fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [政経倫社 ] 記事一覧

日本財政は持続可能か?

一週間ほど前に「日本の持続不能な財政状況」なる三本立ての記事を書いたばかり→こちら。そんな中、今朝こんな記事を見つけた。上述のブログ記事は「持続不能」との結論の下、財務省の資料を数多引用して「持続不能」の証明であったが、このウェビナー(こんな言葉があるらしい)は「持続可能か?」という疑問形というのが大きな違い。2月22日開催 内容はこんな感じ。1.冒頭挨拶2.基調講演(30分)  矢野康治  神奈川大...

一世代分の時間

歴史的大ニュースとあって、日経新聞ではこれ以上ないレベルの特大記事だった。もはや個別株を保有するのは鬱陶しいので昔無償増資で得たキャノンの50株しか保有していないから他人事なのだが、とりあえずの記念撮影。日経の記事がなかなか味わい深いのでコピペ。日経平均株価が、ついに「天井」を突き抜けた。天井とは(原文ママ;筆者註)、多くの日本人が二度と届かないと考えていたであろう、1989年末のバブル経済の頂点で記録...

日本の持続不能な財政状況(3)

思っていたよりもはるかに長くなってしまった昨日の続き。日本の現在の状況と将来に関しての認識が変わるものではないが、おかげできちんとした資料をもって日本の実態を正確にして冷静に記述することとなった。財務省に深謝。5.日本に明るい未来はあるのか?結論を簡単に述べれば「ない」。ただ財務省としても「ない」と公言するわけにはいかないので形づくりをして、国民のパニックの防止に努めている。それが財政健全化目標と...

日本の持続不能な財政状況(2)

昨日の続き。4.日本の借金の状況50年にわたる毎年の国債の発行により、普通国債残高は累増の一途をたどり、2023年度末には1,068兆円に上ると見込まれてる。この額は2023年度予算における所得税、法人税、消費税、その他税収の総額60.4兆円の17倍超に相当する額、税収全てを債務解消に充てても17以上かかるという異常なレベルにある。別の指標として、税収を生み出す元となる国の経済規模(GDP)に対しての債務の比...

日本の持続不能な財政状況

先日こんな記事が。「ケニアのルト大統領は日本経済新聞のインタビューで」とあるから他紙には掲載されていないし、日経新聞の購読者でもケニアの財政に関心を抱く人は稀有だろうから目に留めた人は多くはないかと思う。日経新聞2月12日 記事の主旨はともかく反応したのはこの部分。ケニアを巡ってはかねてデフォルトリスクがささやかれていた。国際通貨基金(IMF)は2020年、同国の債務リスクを「高い」に分類した。ケニア国...

専門家の予想の実態

何々の「専門家」といってもピンからキリまでの専門家がいて、「専門家」だから言うこともしくは書くことが正しいとは限らない、と常々述べてきた。そのちょうど良い実例が朝刊に掲載されていたので書いておく。記事の主旨はなぜ予想が外れたかの解説(別の言葉では言い訳)なのだが、内容はパスして実態の紹介を。記事は素直に反省から始まる。「経済を先読みする難易度が高まっている。低迷すると信じられていた2023年の米国は高...

洗脳戦(2)新型コロナウイルス

先月「洗脳戦」と銘打った記事をまとめ、「続きは明日」と書いたものの長い間放置していたので遅ればせながら続きを記す。記事では1)について述べたので今回は2)の新型コロナの話。その前に話の流れをちょっとだけ引用。各国はウソやデマの拡散にとどまらず、公開情報を使った世論の洗脳工作にも一層、目を光らせたほうがいい。(中略)日本全体に影響がある場合は笑ってすまされない深刻な問題である。たぶんその例として最大...

能登千枚田の被害

イカモール、見附島、宗玄、七輪、塩田と能登の観光名所の被害の状況について述べて来たが、今日の夕刊に能登の千枚田がようやく登場した。たぶん国道249号線が分断させていてアクセスできなかったためだろう。人的被害がなく、また経済的な影響が少ないこともあるかもしれない。日経新聞夕刊 日本海に面した能登半島の斜面一面に階段のような棚田が連なる石川県輪島市の白米千枚田は1月の地震で複数の大きなひび割れ被害が出た。...

大雪警報

日本南岸を通る低気圧の影響で今日は雪、と昨日から予報されていた。今日は発行所に出ていたが予報通りに日暮里でも雪になった。家の前では道路にも薄く積雪していて車のわだちや足跡が黒くくっきり浮き立っていた。夜のNHKの筆頭ニュースは「大雪」、東京23区では8センチの積雪が想定されているそうで、東京23区に大雪警報が発令されたという。8センチで「大雪」、東京では当然ながらほとんどの車は雪に対して無防備だから警報と...

円ドルの現状

久しぶりに金融経済の話、2月に入ってやたらと目に付いた。思えばブログをき始めてからだから10年以上になるが、これまで金融経済の記事をかなり書いてきた。並の経済評論家の言葉だけの感想文と異なり、常に資料やデータを添付していることもあって、中身は充実しており先見性にも優れていて、国民の金融リテラシーの向上と資産増大に寄与するところも大きいに違いない、と言ってみたい (^ ^);。まず1日の右の記事。31日に...

塩田と漁港の隆起

能登地震の酒蔵と七輪の被害について書いたばかりだが、昨夜夜の句会から帰って夕刊を開くと塩田の被害に関する記事が掲載されていた。市によると、日本海に面した市内の「外浦」地区では、6事業者が揚げ浜式を含め製塩業に従事。(中略)地震で製塩が行われていた海岸では地盤が隆起し、海中にあったとみられる白い岩肌がむき出しになった。地元住民によると、場所によっては海岸線が150メートル近く沖方向に移ったという。日経新...

七輪といえば・・・

先日、珠洲市の酒蔵「宗玄」の記事を書いた。能登地震に関しては様々な角度からの様々な情報が流されているが、もう一つ学んだことが七輪。珠洲市は日本一の珪藻土の産地だそうだ。今日の新聞に珠洲市の七輪産業について紹介されていた。日系新聞夕刊 「能登半島地震は石川県珠洲市の一大産業として知られる七輪の生産に大きな影を落とす。製造会社「鍵主工業」が長年使ってきた製造用の窯は全壊し、事業再開への道は険しい」とい...

洗脳戦

昨日の日経新聞に掲載されていた署名入りの社説のような大きな記事。主旨は中国やロシアによる情報戦の話で、結論である最後の一文でこう締めくくっていた。各国はウソやデマの拡散にとどまらず、公開情報を使った世論の洗脳工作にも一層、目を光らせたほうがいい。著者には申し訳ないが、添付されていた図が興味深かった。情報操作は印象操作による洗脳の手段であり、具体的にその手法の分析結果が示されていた。一番多い手法が「...

「宗玄」のおすすめ

「能登半島地震で大きな被害が出た半島北部「奥能登」では地元の酒蔵も壊滅的な被害を受けて酒造りができなくなり、正念場を迎えている。日本四大杜氏(とうじ)の一つの「能登杜氏」を輩出してきた伝統文化にとって深刻な事態。」だそうで、先日書いた珠洲市の酒蔵「宗玄」も少々の被害は免れまいと危惧していたが、そんなレベルではなさそうだ。おまけの引用記事;▼能登杜氏 石川県能登地方出身の酒造りの統率者。岩手県の南部...

ハチペイデジタル商品券

渋谷区は毎月一回、「渋谷区ニュース」という広報誌を各世帯に配布している。たぶん全国の市区町村でも同様の広報誌が配布されているのだろう。渋谷区ニュース1月号 1月号の最後のページに「ハチペイデジタル商品券」の販売のお知らせが掲載されていた。一言で言うと、1万円で1万5千円分の商品券を購入できるという話。一人2枚までという制限が付いているものの俄かには信じがたいが、詐欺ではなく渋谷区が主体となって推進して...

台湾と日本に対する中国の心情

台湾総統選の投票が13日午前8時(日本時間同9時)、各地で始まった。対中関係や経済政策を主な争点に与野党3候補が争う構図だ。中国が2027年までに台湾侵攻の準備を整えるという米国の分析もあり、台湾のかじ取りを担う次期総統選びに世界の関心が集まる。よそ様の国のことなので口を挟む気はないが、中国と仲良くやってくれたら極東の緊張感もなくなってみんなハピーになるのに、などとは思う。候補者は三人いて頼氏は対中強硬派...

能登半島地震:失われた能登の宝物

能登半島の津波、マグニチュードが7.6と東日本大震災に較べればエネルギーレベルが100分の1ぐらいなので、先の大震災に較べ津波の規模はそれほど高くはないとはいえ、運動量を持つ大洪水と同じなので被害は少なくないだろう。先日、こんな記事があったので目を引いた。一年半ほど前に周遊した能登半島の北部の東岸が津波のメインの被災地だったから。1月10日 日経夕刊 能登半島地震で石川県珠洲市の市街地や能登町の沿岸部を襲っ...

羽田空港事故の個人的影響

元日の地震に続き二日は航空機の事故と悲惨なお正月。火だるまになったJAL機の乗員全員が無事脱出できたというから、これはJAL乗務員の高度にして冷静な対応に加え、乗客全員の冷静な行動のたまもの、日本人にも賞賛すべき点があることの証左であろう、拍手。結果として年始のUターンに対し、飛行機が一機失われかつ羽田の4本の滑走路のうち1本が失われたのだから事故の影響は免れない。直接影響を受けた方々にはお気の毒、と思...

能登半島地震(見附島崩壊画像追加)

昨日の4時ごろ、はっきりとした地震としては長時間の揺れがあった。使ってもいないスマホから、地震警報のようなものが流され、またここは本州中部の山塊の中なので地震揺れはいつも小さいにもかかわらず、東日本大震災の揺れを彷彿とさせる長い揺れだったのですぐにテレビをつけた。今日のネットニュースから。1日午後4時10分ごろ、石川県志賀町で震度7を観測する地震が発生し、北海道から九州にかけて揺れが観測された。気象庁...

2024年度予算のわかりやすいたとえ話

昨日から記事になっていたのでニュースでも何でもないが、とりあえず今日の夕刊に2024年度の政府予算案の数字が公表されていた。記事には概要が手短に書かれて文句はなく、その中の次の二つが今日の本記事のトピックスである。・国債の返済や利払いにあてる国債費は27兆100億円程度で過去最大となる。23年度当初予算の国債費は25兆2503億円だった。・歳入面では新規の国債発行額をおよそ34兆9500億円とする。当初予算での新規の国...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック