6時半に掛けた目覚ましで目を覚ませば雨の音。昨夜の天気予報でも日本海に温帯低気圧に格下げされた元台風が来ると言っていたから、がっかりもせずまた寝入って目覚めれば8時ちょっと前。けっこう雨らしい雨が降っていた。その雨も九時頃には上がり、青空も見えてすごい速さでl雲が流れていた。今回、雨ならちょうど良い休息日と思い、透明水彩のセットとスケッチブック、あわせて先日安曇野の「ちひろ美術館」で購入した「ちひろ...

かもめはかもめ

10月第一週の木曜日。そのせいなのか何なのか、水上高原GCはガラガラ、朝一番で出るのでアウトは当然としても、インでも全く人影を見なかった。普通は後半で前のカップルや稀に四人組に追いつくので、完全なる貸し切り状態ということはあまりない。おかげで10時半前に上がってしまった。普通のゴルフ場ならハーフの半分しか回れない。先週土曜日のコンペではBBをいただくほどで、ドライバーはもちろんフェアウェイウッドですらめっ...

秋の風情

先週の水曜日に帰宅したばかりだが、10月のわずかなタイムウインドウを活用すべく山荘へ。妻は妻で多忙のため今回は単身での来訪。到着が5時前の日没間際。前回明るいうちにタヌキが現れたので、今回もと期待し、窓を開ける前に餌用に買い求めたさつま揚げを焼いて、ビール片手にタヌキを待った。が、現れない。思えばタヌキがどこに住んでいるかも知らないし、そもそもタヌキは嗅覚で餌を探すので、グリルのように匂いがたっぷり...

タヌキの餌付け

九月下旬、秋の花の花盛り。 ミョウガは旬を過ぎていたが零余子はちょうど収穫期だった。手で摘むとぽろぽろ零れてしまうので、妻が発泡スチロールのトロ箱を零余子の下で持ち、零余子をそぎ落とすと地に零すことなくかつ一瞬にして収穫することができた。生活の知恵。 ゴルフから戻り、午後は段々畑への小径造り。クマザサや木の根がぎっしりだったので夕方までかかってしまった。而して夕食はグリル。食べ始めると昨日のタヌキ...

久しぶりの珍客

昨日の夜7時過ぎに山荘着。まず墓参りに行ってからと中央道の渋滞状況を見てみると、国立府中ICから八王子ICまで渋滞12キロ1時間となっていた。だったらと甲州街道を走ったのだが、これが間違い、信号が多くかつ渋滞気味で、途中昼食を摂ったとはいえ、霊園着は3時を過ぎてしまった。素直に初台から高速に乗るのが正解だったようだ。台風が日本海にいるらしいが、曇り空の穏やかな天気、今年、紫陽花の花が終わった後も妻がドライ...

ミョウガ不作の真の原因

安曇野ちひろ美術館のカフェで昼食をとり一路山荘へ。前回の収穫から一週間、9月に入り一挙にミョウガの子が出ているはずだから帰りに寄って漬けていく予定にしていた。仕事の関係でどうしても今日中に東京へ帰ら得ばならぬ人を送るためまず高崎駅へ。ナビを入れると16時頃の到着予定と意外と時間がかかるのでびっくり。確かに安曇野ICから吉井ICまで高速部分だけで150キロもあり、練馬―水上間の142キロよりも遠い。高崎駅までの一...

開墾

今回の特記事項は開墾。先月、家の南側に生えたままの栗やミズナラ、名前の知らない雑木など7-8本を伐採した。これが伐採前の窓からの眺め。手前に鬱蒼としているのがそれらの雑木。伐採後の俯瞰図。すっきりしたもののクマザサが根を張って広がっていて殺風景この上ない。前回、このクマザサを一部掘り起こしたが、無風の上暑い中の重労働だったので途中放棄。今回日月火の三日間、徹底的にクマザサを除去し、更に木の根も一部掘...

ハタネズミ

おじいさんは山へ芝刈りへ、おばあさんはミョウガ摘みにいったとさ、という日本昔話のような午前中。畑のミョウガは8個しか採れなかったが、向かいの空地の野生のミョウガの群生地ではずいぶん採れたらしい。その成果がこちら。昨日よりたくさん採れたように見えるが、昨日は新聞紙の見開きに広げて並べたが今日は1ページに並べただけで昨日より数は多少少ない。我家のミョウガ畑の画像、1メートル以上の高さにびっしり成長してい...

ミョウガ不作の年

朝食後、改めてミョウガの収穫に向かった。昨日の夕方見た時はほとんどなかったように見えたが、朝の明るい空の下で見るとそれなりにミョウガの子が顔を出していた。が、いずれも小さく、期待していた丸々と太ったミョウガはない。畑は諦めてあちこちに自生しているミョウガの小規模な群生地を漁る。去年の経験では天然物の方が大きかったが、今年は天然物も小さくかつ数も少ない。日経新聞のニュースにはならないが、少なくとも群...

枯紫陽花

続いて目先の懸案であるミョウガの収穫のため山荘へ来た。今年のミョウガは成長が著しく良く、7月下旬に来た時には高さも茎の太さも去年の1.5倍ぐらいになっていた。今年の8月は好天が続き、例年より早めに太ったミョウガがたくさん顔を出しているに違いないといそいそと来た次第。出発が遅れて、到着したのは5時近く。着くやミョウガ畑を掻き分けて見たのだが、意外なことにほとんど出ていない。まるで自信作を投句したのに全く点...

リゾートライフ

関東甲信の梅雨が明けたとか。ここも関東だがどちらかと言うと曇り空、太陽も出たし雲の切れ間から青空のようなものも見えたが、青というよりは限りなくグレーに近いブルー。それでも気温は上がり、最高気温は28度ぐらい、それほど暑くなさそうだが湿度が高く、午後からは何かヤル気しないねということで、なんとなく過ごした。いかにもリゾートライフ。今日のグリル。飲んで喰って腹いっぱいになった後、残った炭での焚火。最後に...

炭酸水で割った100%オレンジ果汁

夜来の雨も朝には上がっていた。今日は雨模様なので屋内作業と思っていたのだが、仕方ないので庭仕事。道路に張り出した木を切ったり、雑草を掘り出したリ、前回木を切った場所の開拓作業などやることはいっぱい。今日のメインはその開拓作業。周辺の不要な枝を切ったり、大繁殖していたクマザサを根こそぎ掘り上げて除去したりと結構な重労働。それだけでなく、樹下という環境で空気は動かずかつ雨上がりで気温が高いとあっての高...

梅雨のど真ん中

ラジオの交通情報が、嵐山小川IC付近の事故で渋滞って言っていた、と妻が言う。今日は次の編集作業まで時間ができたので山荘に行く予定。11:40のNEXCO東日本のHPでは川越ICから25キロの渋滞で通過に90分とあった。渋滞がなければ15分で通過できる距離、渋滞が嫌いなのでテレビをみながらゆっくり昼食を取ったので出発は1時半ぐらいになってしまった。おかげで渋滞もなくすんなりと水上に。途中で休憩し買い出しをしたので山荘に着...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック