風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2014年02月 ] 記事一覧

春隣

目覚めるとなんとなく雨の音。カーテンを開けると隣の別荘のすっかり雪が落ちた黒い屋根がしっとり濡れている。たいした雨ではないが、温かいし、昨日の重い雪がさらに雨を含んでいると思うと、腿が少し痛むこともあって今日は休みとする。メールをチェックすると、「季」の原稿の催促。大雪のため欠席していたのですっかり失念していた。メールに返答すれば、行かないと決めると気分もゆったりして、午前中は「季」の連載記事の執...

スカイラウンジ「あさひ」

宝台樹のクアッドの終点の建物に私のお気に入りのひとつであるスカイラウンジ「あさひ」がある。写真の右手がリフトの出口。ビールと飲み物の自販機があるだけだが、屋内からまさにスカイビュー、もちろん無料。入り口は喫煙所になっている。窓辺がすべてカウンターになっていて椅子が置いてあるだけのシンプルなスペース。3月の天気のいい日は、パソコンとお弁当をもってコーナーの席に陣取り、お仕事をするのもいいかな、と思っ...

春スキー全開

昨日の雪は移動性高気圧接近による形式的冬型による雪。そして今日は移動高気圧に覆われ目覚めれば快晴。同じ場所でも天と地の差、とはこういう違いをいう、だから天候とは絶対にケンカしない。なお右の写真で雪が消えているのは今年新設の融雪装置の効果。  朝、パソコンをつけるとメールが入っていて、これを片づけるのに小一時間、先日ちゃんと指示を出したのに勝手な前提で価値のないシミュレーション結果を送ってきた。夕方...

雪の世界

さすがに2月下旬ともなると国道の雪は消えているが、宝川温泉への分岐付近からは雪が残っている。しかも山荘に着くころには雪が舞い始めた。向かいのDさんに今朝電話すると、駐車スペースに40-50cmの雪、と言うので除雪をお願いする。窓の外には屋根から落ちた雪が重なり、窓の高さを超え始めている。3mはあるだろう。南側は低くなっていてほとんど2階建ての窓に近い。ここは今でも雪の世界、庭は完全に雪の平原と化している。  ...

ラリーカールトン in Billboard

Larry Carltonと言えば「私はピアノ」、という反応は正しいが、認識の仕方としてはちょっと可哀そう。実は私も認識していなかったのだが、1974年のMarlena Shawのアルバム、「Who is this bitch,anyway?」のギタリストでDavid T. Walkerと共演している。このアルバムが傑作で、2010年7月には彼女のライブがビルボードであり観てきた。アルバムは映画の1シーンのようなさりげない会話で始まるのだが、ライブもレコードそのまま、歌...

パチンコ:傾向と対策

パチンコに関してコメントがあったので、40年間、多分車の1台や2台分には達する投資経験をまとめておく。パチンコは実は斜陽産業。1995年に31兆円の売り上げがあったが、毎年減少してゆき、2011年には19兆円と2/3になってしまった。参加人口は2900万人から1260万人と半減。出典は日本生産性本部「レジャー白書2012」。パチンコは脱税防止のための売り上げの透明化が図られ、一方で金買い上げを通した換金システムが公認され、...

冀くは

来週のスキーウィークに備え今日はオアシスに行くつもりだったが、アルバイトのお仕事をしていたら遅くなったので結局妻はライブに、娘は友達とお約束、おじいさんは家でお留守番、というパターン。これ、こいねがわくは、と読む。初めてこの言葉に出会ったのが平野啓一郎の「日蝕」。1999年の芥川賞受賞作で、当時氏は23才の京大生。21歳の冬から半年資料調べ、半年執筆で書きあげたそうだ。たいそうな擬古文の異形の小説で、選考...

努力と結果は比例する

学生時代、野外生活研究会という同好会に6年間入っていた。いかにも軟弱な名前だが実態もその通り。一応何らかの形で山と関わりがあるので山に目覚め、2年生から熱狂的に山に通った。そのときのパートナーが今や碁の先生。今や4子を打たれている。彼の主宰する不定期な碁会が昨日。大捕物の最後で余りの優勢に1回パスの手を打ってしまい生還を許しゲームエンド。他にも2局、圧倒的優勢の碁を最後に乱れて落とし、1勝4敗。退職して...

2回目の一樹会

毎月第三木曜は一樹会。当日投句三句、これを手分けして清記、コピーを配布と、負担と手続きが軽いので気も軽い。今回は16名の参加、初参加2名で内一名は初心者。以前にも書いたが、平日の午後なので今回は私が最年少。一人佳作3句、秀逸1句、特選1句を選句し披講。今回の最多得点句は、その初心者のおばさん。特選4、佳作3.私は取らなかったが目にとまりチェックは入れた。まるで小学生の句のように初々しい。大雪に春がバトン...

農地法の実態

先日、みなかみ町水上支所に立ち寄って、農地法についての話を伺った。ここは市町村合併前の水上町役場で、建物は看板が変わっただけだが、入り口を入るとやたら暗くてがらんとした印象。多分、執務机の半分は取り払われ、よって人数も半減した感じ、10名も職員は居なかったのではないだろうか。受付など当然なく、どうしたものかと困惑を隠せず立っていると、痩身のこぎれいなおばさんが「ご用件は?」と声をかけてくれた。数人し...

帰ってきたパソコン

たいした根拠もなくヨドバシのめだつ所に並んでいたIO DataのLCD-MF234シリーズ23型ディスプレーを購入、接続のためのデジタルケーブルを併せ税込23,360円。接続すると見事回復、ようやくパソコンがそのまま使えるようになった。修理すると7万いくらという話だったので、5万円も安い上、かつ23インチディスプレーのおまけ付き、ということで、とてもお得な気がするのは気のせい?...

ランティエ

Kという広告代理店から電話。2月25日の産経新聞の東日本版に「芸術日本」の様な全面記事で掲載されるという。30年にわたりこの種の企画をしていると言い、俳句の人気が高いので今回は俳句特集とか。全22名の作品が一人10句、8cmx9.5cmのスペースに掲載される。同社が国会図書館で調べた結果、私の作品が素晴らしいので是非掲載したいという申し出。話の中から、「季」と「ランティエ」の句が目に止まったことがわかった。全...

パソコンの病状

修理先から診断結果と見積もりの電話。やはり液晶モニターとその配線を交換する必要があるという事で、コストの見積もり額は7万いくら。また、パソコンの保証期間が今年の5月で終了のため、それ以降修理はできないという通告。本体は無事なのでデータは外付けハードディスクで移動可能ともいう。要するに新たなパソコンを買う必要があるらしい。問題は現パソコン。データは移動できるが、メールは保証の限りでないというか、うまく...

パソコンの無い日々

北風の冷たい日曜日の夕方、部屋に帰ってパソコンをつけると、モニターがブラックアウト、暗いままで画面が現れない。何度か繰り返すも同じ。確かに数日前からログインすると数秒画面が揺れる状態が続いていた。あきらめてヨドバシに持って行く。修理の見積もりに一週間ぐらいかかるという。その晩からパソコンの無い日が始まった。ネットもメールもなく、突然世界から切り離された気分。あらゆる書き物や作業、ゲームなども取り上...

東京キネマ倶楽部

「東京キネマ倶楽部」、鴬谷駅南口からすぐのビルの6階にある。同じビルに入っているのが同経営の「ダンスホール新世紀」。あまりに怪しすぎる名前だが、怪しげな入り口を抜けると、大正ロマンのオペラハウスを再現したといううたい文句のとおり、タイムスリップしたような異様な雰囲気に包まれる。三層構造で1階がダンスフロア、そこにスチール製のいすが300程並べられていた。席はA列12-14番と中央からステージを見上げる席。1m...

牡蠣パーティ2

妻はワインサロンに通っていて、そのメンバーを呼んで毎年牡蠣パーティを開いている。今日がその日。今回はいつもの5人に加え、ワインの先生も参加するという。シニアソムリエで日本では数少ないディプロマという資格も持っておられるとか。メンバーの一人は下関から飛行機で来るそうだ。7人でシャンパーニュ2本、白2本、赤2本を開けたという。これらは持ち寄りだが、先生曰く、あら良く揃えたわね、というものらしい。記録してお...

ビルボード

昨日は午前中8本滑って、午後はみなかみ町水上支所で農政についてのミーティング、東京までドライブ、帰宅してメールを開くとお仕事がちょっとあって夕食までに片づけ、21時からビルボードのライブ、終演23時という、退職して時間はたっぷりあるのに、なんで一日でこんなに詰まってなきゃいけないの、という感じの一日。ライブは大野雄二&ルパンティックファイブ。娘がチケットを2枚取っていたのだが、香港・シンガポールへの出張...

エベレストダウンヒル

今日も良い天気。朝のうちは雲量も多かったがお昼には一時快晴に。気分も体調も良いので、久しぶりにクアッド20本に挑戦してみようと思う。とはいえ、朝風呂につかって、質素とはいえ朝食をゆっくりとって、のろのろと出発するとリフトに乗ったのが10時。それでも昼食前に9本。中途半端な数字だが、このクアッド、山頂から3つのコースがあるので3回回ると9本、3つまでだと容易に覚えられる。午後からまた1セット。12本目は左端の第...

スキー日和

正月以来の宝台樹。朝のうち浮いていた雲も消え快晴。クアッドの終点からの朝日岳を見ると、いつも雪嶺という言葉を思い出す。ガラケーのしかもかなり昔のバージョンのカメラなので山に失礼感多大。冬山に登らなくても、こんな風景に出合えるって、スキーをやってて良かったな、と思う一瞬。さすがに祭日とあって多少混んでいると言っても所詮知れている宝台樹。快適な一日があっという間に終わって風呂上がりのビールを飲みながら...

2月の朝

今年最初の2月の朝は晴れ。青空の雪がきれい、いつ見ても。庭には何ぞの抜けた跡が。久しぶりに来たので屋根に積もった雪が、暖房のため昨夜轟音をたてて落ちた。まるで雪崩のあと。これを見るたびに雪崩に会ったら人間なんてひとたまりもないよな、と思う。...

事故渋滞

今週はスキーウィーク、ということでノロノロと11時前に家を出た。平日なので関越も快調、しかし所沢ICで降りる車の異様な長蛇の列、ん?と思いつつ暫く走ると15.9kmポスト、川越ICの5kmほど手前、で渋滞の後ろに着く。今回土岐麻子のCDを取り込み中だったので交通情報をチェックしていなかった。時に11時47分。この渋滞ちっとも動かない。妻が家に帰る時間を見計らって電話、状況を確認してもらう。大きな事故があって、川越ー...

雪の跡

東京都心(大手町)のアメダスの観測結果は27cmとか、都心で20センチを超える積雪は1994年2月以来20年ぶりで、戦後4番目の大雪らしい。最大積雪は24:00で、気温がプラスだったためもあり、今朝の日差しと相まって朝になると雪は大分融けていた。それでも東京の屋根は雪景色、というか日射しは春。狂い咲きの薔薇が鮮やか。大雪の降り残しけり薔薇深紅  ...

大雪20140208

今日のみなと句会は戸塚。テレビは大雪の予報ではしゃいでいるが、窓の外は雪景色となっているものの雪は小降り。東海地方の現状を見るに積雪も降り方も大したことはない。まあ、大丈夫かなと思いつつ、雨雲のレーダー画像をチェック。雨雲は5mm/時前後のまだら模様であまり深刻には見えない(12:15現在)。現状は少なくとも神奈川県ではたいした問題はなさそうだが、問題は低気圧が接近するこれから。ということで、気象...

俳句にはいくらかかるか

昨夜が荒地句会で明日がみなと句会。俳句は紙と鉛筆があれば良いので、お安い趣味、というのは大きな間違い。では年間どのぐらいかかるのか?1)年会費:「河」が18000円+同人費10000円、「季」が12000円。計年間42000円。2)句会費:毎月2000円が3つ。計年間72000円。3)大会費:「河」の全国大会が30000円、「季」では新年会6000円+他3句会で3500円、計39500円。4)懇親会:句会につき物の飲み会が平均4000円として、40回...

今年は少雪

このところ寒い日が続き、山では大雪と思いきや、実は概ね今年は雪が少ない。一部山形秋田の山間部や石狩地方に平年比プラス50%を超える地域があるものの、北陸から長野、東北にかけてのいわゆる雪国の積雪量は平年以下。スキー場で雪不足の声を聞かないのは12-1月に結構降ったのでその貯金が効いているから。吹雪かれずにスキーを楽しめるのでスキーヤーにはいいようだが、ゲレンデがパンパンになっていて、ガリガリいわせなが...

アルパインカレンダー

学生時代アルパインカレンダーを毎年買っていた。見開きで左に一週間分の日記欄、右に山岳写真。山の名前や撮影場所、撮影データも記載されている。山岳写真集として秀逸なので、バックナンバーも揃え、1970年から1991年まで、多少抜けはあるもののかなり揃っている。ちなみに、山と渓谷社の発行で、1973年版で680円。退職時の身辺整理でぞろぞろ出てきたので、今は本棚のいい席に並べている。日記部分にも思い出したように書き、...

俳句ウィーク

「河」と「季」、二つの結社の同人誌が月初に送られてくる。句会ではないので主宰の特選というものはないが、その月の全投句の中から、特選に相当するものが掲載され、主宰の講評がいただける。掲載されれば会員としては喜ばしい。今月、多分初めてと思うが両誌同時に選をいただいた。この月の荒地句会では、投句10句のうち、主宰の佳作が一つのみ、多分今までで最低の出来。同人誌への投句が5句なので新たに4句揃えねばならない。...

マーランドゴルフ

近所にマーランドゴルフというレッスンクラブがある。練習場というより地下1階の小部屋に打席が4つあって、プロの指導が受けられるというもの。球筋とは無縁で、フォームとインパクトの音と感覚がわかるだけ。腰を悪くして最悪の時期は歩くこともままならなかった妻が、その後回復し、ゴルフならできそうということで1年半ほど通っている。一方、ゴルフが下手とは思っていないが、スコアを拾えば10ゲーム平均でも100ゲーム平...

早寝早起き

先週の発熱の後遺症ですっかり朝寝坊の癖がついてしまった。そうすると午前中があっという間に終わって、お昼を食べて、おしゃべりをしていると3時近くになって、そうなると出かける気もなくなって、なんとなく夜になる、というパターンに陥った。これは心身に好ましくないというので、今日から早起きしようと言うことで8時前に起床。天気もいいし早起きはいいな、と偉そうに言うほどでもないが、気分はいい。朝のマーケットは―180...

質量とは何か

11月以来久しぶりの朝日カルチャーセンターの講演会。タイトルは「質量とは何か」。講師は都立大学名誉教授教授広瀬立成。素粒子物理学の実験が専門らしい。5回連続の講義で、副題が、・古典物理学で考える質量・アインシュタインの質量・質量の担い手たち・質量の生成:ヒッグスメカニズム・96%の知らない宇宙さすがに1回目はパス、2回目が今回で、どうしようか迷った末、まあ知らないことがあると付いて行けなくなるかもしれ...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック