風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [山荘 ] 記事一覧

残雪の上野原

なんという青い空。午前中に家の周りを片付け、昼食後ドライブに出かける。まず、前回行けなかった八木沢ダムに。が、未だ通行止め、GWまで観光客を入れない方針なのだろう。半分想定していたので、前回感動ものだった上野原へ、宝台樹スキー場の先の大雪原だ。前回は街靴、といってもウォーキングシューズ、だったのでグチョグチョになったのに懲り、今回は長靴を履いて来た。行くと偶々先客がいた。ネクタイを締めジャケットを着...

雪囲い解く

これは俳句の春の季語。週末にロンドンの娘が休暇で帰国するので、わずかな暇を見つけてやって来た。今朝、水上高原ホテルのライブカメラを覗くと、やはりかなりの雪が残っている。藤原アメダスはとっくに積雪無しと言っていたけど・・・。春というのに真青な空。庭の残雪は減っているとはいえ30-60センチほど、要するに完全な雪野原。3時前に着いたので、冬囲いを解き、雪から菰巻きしたアジサイなど掘り出し青いビニールシートを...

残雪

昨日、アメダス藤原の積雪深が0になった。今年の積雪深、並びにこれまでの最も雪の多かった年(赤)と少なかった年(青)、そして一昨年の積雪深の推移を図示したのが下図。今年はスキーに行けなかったほどの大雪の印象があるが上には上がある。ただ雪が消えたと言っても、アメダス藤原の積雪深観測機の測定地点では雪が消えたというだけ、大芦にあるみなかみ町の今朝のライブ画像ではまだまだ残雪は豊富に残っている。山荘の庭にも...

四月の朝

今回初めての良いお天気。朝食後、ブナ林の尾根へ散策に。雪は程よく締まって残雪の山を歩く感じ、わずかな距離でも春山気分。 多分今朝通ったばかりのウサギの足跡があった。そして大量の何物かの糞。糞には詳しくないのでなんだかわからないが、どんぐりみたい。一回の量にしては多すぎるのでここがトイレなのかな。天気のせいか、こういうものに出合うと幸せな気分になる。...

白樺の発掘

山荘の西側に立つ4-5メートルの樹高の白樺が雪に埋もれて、幹の一部だけが背骨のように雪の上に姿を見せていた。これだけ大きくなるともう雪に埋もれる心配はいらないな、と思っていただけに驚き。右は昨年の8月に撮影した画像で、画面中央の高い樹がそれ。普通はこんな樹が雪に埋まるとは思わないだろう。 スキーから早く戻ったので発掘することにした。雪の細い尾根を登り現場へ急ぐ。雪を除くと全体像が見えてきた。下の枝に積...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック