風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2015年05月 ] 記事一覧

今日からまた・・・

昨日でお休みもおしまい。今朝はまず、娘の病院への車の道を確かめるべく妻と娘と三人で飯田橋の病院へ。6月21日が予定日なので一応の臨戦態勢。30分もあれば着くようだ。その後、昨日北海道から届いた極太の甘いアスパラガスを嫁ぎ先の義母の住む銀座近くまでと届ける。帰って午後は、妻と西原のゴルフ練習場へ。球筋を確認するためにはインドアではさすがに無理。ワンポイントアドバイスを10個ぐらいしたら、妻の打球が本人もび...

雨の休日

15日以来の久しぶりの休日。昨夜はさすがに疲れを覚え、起きだした頃は10時に近かった。今日はもしかしたら今月最初のオアシスとゴルフの練習へと思っていたが、遅く起きだすとそんな雰囲気はきれいになくなっていた。幸い午後から雨もふりだした。絶好の休日日和。昨日のみなと句会はなんとか辻褄をあわせたが、月末から来週にかけて俳句を多数用意せねばならない。まず月末までに、角川春樹賞の応募句を30句、季の投句が7句、...

食べたのは誰?

ゴルフがないので8時近くに起きる。天気は曇り、晴ればかりだと疲れるのでちょうどよい。朝食前にタヌキの穴にパンの確認に行く。パンはきれいに消えていた。枯れ枝を組んでその上にそっとパンを置いたのだが、その枯れ枝にも全く乱れがない。まるで昨日パンを置いたというのは夢だったように。タヌキがそんな器用にパンを食べるとは思えない(間違っていたらタヌキさん、ゴメンナサイ)。かといって猿の姿も声も聴かない。無くな...

タヌキの穴

今朝もいい天気。天気予報のお姉さんが、今日は暑くなりますと言っているが、今の気温は10度ほど。今日も午前中はゴルフ。すっかり顔なじみになったので、天気の良い日に予約も無しに出向き、空いている?といって朝一番でスタートする。今日は二人組がアウトから出たというのでインから出ることになった。昨日、最後の3ホールぐらいで、ふと気づく所があった。実践してみると絶好調。今日はそれをコースで確かめるべくいそいそと...

苧環(オダマキ)畑でつかまえて

朝はゴルフ、午後は作業という生活パターンが定着してきた。で、今日は草むしり。庭に占める緑の面積は雑草の方が多いとまではいわないが結構すごい。雑草をむしるのも面積がそこそこあるので大変だが、雑草をむしっても何の効果もない。仕事をしたような気分になるだけ。雑草は根っこから根こそぎ取らないと意味がない。草取、草むしりに加え、草を引くという傍題があり、これが実態。これがかなり手間がかかる。落葉掻きもそうだ...

進化

前回来た時はまだ雪解けから間もなかったが、花は春だが森は夏はすぐそこという雰囲気。エゾハルゼミも鳴き始めた。左と右の写真の時間差は17日間。植物のというかいのちの生命力にただただ感動する。  午前中Wさんを駅まで送り、午後から庭の手入れ。今回の目的の一つが新築の物置と改築の多目的焼却炉前の整地作業であった。昨日来るときにコメリによってレンガを50個買ってきてある。左は今日の作業前、右は作業後。建築作業...

一泊のお客さん

二週間ぶりで訪れるとすっかり大人になってという感じの緑いっぱいの庭。スイセン、ムスカリが満開でオダマキが咲きはじめ。 今回は一泊のお客さんずれ。スキーと碁で何回か来られているが、私が碁会所に行かないものだから、碁を打ちに行っていいかというので勿論ということになった。夕食は当然のバーベキュー。物置が初めて活躍、以前に比べて極めてスマートに準備できる。 待ち合わせの場所で、前に止まっていた仲間の1111...

ようやく日の目を見た南沙諸島問題

ケリー米国務長官が17日に中国の習近平国家主席と会談した際、埋め立ての中止と緊張回避を要請、ようやく日本でもこの問題が、新聞テレビで紹介されるようになってきた。20日には、米軍のP8対潜哨戒機が米CNNテレビの取材班を乗せて飛行場建設中の永暑(同ファイアリクロス)礁周辺など飛行し、そのビデオが放映され、日本でも一部紹介された。米国防総省は「次の段階」として人工島から12カイリ以内への航空機と艦船の派遣も...

久しぶりに碁を打つ。石を握るのは二か月ぶりぐらい、今年に入って4-5回目だろうか。会社生活では毎日きちんと時間が割りが決まっているので、毎週火曜日の終業後は碁会所へという予定が原則狂うことはなかった。ところが会社に行く必要がなくなり、自分の意思で時間をコントロールできるようななったら、碁を打つ機会が減ってしまった。多分、やることがいっぱいある中で、碁の優先順位が低くなったためだろう。とはいうものの...

「父が帰る家」

真夏座の夏公演。脚本木庭久美子、演出池田一臣。リアリティのある脚本もいいのだろうが、少数精鋭の役者さんたちの演技を感じさせない演技、途切れぬ緊張感と絶妙な笑いの間、そして終わった後の余韻、と久しぶりにお芝居を観たという満足感たっぷりのお芝居だった。一人でも多くの人に観てもらいたい気分。最後の方の江口さんのセリフに、「私、あの人を初めて愛したのよ」みたいな、書くと暑苦しいとしかいいようがないものがあ...

間違い探し

今日は一樹会。ブログを見てくださる方から、奥さんと娘さん、似てますねと言われた。???。奥さん綺麗ですね、とも。?!。顔に張り付けた有村架純と能年玲奈を本物と勘違いしたらしい。二人とも二十代で、妻はもうすぐ定年という歳なんだけど。そういうことを簡単にできるということを知らなかったので、当然本物と思い込んでいたようだ。当方としては、顔の大きさや角度、位置などがずれているし背景もヘンなので貼付けは自明...

早退の埋め合わせ

今日も午後からセンターに出勤した。今日まで5日の出勤日の内3日を早退、金曜も早退の予定なので、早退分の時間を埋め合わせるため。こういう所は吾ながらきちんとしている(どこが、という疑問はなし)。で、14時頃着くと、これから会議があるので出てくださいとアシスタントの女性に言われる。昨日、出なくていいですよね、と確認したのだが、上司からそういう指示があったらしい。直接には自分の職掌に触れない分野にもかかわ...

ダラス会

今日はお仕事の五日目。ちょっとしたミスに気付き、昨日の分のやり直しでほぼ一日が過ぎた。6月の六日はスルーできそうと思っていたがそんなに世の中、甘くなさそう。とはいえ、今日も早退。ダラス会というのがある。年に一回毎年集まっている。去年は4月16日だった。こういう事が一発で分かるのもブログの日記ファンクションのおかげ。手書きの日記ではこうはいかない。新入社員の時、ダラスにあった当時のCore Lab社がE...

5番人気

お仕事も二週目。すっかり慣れてあっという間に定刻に。9:30-18:00と長いのできちんと勤めるとけっこう疲れる。とはいえ、定時で帰るのは2回目、残りの2回は用事があるので早退した。今日は、少し埋め合わせをしておこうと思っていたのだが、疲れたので定刻でおしまいにした。用事もないのですんなり帰る。昨日の東京競馬場のG1レースで、2000万円の馬券が出たというニュースを新聞で見る。朝は時間がなくてスポー...

ロンドン異景

1.娘のアパートのある駅。本数は日本並に頻発だがダイヤはかなりいい加減。プラットフォームにドアの表示がないので客はだらだらと立って待ち、だらだらと乗る。 2.歩行者用横断歩道のサイン。赤は「止まれ」、青は「進め」ではなく「注意して渡れ」、なるほど。ロンドンではどこでも歩行者は車が切れると赤信号無視して交差点を渉っていた。多分赤信号も「注意して渡れ」なのだろう。ロンドンの小学生はどういう教育を受けて...

至言

昨年の夏以来の小田原ゴルフ倶楽部松田コース。練習の成果は着実に上がり、練習ではミスショットもほとんどないレベルだったので、期するもの大。今日のブログは書くこといっぱいだな、などと思いつつ東名を一路下る。雲が多めとはいえ、暑いくらいの快適なゴルフ日和。いつも混んでいる印象しかないこのゴルフ場も今日は比較的順調で9時前スタートで15時前には上がることができた。さて、第一打のティーショット、パシーンと行く...

休日

予定がなくなり思い切り気をぬいたためだろう、目覚めれば10時近い。久しぶりにパソコンに向かう仕事を3日こなしたうえに、いろいろと所用が重なっていたので明らかに疲れていた。お腹の大きな娘がころがってテレビを観ている中、冷え切ったホットケーキと、冷えても問題のないサラダと温かい方が望ましい目玉焼きとヨーグルトの朝食を食べる。悲惨なまでに散らかった部屋を片付け、俳句ウィークの後始末をし、屋上の鉢に水やりを...

ランズエンドを巡る冒険-(9)St.Michaels Mount  

ペンデニス城を後にし、昨日時間切れで行き損ねたSt.Michaels Mount(セントマイケルズマウント)へ昨日の道をペンザンス方面に戻る、。フランスの観光名所として世界的に有名なのがモンサンミッシェル。英語にするとSt.Michaels Mount。両者、実は全く同じ名前。偶然ではなく多少のかかわりはあるらしい。満潮のため島になっているが、干潮時には石畳の道が現れ陸続きとなる。この点も昔のモンサンミッシェルと同じ。大きな違いは...

超のつく多忙な日々

今日は二回目の出勤日。だいたいの目途も見えて、一応期待に応えられそうな感触あり。それはそれで目出度いことなのだが、9:30-18:00勤務が入るというのは一日が全て潰れるので、まさに「忙」、心がなくなるぐらいで、手帳を見なければ数日前のことが思い出せない。思えば、というか手帳をみると、土曜日に山荘から戻り、日曜日は朝から晩まで吟行の日、月曜は初出勤につき、歓迎会の飲み会。火曜も終日吟行、そして今日...

澤ノ井吟行

今日は奥多摩支部の5周年記念句会。支部長で画家の向原常美さんより以前から誘われていた。昨年も出席しており、今回は二度目。颱風6号の接近中という不穏な朝、新宿8:19発の特別快速に乗り、青梅線の沢井着は9:44。概ね横須賀までと同じ時間距離。澤ノ井の酒蔵見学は昨年しているので、今年はパスして、多摩川沿いの遊歩道を御岳まで往復して一人吟行。ここは東京から近いにもかかわらず、そこそこの山の中の風情があって気持ち...

初出勤

一昨年の九月末に会社を辞めた時は、二度と定時に出勤して一日中机もしくはパソコンに向かって仕事をする日は訪れないと思ったし、またする気もなかった。が、運命のいたずらか、今日から月に六日間とはいえ、会社員のように定時に出勤し定時に帰る生活が始まった。勤務先はある一般財団法人、便宜上センターと呼ぶ。センターに着き、まるで新入社員みたいにセンターの話を聞きいくつかの事務手続きをする。名刺も用意されていて、...

横須賀吟行

無名の会の吟行。初参加。この吟行は出句数が15句と多いので敬遠してきたが、ある状況で参加することになった。7:53発湘南新宿ラインに乗り、9:16横須賀着と意外と横須賀は近い。 横須賀駅からヴェルニー公園、ドブ板通りを吟行。 安針駅から三浦按針夫妻墓、塚山公園へ。三浦按針とは家康の時代に漂着したイギリス人で、家康は「外国使節との対面や外交交渉に際して通訳を任せたり、助言を求めたりした。またこの時期に...

お土産持ち寄りの晩餐

11時に出発して14時半頃帰宅。帰る前にお土産としてタラの芽を摘んできた。妻は北海道の母を訪ねており、昨日帰宅。母の摘んだ蕨と蕗、それに干したニシンをお土産にもらってきた。次女は家で留守番。と目出度く三人そろったところで、お土産を持ち寄り、夕食はタラの芽のてんぷら、それに山盛りの蕨と蕗とニシン。ちょっとのつもりだったがタラの芽もけっこうある。摘むのにどのぐらいかかったと思う?と聞くと、2分との妻の答...

ランズエンドを巡る冒険-(8)Pendenis城  

ビーチ散策の後、Pendenis(ペンデニス)城へ。といってもB&Bから車で5分ほど、半島の岬にある。開門の10時前に着いたのでしばし水のない外堀を散策する。観光客はおらず、時折犬を連れた地元の人が散歩している。野草が咲き乱れていた。これがイングリッシュガーデンの原点なのだろう。 10時に入り口に行くと、外人が数人並ぶともなく固まっている。まだ係員が到着しないらしい。けっこうイギリス人てルーズ、と改めて思う。...

新竈完成

今朝も早起きして権利行使のゴルフ。朝は曇っていたが9時頃から晴れた。金曜日とあって、インのハーフでは先行ペアに追いつくも、結構上手な人達らしく程よい一息レベルで追従、11時過ぎには終了。そのまま、町に下って所用をすませ、セメントと砂と砂利とレンガを購入。午後からさて作業開始と思ったら庭先でアカゲラが死んでいた。死因不明。外傷はなく寿命だとしたら死様としてちと可哀想。手厚く葬る。南無阿弥陀仏。午後から...

今日のお仕事

物置を建てたので、これまで使っていた竈というか多目的焼却炉の位置が窮屈になった。作り変えるとなると結構な手間なのだが、気分も天気も良かったので午後から作業に着手。夕方にはとりあえず基礎の下準備まで終了。半分こわれていた古い竈を全面解体し、敷地を整備し、基礎のコンクリートの木枠を造り、基礎の砂利を入れるまで。たったこれだけでも、いろいろな作業が実際には生じるので、時間がかかる。右は以前の竈。写真では...

水上高原GCシーズンフリーパスポート

昨日の夕方、水上高原GCのフリーパスポートに申し込んできた。先着100名というが実質いつでもOKだと思う。去年と同じ8万円で年間、といっても5月から11月までで40回、平日は原則無料でプレーできる。去年は20回行った。ということで、今朝は6時半に起きて、やる気十分で今年のここの初ゴルフ。8時前にこぶしコースへ。顔なじみとなったおじさんに今年もよろしくと挨拶し、後の組は?と聞くと8時30分とか。今日は空いているので...

雪の記憶

すっかり寝坊して目覚めは8時過ぎ。新緑がまぶしい朝というか、すでに太陽は高い。3月24日の窓の外。わずか一月半前なのに、日本ってすごい国。そしてすばらしい木々の生命力。まさにいのちの賛歌。 こちらは西の窓から。右は4月11日、わずか一月ちょっと前。今年は4月下旬から暖かだったそうだからとはいえ、まるでイリュージョンのような自然の姿。 南の窓の下には、しかしまだ残雪が残っている。今日のメインの仕事が夏モード...

優しい夕暮れ

4月に英国旅行があったので3週間ぶりに山荘を訪れる。東京は曇だったが埼玉県に入るとほぼ快晴。5日の下り線の10:50出発とあって、関越道は車は多いが渋滞はなく、赤城高原SAまで2時間で着いた。新緑の上に浮かぶ谷川岳から連なる稜線と上州武尊がきれい。 水上ICからの谷川岳。 ここ数日の高温のためだろう、記録的な大雪だったにもかかわらず、雪はすっかり消えていた。前回雪囲いを解けなかったので、悲惨なことにな...

シンガポール赴任

今朝は妻と次女と一緒に、次女の婿殿の見送りで羽田に行ってきた。婿殿は34歳、シンガポールに少なくとも数年間の駐在になる見込みだそうだ。娘は身重のため、出産後しばらくして後を追う予定。そんなわけで29日から出戻りよろしく我が家に引っ越している。お腹もずいぶん大きくなってきたので車で行く予定だったが、思えば連休の前半、道路渋滞と満杯の駐車場の恐れに気付き、急遽電車で向かう。この判断は正解だったようだ。先方...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック