風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Category [政経倫社 ] 記事一覧

ビットコイン投機の薦め

最近ビットコインに関するニュースが・・・.。ビットコインて何?という肝心のポイントは後述するとして、ビッドコイン(BTC)というと何か胡散臭さが漂う。比較的ロングタームの円/BTCの相場の値動きが下図。ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生したのが2010年2月、同年5月にはじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われたという状況なので、それから1年半後からの値動きを示す。2011年12月の1BTCの価格は300円程...

厚顔無恥

籠池氏が補助金適正化法違反と詐欺の容疑で逮捕された。森友学園問題は、元々それだけの事件で国会の予算委員会で長時間質疑を繰り返したリ、新聞テレビが連日騒ぐような問題ではなかった。実際3月14日のブログにそう記した。要点は下記の通りで詳細はこちら→3月14日の記事。1.国有地売却問題:売却したのが財務省近畿財務局だから売却した方に責任があり地検が捜査に乗り出せばよい。2.幼稚園の教育方針:本質的に私立なのだ...

あと何年?

65歳になった。字面を見ると他人事のように思えるが紛いなき現実。気分は20代か30代と何も変わらない気がしているだけに、いきなり見知らぬ街に連れ込まれて途方に暮れているような違和感を禁じ得ない。たまたま先日厚生省から平均寿命の新たな統計が発表された。それによると男性が81歳で女性が87歳。発表資料にアクセスして暫し眺めた。まず、平均寿命の年次推移。男女とも毎年伸びているが、戦争中はともかく戦後10年経過した19...

内閣支持率70%?!

先日、世論とは何か?、という話を書いた→こちら。世論調査の結果を世論と呼ぶわけで、世論調査は各マスメディアによってデータの取得方法や質問が異なるものの、共通している点は、調査に回答するサンプルが不特定多数の国民という点である。ほとんどの国民の判断は新聞かテレビを情報に基づいているので、世論とは客観的事実ではなく各マスメディアの印象操作の成果が反映されたものに過ぎない。一方で、興味深い資料があった。...

ほとんど犯罪

2回目の閉会中審査が衆院で24日(月)、参院で25日(火)に開催された。予算委員会であるので複数の論点があったが、メインは加計学園関連。この問題は7月10日、11日)にも取り上げられ、全ての疑惑と言われるものが妄想に過ぎず、真実がテレビ中継で国民の目に示された。それにもかかわらず、新聞テレビはその真実に関する部分を全く無視、新聞テレビしか見ていない国民に真相を隠してきたことは以前に三つの記事にまとめたとおり。...

世論の形成と大本営発表

マスコミ各社の世論調査で安倍内閣の支持率が急落している。7月11日の日経新聞の記事だが、要因として「「加計」疑惑などで不信感」とある。多分結果についてはどこ新聞も同様だろう。さて世論調査、不特定多数の意見を抽出したものを機械的に統計処理したもので、見かけは公正である。ただし大多数の回答者の判断の元は新聞テレビの報道である。しかし、今に始まった訳ではないのだが、新聞テレビは真実だけを読者や視聴者に情報...

日経新聞に対する驚き

今回の加計学園に関する閉会中審査に関するマスコミの扱いの中で、最も驚いたのが日経新聞の対応。加戸守行前愛媛県知事が国会で重大な証言を行ったことは7月13日に書いたとおり。朝日新聞やNHKなどが証言を隠蔽、読者や視聴者に証言の存在自体を知らしめないのは報道機関として自殺に近いが、実は日経新聞も同類だった。日経新聞に対する世の中のイメージは、経済記事が多いもののクォリティペイパーとして、それなりの知性と品格...

マスコミが報じない加計学園の真相

7月13日に、「加計学園問題の真実」という記事を書いた。このブログを見た人はこの問題の本質が何かはわかったと思うが、所詮その人数は知れている。一方新聞は当然としても、ネット論壇でもこの記事に関する内容が触れられることはなかった。少しでも多くの国民が本件の真相について知ることが、愚かしい議論から国民を救い出すためには欠かせないことから、何回か記事を採用、掲載してもらっている「アゴラ言論プラットフォーム...

バケツをひっくり返したような雨

九州豪雨の死者と行方不明者は合計で50人近くに上ったようだ。先日記事を書いた時点では10名に満たない数だったので多くの人は避難したので人的が少なくて良かった旨を記したが、その後の報道でも明らかになったように、避難しなかった人たちも少なくはなかったらしい。結局、豪雨をもたらす雲の接近が予想され、避難指示が出ても避難しない人は多いようだ。また実際に雨がひどくなると、それゆえに避難を躊躇した人が多いことも要...

加計学園問題の真実

7月10日(月)に衆参両院で、加計学園問題に関して閉会中審査が開かれた。この模様はNHKで9時から17時までほぼ全容が生中継されたから国民の目に本件の真相が示された、はずだ。しかし、実際にすべてを観た国民はごく少数であり、多くの国民は新聞、テレビでの報道を通じて、本件の概要を知った気にされている、と言うのが実情である。報道では前川元次官の答弁が主体で、参院に参考人として招致された加戸前愛媛県知事の発言は、少...

九州北部の記録的豪雨の検証

5日からの九州北部の記録的豪雨、今も関連ニュースで現地の惨状が紹介されている。被害状況を見るとまるで東日本大震災の津波跡のようだが、川の氾濫による洪水も思えば津波と同じ。亡くなられた方々には気の毒だが、死者行方不明者が被害状況に較べて少なくなくて済んだのは幸い。5日の夜は気象庁が警告を出し続け、NHKがプログラムを変更してそれを中継し続けた効果も大きいに違いない。以前から何回か述べて来たことだが、豪雨...

都民ファースト圧勝の原因

2017年の都議選、事前のマスコミの予想通り小池知事の圧勝と自民党の大敗に終わった。まずはめでたしめでたし。最近の政府や自民党議員の不始末の影響の結果とNHKの解説委員が述べていたが、本質は国政と地方議会の選挙は異なるのでそうではないだろう。1年前の都知事選の時にいくつか記事をまとめた。その中に「東京都の浄化」という記事がある→こちら。小池知事にはなったが、驚くべきは過半数は小池氏を否認したという話。その...

神の降臨

昨日の藤井四段の29連勝のかかった対増田四段戦、2時過ぎからAbemaGOLDチャンネルにてネット観戦。玉形から見て素人目には藤井四段やや不利の雰囲気。コンピュータによる形勢判断もわずかではあるが増田四段の優勢を示していた。持ち時間5時間の棋戦なので進捗は遅い。局面が多少進んで下図の場面。一目2七角打ちの両取りが目立つ。藤井四段としては変化の余地がなかったとは言え、この両取り、しいては金打ちにより7手先で飛車...

みなかみエコパークの怪

昨日の帰り、みなかみ町役場水上支部(左)とみなかみ町役場(右、旧月夜野町役場)に寄って、「みなかみエコパーク」登録に対してどんな反応をしているのか見てきた。両方とも意外と地味。千載一遇の町おこしの機会も無為に過ぎ去るのかな、という予感が一杯。 さて、NHKの18:40-19:00は各地の放送局に時間が割り振られている。群馬県は前橋放送局作成の「ほっとぐんま640」、20日火曜は「みなかみエコパーク」の特集だった。日曜...

みなかみ町がユネスコエコパークに!

NHKの20:45のニュースを見ていたらビッグニュースにびっくり。群馬県みなかみ町全域が「ユネスコエコパーク」に登録されたという。町役場の職員が揃いの法被を着て喜んでいる映像も流れた。税金も払っているので一応町民の一人。町営の「 湯テルメ・谷川 」ではちゃんと町民割引が利く。いうまでもなく山荘があるのがみなかみ町藤原。喜ばしいこと極まりない。これまで多分食傷するほどの画像をこのブログで提供してきたのはご存...

「第十八共徳丸」と「はまゆり」

昨日の夜のNHKニュースで東日本大震災の遺構を残す民間レベルの試みが紹介されていた。人間の記憶など脆弱なもので時間と共に都合の良いように改竄されるか消滅してしまう。東北の津波は今回が初めてではないのだが、昔の出来事は多くの人にとっては忘れられた。今回の津波の被害の凄まじさは、ネット上に多数残されているとはいえアクセスしなければ見ることはできない。同様の被害を繰り返さないためには100年という時間レベルで...

藤井四段はなぜ強いか?

今や新聞だけでなく、NHKのニュースにもなるぐらい藤井四段が脚光を浴びている。先日はテレ朝でも特集をしていてそれなりに面白かった。中学生なので学校には行っているが、先を読めるので5分で授業内容がわかってしまい、小学生の時は母親に何故授業は45分もやるの?と言ったとか。この手の勝負事をする凡人にとってはいかに25連勝が凄いことかがわかる。25連勝が運半分、すなわち25回ゲームをして25連勝する確率が50%だとしよう...

防衛省カレンダー

昨日、自衛隊員からもらったカレンダー、どうもお宝らしい。左上に防衛省の名とロゴがあり、フッターに陸海空自衛官募集とある。防衛省も営業努力の一環としてカレンダーを販売しているのか、ネットでは壁掛け型から卓上型までいくつかのタイプのカレンダーが並び500円から3200円までの値が付いていた。ところが今回入手したカレンダーはない。どうも非売品のようだ。きっと、入隊の見込みのある応募者に配布したのだろう。となる...

サミット開催地

G7の開催地、今年がタオルミーナで去年が日本の伊勢志摩、なにやら観光地での開催が恒例のような気がするので2000年以降の開催地を調べた。サンクトペテルブルグとブリュッセルを除けば確かに親しくない場所ばかり。洞爺湖サミットというのもあった。膨大な関係者を考えれば大都市の方が便利なように思えるが、警備上の問題から孤立した建物や辺鄙な場所の方が好ましいのだろう。また、G7は各国首脳が一堂に会して団結を誇示する一...

「忖度」という名の私利私欲

今年の流行語大賞は「忖度」かも、という話をしたくなるほど、マスコミではやたらに「忖度」が出てくる。どこのメディアが言い出したか知らないが、ヌメヌメしたいやらしさを覚えてしまうのでこの感覚を忘れないうちに記しておこう。森友学園の件、問題の本質は売却した財務省近畿財務局にあり、と書いたのが3月14日のこの記事→こちらは本筋。この後に、役人の行為に対して忖度という単語が使われ始めたように思われる。行政の職に...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック