風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2015年12月 ] 記事一覧

12月と2015年のまとめ

結局、12月31日24時の積雪深は11cm。統計上、2016年1月1日の最大積雪深は20cmになる見込み。記憶にある限りでは最小の積雪深。では記憶外では?、ということで過去に遡った。すると、藤原のアメダスの積雪深の観測開始は新しく1989年の11月から。まだ27年分しかない。で、今年より雪が少ない年は2回、1997年と1998年の元旦で、それぞれ11cmと3cm。すなわち、27年間で3回は雪の少ない正月になる。この冬が異常、と言うほどで...

大晦日の宝台樹スキー場

大晦日は快晴の朝で始まった。朝風呂に浸かり、ゆったり朝食、庭には何やらお客さんの足跡が残っていた。せっかくのいい天気だから宝台樹に初滑りに行くつもりだったが、なんとなく気が入らずグズグズ過ごしてしまう。雪は少ないし、オープンしているのは下部の初級者コースと初心者コースだけ、それでいてシニア1日券は3300円、プラス駐車料1000円。スキー場としてもクリスマスは営業できないし降雪機の費用はかかるしで、割り引...

林住期

父はオスロから戻った1999年の12月28日に膵臓がんで他界した。享年78歳。だから年末は墓参りに行く。今回は妻が忙しかったのと、娘が嫁ぎ先に行く日が30日だったこともあって、今日山荘に向かう前に墓地に寄った。30日とあってか墓参の人も少なく静か。それでも供華のある墓が思っていた以上に多い。家の墓にも供華があった。妹が供えたのだろう。二人の花を合わせると霊園で一番賑やかな供華となった。オスロから戻って17年が過ぎ...

慰安婦問題決着?

慰安婦問題に決着がついたらしい。どう決着したかというと、首相が「お詫びと反省」をし、日本は「責任を痛感」し、更に10億円の和解金を払うことで示談成立、というもの。慰安婦問題について初めて記したのが、2014年3月27日(→慰安婦問題の実相)。以来、そんな「問題」は存在しないというスタンスで書いてきた。同年8月、朝日新聞が捏造を自白して、問題自体が存在しなかったことが世界的に明らかになった。にもかかわらず...

人形町

今年最後の行事が編集部の忘年会。先日の全国大会の席に黒い和服を着た素敵な女性がいた。親しくはないが以前にも見かけたことがあり印象に残っていた。その彼女を見た編集部のOさんが舞い上がってしまい、あれは誰?、という手続きを経て、二次会では席に我々のテーブルにお呼びしてしまうほど。彼女、人形町のYという昭和の匂いがプンプンする情緒ある料亭の生まれか何からしい。Sさんというのだが、その息子さんが近くでお店を...

今年の雪はなぜ少ないか?

我が家だけ停電なの、という声で起こされる。停電で暗いので洗面台の明かりを点けようとするが、すぐ停電だから点かないと気付く。思えば電気があって当たり前の生活、電気がないと何も、といほどではないにしても、何もできない。妻が電気屋さんを呼んでくれて一件落着。オーブンが漏電していてブレーカーが落ちたのだとか。今日は床屋に行ってわずかとはいえ年賀状の印刷が無事終わって一段落ついたところ。こんなものを書き始め...

数へ日

今日はみなと句会とその忘年会。忘年会と言っても何か特別の行事があるのではなく、いつもの店でいつものメンバーでいつものつまみというただの飲み会。いつもとちょっと違うのは全員出席したぐらい。今日で概ねの行事は終了、いよいよ今年もあと五日と数え日モードに入る。今年は30日に出発する予定なので、数へ日の感がひときわ強い。手帳の欄の空白にも名も無き時間がいっぱい詰まっている。...

Doveを飲む会

編集の仕事が終わると大体は酒席となるのでいつだったか定かでないが、Doveの話をしたら是非飲んでみたいという声が湧き、諸般の事情を調整して今日がその会となった。クリスマス会みたいだが偶々25日に重なっただけ。Doveと言うのは飯能の五十嵐酒造の濁り酒(→Dove)。約束の15時半に10分ほど遅れて着くとすでに全員到着し宴が始まっていた。御呼ばれした時は遅れていく、という習慣が身についているし、我が家で人を呼ぶときも...

クリスマスイブ2015

クリスマスイブ。ラジオでは山下達郎の「クリスマスイブ」がたくさん流れていたという。日本ではこれがクリスマスソングのNo.1だよなと納得。今日は午前中が仕事で、午後は歯医者、その間、「ホームページビルダー18パーフェクトガイドと言う899ページの電話帳のような本を買って勉強、帰れば夕食まで明日の句会の清記表作りとあっという間に一日が終わるパターンだった。今年は娘と孫がいるので去年と違って賑やか。逆に何か...

ホワイトクリスマスイブ

今日の東京の日中の最高温度は8度に満たず寒い曇り空の一日、雨まで降った。北国ではきっと雪だろう、と思うのはあまりに自己中心的見解で、雪どころか雨も降らなかった。明日は今日より暖かという予報なので明日の白いクリスマスイブは期待できないだろう。今年の暖冬、もしくは雪不足に関してはニュース等の報道通り。本州の雪国の現在の積雪深の平年比は全て40%以下となっている。40%以下とは40%から0%までを含むので...

柚子湯

今日も朝から編集のお手伝いで夜は碁会というダブルイベント。帰ってお茶して昨日の分のブログを書いて今日の分を今書きつつあって、これから柚子湯に入ると一日が終わってしまう。柚子湯の写真を撮ろうと思ってお風呂を覗くと、柚子が一個、湯船にプカプカ浮いていた。妻にきくと、孫の肌が少々荒れていて、柚子を切ってしまうと酸性湯となって肌に悪いからだという。なるほど。ヘンなことにはたいてい理由がある。...

土岐麻子延長戦

土岐麻子のライブツアー"Bittersweet"の追加公演に行ってきた。きっとライブが好評だったのだろう。とはいえ場所は渋谷WWW、スペイン坂の上にあり、収容人数は400人ぐらいだから会場としては一般的に言いえば中くらいもしくは小規模。この手のライブ会場はスタンディング、フロアと段差のあるスペースが3段あり、各100人ぐらい入ることができる。各段の境には安全のための手すりがあり、最前列に陣取ると寄りかかれるのでか...

バッハ無伴奏バイオリンソナタとパルティ―タ全曲コンサートby千住真理子

今月9日の夕刊に、バッハの無伴奏バイオリンソナタとパルティ―タ全曲の演奏会が今日東京オペラシティで開かれるという記事があった。チケットを調べるとまだ席があったので即購入。S席シニアで5400円。一度行ってみたいとなんとなく長年思っていたが初めて生演奏を聴くことになる。ということでウキウキ。バイオリンは千住真理子。どこの音大だろうと思って調べたら1985年慶応義塾大学文学部哲学科卒。1973年全日本学生音楽コ...

HPB20の正しい使い方

ホームページについては、ホームページ作成歴の長い方に以前よりいろいろアドバイスをいただいていた。が、どうも話が合わない。先日、その理由が判明した。今回購入しアプリはHPB20ビジネスパック。ディスクとマニュアル本が入っている。ディスクにはHPB20SPとHPB20クラシックの2本のソフトが入っている。マニュアル本は「できるホームページビルダー20」というタイトル。内容はHPB20SPに対する懇切丁寧なマニュアル。SPは...

雪来たる

昨夜から雪が積もり始めた。明け方には屋根から滑り落ちる雪の音も聞こえた。カーテンを開けると雪景色。車の屋根には20cmほど雪が積もっていた。初雪、と言いたいが、アメダスのデータでは11月26日に1cmの積雪が観測されていた。とはいえそれ以来の本格的な雪らしい雪。でも来週は雪も降らず暖かいので溶けてしまうのだろう。根雪となる雪が期待できるのは年末になりそう。 溶けてしまう運命とはいえ、まぎれもなく庭は雪...

足場

 そこそこの寒気が南下しているので、天気予報のお姉さんたちは明日は雪が、とおっしゃっていた通り目覚めれば雪が舞っていた。あたたかな雪なので積もることはないが、自分にとっては初雪。ちょっとうれしい。9時前になんとなく外で音がするのでドアを開けると30過ぎの若いお兄さんが足場をトラックから降ろしていた。独りでやるの?と聞くとそうだという。今日は足場組み立ての日。屋根の頂部にできる巨大氷雪の塊の生成を避け...

冬日

目覚めれば冬雲の間から日が射していた。西に寒気が来ている割に暖かい。これは、お米を焚いている釜。シンガポールで娘が使っていたいたものを貰った、ロンドンでは使えないので。1合でもおいしく炊ける。簡単な朝食を終え作業開始。昼前から時雨模様になるも無事終了。今までビニールシートを捲いてから棕櫚縄で結んでいたが、棕櫚縄を雪が引っ張るので今年は棕櫚縄で枝を縛り付け、しかる後にビニールシートを捲くことにした。...

暖冬

冬支度の一つが庭木の雪囲い。一昨年が12月7日、去年が11月30日に作業していた。写真は一昨年のもの。作業の日程は考慮の末に決めるものではなくなんとなくその日になっただけだが、不思議なことに降雪にぴったり合っている。去年は大雪だったので11月中、今年は15日というのにまだやっていない。まるでカマキリの卵の高さみたい。歳を重ねるにしたがって感性が原始化しているのかもしれない。本能のカマキリ化。夕方、到着した時...

ムジカ Vol.3

仕事が早く終わったのでエクセルシオールに入った。ここは喫煙席が23席ある。葛原さんにもらった「ムジカ」を取り出す。こういう時間の隙間を故意に作らないと、いつしかなかなか本を読む気にはなれなくなってしまった。ムジカVol.3。葛原りょうが編集長をしていて、先日アルカディア市ヶ谷の喫煙室で顔を合わせた時にくれた。第2号に較べて倍ぐらい売れているそうだ。詩x短歌x俳句x川柳x小説x絵画x漫画x・・・という雑誌...

カウンター達の朗読会 No.8

週末を東京で過ごすことになり、行けなかったはずの葛原りょう(ペンネーム:高坂明良)の朗読会に昨夜行ってきた。10月の日本一行詩大賞で新人賞を歌集「風の挽歌」で受賞した詩人の高坂明良だ。6日日曜の「河」中央例会の喫煙室で、土曜日に朗読会をするので是非来てくださいと誘われていた。会場は新宿の職安通りに面した「新宿ネイキッドロフト」、ライブ会場と言うよりは小さな場末のアングラ劇場と言った方がまだ実態に近い...

油井さんの被爆量

今やすっかり日常化した感のある宇宙飛行ミッション。とりあえずの祝賀記事は新聞としては当然、ご苦労様。一方、昨日の夕刊の社会面の記事がこれ。この3年半、避難した人に対しては被害者扱いの同情路線ばかりだったが、今回の記事は避難した人と同格で避難しなかった人が記事に登場していた。「不安やわだかまり」という単語を使っていることから、放射能ヒステリーが大分収まってきたのかもしれない。 東京電力福島第1原子力...

プロゴルファーという職業

先日、2015年のプロゴルフツアーの国内賞金ランキングが新聞に紹介されていた。1位が韓国の金さんで1億6600万円、石川遼は7位の8800万円ほど。あれ?という気がするが国内では7戦しか出場していないのに対し、多くは20-25戦に出場している。プロゴルフツアーの世界では、来季のシード権をもらえるか否かが、いわば生死の分かれ目。シード権があれば各ツアーに招待されるので費用はかからないが、非シード選手は全て自費で予選から...

毎日が動物園

激しい雨音で目が覚める。70mmほど降ったらしい。歳時記によると、冬の雨は気温が高いから降るので、なんとなくやわらいだ気分になるのが本意本情とか。なるほど、最高気温24度と暖かい。東京の12月の記録は2006年12月27日の177mmだが、全く記憶にない。今日もお休み。昨日大方の雑務は片付けたので、今日は午前中に俳句の目途をつける。「河」2月号の投句用紙も投函、ひとまずほっとする。動物園に行くと、コアラが動い...

降ってわいた休日

結局、本日は出社するに及ばずということで、降ってわいた休日となった。その代り14日(月)の出社が金曜を待たずに確定。結論が何であれ予定が確定するというのはありがたい。思わぬ空き時間ができたのも喜ばしい。今日は河の編集の初校の日なので手伝いに行くべきなのだが、いろいろメールを書いたり、たいしたことではないとはいえ諸々の事務作業をしていたらこんな時間になってしまった。これからHPBとの格闘や来週末までの投...

10月の天気図

妻の勤め先は某健診センター。12月とか1月に検診を受けようとする人は少ないらしく、受診者は大幅に減るらしい。当然と言えば当然だが、そのためか今日は休業日。ということで以前から今日はほぼ3か月ぶりに赤羽GCに行くことにしていた。お天気は、というと知っての通りの無風快晴の絶好のコンディション。天気図をみると移動性の高気圧の眼玉が日本列島のど真ん中に鎮座している。まるで10月の天気図、なんというラッキー、これも...

国会議事堂

今日の小さな旅は国会議事堂。ながつま昭と国会に行こう!!という啓蒙活動があってそれに初めて参加した。集合は衆議院第二議員会館。ロビーから地下の会議室に案内されたが、大企業のビルのような天井の高い立派なロビー。そこで全議員の座席表などというレアものの資料をもらったり簡単な説明を受けた後、空港のような幅広い地下道を通って国会議事堂に入る。今日は見学者の予定が5000人とか。意外な観光スポットでもあるら...

黒い冬

2回目の出勤。16時頃に仕事は終わった。今後の予定を打ち合わせる。10日(木)と14日(月)に来てもらう可能性あり、という結論。すなわち、行く必要がないかもしれないが、要請に応えるべく東京にいて予定を開けておかねばならないということ。14日の必要性は金曜日に判明する。報酬を得るというということは拘束されること、という当たり前のことに気付く。庭木の冬囲いがまだなので、今週後半にひとり出かけて作業をするつもり...

帰ってきたカーディガン

29年前バンコク駐在から帰任して1年程東陽町に住んだ後、江戸川区の春江町のアパートに引っ越した。船堀駅から徒歩20分ほどの所で、近くに金魚養殖場の池があり、アパートの前は空き地でオヒシバやメヒシバが繁っていた。当時長女は5歳半、次女は2歳半だった。昭和の雰囲気が十分残っていて、近所には同じぐらいの年頃の子供がたくさんいた。妻は毛糸の編み物が得意だったので、妻の編んだセーターやカーディガンは今もたくさんあ...

1010g

ロンドンにいる長女に、妻と次女がクリスマスプレゼントを発送したという。段ボールの箱に詰めて重さを測ると990g。1kgを超えると送料が増えるので、やったね、と喜んでガムテープで梱包した。再度重さを測ると1010g。ゲゲゲッ。それでどうしたかというと、段ボールの一部を切り取って丁度1000gにして送ったという。若いころだったら、バカじゃなの、数百円しか違わないのに、と思ったろうが、今は素晴らしいと絶...

初出勤

9時出社ということは8時半には家を出ねばならない。会社勤めの頃は9時近くに家を出ていたので30分も早い。この時間の大江戸線はけっこう混んでいる。みんな必死に生きているんだな、とふと感動、するわけもなく人波にもまれて下車する。初出勤だったがジーンズにセーターといういつもの格好、もう、というか昔からネクタイをしていないし、臨時雇用だし、頭からスーツなど着る気なし。仕事は、今週提出された分厚い報告書の最新ド...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック