風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2014年05月 ] 記事一覧

シュンスケ好みの食事は?

さすがに土曜日とあれば多少人出も多く、15番ホールでアベック組に追いつくも、11時半には帰宅。お風呂に入って昼食を食べて今日のお仕事。現在の庭はこんな感じ。右手の白樺の根元に数年前クレマチス(鉄線)を2株植えた。そのあたりの雑草取りや剪定をしていると、クレマチスの子株がなぜか増えて9株になっていた。多分種なのだろう。ここはツチグリの群生地(ツチグリについては11月24日の記事参照:http://bb79a.blog.fc2.com/...

ゴルフライフ?

今日もゴルフ、これで3日連続、もちろん人生初めて。幾つになっても初体験てあるものだ。まるでゴルフ命の人生みたいだがそんな訳ではない。前々回来た時水上高原GCのOne Year Passportを購入した。以前からあったがやっと活用できそうだから。年8万円で40プレーが無料。去年まで無制限だったが、昨年76プレーした夫婦がいて制限されたという。今年リフトで同席?したおじさんが話していた。でも、40もしないとういうかでき...

シャガ

二日目。今日も6時半に起きる。朝日が高い木の上だけを照らしている。一人だと食事は手を抜いてしまうが、こんな朝は簡素な食事でもおいしい。  11時前にはゴルフから戻ったので、庭仕事をしようとすると林でガサゴソ音がする。カメラを取りに部屋に戻り林に入るとカモシカが。昨日の朝も庭でばったり出くわした。お互いにすっかり顔見知りになったためか、近付いても逃げない。写真用にポーズもとってくれた。名前をシュンスケ...

小保方さん論文撤回?

そんなバカな、と思ってよく読めばSTAP細胞の主論文を撤回したわけではない。小保方さんと笹井さんの会見を見れば、STAP細胞の作製に成功したのは確かだと思われる。推量形なのは論文に不備があったから。一方生物全体(植物を含む)を俯瞰すれば、一つのある細胞が他の器官や構造に変わる能力があることは珍しくない。薔薇を挿し木すれば根ができるし、トカゲの尻尾は生えてくる(ちょっと違うか)。もともと、全ての生物の最初は...

最初の朝

最初の朝。早く起きたのでまだ太陽は見えないが雲ひとつない青空。まずお風呂へ。雪景色もいいが新緑も気持ちが良い。バッハをかけての質素な朝食。コンチネンタルブレックファーストもなぜかとてもリッチな気分になる。 天気が良いので、水上高原GCへ電話して状況を聞くとこぶしコースのインスタートなら誰もいないという。では、ということで8時スタート。クルマで2曲終わらないうちに着いてしまう。終始人影を見ることなく幸...

メール蒸発対策

先日、ヨドバシのPC-DOCでメール蒸発原因は、山荘のパソコンの設定にある、という診断だったので、これで快適なパソコン環境確立、とは書きながら実はいやな予感たっぷりで山荘へやってきた。恐る恐るアウトルックを開く。前回帰ってからのメールの山が出てくる。新パソコンで開いたメールは蒸発していない。さて、メールには触らずに、「データをサーバーに保存」のようなボタンを探すがどこにも見つからない。「データファイル管...

第35回角川春樹賞

「河」に角川春樹賞というものがある。賞として記念品と賞状。五月末日締切の30句、応募要項は以前に発表されていたが、当然ながらなかなか手がつかず、先月から冬眠前のリスみたいに少しずつ溜め込んでいった。ようやく30句揃い、今投函してきたところ。昨年も応募したが予選も通過せず、またちかごろは荒地句会でも主宰の選を得られないので、一抹どころか山ほどの不安感があるが、別に失うものがあるわけでもないので、これ...

腸管洗浄と内視鏡

腸管洗浄とは多分最もリアルでかつシュールな日本語の一つでではないかと感動を覚えたので、またタイトルに使ってみる。これが経口腸管洗浄剤モビプレップ。薬剤がA,B二つに分けられているというおしゃれなデザインで、右上の青いキャップを外し、水を1リットルほど入れて蓋を閉め、袋を押すとBの袋が破れてAB両薬が混合する。さらに水を加え2リットルの腸管洗浄剤出来上がり。さて、成分だが、仕掛けがものものしい割にたいした...

腸管洗浄前日

明日の内視鏡検査のため、今日から食事制限。どこか悪いわけではなく、妻からそろそろ検査した方がいいんじゃない、といわれ、今回で3回目になる。前回は2011年10月で、その時はポリープを切除した。前回までは特別の検査用の宇宙食みたいなものを渡されたが、腸管洗浄剤が改良されたので、前日はほぼ普通の食事をしてよいと言われた。とはいっても、繊維質や油っぽいものはだめ、ひじき、ごぼう、切り干し大根、てんぷら、キウイ...

ディエゴガルシア島

今日は総武CC印旛コースで会社のOB会ゴルフ大会。といっても病人続出で参加者7名のささやかなもの。そろそろレッスンの効果が、と密かに期待していたが、練習では百発百中のドライバーの会心のショットは2つだけで、あとの12打は左へ大きく曲がる、先生曰くところのくそボール。それでも久しぶりに楽々90台で回れたのは練習の成果かな。というのは前置きで、昼食の時、マレーシア機事件の真相、という話が出た。複数の筋からという...

若田さんと福島

5月14日に若田さんが188日間の宇宙飛行任務を完了し帰還された。詳細や感想は略。さて、人類で時間当たりの被爆密度が最も高い環境で暮らすのが宇宙飛行士。ニュースをよく見ていないが、どのテレビも新聞も放射線被爆について書いていないと思われるのでまとめておく。若田さんはどの程度の被爆環境にいたのか。昨年紹介した、平成16年12月7日 宇宙航空研究開発機構 宇宙医学グループ 矢部 志津のプレゼン資料によれば、一日当た...

一番搾り

ライブの興奮も覚めやらぬ中、帰りのバス停へ向かう途中にキリン一番搾りガーデンに寄る。5月16日オープンの出来たてビヤホール。少々席待ちの列に並び、中に入ると椅子の並んだ円形の小部屋になっている。かわいいお姉さんが、一番搾りのビデオを見てもらいます、とにっこり微笑みながら言う。お客なのにコマーシャルを見せられるの?、と聞くと、にっこり微笑みながら、ええ、答える。素直で好感大。2分ほど120度の大画面で、一...

矢野顕子 in 渋谷クアトロ

久しぶりの矢野顕子ライブ。3月に新アルバム「飛ばしていくよ」をリリース、今回はそのツアーで、ライブは名古屋、大阪、東京のクアトロで計4回だけ。このアルバム、バンドを入れたジャムセッション。天才的ピアニストでありながらなんでセッションをやるのだろうと、いぶかしく思うぐらい評価しなかった。以前にブルーノートで観たベースのウィル・リー、ドラムのクリスパーカーとのセッションがもう一つだった印象もあり、実は...

化粧

昨日は6週間ぶりに我武者羅会へ。4月15日からなぜか毎週火曜日は用事があったり出かけていたりで出席がかなわなかった。最後に囲碁ライターのAさんと四子局。Aさんは「超ベテランのライターで手がけた仕事は数知れず。棋力もライターの中でも1、2を争うほどらしい。囲碁の知識、棋力、仕事の経験などからプロ棋士なしでも、充分に面白い本を送り出すことができる。凄腕の職人」という方。あっけなく大差で投了後、世話役のY子ち...

LVMH

先日、ワイン教室に長らく通っている妻から、シャンパンの話を又聞きした。モエシャンドンとかドンペリニヨンとかは飲んだことはなくても聴いたことはあるだろう。フランスのシャンパーニュ業界、有名蔵元というかブランドは多数あるが、実はいろいろ買収されていくつかの大手企業の傘下にあるそうだ。その最大手がLVMH社。なぜかモエヘネシールイヴィトンと読む。この会社、名の通りシャンパーニュだけでなく、セリーヌやジバンシ...

メール蒸発の原因

今回もパソコンを開くと受信メールが雲散霧消。共通点は山荘のパソコンでメールを開いたこと。どうも向こうのパソコンに問題がありそうだが、下手な考え休むに似たり(これ、碁の格言)なので、朝一番でパソコンを持ってヨドバシへ。以前PC DOCKというカウンターがあったのだが、見当たらないのでNEC Directのカウンターへ。想定どおり、機械のトラブルは扱えないといわれたが、移動したPC DOCKの場所を教えてもらう。その際、Win...

示談交渉(4)

今日のメインイベントは弁護士との面談。SJに提出した報告書を用意し、指定された時間に新宿の弁護士事務所に出向く。電話で受けたイメージとちょっと異なるものの、やはり30代の美人弁護士。「美人」というのは、職業婦人に付く単なる枕詞で、美人OLとか美人教師とかいろいろあるが、今回は美人というよりはおとなしくて可愛らしいという風貌。さすが弁護士、無駄話もなく資料に目を通した後、こちらの質問も含め、的確な質疑応答...

最後の花見

午前中、ウドムロを修繕し、テーブルと椅子をセットし、いくつか庭仕事。昼食を庭でいただき、雑草として生えているミツバを妻が一袋摘んで帰路に。帰りに明川に車を止め、寄贈した山桜を見に行く。昼前から雲も消え、初夏の日差し。荒れ放題の休耕田にはタンポポが満開。    これが私名義の山桜、一本ごとに寄贈者の名札がつけられている。。平成20年6月に2年物の苗木を1万円で購入、4-5mに成長し見事に花をつけていた。朝日...

カモシカはチューリップがお好き

昨夜から山荘へ。主たる目的は先週しつらえたウドムロでのウド狩りと水上高原200での妻とのゴルフ。窓を開けると昨夜来の雨にぬれた新緑が鮮やか、そしてマルチがずたずたずたになったウドムロ。行ってみるとウドもままだ生えて来ていない。んー、もうちょっとしっかり作らないと役に立たないようだ。失敗は成功の母はではなく、想定力の欠如。  庭は水仙の花盛り。クロッカス、スノードロップ、シラー、福寿草と順次主役達が...

ピエールドロンサール

バラを品種で呼ぶとかっこいいというよりはいやらしさを伴うが、このバラ、2006年に薔薇の殿堂(なんだかよくわからないが)入りした、ツルバラでは最も人気がありすなわち有名というバラ。頭の隅に一つぐらい薔薇の品種を入れておくのも悪くない。さてこれ、数年前、薔薇を買おうといろいろ調べた際に見つけたもの。環境が過酷なうえ鉢植えなのでなかなか大きくならないが、地植えだと数mの高さになり数百の花をつける。しば...

俳句ウィーク終了

今日の一樹会をもって俳句ウィーク終了。土曜日はみなと句会、日月と無名の会の信濃吟行、火曜日が澤ノ井吟行、水曜日は句会はないものの、信濃吟行の宿題15句の投句と一樹会投句3句の用意。そして、今日。これだけ続くと(もちろん人生初めて)頭も俳句モードなのか、今日の席題、すなわち句会場でしめされたお題に対し即吟で1句作る、も含め、そこそこの出来だったようで、けっこう点数をいただいた。例によって酒宴も楽しく先...

赤羽GC

3月以来久しぶりの赤羽GC。いつ行ってもすぐプレーできるのがウリ、と勝手に思っていたが、さすがに五月ともなると結構な人出で、平日にも係わらず駐車場はほぼ満杯。30分ほど待たされたが、それでも妻との二人プレー。マーランドゴルフでのレッスンも3か月になるのでさすがに多少の効果があるはずと、多少の期待をもってのインスタート。3回明らかな失敗がありボールも2つ失くしたが、余裕の40台。妻もだいぶ飛距離が出て大はしゃ...

示談交渉(3)

保険会社(SJ)から何回か留守電が入っていたので、今朝担当のKさん(女性)に電話。先方と資料や判例を送り責任負担1:9の話をするも、赤信号も事故位置の話にならず、SJやKさんの態度が悪いという話になって、負担割合の話はできない状況という。ついては弁護士を入れてはどうかという質問形式の提案だった。即了承。とりあえず私と弁護士と面談し、経過報告や費用等は弁護士から SJへなされる。面倒ではあるが、弁護士と話をし...

澤ノ井吟行

今日は「河」奥多摩支部との合同吟行で、「澤ノ井」の小澤酒造を訪問。JR青梅線沢井駅下車3分。参加者は40名ほどで、荒地句会のK君の後輩の大学生2名も参加したので私は若い方から4番目、3番目と30歳以上の年齢差がある。要するに典型的日本俳句界の年齢構成。東京には酒蔵が10あり、澤ノ井は元禄時代操業と古い。工場の大部分は酒蔵で青いタンクが並び、何かのプラントのよう。酒の製造時期は9月から4月で、作った酒をそこに貯蔵...

信濃吟行(2)

8時朝食、9時出発の予定でまず、姨捨へ。皆さん旅慣れているせいか、行動が速やか、ということで9時半前には出発。姨捨は2度目。長楽寺には多くの句碑が並んでおり、手書きの境内碑文集というのが200円で売っていたので購入する。代田の時期だが水を張られている棚田はわずか。今は棚田毎に番号が振られ、レンタルで貸し出されている。すべて一様に掘り返されている状態で、多くを期待していくと残念な結果となりそう。  次が戸...

信濃吟行(1)

「季」の無名の会から誘われての1泊2日の吟行の旅。参加したのは男4名、女性8名、と華やかだが、女性の平均年齢は70歳を超える方に100万円、と華やかというより賑々しい。佐久平でレンタカー2台に分乗、最若手の私と2番目の若手のSさんが運転手。主宰の知り合いの方が軽トラで佐久のマイナーな名所を含め終日案内いただいた。印象的なポイントのひとつが龍岡城。日本に五稜郭は二つあり、一つが数日前に訪れた函館五稜郭、もう一つ...

明川積み残し

今日はみなと句会だったが、記すべき話題もないので、積み残し写真の在庫処分。まずこの写真。明川に下る道に白い虫の群れがいた。写真を撮るも焦点が虫に合わずこんな絵に。しろばんば?と思いつつも調べてみると、しろばんばとは綿虫のことでみられる季節は冬。となると単なるウンカの類とも思うがそれだと夏。結局なんだかわからないが、幻想的写真ができた。続いて、明川点景。  これが我が家の寄贈した桜4本。確か1本1万円...

受信メール蒸発

今日の夕方、山荘から帰宅してパソコンのyahoo.co.jpのアカウントを開くと受信メールには今日の受信分だけが表示され、昨日以前のすべての受信メールが消えていた。今朝、山荘の旧パソコンのOutlookでメールを開いたときは何も異常がなかったのに。当然ながら何もいじっていない。ちなみに送信済みメールは生きている。LavieのWindows8.1のメールシステム、極めて使い勝手が悪く、どこかに回復するボタンが隠れているのかもしれな...

明川千本桜

多分明川千本桜と言っても、知っているのは明川の十一戸とその関係者数百名だろう。この桜は、明川の庄屋であった大坪さんが平成19年に知り合いに声をかけ、桜の寄贈を募ったことに始まる。我家も平成20年に家族全員がそれぞれの桜を寄贈した。次女がしだれ桜で3人が山桜。今咲いているのはソメイヨシノとシダレザクラ。   全く無名であり、まだ新参の桜にもかかわらず、今年見た幾多の桜の中でも必見に属する。これはひとえに...

ウドムロ

漢字で書くと「独活室」、普通読めないよね、これ。昨日、羽田から帰ってから山荘へ。疲れない?と聞かれたが、昨日は飛行機に乗っているだけだし、旅行でレンタカーするのと同じじゃん、と応えて出発。朝起きれば庭の雪も消え、窓の外は新緑。  なぜ、そんな慌ただしくやって来たかとというと、独活室作り。窓の下の左側がウド畑になっている。ところが、ウドというのは成長が早く、たぶん摘み取りに適切な期間は1-2日。だいた...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック