FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [山荘 ] 記事一覧

明川の桜(2)

二日は午後の桜で三日は午前の桜。天気はいいのだが、快晴とはいかず薄曇り。実際は集落の中央の郷土館跡地の駐車スペースから望観台に上がったのだが、画像は望観台から里へ下りる順で。今年は雪が少なめだったので朝日岳の岩肌がもう見えていた。北へ落ちる斜面に位置するため日当りが悪く、桜はまだ蕾だった。右手に明川の里を見おろしながら杣道を下る。明川千本桜の里プロジェクトに寄贈した我が家の桜。次女が枝垂れ桜を選び...

ヤムウンセン

朝食の後、いい天気だなあと窓の外を見ていると、左手の針葉樹の林にものの動く気配があった。若いカモシカが下萌えの草を食べている。日当りの良い野原ならいくらでも草があるのに、なぜまずそうなわずかな草しか生えない針葉樹の林で食べるのか、理解し難いが、カモシカにはカモシカの事情があるのだろう。望遠をいっぱいにしても距離があるので上手く撮ることができない。靴を履いて南側の林の中に入り、カモシカに近づいた。じ...

明川の桜

午後、買い物から帰ってから、あまりに天気がいいのでカメラを持ってひとり明川の里に下りた。樹によって花の開き具合が大きく異なり満開の樹もあれば、まだ開花していない木もある。全体としては八分咲きぐらい。明川を千本桜の桃源郷にという大坪さんが苗木の募集を始めてもう十年以上になるだろう、ここに来た日も今朝出かける時も観光客とみられる車が数台、元の郷土館の後の空地に停まっていた。放棄された棚田の畦に沿って植...

令和初日

令和初日。朝から雨と思っていたが目覚めれば曇り。天気の良い朝は気分も高揚、心もうわついてしまうが、雨の朝は心も落ち着いて雨の日も好き。曇りは気象上も中途半端なように、気分も中途半端、そんな中、せっかく雨が降っていないのだからと庭仕事に。おかげで懸案の作業をほぼ完遂することができた。五月になったのにクロッカスとスノードロップだけ?と思い去年の画像を見る。スイセンが咲き始め、草青み初め、樹々も芽吹き始...

平成最後の日

平成最後の日は全国的に雨だったようだ。ここも朝から優しい雨。平成に別れを告げるべく、という気は全くなかったが、外で作業する雰囲気ではなく、長年の懸案だった山荘内の整理をすることにした。多少使い勝手を良くしてはいるものの、ほぼ父母の代からほとんど手つかずの状態だった。まず初めに単純な浴室と階段下の物置から。収納容積が小さいので、内容物を全て引っ張り出す。おかげで、ワインが6本あることが確認でき、大学...

雪も消えて

目覚めれば雪も消えていて、光だけででなく風景も春。雪も残っているが屋根の雪が落ちて溜まったところだけ、アメダスの雪解け宣言から一週間以上経過しているので当然と言えば当然。朝食を終え、早々に庭仕事に取り掛かる。まだ雪解けから一週間とあって、咲いている花は春を告げるクロッカスと雪解けを告げるスノードロップだけ。 雪囲いを解いたり植え替えをしたり、折れた枝を修復したり、雑木の剪定したりとやること満載だが...

渋滞

10連休、日本では史上初らしい。初日の昨日は渋滞が激しいと思い二日目の今日出発することにした。しかし、想定に反して関越道は午前中から33キロの渋滞。慌てて出かける必要もないので、昼食を取ってから出ることにした。12時現在でも渋滞は31キロ、所沢から嵐山小川まで110分とある。待っていてもキリがなさそうなので1時半頃出発した。関越道もしばらくは快調に走ることができたが、道路の電光掲示板によれば藤岡JCTまで2時間半...

雪上の昼食

上の原から帰って昼食。天気がいいし外で食べようか、となった。おばあさんは家で焼きそばづくり、おじいさんは庭で雪のテーブルづくり。高級レストランで美味しいものをたべるのも悪くないが、こういう場所でジャンクだが美味しいものを食べるのもけっこうなしあわせ。むしろこっちの方が好きかもしれない。昼食の後のコーヒータイム、プリンとチョコレート付き。気分はとてもリッチ。ランチの舞台裏。窓から見た手作りのテーブル...

雪だるま

朝から完璧な快晴、朝食後せっかくのいい天気なので上の原に行くことにした。沼田市にも上野原があり、ここはみなかみ町藤原上の原、人は住んでいない。宝台樹スキー場の先1キロほどで、山荘から車で10分もかからずに行くことができる。林道の終点の水上高原GCの整備基地のちょっと手前にある車を止められるポイントに駐車。いつも停めている場所で、ちょっとした崖を登れば上の原。こんなところに来る人はいない上、新雪の後とあ...

新雪の春スキー

今回はスキーに行くつもりはなかったのだが、大量の新雪に恵まれた4月の春スキーという機会は多分死ぬまで次があるとは思われないので出かけた。こんなに時期の平日にスキー客などいないと思っていたのだが、それでも数十台の車が駐車場にいた。でも50台には満たなかったろう、だからゲレンデはガラガラの貸し切り状態、クアッド乗り場のレストラン「ペガサス」も閉まっていた。午前中は雲量が多く曇に近い晴れ、それでも日は十分...

4月の大雪

今日から山荘に行くので雪のチェック。アメダスの観測値を見て目を疑う。朝の積雪深は98センチ。昨日の昼頃から雪が降り続いている。気象庁のHPに飛び降雪量のランキングを見ると、24時間降雪量で2位の53センチ、4月の降雪量としては観測史上最大だった。72時間では1位の89センチ。気圧配置をみると一応冬型ぽくはあるが、大雪になるとは思えない。何しろ4月だから。大芦ではこんな感じ、道路が暖かいので町道の雪はたいしたことは...

藤原雪まつり

土曜日の夜、夕食を済ませゆっくりしていると、8時15分に近くにある藤原スキー場から花火の音が聞こえた。その音で、今日は「藤原雪まつり」が藤原スキー場で開催されていることを思い出した。前回来た際に、宝台樹スキー場の頂上にあるあさひラウンジでポスターを見たので知っていたが、すっかり忘れていた。これがポスター プログラムまで覚えていなかったがこれから本番なのだろうと期待して現地に向かう。歩いて10分ぐらい。...

パンク 2 

明日編集なので日曜日にもかかわらず帰ることに。藤原トンネルを通過し、粟沢へ下る山道で雪解けで落ちたらしい石を踏んだ。大きくはないが小さくもない石。雪の塊かなと思う間もなくちょっとした衝撃で石だったとわかった。嫌な予感はあったがしばらくして明らかな車の振動の変調が。ほぼ確実に左前輪のタイヤに異常が発生している。原因としてはパンク以外に考えられなかったが、確認しても仕方がないので、最寄りのガスステーシ...

完璧な快晴

昨日の雪がまるで遠い日の出来事のように思える快晴の朝。窓の明るさに目が覚め、時計を見ると6時過ぎ、夜明けもいつの間にか早くなっている。まだ起きるには早いよなと思い、布団をかぶったらそのまま熟睡、目覚めれば8時近くになっていた。昨日の新雪も今日は圧雪され絶好のゲレンデコンデイションのはず。いつも寝起きに温泉に浸かるのだが、今日はそれもせずすぐ朝食にして宝台樹へ向かうことにした。 空を撮らずに快晴の空を...

群馬県が金と銀

深夜から雪になったらしく目覚めれば本格的な雪。車もセミ雪だるま。車の左手の高台に長ネギを活けたのだが、跡形もなく雪に覆われているから積雪は20センチぐらいか。アメダスの観測値を見ると、昨夕の積雪深が88センチで9時現在が109センチだったので降雪量は21センチ。長ネギ積雪計の実用精度が確認された瞬間。 20センチぐらいだとなんの差し障りもないし、所詮春の雪、明るいしそれほど寒くないので、車を掘り出しスキーに行...

別の春

先週金曜日に東京に戻ったばかりだが、下旬までまとまった時間枠が取れないのでやってきた。今年は暖かなので雪解けも早い。帰る時に雪に活けた長ネギが20センチほど顔を出していた。アメダスの観測値は89センチ、帰る時より19センチ減っているので、長ネギでも十分な精度で観測できそう。何よりもコストが低い。着いた時から降っては解ける大粒の春の雪が舞い始めた。湯からあがるとけっこう本降り、数時間は降り続くらしい。菜の...

こんな日も

目覚めると雪。しかしそれもつかの間、気がつけば雨に変わっていた。二階の窓から たいした雨ではなかったが、雨は雨、スキーに行けば濡れネズミ状態になるので今日はお休みとする。昨日のスノーリスはこんなところに作った。単に撮影用。 雪はまだまだたくさんあるが、やはり春の雨、ブナやミズナラも雨に濡れるとしっとりしている。終日家にいて、CDをかけながらの俳句の整理や、湯に使ったり時々外に出たりしているあっという...

人生の彩り

天気予報通り午前中は晴れ。宝台樹にいそいそと出かけた。今年、都会はまだ2月というのに暖かくすっかり春モード、しかも水曜日とあってゲレンデはガラガラ。雪もしばらく降っていないので、コースはパンパンで滑るとがりがりとは派手な音がする。その分、雪面は真っ平なので滑りやすい。ノルウェーは雪が少なくかつ寒いので、どこのスキー場も一般にパンパンで雪面は真っ平、まるでノルウェー見たいと思いながら、ガラガラのゲレ...

春も夕暮

春はあけぼも、秋は夕暮と記したのは清少納言、1000年ほど前、彼女は三十代にそう書き記した。当時がそういう雰囲気だったのか、単に頭に刷り込まれただけなのかわからないが、21世紀になっても確かにそんな気がする。とはいうものの今は2月下旬、春というよりはまだ浅春、しかも雪国、少々東京を出るのが遅くなって、みなかみICを出たのは4時過ぎ。東京は100%の曇りだったが北に進むうちに雲は切れ、着いた頃は青空が広がってい...

春はもうすぐ

朝、なぜか雪が舞っている。10センチほど積もって車も真白。ただ軽い少量の雪なので前回と異なり、帰るに際して何の差しさわりもない。今シーズンはもう大雪にはならないと思うので、家の前の記念撮影。右の雪の壁の一番高い所で170センチぐらい。名残を惜しんでいるとすぐ時間が経ってしまうので、そこそこにして出発。わずかでも雪が降ると道は真白。 雪に埋もれた明川の集落を見下ろす。集落に一本の道を県道へ下る。太陽は見...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック