風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2014年12月 ] 記事一覧

スノーリス

今年最後の食事はカニしゃぶ。12月になると、新聞の全面を使ってカニの通販の広告が頻繁に掲載される。今年は10月にベニズワイガニを初めて食べたことは関係なくて、以前から気になっていたので、今年初めて生タラバガニの冷凍というものを買ってみた。昨年同様次女夫婦も正月にこちらに来るだろうから、という動機もあったが、「今、車はダメよダメダメ」、ということで、二人で食べきることに。毛ガニやズワイガニにはきちんとし...

初すべり

気温もプラスで穏やかな大晦日。今日は、おばあさんはお家で年用意、おじいさんは山へスキーに行きました。  宝台樹までは2.8km。9時過ぎに家を出たが、大晦日なのに駐車場は第一(第六まである)、スキー人口についてはまさに隔世の感。今日が初滑りなのでシーズン券を購入、3スキー場兼用で30400円、去年より1000円アップ。去年「うまくスキーに乗れず調子が悪い。脚力と体力と柔軟性の欠如にしみじみと感じいる。毎年下...

12月30日

昨年は12月27日にひとりで山荘に来た。今年は低気圧の通過待ちで今日になってしまった。11時前に出発。渋滞は解消していて、環七も含めてスイスイと水上ICへ。途中、2222、4444、6666、7777ナンバーの車に抜かれる。555と55もいた。4つのゾロ目の車は少ないだけに奇跡的。たぶんこんな時間帯に移動しようと考える人種はパチンコファンなのだろう。気温が高いせいで水上から先も道路は真っ黒。国道から明川に...

事故の起源

数年前、スリップによる自損事故の経験がある。場所は下り線の藤原ダムに入る直前の直角の右折路。右折できずそのまま滑って車の左前部がダム上部の壁にぶつかった。その日は夕方まで気温はプラス、サンモールで買い物を終える頃から雪が舞い始めた。藤原へ登る途中二度ほどお尻を振り、変だな、と思いつつも普通に走行、上記の事故にあった。ただし人身事故と言う規模ではない。車から出ると氷の上にうっすらと雪がつもり、うっか...

3.5兆円の使い方

 今朝の朝刊から。「政府は27日、総額3.5兆円の国費を投じて個人消費を支え、地方の産業振興を後押しする経済対策を閣議決定した。」内容はともかく、さすが選挙で多くの国民の信託を受け、日本経済の再生を目指す志は良し、とまず誉めておく。ただ、3.5兆円の使い方、いかにも成績は良かった官僚が作り上げたという感じで、これでいいの?という疑問が。12月6日の記事(http://bb79a.blog.fc2.com/blog-entry-602.html)にこ...

墓参り

移動性高気圧に覆われて山はいい天気。こんな日に山に入ったら最高なのに、と思いつつ家事手伝い。  昼食後、父の命日のお墓参りへ。オスロから夏に帰国、その年に亡くなった。葬式は12月31日、そんな日に参列に来られた方々に改めて御礼申し上げる。あれから15年。次女は嫁に行き、長女は海外赴任、二世帯住宅だったので六人で暮らしていたが、今は夫婦二人きりの生活。12月末と言いながらも風もなく暖かな穏やかな午後だった。...

雪の積もり方

今回の何気ない大雪、アメダス藤原において、約二日半で100cmから180cmと80cm積もった。降り始めは気温も高く湿った雪だったと思われるが、根雪の上に積もったので、20cmほど着実に積もっていった。その後も気温は下がる一方で、雪もドライになりまた自重で潰れて暫くはそれほど積雪深は増えなかったように見える。そして30時間後には160cmとなった。さて、雪は水でできている。だから雪の量が多ければ水の...

大掃除

昨夜から雪が降り続き、レベルは低いが24時間積雪量は1位に。そのおかげで、積雪深は6位タイの172cm。。今日は早朝から除雪車が出動したとのことで、道路はきれいに除雪されている。 本来ならば今日出かければ良いのだが、大掃除や正月の準備があるというので、今日はそのお手伝い。人は独りで生きているわけではないのだ。29日の出発を予定していたが、同日、小さいとはいえ低気圧が関東南部を通過するとの気象庁コンピュー...

秋津

強い寒気団の来ていない、ただの冬型の気圧配置なのに、藤原の積雪深は160cmになっていた。ランキングをチェックすると、王者酸ヶ湯に続く2位の45cm。雪国とは冬型になるだけでかなりの雪が積もる。  雪は朝も絶え間なく降り続いていたので、道路にも雪がたっぷり残っている。みなかみ町の道路の数はそれほど多くないが、広いので総延長は長い。さすがに、常に完璧な除雪とはいかない。この程度だと車の走行には問題な...

東京ミチテラス

今日の小さな旅は丸の内。東京国際フォーラムの広場で、ダンシングナイトという企画があり、DAZZLEとBLUE TOKYOが出るので観に行く、ついでに東京駅と周辺のイルミネーションも、という妻の企画立案プロジェクト。      東西線が空いていたので、そんなに混まないよね、と言っていたら、丸の内仲通りは通行止め、行幸通りは一方通行になっていて、立ち止まらないで下さい、と叫ぶ係員がいっぱい。東京駅のLEDは色付きのため...

クリスマスイヴ

「食事前だけど、来て、来て」と妻の呼ぶ声。で、行ってみると、これがテーブルの上に鎮座している。先日娘たちが来た時に左のクリスマスツリーのプロトタイプを作ったが、今回のツリーと雪だるまはその進化形なの、と言う。もともとは職場の人に教えられ、中にポテトサラダを入れて、ブロッコリーで飾るという改良型を、先日娘たちが来た時に作った。今日はふたりなので、小さいのを作ろうか、と話していたが、これが完成品。オリ...

示談交渉(10)

今日が公益財団法人交通事故処理センターへによる和解斡旋日。提出資料準備の打ち合わせの際、傍聴してよいですか?と尋ねたところ、可、ということだったので、同センターのある新宿モノリスビルの25階に歩いて行った。天気も良かったし、時間も11時と中途半端だし、歩いても25分ほどなので。受付を済ますと、といっても名前を名乗るだけだが、待合室へどうぞ、と指示される。他に一人いたが、弁護士さんがぽつんと座っていたの...

緑内障定期健診

6月の精密検査で、静的量的視野検査と眼底三次元画像解析に明らかな異常、といっても健康体に較べてと言う程度だが、があったので半年検診。主たる検査項目は静的量的視野検査。検査マシンを覗き込むと丸い視野が広がり、機械が音とともに視野域にランダムに小さな光点 を灯す。見えたら、聴力検査みたいに手に持ったスイッチを押す。ずいぶん馬鹿げた検査のようだが、けっこう押せない、すなわち音がするのに光の点がないことがし...

幻のSTAP細胞

 「理化学研究所は19日、都内で記者会見し、STAP細胞の有無を調べる検証実験で「再現できなかった」と正式に発表した。3月まで予定していた実験も打ち切る。小保方晴子研究員と、理研の別チームが進めていた実験のいずれでも作製できなかった。下村博文文部科学相は閣議後会見で「STAP細胞が存在しないと確定した」と語った。今後の焦点は不正が起きた経緯の解明に移る。」(12月19日日経新聞夕刊)STAP細胞については5...

クリスマスモード

暫く前からクリスマスモード、とはいってもなんとなく淋しいのはツリーを飾っただけだから。こまごました飾りはまだ箱の中。娘が転勤してからこんなところに手抜きが現れている。今日次女夫婦が来るのでこれから新宿までお使いに行ってケーキなど買ってくる。それからおばあさんは台所で料理、おじいさんはお部屋の飾りつけ、かな。こんなものを書いている暇はないのだけど。先ほど、妹から埼玉県飯能の五十嵐酒造のDOVEが届いた。...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック