風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2014年01月 ] 記事一覧

1月のまとめ

1年の計があるわけでもなく、後ろ向きに1月を回顧。1)寝場所:自宅 23日、外泊 8日。3泊4日の山荘暮らしを計画していたが、前日発熱し中止。退職して4カ月の実績を見る限り、結構家に居るものだと、これは想定外。妻がどう思っているかは知らない。2)内容:-在宅 14日:たいした用もない休日のようなもの。特筆すべきが、放射能と原発に関するシリーズものの著作、全6回。ブログを始めるにあたって科学の箱を作ったのは、こ...

農地法

山荘の南側の谷沿いに11戸の村がある。わずかばかりの土地に棚田が並ぶが、住民が高齢の方ばかりなので、休耕田というか雑草が生い茂った田が多数ある。退職に当たり、この荒れた田を一枚借りて、もし条件が合えば売ってもらって、農作業をしようと考えていた。ただ、田んぼというのは簡単に買えないし借りるのも何かと制約があるのでは、という予感があったので農地法を調べてみた。条文は長いので、要点を書きとめる;農地法第一...

お家の歯磨き

すっかり元気になって、天気もいいし温かいので、気になっていたお掃除をすることにする。対象は階段の壁。一部段になっていて、そこに積年の埃が積もっていて、拭いてもとれない。そこで歯ブラシと歯磨き粉で壁紙を洗ってみた。すると効果絶大、しつこい汚れもすっきり。まるで、新築の家のように、とはいかないまでも、ピュオーラナノブライトはよく効く。...

脱原発の必要性(6)-終りに

脱原発の必要性(6)-終りに月曜の夕刊で、2013年の貿易赤字が11.4兆円になったと報じられていた(下図)。原子力発電の代替として火力発電所の燃料費を、毎年兆円レベルで輸入せねばならない影響が大きい。経常収支も大幅赤字に陥るだろう。原因は円安ではない。プラザ合意の1985年当時は200円/ドルを上回っていたが、きちんと黒字。当時とは世界の成り立ちが異なるので話は単純ではないが、現在、異常な貿易収支状況に陥ってい...

脱原発の必要性(5)-福島原発事故の認識の仕方

福島原発事故の再発防止策については専門家の方々が数々の膨大な報告書をまとめられたであろうが、当然とはいえ読んでいないので勝手にまとめる。本質は何か。答えは水。大震災の時期は家で療養中だったため、朝から晩までテレビにくぎ付け、何が起きて何がどうなっているかについてつぶさに見てきた。爆発事故後、なされた対応は全て水の供給といってよい。ヘリコプターで水を撒いたり放水車で放水していた記憶はあるだろう。事故...

病み上がり

藤原のアメダスを見ると、11時現在、気温1.3度、日照時間100%と最高のスキー日和。国境の山もきれいだろうな、と現状を知るにつけ惜しいことをしたと思うものの、今朝の起床は10時、10時間ほど寝ている。健康な時でも8時間ぐらいほっておけば寝ていられるとはいえ、さすがに病気モードだな、と納得。おかげで、熱は下がったようで、感覚的には病み上がり、という感じ、要するに大分元気になった。昨日まで寒気がして何もする気が...

脱原発の必要性(4)-LNTモデル

高速道路を時速200kmで1時間走れば移動距離は200km、しかし時速200kmは危険だし、1時間走る前に免停となるだろう。一方一般道を時速10kmで20時間走っても移動距離は200kmでかつ何も起きない。同じ200kmの移動でも時速200kmと10kmでは様相がずいぶん違う。この当たり前のことが、放射能の話になると当り前ではなくなる。LNTモデルという仮説があり、被曝による個人の発癌リスクは瞬間被曝量0まで線形に生じる、すなわち被爆に閾...

発熱

今日からまた山荘へ行くはずだったのだが、なぜか家の中。先週木曜日に帰ってきてから、どこか疲労感がたまっている気がしていたが、昨夜熱っぽいので体温を計ると37.2度。今日になって具合が良ければ出かけるつもりだったが、まだ熱っぽい。水木とお客さんが来る予定だったので多少無理でも、と思ったが、大事をとることにした。シーズンチケットを買ったもののまだ10日しか滑っていない。歳をとると何かと思惑通りにはいかないよ...

脱原発の必要性(3)-放射線の人体への影響

メカニズムとして二つ考えられる。1)生体分子に損傷→細胞の破壊→生命維持機構の停止(急性高線量被爆)2)DNAに損傷→被爆に起因する癌の発生→癌による死(慢性的低線量被爆)1)はその通りで、広島や長崎、チェルノブイリ、他の放射能事故で確認されている。データは限られるが、チェルノブイリでは2000‐4000mSvレンジの急性被爆を受けたグループ55名から死者1名が観測され、短期間に2000mSv 以上を浴びると命の心配があるのは...

脱原発の必要性(2)-ベクレルとシーベルト

この3年間で日本でもっとも使われた単語のひとつがベクレルとシーベルトだが、改めて整理しておく。ベクレル(Bq):1秒間に崩壊する放射性物質の原子の数のことで(単位は1/秒)、1000Bqだと毎秒1000個ということ。放射性物質の量が表わされているという認識でよい。半減期があるので正確ではないが、1時間で3.6百万個。これだけだと実用上意味をなさないので, Bq/kgやBq/m2 など単位当たりにして使う。なお、100億Bqのセシウム137は3...

脱原発の必要性(1)-放射能の正体

久しぶりに一日何も予定がないので執筆業。今回の都知事選で、脱原発を掲げて立候補した候補者がいる。多分このスローガンが多くの都民に支持されると思ってのことだろう。原発の事故による放射能の影響が恐ろしい、だってフクシマを見れば明らかだろう、というのがその背景と思われる。しかし、正確に「見て」いるのであれば、そんな結論には至らないだろう。この点をまとめておく。福島の事故で撒き散らされたのは放射性物質であ...

窓の雪

気分を変えて午前中、宝台樹で滑ってから帰ろうと少し早起きするも雪。太陽が白日となって林の上に見えるが、上は吹雪いていると思うと気分が萎えて、帰ることにする。今年の雪は平年並みだが、1月下旬ともなると結構積る。南側の窓は地面から3mぐらいあるが、屋根から落ちる雪が積み重なって、窓の高さに並んできた、写真ではよくわからないけど。西側はこんな感じ。雪囲いも埋まり、夏の風景が夢の中の出来事のように思えてくる...

武尊牧場スキー場

ここは位置的にもオグナほたかスキー場のそばで、姉妹スキー場のような関係。牧場と言うから平坦なところと思って行ったら、意外と山に囲まれた谷間のスキー場。写真左手のリフトにのりながら、これでは牛も筋肉質になるよな、などと思いながら終点に着くと、そこはなるほど武尊牧場。この日は全国中学校云々のクロスカントリー大会が、なんとこのゲレンデで開かれていた。このスキー場、リフトは下に3本、上に2本、上の2本はクロ...

オグナほたかスキ-場

ここは山に囲まれているので、日が入るのが遅い。8時前だが、東の雲が色づきは始めたぐらいで、西の空には少し太めの下弦の月が浮かんでいた。今日はいい天気になりそうだ。  8時過ぎに朝食もとらずオグナスキー場へ向かう。関越を沼田で降り、120号を通らずすぐ左折して川場方面へ、だってナビが言うんだもん、というやつ。沼田ICから28kmとずいぶん奥へ入るのだが、道路にほとんど雪はなかった、というか直前まで黒い路面...

シーズンチケット

今シーズン、宝台樹のシーズンチケットを初めて買ったが、、オグナほたかと武尊牧場の3スキー場共通券ではなく、宝台樹だけにすると1000円安くなると言われた。この2スキー場は沼田側なので考えたこともなかったが、一瞬躊躇したものの、やはり1000円だし、共通券を買った。というわけで、今回はオグナほたかの視察が目的。何といってもタダで滑れる。昨日までの寒気団の到来で、昨日の夕方調べた24時間積雪量において、ここ藤原...

牡蠣の食べ方

妻は北海道常呂の育ち、網走の北、サロマ湖の南のオホーツク海に面した漁港の町で、2月には流氷が接岸するところだ。ホタテ貝の一大産地であるが、サロマ湖では牡蠣も採れる。毎年、冬になると妻の母がサロマ湖の牡蠣をトロ箱で送ってくれる。今日は妹家族に加え、次女の婿も参加しての牡蠣パーティー。この牡蠣、海から揚げたままなので洗わねばならない。これが朝からの大仕事。おおよそ200個以上あるのだが、これを一個づづ洗っ...

季の会新年句会

場所は藤沢市民会館、時間は9時半受付(?)。新宿から藤沢まで小田急とJRで400円ぐらい違うが、少し出遅れたので、到着時間の早い湘南新宿ラインで行き10時頃着。通常の句会ではなく「季」の特別行事で、事前投句3句、出席者は17名という句会だが、終了は16時半ごろ。句会であるのは確かだが、新年会モードが大半を占める。互選の後、藤沢紗智子主宰が歯切れよく全句を講評してくれる。しかも率直で分かりやすい、すなわち俗にい...

ゼログラビティ

自由になったら月に5-6本は映画館に行って映画を観るのかな、となんとなく思っていたが、この3カ月半で実績は0。忙しいというよりは、そんなこと忘れていた、というのが正しい。という日常の中、たまたま先日家で話題にしたゼログラビティを観てきた。場所は新宿のピカデリー、3Dの字幕、シニア料金で1400円、年齢証明も求められなかった。宇宙ものの映画は好きだが、この映画は格違い、まるで自分が宇宙空間にいるような圧倒的リ...

冬麗

1月に蕾を持った薔薇が開きはじめた。12月初めに咲いた薔薇も色褪せながらまだ薔薇としての矜持を崩していない。冬薔薇は花の咲いている期間が長いのがいい。来年は冬薔薇をたくさん咲かせよう。今日は何の予定もなく、妻はワインのサロンがあるので夜まで帰ってこない。冬麗、そんな一日。...

一樹会

「河」には全国に大小44支部ある。別に支部に属さなくても何も不都合はないので支部には属していない(荒地句会は支部とは独立の句会)。が、かねてより支部長のK子さんより飲み会が楽しいからと勧誘を受けていた城西支部一樹会に初めて出席した。指導は副主宰。この句会では多くの句にコメントをもらえるという話だった。普通、句会では重複した句は提出しない。そこで副主宰に、先日の荒地句会のどこが悪いのかわからない句に対...

成果

昨日は実はお仕事日。昨年来のシミュレーションスタディの最初の結果が出たので会社に行って説明してきた。手前みそで恐縮だが、この結果は現役時代にやっていたシェールガスのモデルが正しいことを証明するもので、その帰結として、業界で通常使われている手法が楽観的であることを(たぶん)世界最初に明らかした。今、いくつかのメールと次の作業指示を出し終わったところ。このぐらい成果があれば少々高い時給をもらっているけ...

名刺づくり

9月に作った名刺100枚がほぼなくなった。そんなに親しい人がいるわけでもないので、下品にもけっこうあちこちでばらまいたのだろう。で、またVistaで新しいバージョンを頼んだ。今回は自分で選んだ北アルプスで撮られた満天の星を背景にした。ところが出来上がった名刺が墨を塗ったみたいに真っ黒で使う気がしない。確かに写真と印刷では色が変わってしまうので、外注では気を使ってもらえない。そんな話を妻にしたら、世界堂で、...

犬も歩けば・・・

夜の11時頃、新宿西口のユニクロの前を歩いていると、テレビ朝日から声がかかった。今日細川さんが小泉さんの支援を受けて、脱原発を謳って立候補したが、どう思いますか、というもの。テレビらしく、青いライトに照らされ、30ぐらいの社員にマイクを向けられる。テレビ朝日か、と思いながら、いい機会なので、私は原発推進派であり、福島の事故で何兆円ものカネを使うのは無駄もいいところ、と述べる。彼は、一瞬の聴く相手を間違...

エクアドル

昨日、エクアドルから長女が無事帰ってきた。出発が12月30日だったので、例の事件と重なっている。妻がフェイスブックのメール機能を使って連絡していたので無用に心配する必要はなかった。娘の話によると、現地でも大騒ぎだったようで、キトの街はお巡りさんもたくさんいたという。グアヤキルはガラパゴスへの玄関口という報道だったが、娘はキトから飛ぶと聞いていたのでさらに心配はなかったが、実際はグラヤキルに寄ったらしい...

甲冑魚?

この魚、カネガシラというホウボウ科の魚。北海道の妻の母が送ってくれた。もうすぐ長女がエクアドルの旅行から戻ってくるので、煮つけにした3匹を食べる予定。残りは明日ブイやベースで食べることになっている。ちなみに甲冑魚とは4億年ほど昔の古生代デボン紀に栄えた魚で、イメージがこんな感じ。でも、こっちの方が似ていない?  ...

お墓参り

父の命日が1999年12月28日、母の命日が2006年1月26日。昨年妻の体調が悪く順延していた墓参りに行ってきた。風もなく日差しの暖かい墓参日和。少し離れたところで納骨式らしく、僧侶がお経をあげている。参列者は喪服の熟年のご夫妻だけ。思えば、父はニューギニアから生きて帰り、東京に家を持ち、子供を育て、自分の墓を用意し、今自分がこうしている。ふといろいろと思ふところがあると思ふ。  ...

みなと句会新年会

名前の通り横浜での句会。12時過ぎに家を出て帰宅は23時過ぎ、時間の半分以上飲み会なのでまあ仕方ない。今回は師匠の特選があり、上々の滑り出し。朝市の雪斜めなす能登の海兼題の一つが「市」の読み込み。義務だから、という感じですらっとできた句。不思議なもので、苦吟してひねくりまわした句は大概ダメとしたもので、空から降ってきたものを書きとめるような句は評価が高いことが多い。では何が違うのか、これがわからない。...

お休みモード

昨夜はというか今日は寝るのも遅くなっため、のそのそ起き出したのが10時前。明日の句会配布用に全員の句をまとめ、印刷に取り掛かるともうお昼。ところが印刷用紙が途中でなくなり、どうやって紙をセットするのかわからない。あきらめて妻に電話。暫くするとインクがなくなりましたのサインが出て印刷停止。また電話。ようやく印刷し終わって、事前に師匠にファックス仕様とするが、送信できず、またまた電話。ただこれは受信側に...

荒地句会新年会

新年会といってもいつもと全く変わるところはない終了後の飲み会だが少々盛りあがって先ほど帰ったきた。今日は荒地句会、主宰の角川春樹の特選とはこのところ縁がないし、選自体もろくに得られないが、今日は主宰以外からの選をたくさんいただき、得点は5位。無監査同人や高位の同人がたくさんいる中においては上出来。とはいっても、自信を持って臨んだ4句はそれぞれ2点ずつ。よくあることとはいえ、何が悪いのかわからないから...

年金はいくら貰えるか

年末に年金機構から年金給付の通知が来て、来年給付される年金総額の全貌が明らかになった。まとめると年額で、厚生年金基金基本年金:137万円同加算年金:     33万円特別支給老齢年金:  25万円退職金年金分:    36万円計:         約230万円数年前、国会の質疑で民主党の大臣が、年金の目的を「老後の生活のため」と答えたところ、控えの役人が飛んでき「老後の生活に資するため」と言い換えさせた一幕が...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック