風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2014年10月 ] 記事一覧

ワルツ・フォー・デビィ

昨日の夕刊の広告。ジャズファンではないが嫌いではないので目をやると、「ワルツ・フォー・デビィ/ビル・エバンス」の文字が。ユニバーサルミュージックによる出荷枚数順での売上ランキングで1位という。このCD,TUTAYAで借りて、いいね、これ、と家では評判が良い。原曲はピアノトリオだが、土岐麻子が日本語の歌詞を付けて歌っている。いい曲だと思っていた。過日、妻がどこかでピアノのこの曲を耳にし、ビルエバンスの曲と知り...

蝶番問題

蝶番問題について書き留めておく。ドアはドア枠に蝶番で留めつけられる。その時、ドアの開く側とドア枠の間に5mm程度の遊びを設ける。ぴったりだとドアが開かないから。ドアが蝶番の軸にぴったりついていれば(左図)これで何も問題はない。ここまでは常識。さて、ドアの厚みが薄かったので、きちんとビスで留めるためには少し軸部分からドアを離して取り付ける必要があった。蝶番問題とは、右図のように、ドアが蝶番の軸から、...

秋晴れの休日

昨日今日と何の予定もない秋晴れの休日。ドアの蝶番を取り付けて宿題も片付き、床屋に行ったり、久しぶりにオアシスに行ったり、ゴルフのレッスンを受けたりと、休みに相応しく過ごす。昨日、右手の手のひら中央に丸い異物ができていたのに気付いた。どうもマメができかけていたらしい。のこぎりとトンカチとドライバーを毎日握っていたためだ。今日の夜には消えていたが、マメができるほど作業した自分にびっくり。今日取り組んだ...

示談交渉(8)

9月8日に、タクシー会社代理店である朝日火災海上保険株式会社(AKK)にレターを出したが、信じられないことに全く進展がない。弁護士を通じての間接的な話だが、AKKは9月8日のレターに対応しないだけでなく、いまだに本件なかったごとく、自分たちの主張(過失割合等)についても具体的な話をしてこないらしい。一向に埒が開かないので暫くの間弁護士と意見交換してきたが、27日(月)、弁護士よりAKKに対し、主張を明確にしてほし...

シェール革命

土曜日にこんな記事が。目利きで先行、は良いにしても主語が某商社のような書き方。小見出しの「米で輸出計画始動」が主文なら、「目利きで先行」、は捏造とは言わないまでも、ちょっと違うんじゃないの、と気になった。確かに100-1000億円規模の損失を出している会社がある中で、同グループの、少なくともシェールガスの方は高レベルの利益水準を長期に期待できる状況は特筆すべきで、新聞としてもヨイショをしたいし、本社...

日暮れのドア

ようやくドアがほぼ完成し、まだ仮止めではあるが全容が現れた。こうやって組み立ててみると自分で言うのもなんだが、かなりいい感じ。一番気を使ったのがドアとドア枠との遊びというか隙間。蝶番を付けてドアが開かなくてはいけない。板も均一であるようで、歪みやねじれ、反りなどがあって、均一の適切な遊びを作るのにかなりの時間と手間がかかっている。蝶番の機能についても悩んだが、昨日その機能に関する幾何学的証明に成功...

宿題

物置作りの現地作業の進捗がはかばかしくないので、資材を積んで帰り朝からドアの制作に取り掛かった。納期があるわけではないので急ぐ必要もないのだが、構想が固まり資材も設計図も揃っていて後は作業だけとなると、やはり放っておくのは落ち着かない。大工仕事にもすっかり慣れて、窓部分の裁断ものこぎり一発勝負できれいに切りそろえられるようになった。さて、次に窓の装飾部分に取り掛かろうとすると、資材がない。忘れない...

日本代表は三浦大知

昨日家に帰ると、MTV EMAというヨーロッパの音楽祭の日本代表に三浦大知が選ばれたと、妻がうれしそうに話ていた。2週間前に出雲大社に行ったのも、境内で開かれる彼のライブに参加するため。もちろん妻が行くので一緒について行ったもの。最初にライブに連れていかれたのが2011年のTokyo Dome City Holl。以降、仙台、大阪、新潟まで追っかけについて行った。バカじゃないの、と最初冷やかに見ていたものの、行ってみれば相当に楽...

みなと句会句集発行プロジェクト

前回の句会の後の飲み会で、師匠からみなと句会の句集を出さないか?との提案があった。みなと句会は第二土曜だが、欠席者が複数いたので異例の本日開催。句会に先立ち、13時から句集のイメージにつき初会合を行った。飲み会の席では皆勝手なことを言い合って支離滅裂の極みだったが、本日は比較的建設的な意見の交換により、大枠の合意達成。要点は;1)句集として少々立派なものを外注で発行する2)句数は自薦60句(8名なので...

アメダスを巡る冒険(4)おまけ

帰りにアメダスの水上を撮影に。場所は以前から知っていたが、気象庁の方針により秘密。水上といっても、駅からはだいぶ離れている。基本的に藤原とうり二つ、当然といえば当然だけど。ここは民家も近く、近くに行って計器の説明を読めばわかるが、柵はあるものの看板はないので知らない人にはなんだかわからない。ヘンな気を起こさせないよう、大衆に見せびらかすようなことはしないらしい。アメダスは多分世界中類を見ない価値あ...

今日も美しい朝

昨日に続き美しい朝で始まる。やるべきことは山積しているが、こんな朝に大工仕事は似合わない。 今日は土曜日なので水上高原GCといえどもお客さんは多いと思われ、8時のスタート前にこぶしコースに向かう。なるほど、今日の予約状況を見せてもらうとぎっしり。最初の組のスタート前にアウトから出させてもらった。快晴の朝、まるで大海原にひとり旅立つような爽快な気分。朝一番とあってグリーンは露で真っ白のバージン状態にあ...

アメダスを巡る冒険(3)完結編

9月のアメダス探索の失敗を受け、9月28日に前橋地方気象台に、「お手数ですが、添付地図に、ピンポイントで藤原アメダスの設置場所をご教示いただけないでしょうか?」とのメールを送った。暫く回答がなくがっかりしていたが、10月7日に返信をいただいた。多分、担当の方が総務部あたりに相談していたので時間がかかったようだ。曰く「 (前略)気象庁では、地域気象観測所の所在情報の取り扱いとして、地権者や委託先への諸々の...

美しい朝と日暮れ

カーテンを開けると素晴らしい朝。こういう朝は、「おお、なんという朝」というライドオンタイムの一節をいつも思ってしまう。この朝の雰囲気を文字にできたのは西脇順三郎だけのような気がする。いい俳句がたくさんできるかというと、そういうことは全くない。何度か試みるもうまくいかない。共通の体験がないと感動を伝得るのは難しいかもしれない、などとおもいつつのこんな朝のお風呂はとても幸せ。午前中、棟部分の構造を思案...

大工見習い未満

コンチネンタルブレックファーストを終えた後もなんとなくぐずぐずして9時頃から作業開始。昨日購入した木材を車から積み出し、さて何から始めようかとしばし思案。こういう時間がいつも長い。まず梁だよな、ということで材木に墨をいれるというか、鉛筆で切るべき先を入れる。けっこうな手間。しかる後、電動のこぎりと手動のこぎりと鑿で梁の制作に取り掛かる。これがその商売道具と完成した部品。垂木がすっぽり収まって感動の...

大工モードへ

目覚めれば雨。さすがに今日はしかたがない。たまには雨の日らしくゆっくり一日過ごせば良いのに、と思いつつ雨の中を傘をさしての測量作業。ブロックの躯体は完成したが、部分的には気を使いながら作ったものの、いい加減なところも多く歪みがある。これから大工仕事だが、木工作業は寸分違わずに設計、施行しないと役に立たない。材木の購入は大きな木材等の加工場のあるジョイフル本田新田店。月夜野のカインズホームでは、木材...

この秋の仕事

ほぼ一月ぶりの来訪。庭はすっかり秋の気分。紅葉の盛りまであと十日かな。いうまでもなく今回の目的は物置作りの続き。予想通り雨は明け方に上がったらしく、草木は濡れていたが、時折少量の雨が数分落ちてくるだけで、午後には青空も見えた。前回4段目まで軽量ブロックを積んだので、今日は5段目以降なのだが、結局一日かかってしまった。慣れたとはいえ、所詮まだ素人、手際が悪いのもあるが、一段ごとに寸法をチェックし、微調...

二日続けて・・・

偶々なのだが、二日続けてゴルフとなった。今回は6時起床、コンビニでサンドイッチと午後の紅茶を買って即出発と、典型的日本のゴルフスタイル。ゴルフの中身を詳述しても面白くないので、多分これまでも書いたことはないような気がするが、今回少しだけ。昨日は、自分でも呆れるほどひどかったが、今日はなんだか朝から心に余裕があった。今朝は天気も良かったし、というのは昨日が快晴だったので説明になっていない。多分、昨日...

元の会社の技術部コンペ

完璧な快晴の空の下、赤羽GCでの元の会社のゴルフコンペに参加。新宿から埼京線で20分で浮間舟渡駅着、徒歩10分で赤羽GCかつ9:48スタートとゆっくりなので、朝7時起床、朝食もゆったりと優雅なゴルフ。現役時代から御他聞に漏れず、参加者が激減していたので、技術部OBにも窓口を広げておいた。会社のOB会に出席したばかりだが、そういうパーティ形式と異なり、ゴルフとはいえ一緒にスポーツをすると簡単に仲間意識が生まれる。あ...

季の会例会と江の島花火大会

今日は「季」の例会に初参加。現在月に3句会プラス投句2誌プラスいろいろ、という混沌状態において、以前から誘われていたが断っていた。しかし、Aさんから「年配の方が多く、句会が終わっても飲みに行く人がいないから是非きてくれない?」と、極めて世俗的な理由から度重ねて誘われ、誘われれば反応してしまうという生物学的理由から参加した次第。ところがAさん、一瞬目が合ったものの前触れもなくすっと句会から消えてしまっ...

OB会と展覧会

今日は会社のOB会。出席するのは初めて。ほぼ定刻の12時に行くと久しぶりに見る懐かしい方々がたくさんおられる。皆さん70代か80代と思われるが元気、元気だから出席するのだろうけど。女性陣は子供が独立したせいか同年輩から多少年下が主体で、30年ぶりぐらいで会う。変わらない人も変わった人もいるがすぐわかる。人は20代半ばからは進歩も退化もないのかもしれない。この会社のプロパー入社として私は4代目(大学院に...

今日から社会復帰

昨日、一昨日と旅の疲れを癒すかのように、ゴルフの練習に出かけたぐらいの休日モード。日常生活の疲れを癒すための旅のための日常生活の疲れがないので、旅の疲れがあった(こういう言葉遊びが好き、元気なのかな)。今日は一樹会。角川春樹賞は2名で入選も2名だが、入選の2名が全国30以上ある支部の内、ここ城西支部一樹会から輩出したというのでお祝いムード。句会の結果はたいしたことがなかったが、いつも以上に賑やかな二次...

在庫一掃

今回の8日間の旅で、触れなかった、もしくは触れただけで写真を載せなかったトピックの在庫を一掃。河全国大会のテーブルでは一樹会と長野支部の参加者と同席したが、男性参加者が少ないこともあって男子は1名。これは、角川春樹賞で2位に推していただいた小島健先生との記念撮影。 エクシブではこんな写真も撮ったのでおまけ。一日目の旅は琵琶湖周り。名所旧跡だらけなので一応タイムコントロールをした。これが計画と実績。小浜...

都会の残照-僕たちの好きな村上春樹

今回電車の中で読もうと、10年前に買って積んであった「僕たちの好きな村上春樹」という宝島の別冊をかばんに入れて行った。その中にこんな記述があった。「村上春樹作品に出てくる友人たちは、不器用な人が多いように思う。そういう不器用なところが、見ていて哀しいような嬉しいような気持になる。笠原メイにせよ、突撃隊にせよ、鼠もそうかもしれない。真面目に一生懸命やっているんだが、どこかずれていたり、自分を追い込んで...

三浦大知 in 出雲大社

10月11日に三浦大知のライブが出雲大社の境内で開催された。ライブ会場は入り口の鳥居の先、橋を渡った右手にある松の馬場という広場。16:30開場、17:00開演。会場は参道に沿って黒い布で目隠しをされているが、大きな舞台セットの頭が見えた。真偽は定かではないが大遷宮が行われて初めての境内でのライブとか。初めてではなくても、出雲大社でライブ開催、と言うだけでも前代未聞の気がする。 主催はSAPという小プロデュース...

台風19号

昨日、台風から逃げるように曇り空の下を走ったのが夢の中の出来事のような青空。西の空には月まで出ている。  この旅の間、毎晩台風ウォッチングを続けていた。8日の時点で中心気圧900hPaという猛烈な台風。きりっとした眼が美しい。9日、くっきりとした目元は変わらず、少し体も引き締まって美しさここに極めりという美形。10日、さすがに容姿の衰えは隠せないが、そろそろ他人事ではなく、予定を切り上げ12日に帰ることを...

山陰の旅(3)

激しい風の音での目覚め。時計を見ると5時半。ヤバいと思いつつまた眠り込む。6時過ぎに妻が起きだしたのでともに起きる、昨夜、飛行機をキャンセルし、今朝はカニの発送を注文して速やかに出発する予定だtがが、それもキャンセル、食後すぐ出発することに。台風はまだ鹿児島西方海上なのに、風がゴーゴーというかビュービュー。8時頃ホテルを出発。雨はたいしたことはないが風はそこそこ強い。多分ここは地形的要因で風が強いだけ...

山陰の旅(2)

さすがに、今朝は曇り空。食事前に宿の前を散歩。部屋はもちろんオーシャンビュー。さすがに海の水はきれい。夏は多少賑わうらしく、グラスボートの待合所があった。だいたい、こういう風情の宿の魚は少々の一流レストランの料理より格段に旨い。 朝食の後、近くの日御崎灯台と日御崎神社へ。この灯台、1903年に建てられた石積みの灯台で、石積みとしては日本一、世界灯台100選のひとつとか。いろんなジャンルでみんな健闘して...

山陰の旅(1)

昨日妻を大阪空港で拾って15:50、185km離れた鳥取へむかう。「ホテルニューオオタニ鳥取」着はすっかり暮れた18:210。今年、鳥取自動車道が全面開通したので、2時間20分で着くことができた。ホテルはどんどん良くなって、今回の旅で最上のホテル。夕食は、ホテルに紹介された「つくし館」。シロイカ、モサエビ、天然鯛、バイガイなどの刺身盛り合わせ、ハタハタ塩焼き、赤カレイの煮つけなど全て新鮮で量が多く...

北近畿の旅最終日

このホテル、立地は海というか海岸。部屋もオーシャンビュー。今日もまあまあの天気、一般的に旅は天気が良い方が良い。チェックアウトして、赤レンガパークに。12棟の倉庫が並んでいるだけだが、うち8棟は重文とか。「日本の近代遺産50選」とか他にも肩書があるらしい。見かけとは別に一部の棟の中はショップやカフェ等になっている。が天気が良いにもかかわらず平日の9時過ぎとあっては観光客はゼロ。  天橋立に向かう途...

北近畿の旅二日目

今朝も良い天気。出発前に浜辺の散歩。昨日はすっかり観光客モードだったが、ようやく気分も落ち着いてすっかり旅人気分になる。 まず、小浜の妙楽寺。小浜は古来大陸からの文化を迎え入れる玄関口だったそうで、132の寺院があるという。その紹介で魅せられたのが妙楽寺の木造千手観音菩薩像。車でホテルから10分ほど。なんと鎌倉時代に建立された寺で、若狭における最古の寺。朝一番だったので、本堂はまだ締まっていたが、ほ...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック