風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2016年03月 ] 記事一覧

花行脚2016外濠巡り

午前中に仕事を終え、昼から3シーズン目の花行脚へ。何かと慌ただしくきちんとした計画がなかったので、半日だしとりあえずということで、飯田橋から外濠を回ることにした。飯田橋に付くと、小石川後楽園の案内板が目に留まり、近くなので行って見ることにした。平日なのに、入場料を払う列ができていた。ここは水戸殿の上屋敷跡。小さいながら箱庭みたいにいろいろと趣向をこらしてありなかなかの大名庭園だった。桜の名所という...

ジンバブエ大統領の訪日

ジンバブエ共和国の大統領が3月27日から来日中(31日まで)。他紙は知らないが 日経新聞には豆記事で、安倍首相との首脳会議と天皇皇后両陛下、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻等との宮中午餐が紹介されていた。公式実務訪問賓客との扱いという。だからどうしたの?と言うのが普通の反応と思うが、その疑問に対する答が今日のお題。  ジンバブエといえばハイパーインフレ、2009年2月1兆ジンバブエドルを1ジンバブエドルにデノミする等...

オスロ会ゴルフコンペ優勝ス

すっかり定着した感のある千葉県の季美の森GCでのオスロ会のゴルフコンペ。昨年の3月のブログを見返すと、「・・・土曜日の調子よかったので、今回も、と、大いに期待して、馬券も自分を頭に全員流しという気の入れようだった。が、よくあるように結果はいまひとつ。空振りさえあった。力が入っていたわけではないが、さまざまな練習ではありえないスイングや球が出て、高ハンデにもかかわらず2位。準優勝ではあるが、内容に不満...

矢野顕子と石川さゆり

タイトルだけでは何のことかわからないが、どこに音楽的接点があるのか想像を絶する二人によるライブ。正確には更に三味線が加わる。矢野顕子のソロデビュー40周年を記念して、『ふたりでジャンボリー』と題し、以前より交流のあるミュージシャン・石川さゆり、清水ミチコ、奥田民生、森山良子、大貫妙子が共演するもの。清水ミチコや大貫妙子のチケットは売り切れだったので、怖いもの見たさもあって石川さゆりの回を入手した。場...

バスタ新宿

桜は開花宣言されたものの寒い日が続いてまだ咲き初め、午前中から晴れていたものの空気は冷たく花行脚はパス。何も予定はないし、マーランドゴルフもオアシスも平日会員なので、午後から新宿に散髪に行った。昨年の末に長年通っていた床屋のお兄さんが店をたたんでしまったので行きつけの店がなくなり、QBハウスに行ってみたら早くて良い。これで2回目。なるほど、これでは普通の床屋は客が減る一方だろう。規制緩和と自由競争と...

技術部ゴルフコンペ

元の会社の技術部のゴルフ大会。みなと句会と重なったが、これは毎月で年12回、ゴルフは年2回なのでゴルフ優先とした。昨日も練習したので、バッグを持って赤羽GCへ。終了後、宴会になると想定されたから。今時ゴルフバッグを持ってゴルフ場に行くのは典型的な絶滅危惧種だよなと思いながら埼京線に乗る。浮間舟渡駅まで20分。赤羽GCまで歩いて10分ほどだが、ちょっとグズグズしていたらクラブバスが来たので乗る。2分で着いた。...

日本経済の閉塞状況打開の秘策

今日の日経新聞の「大機小機」というコラムから。銀行経由でなくとも、日銀が流通貨幣量を増加させる手段はいくらでもある。本来、貨幣は無利子の永久政府債務である。貨幣を増刷して政府に供給すれば、政府は無利子で返済不要の資金を手にする。それを原資に政府が大幅な減税をすれば、経済活性化に劇的な効果がある。これは巨額の紙幣をヘリコプターからばらまけば物価は必ず上昇するという、経済学の有名な反論不可能な思考実験...

参院選公認候補オープンエントリープロジェクト

オアシスの帰り道、新宿西口でいつものように街宣車の上で若い女性がマイクで喋っていた。無視して横断歩道を渡り、バス停の島に渡ってタバコを吸っていると、「・・・お金が回らねばなりません、日本にお金はたくさんあります」というフレーズが耳に止まった。珍しく正しいことを言っているじゃない、どこの団体?、と思い横断歩道を渡り直し正面に廻った。車にはなんと自民党とあった。緑のジャンパーを着たおじさんがビラを配っ...

栃木小1女児殺害事件:自白の構造

この事件、物理的証拠がなく、自白だけをもとに審理され判決が下されることが最大の特徴。被告は無罪を訴え、検察側は22日「執拗で残虐、冷酷非道な行い」として無期懲役を求刑した。また被告の態度を。「うそにうそを重ね、悔い改める姿はない」と批判したそうだ。判決は31日に宇都宮地裁(松原里美裁判長)で下される。物理的証拠がないのだから、自白の信憑性、任意性、言い換えればそれが真実か否かだけが論点になる。検察側は...

オダマキ観光?

2週間ぶりに編集の手伝い+飲み会を終え、帰宅して夕刊を開くと、Crystalの全面広告が目に留まった。Trapicsが庶民用とすればCrrystalはおじ様おば様用の高給ツアー、利尻礼文4日間の最多価格帯がお一人様17万円ほど。何でそんなに高いの?と詳しく見ることに。確かに全面広告の価値はあったようだ。そこで気が付いたのが黄色の枠内。拡大図がこれ。咲き誇る高山植物の紹介としてフィーチャーされていたのが、礼文薄雪草、蝦夷萱草...

家の花海棠

東京の桜の開花宣言が昨日、横浜に二日勝つ見込み。特定の一本の木で観測することにより毎年の変化を見ることができるので科学的ではあるが、それが東京を代表するとなると違和感がある。多分横浜の人もそうだろう、どうでもよいことではあるが。そんな火曜日、道路を挟んで向かいの家の花海棠が満開である。我が家の花海棠は、というとまだ膨らみ始めた蕾状態。我が家の花海棠が標準木だと横浜に負けたのかもしれない。そのせいか...

待機児童問題

昨日の記事から。全く自分に関係ない話なので何か書く必要もないのだが、記事を見ても良くわからない。なぜわからないというと全体像が見えないから。ということで感想を。希望する認可保育施設に入れなかったのに、ほかに入れる施設があることなどを理由に自治体が待機児童数に算入していない潜在的な子供の数が、昨年4月時点で約4万9千人に上ることが厚生労働省の集計で分かった。既に公表されている数を合わせると約7万2千...

STAP細胞:「捏造」の捏造の構造 (3)

2013年3月ユニットリーダーに就任、最若手のPIとなる。アドバイザーには笹井と丹羽氏がついた。山梨大に移る若山からは、「STAPの細胞培養をもう一度確認のため教えてほしい」と要請されて教授、二回目は若山が独自に再実験をして、STAP幹細胞の樹立までを成功した、聞いたそうだ(p117)。3月11日にネイチャーに投稿、4月4日に「リバイス」との査読結果を受け取った。不採択ではなく、修正すれば掲載という通知。修正期間は6か月間...

精霊の守り人と綾瀬はるか

今月の始めに新聞で紹介された。妻と話すと当然の如く我が家にも本があって、ものすごく面白いという。NHKは何度も予告編を流す熱の入れようで、それを観る限りではちっとも面白そうには見えないのだが、とりあえず昨夜、「精霊の守り人」を観ることにした。中国風異世界もののファンタジーでCGを多用し、全画面アップにも耐える主役の綾瀬はるかがいい感じ。チャグムとシュガのイメージが本とは違和感があるが、あとは原作の雰囲...

悲しい通知

悲しい通知、といっても誰かが亡くなったわけではなく、他人にとっては典型的などうでもよい話で、全く同情の余地がないのは知っているが、自分にとってはとても悲しい話。水上高原ホテル200から封書が来ていた。主旨は2016年のグリーンクラブ友の会の会員募集案内。去年はこれではなく8万円の年間パスポートを購入した。おかげで、ワンバッグ割増フィーを払っても、3000円台で、ゴルフコースの貸し切りプレーをしてきたことは...

初ゴルフ

先日、妻と赤羽GCでハーフを回ったのは練習モード、今日が今年の初ゴルフで本番。お仕事をしている会社のHさんとは大学院時代からの顔見知りで、共通の知り合い二人を入れて、相模原の長竹CCに行ってきた。ナビをアップしていないので圏央道がナビには表示されないが、相模原ICから8分と至便の位置にあり、車で1位間余り。天気も穏やかで、かつ暖かく絶好の平日ゴルフ日和となった。練習を重ねて来たし、練習ラウンドもまずまずだ...

「河」全国大会競詠作品選考結果

今日は城西支部の月例会。句会が終わっての二次会は、競詠大会の入選者の祝賀会だった、といっても、最初に支部長から結果の報告があるだけで、実態はいつもの飲み屋での二次会と全く変わらない。今回の競詠、城西支部から、2位、9位、10位と3名が入選した。東京大会だったこともあって10位までの入選者の内6名は東京周辺だった。が、東京周辺には17の支部と句会があり、けっして俳句に熱心とは言えない弱小支部の城西支部が半分と...

STAP細胞:「捏造」の捏造の構造 (2)

2012年の初春、若山先生(以下敬称略)の10年にわたる理研CDB での任期が2013年3月で切れ4月から山梨大学の教授に就任することが決まる。3月、氏は若山から、若山研のメンバーをフルに使って、急いで幹細胞株化の論文を仕上げるように指示を受けた。若山からは研究員たちへの研究テーマの割り振りを提案されたが、氏自身では行えないものばかりだった。何故、氏が直接手を触れていない幹細胞株化に関する論文を氏が書かねばならな...

タラの芽栽培

昨夜は熟睡したので快い目覚め。ブナとミズナラの林に薄い雲を通して朝の光が射し、すっかり春の山の雰囲気満開。パタパタと食器洗いや掃除や帰りの準備を終えて、今回の目的の一つであるタラの芽の採集に取り掛かる。先日、スーパーで売られているタラの芽が温室栽培であることを知り、マネしてみることにした。映像ではタラの木を30-40㎝ぐらいに切ってびっしり並べ、水耕栽培していた。タラの木はそのへんにいくらでもあるので...

エベレスト大滑降達成ス

熱意に欠けるとは言いながら今日はスキーに行くので早起き、窓の外は雪だった。テレビでは東京は青空、そんな日はここは雪に決まっている。それでもたいした冬型ではなく寒気も多分弱いので積雪は10㎝程度、まだスタッドレスを穿いているので難なくスキー場へ。雪が降ったのに、平日の、スキーヤーにとってはやる気の出ないシーズンとあってガラガラ。リフト券もシニア一日券が2900円と叩き売り状態(のような気がする)。だから、...

光は春

昨晩、真田丸を観て、福島原発のドラマを観て、問い合わせの来ていた仕事のメールに回答し、ブログを書いたらすっかり遅くなってしまい、目覚めれば9時近かった。外は小雪が舞っている。今年はスキーへの熱意が欠け、寒そうだし、山頭火の連載の執筆、今週の句会への投句の準備、「あの日」の感想文の続き、ブログの記入、とやることがたくさんあるので今日は文筆活動にいそしむことにする。筆を休めて暫し休憩。こんな日にバッハ...

NHKスペシャル「原発メルトダウン 危機の88時間」 -80mSV/時

当時、2月初めに万座スキー場で大回り中に追突され、背中側肋骨6本を骨折するという重傷を負い、自宅で療養生活を送っていた。日常生活に問題はなかったので、新聞を隈なく読み、テレビとパソコンにしがみつくという毎日。津波の被害の悲惨さに心痛めても申し訳ないが傍観者の立場であったが、福島原発で水蒸気爆発が起きたとわかった時、初めて身に迫る恐怖を覚えた。水蒸気爆発が起こるには水素がなくてはならない。福島原発に水...

アルファ碁の強さ-碁の神様降臨す

今日のNHKの夜7時のニュースで、今回のAI対李世乭(イ・セドル)について解説していた。今回の対戦が、単なるお遊びではなく、人類の未来に対する歴史的意義をようやく認識したらしい。多少は碁を打てるので、李世乭の破れた3戦の棋譜を観てみた。凄い。まさに碁の神様、碁とはこういうものだと人類最強の名人に教えているような感じ。李世乭がよれよれになっている。以下3局の序盤から。第一局:白:アルファ碁李世乭の黒石がバ...

今年の雪の実態

今年の雪が少ないのはわかっているが、どのぐらい少ないかを昨日までのアメダスのデータで確認する。黄色が昨年、緑が今年、そして白が30年平均、平年値と呼ばれるのがこれ。去年と較べると劇的に少ない。去年は今頃200㎝の積雪だったのに今年は20cm以下。史上最大の大雪が2005-6年にかけての冬だった(赤線)。翌年は手のひら返しの小雪。昨年が準史上最大の大雪で今年は史上最少の雪。なるほど、大雪の翌年は小雪。さてこれは法...

桐箱のお弁当

今朝のNIKKEIプラス1の「何でもランキング」は花見弁当。1位を見るとどこかで見たことが、と思ったら「新開花」のお弁当。先週の木曜日の荒地句会の弁当が、まさにこれだった。昆布じめの鯛と黒酢の寿司ごはんプラスお惣菜が立派な作りの桐の箱に入っている。ただし、直接桐の箱に入っているわけではなく金色の段ボールの中敷きがあり、桐箱は再利用可。ゴミとして捨てがたく、箱は持ちかえってその夜の我が家の話題となった。昭...

HP完成も・・・

ようやくHPが完成。HPBに嫌気がさしたため長い間手を付けなかったのですっかり遅くなってしまった。結局、内容的にコピペが多いこともあって、使い勝手のよいパワーポイントでHPの部品を作成し、その画像をHPBに張り付ける、という裏技に気が付きあっさり完成。先日発行所のパソコンにHPBをインストールするとともにHPの試作品を納入した。今回制作するにあたって手間をかけたひとつが全体の雰囲気と色使い。まあ、満足いくレベル...

東京のゴルフ生活

3月はゴルフのコンペが3つ入っていたので、密かに練習を積み重ねている。その成果を問うべく、妻と赤羽GCに行ってきた。日が延びたためゆっくりでもいいね、と予約もなく13:30前に出発。14時過ぎに着いたが、寒い曇り空の木曜日とあって、コースはガラガラ。今回は今日を予定していたものの、気が向いたら予約もせずに行って、二人でのんびりゴルフコースを回るって、東京ならではの豊かなゴルフ生活。まるで北欧なみ。練...

人工知能に人間が破れた日

1月28日に欧州チャンピオンとはいえプロの棋士にAIが勝利した衝撃を記した。その時報じられていた3月のアルファ碁と李世乭(イ・セドル)との対戦結果がこれ。李世乭は世界で一番強い棋士、と思って良い。ブログには「3月の李世乭との5回戦の結果は興味深いが、結果は重要ではない。李世乭と互角に対戦できるというだけで凄いことなのだ。」と書いた。李世乭が勝つだろうと思ったから。人間が人工知能に敗れた日、と言っていい。た...

詩人と女優との座談会

昨年、旧知の舞台女優さんに、日本一行詩新人賞を取った髙坂明良(本名葛原りょう)の「風の挽歌」を送った。多分共鳴するところがあるのではないかと思って。結果その通りで、髙坂さんに会ってみたいということで、今日池袋での座談会と言うか単なる飲み会となった。葛原りょう、詳しくはカウンター達の朗読会に書いたが、葛原しげる、「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む」等を書いた童謡詩人のひ孫といった方が分かりやすい。池袋の約...

クイケンの無伴奏バイオリンソナタとパルティ―タ

12月の千住真理子のバッハコンサートで渡されたフライヤーの中に、クイケンのコンサートがあった。クイケンって誰?、というのが普通だろうが、バッハの無伴奏バイオリンソナタとパルティ―タのCDは現在3組保有していて、そのうちの一つがシギスヴァルト・クイケン。場所は代々木公園近くの白寿ホール。白寿生化学研究所という会社の7階にある400名ほどの中ホールだが、なかなか豪華で音響効果が良い。1番のソナタ、3番の...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック