風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [山と旅 ] 記事一覧

舞子スノーリゾート

一晩明けると快晴の朝。今日は舞子スノーリゾート。その昔は石打後楽園というスキー場だったが、1990年に2800メートルのゴンドラを新設してスキー場の東側を開発、舞子高原後楽園スキー場という名前を経て現在の名称となった。それゆえ、スキー場は元々の舞子エリア(後楽園エリア)とゴンドラ側の奥添地エリア、長峰エリアに分かれる。二つはシャトルリフトで結ばれているが実質二つのスキー場。今回は奥添地エリア、長峰エリアに...

ガーラ湯沢

最初に行くことにしたのがガーラ湯沢。新幹線の駅から直接ゲレンデに行けるスキー場として話題になり、どんな所か行ってみたいと思ってから20余年の歳月が流れた。少々遠出するので今朝は早起きして山荘の出発は8時半頃、ガーラ湯沢の駐車場には9時40分頃到着。今朝は小降りではあるものの雪が降っていたので安全運転、走行距離は50キロほどしかない。駐車場からスキーを担いでガーラ湯沢の駅に向かった。駅の建物の2階にエレベー...

さっぽろ雪まつり(2)

夕方、一通り雪まつりを堪能してから再度妻と妻の母の病室へ行った。具合がいいわけではないので、病室を外しサロンのようなところで時間の多くを過ごした。妻が帰ろうかというので病院を後にし、改めてライトアップされた雪まつりの会場へ。以前「足利フラワーパーク」に行った時、夜に行かなきゃダメ、と言われ、薄暮と夜のライトアップで全く違った世界が広がる様に驚いた経験から、確信をもって夕方行ったばかりにもかかわらず...

さっぽろ雪まつり(1)

ビジネスイン ノルテの入り口。なんとなくセンスがいい。前日チェックインした妻が感動していたのが朝食、なんとコンチネンタルなの!と驚いていた。確かにアパホテルでも朝食はなんでもありのビュッフェだったが、ここはほぼ正統派のコンチネンタル、20年前の大陸の二つ星ホテルでお世話になった時以来かと思う。サラダが付いているのが画竜点睛を欠く感じだが、あとはパンのビュッフェとジャムとジュースとコーヒーか紅茶。ここ...

札幌へ

中央例会を途中で抜け出し羽田空港へ。春日から50分足らずで着く。空港の発着情報を確認すると、何と予約していた16:50発のAir Doの札幌便だけが欠航。ゲゲだが、Air Doのカウンターに行くと17:00発のANA便の搭乗券をくれた。札幌はほぼ1年前の暮れ以来。出発がさらに20分遅れたが千歳で19:00の快速エアポートに乗れた。ホテルで妻と待ち合わせの予定だったが、札幌駅に迎えに来てくれていて、ホテルのある中島公園へ。中之島と中...

横浜ハイク 3 

今年の数少ない目標の一つが親不知-城ヶ島間のプチグレートトラバースの満願成就。それも後2回で達成できる。11月は道を間違えたため京急田浦で時間切れになってしまった。今回は金田湾のできる限り南まで、津久井浜まで行ければいいな、というのが出発前の目標。気合を入れて目覚まし時計をセットし、8:19発の大江戸線に乗り、京急田浦着は9:41と意外に時間的には近い。歩き始めると三崎まで25キロの表示があった。城ヶ島の先端ま...

高幡不動尊

山荘行が大雪で中止になったことから、妻と娘は今日高幡不動尊に行くと言っていた。二人とも新選組のファンで、高幡不動には新選組副長として活躍した土方歳三の菩提寺である縁から境内に土方歳三の銅像等があるのだという。どうするかと問われ、新鮮組に興味はないが、小学生の頃から名前は知っていたものの行ったことがないので、車で出かけることになった。出発前のひと時 何の知識も予見もイメージもなかったので、駐車場に着...

横浜ハイク 2

文化の日、一昨日の予想天気図を見た時は雨だなと思っていたら、昨夜のお天気のお姉さんは自信ありげに晴れだという。しかも降水確率は10%とか。天気図を見る限り絶対雨だと思っても不思議はないのだが、たぶん気象庁のコンピューターがそう言ったのだろうからと信じて、6月以来久しぶりの日本大横断の続きを歩くことにした。今回は新杉田から。横須賀まで、できれば観音崎灯台までと思い、珍しく早起きをして8:23新宿発の湘南新...

小田代原と戦場ヶ原

先月の日経プラス1の何でもランキングのお題が「草紅葉」。1位尾瀬ヶ原、2位大雪山、3位が小田代原、以下八甲田山、月山、苗場山、八島湿原と続く。この中で唯一行ったことのなかった場所が小田代原、日光にある。妻が来ているのに庭の手入れや家の掃除というのもなんだかなのでその小田代原へ行くことを昨夜決めた。天気予報も晴。ただし高気圧に覆われるものの強い高気圧ではないのでタダの晴だと覚悟して起きればピカピカの朝...

昔と今

津南方面へ行こうかと昨夜話していたのだが、今朝の雨雲レーダーを見ると2時ぐらいまで雨が降る。じゃあ雨の降らない近場へ、ということで玉原ラベンダーパークへ行くことにした。30年近い昔、まだ小さい子供たちを連れて何回か行ったスキー場が玉原。その後、いつ頃かも定かでないが一度ラベンダーパークにも行ったことがある。ということで珍しくもないのだが、昔に比べてきっと立派になってるに違いないという期待の元に出かけ...

遅ればせながらの真田街道

梅雨前線プラス台風という絶好の雨日和、いい機会だからという訳で、昨年来気になっていた岩櫃城址に行ってみることにした。いわゆる真田街道、沿道のいくつかの史跡をピックアップ、まずは岩櫃城址へ。なんといっても真田三代の最大の拠点でドラマでも何度も登場した城である。国道145号線に出て西へ、この国道、一本道ではなくいくつもの道を継ぎはぎしたもの、岩櫃城址への道も大きな看板があるわけではなく、地図を頼りになん...

北鎌倉から長谷へ

妻が退職に伴う有給消化の一環で今日、休みを取っていた。なんとなく梅雨だし雨が降っても問題ない鎌倉へ行って紫陽花でも見ようかという案が出ていたが、昨夜北鎌倉から長谷へ行く案が具体化した。新宿10:15発の湘南新宿ラインで北鎌倉へ。11:10同駅着。今回再認識したのだが、大船駅の次が北鎌倉だった。新宿でいえば代々木のようなもの。大船と言うとただの住宅街の駅という理解だったので、北鎌倉が大船の隣と知って驚きを禁じ...

横浜ハイク

桜木町から更なる南下。ただ、横浜も訪れたことがなかったが、桜木町方面のいわゆる横浜らしい所も行ったことがなかったので今回は横浜見物を主たる目的とした。以下、全て初めて見るものばかり。目新しいものばかりだからあちこちで足を止め、パシャパシャと撮る。  「みなとみらい」から大桟橋へ。送迎デッキは床が全て木製、そこで結婚式が行われていた。 東側に回ると自衛隊の護衛艦「たかなみ」が接岸していてデッキに人が...

沖縄本島二泊三日レンタカー付の旅 (余録)

1.琉球王国琉球王国というものがあるのことはなんとなく知っていたが、その歴史、いつどのようにして日本の一部になったとか、文字はどうなっていたとか、何も知らないことに気が付いた。ということで以下簡単にまとめておく(出典はウィキペディア)。統一王朝の成立は第一尚氏が三山統一した1429年、その後1462年に重臣であった尚円がクーデターを起こし第二尚氏王統が成立、19代続いた後、1879年(明治12年)廃藩置県によって...

沖縄本島二泊三日レンタカー付の旅 (3)

今日は雨の天気予報。確かに朝から高層の雲が空一杯に広がっている。沖縄に梅雨をもたらしている閉塞前線も昨日に較べ緯度で2度程北上している。午前3時の天気図 気象衛星でも先島諸島付近は雲が発達している。強い雨雲も沖縄の西方海上に発達していて、沖縄本島も雨になるのは必定、梅雨の最中に沖縄に来ているのだから当然と言えば当然、昨日の午後の好天を素直に感謝しなければならない。 何かとグズグズして8時半出発。最初...

沖縄本島二泊三日レンタカー付の旅 (2)

「るるぶ沖縄」によると「イマみんなが行っている3大人気スポット」が、美ら海水族館、首里城公園、そして古宇利島だそうだ。ホテルが名護ということもあって今日は本部半島巡りとなった。美ら海水族館のイルカショー開催の時間の関係で古宇利島から回ることにする。昨日の夕方の天気が良かったので今日も好天を期待していたのだが朝からどんより。衛星画像をみると小さいが雲が沖縄本島にかかっている。まあ沖縄は5月初旬に梅雨入...

沖縄本島二泊三日レンタカー付の旅

関越を降りて目白通りから環七に入った角に出光のガソリンスタンドがあり、いつもそこで満タンにして帰っていたのだが、ある日お姉さんに薦められて出光カードに加入した。自宅の最寄りのスタンドが出光だったこともある。リッター2-3円の割引になるものの所詮一回に30-40リットルなのでたいした話ではないのだが、カードで支払えるのは便利だったし、現金を扱わないので車を使ってもタダみたいな気分にもなれる。その程度の価値し...

しらす丼

娘も妻も私も予定がなかったので、しらす丼を食べに行くことになった。先日湘南のシラス漁の模様をテレビで観る機会があり、話は知っていたが食べたことがなかった。小田急線改札で待ち合わせ、12:11発の快速急行で藤沢へ。さすがにお腹がすくので少量のサンドイッチを車内で食べて腹つなぎ。俳句を始めてからすっかり親しくなった藤沢で江ノ電に乗り換え腰越へ。久しぶりの江ノ電だったが、あらためてその優雅な走り方に旅気分満...

横浜へ:東京ハイク4

3月に自宅-志木を歩いて、城南島‐親不知を歩き通すという日本でただ一人と思われる偉業を成し遂げた。が、この城南島という名前がなんとなく、「ひょっこりひょうたん島」のような間の抜けた香りとリアリティの欠如を感じさせる。多分世に広く知られていないせためだろう。そんなわけで、城南島から城ヶ島まで歩くことにした。調べてみるとけっこう遠い。まずは横浜まで出かけた。途中何処の経由地として検討したのが扇島。航空写...

灯台マニア

今朝の日経新聞のおまけ、NIKKEIプラス1の「何でもランキング」の特集は絶景の灯台。1位として紹介されていたのが出雲の日御碕灯台。大々的な写真なので嫌でも目についた。この灯台、2014年の10月に訪れている。もう2年半前だ。この時の旅の模様は「山陰の旅(1)-(3)」として記載したので詳細は略→山陰の旅(2)。ベスト10にはさらにこの時訪れた美保関灯台が7位でランクイン。また9位の潮岬灯台もやはり2014年の7月に訪れている...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック