FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [山と旅 ] 記事一覧

ひまわり畑でつかまえて(3) 北竜町のひまわり畑

昨夜の天気予報では今日は雨も上がり曇り時々晴との予報、ようやく待望の北竜町のひまわり畑に行くことに。0歳児が喜ぶとも思わなかったが、2時間ほどかかるので少し早めに起きて全員で出かけることにした。ここは、毎年20万人以上の観光客が訪れるという日本有数のひまわり畑、23haの広大な畑に150万本ものひまわりが7月中旬から8月下旬まで咲き続ける。が、朝起きるとまた下の子の熱が少々あるという。さすがに娘と下の孫は家で...

当別名所?巡り

下の子の熱も下がり、昨日までのぐでたま状態から一転していつもの愛想の良い元気な子に戻った。それもあって、ランチは娘も行ったことのない近くの道の駅に行こうかとなった。名称は「北欧の風 道の駅とうべつ」、昨年9月に完成したもので、妻の実家から1キロ程のところにある。当別町とスウェーデンのレクサンドは姉妹都市で、オスロ時代にレクサンドの夏至祭を訪れた時、当町は当別町と姉妹都市、との看板を見てびっくりしたと...

あいの里公園

昨日下の子が熱を出した。朝食後に出かけたのが「あいの里公園」にある小児科、この辺りでは学園都市線の「あいの里公園」駅に多くの商業施設というか、社会生活を営む上で必要なものやサービスが得られるという。なお、駅で降りたことはないが、人が住んでいるのは駅の北西側だけで、南東側は原野、駅の出口もない。容易に想像されるように、この駅にはあいの里公園がある。診察の間、待っていてもしょうがないのでそこに行ってみ...

ひまわり畑でつかまえて(2) 明野のひまわり畑

今日の目的地は山梨県北杜市の「明野のひまわり畑」。日照時間日本一の明野に約60万本ものひまわりが南アルプス山脈や富士山などの美しい山々を背景に一面に咲き誇りますという日本でも有数のひまわり畑で、存在は知っていたがいい機会なので昨日富岡の「丹生のひまわり畑」の後、清里まで来ていた。昨日の丹生のひまわりが風でなぎ倒されていたことから、多少の不安を禁じ得なかったが、行ってみればほとんど被害はない。明野は日...

ひまわり畑でつかまえて(1) 丹生のひまわり畑

先日、三芳SAに埼玉新聞特別版が置いてあって手に取った。特集なのか、「夏旅!埼玉県からお出かけ」とあって、副題が「ぐんま・にいがた観光特集2018」。タイトルも素晴らしいが多々紹介される項目の一つに「丹生のひまわり畑」とあった。記事によれば入場料は無料で約11万本が咲き誇るとか。場所は富岡、去年の秋、隣地の買収交渉で何回か行ったので親しみも格別。たまたま、今日明日が唯一の今シーズン、ひまわり畑を訪れる...

鎌倉吟行

城西支部単独主催の初めての日帰り吟行。ゲストに他の句会メンバー4人も加わり総勢17名と賑やか。鎌倉は昨年6月の北鎌倉以来。ずいぶん昔のような気がしていたが1年前のことだった。鎌倉駅東口に10時集合で、バスで報国寺へ。歴史由来はともかく竹の寺として有名。名前だけではどこだかわからなかったが、行ってみれば昔来たことがあるような気がする。 11時まで吟行して、徒歩で杉本寺斜め前にある支部長ご推薦の昼食処「左可井...

今年は水不足?

テレビのトップニュースは毎日猛暑の話ばかり。猛暑で忘れられているのが少雨。西日本や北海道の大雨がニュースになっているが、対照的に、ニュースにならない山形、宮城から関東においての降水量はこの3か月平年を大幅に下回っている。猛暑だけでなく旱魃もリスク大で、ニュースにはならないが深刻さは我が山荘の比ではないだろう。ここも猛暑の仲間で、午後の気温は31度、ちょっと日向で庭仕事をしただけで汗が滴り落ち、とても...

江戸城城壁のルーツを巡る冒険(3)-カノー伝説

7月5日、天気予報では昨日も今日も自信たっぷりの雨の予報だったが、昨日は曇り、そして今日も曇り、全く傘を使うことが無かったのはラッキー。そんな曇り空の中、今回のメインイベントである「カノー伝説」へ出発。伊豆の石切り場で検索するとトップだけでなく頻出する。ここは私有地なので勝手に立ち入る訳にはいかないが、電話をするとガイド付きで入ることができる。HPでは待ち合わせ場所が下賀茂銀の湯会館だったが、今は石切...

江戸城城壁のルーツを巡る冒険(2)

7月4日(水)、東京を発ち、沼津港で昼食の後一路、松崎は室岩堂へ。西伊豆といえば大瀬崎、戸田、土肥、堂ヶ島、松崎等観光地が満載だが、全てパスという贅沢なドライブ。松崎を素通りしてまもなく目指す室岩堂に着いた。左手にトイレのある車が4-5台入れる駐車スペースがそれで、右手海側に「室岩洞」の小さな案内板が見える。駐車場に解説板が設置されていて、簡単な説明書きと室岩洞の地図があった。中は蟻の巣のようになってい...

江戸城城壁の刻印探し

予定もないし天気も良いしで、一度行ってみたかった江戸城石垣の刻印探索に出かけた。きっかけはテレビで見た江戸城城壁の話。関東平野は一般に関東ロームの土の堆積した平野で、思えば江戸城の濠や城壁に使われた大量の石をどこからどうやって運んだか?というのはピラミッド建造並みの不思議と言っても良い。そんな石垣の石に当時の石工が残した刻印が残されているというので、以前から気になっていた。ルートは、地下鉄九段下駅...

城ヶ島へ

昨年の2月、自宅からお台場という東京ハイクがいつしか最終のゴールが城ヶ島に変更され、今日がついにゴールの日となった。途中道に迷ったり足の故障が起きたり等で思いのほか時間がかかり、結局今日が9回目、ただし今日は京急三崎口から城ヶ島までのわずか5キロあまり、朝もゆっくり出発しほとんど観光気分。城ヶ島東部は県立城ヶ島公園になっていて、東端に安房崎灯台がある。ピンポイントではここがゴール。前回の終着点である...

花行脚2018-武蔵野

連日桜のニュースが流れ、さすがに気分もそわそわ、今日は何も用事がないので、都心より少し花が遅れるので今が見ごろではと思い、武蔵野方面へ花行脚に出かけた。何より、ICU(国際基督教大学)の桜を記録せねばならない。我家には娘が二人いるが、キリスト教徒は縁もゆかりもないにもかかわらず二人ともICU高校、ICU大学卒業。オスロ駐在中に長女の高校入試の時期となり、ICUが帰国子女をたくさん取るというのでICU高校にも願書...

札幌の地下鉄の怪

今年になって札幌市内を頻繁に訪れるようになったため、市内の地下鉄に親しくなった。市内には地下鉄が3路線あり、南北線、東西線、東豊線。駅構内の路線図では東豊線が水色にもかかわらず東西線がオレンジ、こんなところで東京に対抗?と思ったが多分何も考えなかっただけだろう。「怪」というのはキャッチコピーみたいなものでそれほどの問題ではないのだが、この路線図を見ていて気が付いたのが、白石駅と琴似駅、そして麻布駅...

北海道100%

関東地方は雪だったが北海道は快晴。午前中、工務店の人と打ち合わせがあるとかで、その間町に散歩行った。散歩といっても角を3回右折するだけのシンプルなコース。スタートは石狩太美駅前付近で時計回りのほぼ正方形になる。とりあえず画像だけ紹介。札幌駅から30分ちょっとだが、北海道100%。葉祥明の絵のイメージを狙ったもの。石狩太美の町並み。四角い箱の典型的な北海道の家が並ぶ。...

札幌チカホ

昨夜の雪も今朝は止んでいい天気。7-8センチほど積もった雪が、雪解けですっかり汚れた雪を見事に雪化粧。10時過ぎに妻の実家を出て病院に向かった。学園都市線は単線、新雪と柔らかな春の日差しと単線の電車が、トリテツではないがいい感じ。札幌へ向かう車窓より。 JR札幌駅から地下鉄の大通り駅まで地下鉄で一駅だが、歩こうかと妻が言うので地下道を行く。ここはチ・カ・ホという名前が付けれているらしい。天井は低いが、地...

羽田に二回

ロンドンの長女が今日帰国。3年半ほどの駐在だった。もうしばらく駐在する感じだったが、本人の思うところがあって帰国願を出し、さらに祖父母の容態のこともあって帰任予定も確定後に早めたとか。某銀行、大きな割に意外と柔軟。日本帰着の予定が6時半というので羽田へ出迎えに行った。首都高環状線ができたので家から羽田まで25キロ、40分ぐらいで駐車場に着いてしまう。そして午後の便で札幌へ。一日で2回羽田に行くというのは...

岩原スキー場

昨日の失敗に懲りて、今朝はケータイのアラームと目覚ましの両方を7時セット、おかげで無事起床、7時だとまだ太陽は山の影に隠れている。太陽は隠れていても、今日も快晴。 今日は岩原(いわっぱら)スキー場に行く予定。上越線に乗っても関越道を車で行ってもトンネルを抜けて越後湯沢に近づくと右手に見える大きなスキー場が岩原スキー場。上越で最初にリフトを設置したとか、初のナイター施設とか日本のスキー場の歴史と共に歩...

神立高原スキー場

前回、新潟のスキー場に行って楽しかった経験に味を占め今日は神立(かんだつ)へ。ここへは25年以上前に訪れた。その日は大雪で、当時スバルのドミンゴに乗っていたのだが、帰りは全ての車が雪だるまになっていてどれがどれだかわからない状態だった。幸いドミンゴは小型のワンボックスカーだったため、車の高さで同定できたが、普通の車の人はどうしたのだろうと今になって思う。そんな天候だったのでスキー場の印象はほとんどな...

三浦半島ハイク1

前回、思わぬ足の故障で浦賀でリタイアした旅→こちら。城ヶ島まであと20キロ弱、前回最後の詰めができなかっただけに城ヶ島まで行けるかどうか微妙だがとりあえず成り行き任せで出発した。浦賀着は9時15分頃。前回ちょっと歩いたほとんど廃墟となっている造船所に沿って歩く。天気もいいし足も軽く快調な滑り出し。 しばらく行くと房総半島への渡しの待合所が。遠くからヘンな船が走っているのが見えたが、これが渡し船だった。時...

舞子スノーリゾート

一晩明けると快晴の朝。今日は舞子スノーリゾート。その昔は石打後楽園というスキー場だったが、1990年に2800メートルのゴンドラを新設してスキー場の東側を開発、舞子高原後楽園スキー場という名前を経て現在の名称となった。それゆえ、スキー場は元々の舞子エリア(後楽園エリア)とゴンドラ側の奥添地エリア、長峰エリアに分かれる。二つはシャトルリフトで結ばれているが実質二つのスキー場。今回は奥添地エリア、長峰エリアに...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック