FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [山荘 ] 記事一覧

春はもうすぐ

朝、なぜか雪が舞っている。10センチほど積もって車も真白。ただ軽い少量の雪なので前回と異なり、帰るに際して何の差しさわりもない。今シーズンはもう大雪にはならないと思うので、家の前の記念撮影。右の雪の壁の一番高い所で170センチぐらい。名残を惜しんでいるとすぐ時間が経ってしまうので、そこそこにして出発。わずかでも雪が降ると道は真白。 雪に埋もれた明川の集落を見下ろす。集落に一本の道を県道へ下る。太陽は見...

光は春

曇り空ではあったが、雲は薄く風もないとあって、宝台樹に行ってきた。連休最終日とあってそこそこの人出、昨日はさすがに三連休の真ん中とあって、雪が降っていたにもかかわらず混雑したらしい。思えばスキーなのだから、あの程度の雪を理由に出かけない方がおかしいと言えばおかしい。午前中は雲で国境稜線の雪嶺は見えなかったが昼からは雲もあがった。雪の状態も良く、スキーの調子も好調、やはりスキーはスポーツ、基礎体力が...

湯治モード

朝から日照時間ゼロで雪が舞っている。湯から上がってスキーウェアを着たものの、気温はマイナス4度と寒いこともあってスキーに行く気にならず、今日は湯治モードで過ごすことにした。日曜美術館で北斎を観て、将棋を観て囲碁を観ていたらあっという間の2時。 気を取り直して、今月締め切りの「捨てて拾われ青い山」の執筆にとりかかる。早いもので今回で第21回になった。今回は山口県の其中庵を結庵、入庵するまで。山頭火は旅の...

トロムソブルー

時間と余裕はたっぷりあるのだから三連休の初日に出発するような迷惑行為は避けたかったのだが、昨日のパンク発見のアクシデントにより本日出発。しかし、お昼ごろ出発したため、むしろ平日の午後より関越道の車は少なかった。確かに仕事の車は少ないだろうし、家族持ちの現役はそんな時間に出かけない。ちょっとした新発見。雪は想定通り少ない。宝川温泉の分岐まではほとんど路面が見えた。家の前に着くと、しかし隣家の落雪で道...

地獄から天国へ

明るいせいか日の出前に目が覚め朝湯。と言っても東側は山があるので太陽が顔を出すのは8時頃。日が出れば快晴の朝となった。昨日の朝が悪夢のよう、一日違うだけで地獄から天国。やはり、昨日は無理して帰らなくて正解、雪で帰宅を断念したのは初めてだったが、無事に帰れたにしても藤原を出るまでの緊張感はすごいストレスだったろう。 部屋の中にも朝日が燦燦、パンもなくなってホットケーキとコーヒーだけの朝食だったがとて...

帰宅不能

昨夜から雪が激しく降り始めた。今日帰る予定なので嫌な予感。目覚めれば雪激し。先日の日本中が大騒ぎした寒波の来襲時より雪は多い感じ。相変わらずインターネットは不調、画像のアップがままならないのはいい方で、ほとんどのページを開くことができず、メールの受信も不可。Yahooにつながれば修復できそうなのだが(2018年2月のブログに修復手順を発見)、そのYahooが開けない。まるで目も見えず音も聞こえない状況。このブロ...

絶滅危惧種

インターネットがほとんどつながらず、何故かこのブログだけが比較的あっさりつながる。それだけでも十分不便だが、今日はメールに使っているOutlookが機能せず、送受信ができず迷惑メールすら入って来ない。今日は日本海に低気圧発生したとかで冬型の気圧配置は消え、朝から薄日の射すいい天気。妻には申し訳ないがスキーに行ってきた。大雪の後とあってゲレンデコンディションは上出来。お昼前後は青空になって、国境稜線の雪嶺...

雪の休日

朝起きて昨夜の降雪状況の観察。車は完全な雪だるま状態、4-50センチは降ったのだろう。とても「私をスキーに連れてって」という雰囲気とは程遠い。屋根からの落雪にも新雪が積もって窓の高さを超えた。二階の窓から見ると庭は完全な雪野原。雪囲いをした木槿は2メートル以上あるのだが、30センチぐらい頭を出しているだけで小さな苗木のように見える。同じく二階から見た町道方面。どこが道だかわからないぐらい。外へ出てみる。...

大雪???

昨日の夕方、日本気象協会のHPで、今季一番強い寒気が南下により明日は大雪、と書いていた。気圧配置は冬型だがそれほど強い冬型でもないし、なんでそうなるの?と訝しく思っていたら、夜の気象情報だけでなく、ニュースでも今日は大雪と伝えていた。 どうも、このちぎれた寒気の塊のことを言っているらしい。確かに本州上空の寒気としては強いが、地上気圧配置の冬型が並なので、日本海から運ばれる水蒸気量は少ないからたいした...

雪野原

昨日で再校を終え、編集作業も一段落、今日から山荘に来た。昨年の年末以来大きな寒波は来ていないが、それでも雪はこきざみに降り積んでいるので山荘の維持管理からも来る必要があった。実際、現在の積雪深は160センチほど、14日以降60センチほど雪が積もっている。除雪の必要からお昼前に家を出た。水上のサンモールで買い出し。水上市街の積雪はたいしたことがないようだったが、利根川の河原には足跡もなく、今週の雪でうっす...

出発

今日も良い天気。昨日休養したので今日は絶好のスキー日和なのだが、明日編集なので今日中に帰らねばならない。今日は三連休の最終日とあって夕刻の関越の渋滞は必至なので早めに出発する。昨日駐車場を整備したのですっきり。こちらは10日の到着時の様子。努力の結果がはっきりとわかる稀有なケースが雪掻き。朝、家の前の道を歩くと獣の新鮮な足跡、兎ではないようだがなんだかわからない。 ...

今日は休み

昨日のスキー、一昨日調子が良かったので体力に不安はあったものの少し早めに出発、といっても9時半ごろ家を出た。三連休初日とあって多少は混雑するかと思っていたが、車は第一駐車場。ここは確か第六駐車場まである。もうガンガン滑るスキーではないのでスピードを殺しての安全スキー。午後からはさすがに混んできて第9クアッドはリフト待ちの列ができたが、それでも待ち時間は3分ほど。何分待とうがスキーヤーの運送密度は同じ...

雪玉較べ

目覚めれば快晴の朝。物置の屋根の雪、去年はキノコだったが今年は巨大雪玉。いい機会なので雪玉較べ。今年で物置も5回目の雪のシーズンを迎えるようだ。意外と毎年雪塊の表情が大きく違うことに気付いた。我ながら大発見。           2018/1/14                      2017/1/25           2016/2/10                      2015/1/19顔を出している青ビニールの...

初スキー

昨夜は深夜からさらさら雪が降って今朝は車の屋根に15センチほどの新雪が積もっていた。今日はせっかくだから宝台樹に初スキーに行こうと思っていたのだが、曇り空になんとなくグズグズ過ごす。そんな中雲が切れて青空が顔を出した。すぐにヤル気になっていそいそと宝台樹へ。宝台樹は超ののつくガラガラの貸し切り状態。去年の初スキーの記事に、昨年が一回、一昨年が二回しかスキーに行かなかったとあり、去年はスキー行脚4回を...

大雪の跡

去年今年は北海道に行っていたので今年初めての山荘行。東京は曇っていたが水上は晴れ、暮れの大雪で谷川岳にはびっしり雪が付いていた。雪の谷川岳の写真をたくさん掲載した気がするが、冬にこんなにきれいに見えるのは実は稀、幸先がいい。道の雪が消えていたので粟沢を左折し新道を行く。藤原トンネルを過ぎると藤原に入る。藤原側の道には雪が残っているかと思ったがほとんどない。県道から明川に上る所でもこの程度。明川へは...

初雪

天気予報通り目覚めれば雪。雪と言ってもシベリア寒気団の南下に伴う冬型の雪ではなくただの雪。それでも自分にとっては初雪だ。夜中から降り始めたようだが、時間雨量で1ミリとか0.5ミリとかなので積雪量はわずか。 それでも樹々が雪化粧している様を見ると幸せな気分。一日雪を見て過ごしたいところだが、明日から編集の仕事があるので、連休最後の渋滞の前に帰る。この程度の雪だと除雪作業も不要。町道に出れば、雪景色ではあ...

湯治モード

昨日の日没。今日の天気は良さそうだったので、夜、スキーセットを取り出し今日は初すべりに行くことにした。少し早めの7時半に目覚ましをセットして起床、目覚めれば曇り。そこそこに朝食を済ませスキーウェアに着替えて出かけることに。曇りではあるがわずかに小粒の雨も混じっている。時間雨量にすれば1ミリに満たないかもしれない。車に乗るとフロントグラスに雨粒が付き始めた。数分経つとワイパーが必要になるくらい。ゴルフ...

宝台樹スキー場の視察

この冬は今のところ雪が少ない。気のせいではなく、今日現在の積雪深の平年値をみると、一部を除いて全国的に寒色系に色づいていて、特に裏日本は軒並み平年比40%以下になっているが、実態は0、すなわち雪がない所がほとんどである。さすがに藤原は豪雪地帯の面目もあるのか、35%だった。山荘の周りはこんな感じ。昨日簡単に除雪できたのも当然。午後、宝台樹スキー場に視察に出かけた。行くと言っても距離は3キロ、10分もかから...

今年24回目の山荘。

12月、何かとバラバラ予定が入ったためまとまった日数が取れず、今回が今月初めての山荘、3週間ぶりになる。大事な冬準備のひとつの重力式温水融雪システム設置作業と、屋根の電熱式融雪システムの稼働を忘れていたので、無理やりでも今回来ざるを得なかった。今回で今年24回目、総日数は96日になる。賢いことに、来た時カレンダーに丸を付けているのですぐわかる。過去のカレンダーも捨てずにあるのでいつかまとめてみよう。積雪...

色紙

一昨日、庭仕事の合間に額装を三枚飾った。「季」の藤沢紗智子主催と「河」の尾沢久美子城西支部長に山荘に飾りたいからといってお願いしたもの。これで、俳句関係の師に当たる俳人のすべての色紙コレクションが完成した。加えて長い間眠っていた羽生善治永世七冠の色紙。この機に色紙の句と由来を記しておく。「季」には色紙を贈る習慣がないので全て依頼。左より;・角川春樹河主宰(句会での特選の賞):天の水飲みて夕鶴軀を反...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック