風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2016年04月 ] 記事一覧

孫自慢

今日は碁会。夜帰ると妻からメールが入っていた。娘から孫の写真が送られてきてすごくかわいいからと。3枚送られてきたうちの1枚。確かに可愛い。...

全面植え替え事業

低気圧も過ぎ去って、北風が強いものの朝から晴れ。懸案の屋上の鉢植えの全面植え替え作業に着手する。屋上だけで大小80鉢、植物というのはどんどん増えるのでいつのまにかこんな数になってしまった。薔薇など購入した木はひとつだが、他の10鉢は挿し木で増えたもの。切り花で買った薔薇でも土に挿せば翌年には花をつける(翌々年だったかもしれない)。毎年薔薇を主にして少しは植え替えるが、何年も放置されているものも多い。...

冤罪の証明

先日、栃木小1女児殺害事件について縷々書き記したように、宇都宮地裁(松原里美裁判長)は8日、「捜査段階の供述は殺害方法や遺体の状況と矛盾せず、十分信用できる」として、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。一方、今日の夕刊に、1995年、女児(当時11)が死亡した火災で、被告と母親が殺人罪などで逮捕され、無期懲役が確定した事件の再審無罪の記事が出ていた。火災は95年7月に発生。大阪府警は母親の青木さんと当時内...

ゴールデンウィークの始まり

今日から妻は札幌の母の許へ里帰り。雨が降っていたので、14時前に最寄りの駅まで車で送った。妻は結婚以来毎年ゴールデンウィークには里帰りしている。一昨年は娘二人に次女のお婿さんを交え5人で訪れた。去年は妻だけで、今年も妻だけ。山荘に行く時は当然ながら一人のことが多いので(平日だから)一人暮らしには慣れているはずだが、いざ東京の自宅で一人取り残されるとなんとなく落ち着きが悪い。やることはいろいろあるのだ...

訃報

元会社の同僚のFさんの逝去の知らせが月曜にあり、旅程を切り上げお通夜に参席した。一月ほど前に不調を訴え、一週間前に入院、急逝されたという。享年64歳。元の会社のプロパー一期生で、大学卒業でいうと一年先輩にあたる。同時期を共に過ごしてきたので、身につまされる思い。他人事ならず奥様の哀しみもいかばかりかと思う。技術系の同年輩、一期生から四期生は9名いた。亡くなられたのは二人目。他に、病気で退職された方が...

富士の芝桜

先週、三春の滝桜を見に行こうと言っていたのだが、満開を過ぎてしまったので、一週間順延して富士の芝桜に。河口湖ICで降り、まず新倉山浅間(あらくらやませんげん)公園へ。公園は、新倉浅間神社の上にあり、五重塔だけが建っているような小規模なもの。孫引きで恐縮だがこんなことで知る人ぞ知るお宝スポット。◆ここから仰ぐ富士山の風景写真は、海外の教科書などで「日本の象徴」として紹介されています。◆「世界中のカメラマ...

リベラルアーツ

今日の日経新聞から。石井洋二郎 東京大学理事・副学長 がリベラルアーツについて寄稿していた。元々大学はリベラルアーツを学ぶ場所、と昔立花隆かが述べていて、なるほどと納得した記憶がある。大学で、「一般教養」という枠が形式的に残るのはその精神の名残だ。一方で、確かに今の大学は専門学校のようになっていて、かつその専門性すら欠如、単なる就職用肩書のために行くのが大学、という卒業生がほとんどというのが現状だろ...

井山祐太七冠の強さ

井山祐太は26歳、これまで数々の日本囲碁界の最年少記録を書き換えて来た天才囲碁棋士で、碁を打つ人で知らない人はいない存在。昨年は24連勝を記録し、12歳の院生時代(プロを目指す修業期)には46連勝したという。その彼が囲碁史上初の七冠を20日に達成した。日本文化史に残る歴史的瞬間である。羽生の七冠があるのでありふれたことのように感じるのは大きな間違い。そこでどのくらい強いのか気になっていたので試算してみた。井...

ヴェニスの商人とアウシュビッツ

宮本さんから劇団昴の新拠点、東上線大山の「Pit昴」での「ヴェニスの商人」上演のお知らせを受け、昨夜観に行った。30人と40人の観客席の間に舞台がある座席数70-80の小さな劇場だ。宮本さんは「ヴェニスの商人」=アントーニオ役で主役だった。 「ヴェニスの商人」、聞いたことはあるが詳しいことは知らなかった。初演は1596年だそうで、奇しくも慶長地震のころ、英国はビクトリア一世の時代、スペインの無敵艦隊を破り、東イン...

多忙?

いくつか用事があったので、3件用事をまとめたら朝から夜中まで超多忙な一日になってしまった。全く用事の無い空白の日も欲しいよね、というのがその背景。午前中はPRESTIA(旧シティバンク)のお姉さんとの面談。お久しぶり、娘さん結婚されました?という話で始める。娘が34で自分が35のため気になるらしい。まだだというと、良かった、とか。午後は日興証券。担当者が代わったというので新任者との挨拶。若いお兄さんだった。会...

ホームページようやく公開へ

悪戦苦闘してきた「河」のHPがついに公開となる運びとなった。多少、手直しの必要な部分があるがイメージ通り、これまでの俳句結社はもちろんのこと、普通のHPとも一線を画す、反逆のホームページ。興味ある方はどうぞ。→魂の一行詩初心者の方も、無料投句できますのでよろしければどうぞ。匿名可。...

2015年損益計算書

2015年の損益計算書をようやくまとめた。妻の詳細な家計簿は大分前に締まっていたが、なかなか手を付けられなかった、やる気になれば数時間でできるのに・・・。ブログの日記機能とはいえ実額を記すのは下品と思われ、昨年同様、一部だけ記す。支出総額は2014年とほとんど変わらなかった。両年共完全に無職モードなので比較は有効。住民税部分が昨年に較べ減るので2015年は支出も減るのかと思っていたが、総支出に大差は生じなかっ...

熊本地震と慶長地震とのアナロジー

今朝のテレビ朝日のモーニングショーで興味深い話をしていた。カラヴァッジョの「法悦のマグダラのマリア」が描かれたころ、とは言っていなかったが、その頃、すなわち秀吉や家康や真田がごたごたととしていた頃、慶長大地震が起きて、四国東海にかけて大津波が襲ったという。初めは大分から近畿にかけて大きな地震が連続して起き、その9年後に慶長地震となって大きな被害がもたらされた。嘘とは思わないが、確認のため手元の理科...

仕送り

ロンドンの娘から、部屋に帰った時に軽く食べるものが欲しいというリクエストがあり、先日いろいろと詰め合わせて発送した。フェイスブックで繋がっている妻から、xxがFBにこんな写真をアップしていたと言って見せてくれたのがこれ。同じFBを見た次女のコメントは、ところてんと都こんぶが入っているのが素晴らしいとか。ロンドン駐在というと華やか極まりないが、実生活は朝早く家を出て夜遅く帰るのが日課らしい。淋しいといえ...

地殻のずれ

熊本地震、震源地の深度が比較的浅かったことが大きな被害を生むことになったのだろう、被災地の方々に同情の念を禁じ得ない。今日のNHKはほとんど震災関係のニュースばかりだったという妻の話だ(日中出かけていたので・・・)。19時のニュースもそんな感じだった。さすが国営放送。それはいいとして気になったのが地表のずれの話。国土地理院の観測で、東西方向に地表に170㎝のずれが観測されたという。「近くにある活断層の一部...

三春の滝桜

来週、三春の滝桜を見に行くつもりだった。『三春滝桜』は、大正11年に国の天然記念物の指定を受け、開花時には毎年20万人以上が訪れるほど人気の高い桜。樹齢1,000年以上の巨木に桜が咲き乱れる姿は圧巻のひと言です。また、山梨の神代桜、岐阜の淡墨桜とともに称される日本三大桜の中でも一番最後に開花するとあって、やはり『三春滝桜』は花見の締めくくりにふさわしい名木といえるでしょう。だそうだ。例年四月中旬から下旬が...

HP公開版完成

「河」4月号の公開版を昨日、今日と二日がかりで完成。あとは発行所のパソコンで公開してもらえればおしまい。結局ほとんどのコンテンツをpptで作成し、その画像を貼り付けるという、頭がいいんだか悪いんだかよくわからない手段で完成することができた。少なくとも制作兼毎月のアップ担当者としては、自分で簡単にできる方が良い。イメージ通りのHPの見栄えになってくれていることを祈るばかり。...

ほくろとメラノーマ

昔から左の頬に黒子がある。その一部がわずかではあるが明らかに成長していることに昨年気が付いた。たいしたことはないと思うものの、メラノーマだったら大変、と心の片隅では気になっていた。で、久しぶりに用事もなかったので皮膚科に行ってきた。以前、なんだか覚えていないがちょっとした皮膚関連の異常で、会社の近くの皮膚科に行ったことがある。若い女医さんだった。患部を診て「癌かもしれません」と言って、教科書だか何...

スウィニー・トッド

新宿の地下道を歩いていると、大きなポスターが目に留まった。「スウィニー・トッド」、ブロードウェイ最高傑作、とあったような気がする。昔、飛行機でこの映画を観た、正確には観ようとしたことがあったから。題名が不吉な感じで気になったものの、ジョニー・デップ主演のミュージカルというのでとりあえず観始めた。しかし、あまりに気色が悪く、ついに耐え難く最後まで観ることができなかった。こんな映画にジョニー・デップが...

Qさま

今日のメインは某社とのミーティング、14時という指定だった。こういう中途半端な時間帯を拘束されると、やらねばならないことがあるのに、一日が中途半端になり、結局それらには手が付けられなかった。午前中はメールやウェブの閲覧などパソコンを相手にしていると、外出の時間。昨夜遅かったせいでお風呂に入らなかったので、人様に会う以上、オアシスに寄ってシャワーを浴びるつもり、しばらくぶりなのでついでにジムもやること...

仏像画

先日訪れた浅草寺の御朱印を貰う所に、「浅草寺」というB6版の俳句結社誌のような小冊子の3月号が積まれていた。もちろん、無料で非売品。発行所は浅草寺教化部。その見開きからカラーページで、芸術性豊かな仏像画がたくさん並んでいた。一部紹介するとこんな感じ。           これらは、浅草寺幼稚園年長組(五歳児)が描いた「金龍地蔵菩薩像」。園舎玄関の正面に泰安されているそうで、園児は毎日「おはようござい...

栃木小1女児殺害事件:自白の構造(3)

予定されていた判決期日が3月31日から4月8日に延期されていた本件の裁判員裁判で、宇都宮地裁(松原里美裁判長)は8日、「捜査段階の供述は殺害方法や遺体の状況と矛盾せず、十分信用できる」として、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。本来検察の求刑に沿った裁判員の判断なら延期などありえないので、8日に延期された背景は裁判員が異論を述べたと考えて良い。「12人の怒れる男」日本版になるのかと気になっていたが...

タラの芽水耕栽培大成功

昨日帰って、試行中の水耕栽培のタラの芽を見ると、固かった芽がすっかり開いて食べごろになっている。山荘のタラの芽はまだまだ固かっただけに、東京での水耕栽培は大成功。枝の先の芽だけでなく、芽が全くなかった幹の部分にも芽が付いていた。発泡スチロールの牡蠣の箱の中身は液肥「ハイポネックス」の600倍希釈水。枯れると嫌なので薄目に設定した。収穫が終わったらどこが最適な濃度か確認しておこう。  3月31日撮影の...

明るい雨

屋根を打つ雨音で目を覚ます。昨夜のお天気お姉さんの言っていたいた通り、気の利いた小学生でも言うだろうけど。低気圧がまだ西にあるためか、雨音の割に空が明るい。ブナとミズナラの林はまだ冬木のままだが、光は春。今朝は雨のつもりだったので朝からゆっくり温泉に入り、ガラス食器をクレンザーで丁寧に磨いたり、出しっぱなしのスキー用品をしまったり、と家庭内モード。お昼前には出発できるかな。  今回の成果。...

水仙畑

久しぶりの良いお天気、と言っても薄曇。暖かいので午前中から作業開始。あちこち目が付くので、あちこち手を付けるも今日のメインは庭の入り口右側の整備。山芋の植え付け場所の植栽を移動する必要があって、雑草の生い茂るここに移動することにした。その際、昨年一部開墾して植え付けたスイセンが芽を出していたので、その辺に芽を出していた水仙もまとめることに。植え替えると言っても、土が悪いのですべて掘り起こし、今回買...

落葉掻き

とりあえず昨年掘り返した山芋の植え付けから始めようと物置を開けてみると資材がない。仕方がないので水上へ17㎞下り、コメリで「農家さんも使っている野菜の培養土」40ℓ(約800円)を5袋、牛糞堆肥40ℓを2袋、鶏糞1袋などを購入。昼食はスパゲティを茹でた後オリーブオイルで軽く炒めて、「青の洞窟」のボロネーゼをかけて食べる。食後気を取り直して作業に入ろうとするが、雪でぺしゃんこになった落葉が気になった。それで落葉掻...

3月のまとめ

今朝も曇り空、玄関のテラスの寒暖計は9度。3月の復習をすっかり忘れていた。いつの間にか一年の四分の一が終わっている。1)寝場所: 自宅 28日、外泊 3日。雪不足に付きつき 山荘には1回しか行かなかった。2)内容: -用事のない日 7日:おかげでゆっくりできる。-用事のある日 20日:東京にいればいたで何かと用事が増える。-山荘 4日:先月も書いたが、スキーの優先順位が相対的に下がり用事を入れてしまうから出かける...

たおやかな時間

雨が上がった午後から作業開始。薄日が時々漏れて気温は春。庭ではクロッカスとスノードロップが花を開いていた。例年はゴールデンウイークの頃、雪の割れ目や雪の下で咲いている一番最初に咲く花たち。今年は一ヶ月早い。家の雪囲いを解き、紫陽花や雪柳、木槿の雪囲いを解き、夏用のテーブルを出すただけで夕方になってしまった。多分、仕事ではないのでゆったり作業をすすめたせいだろう。こういうたおやかな時間の中に身を置く...

STAP細胞:「捏造」の捏造の構造 (4)

最近こんな記事が。捏造犯のくせに今になってわざわざHPを開設するとは図々しい、と思う人はよほど心が病んでいるのだろう。氏は現在うつ病の治療中だそうで、HPは痛々しいほどシンプル。STAP細胞が捏造ではないことをこれまで3回に分けて書いてきたが、必要なかったかもしれない。興味ある方はこちら(→STAP HOPE PAGE)。さて、それにもかかわらずどうして捏造と烙印をおされ、日本中から非難されたのか?経緯は新聞やテレビで長...

去年今年

午前中に「季」への投句と「河」中央例会への投句を仕上げて13時頃出発。途中上里SAでトイレタバコ休憩兼軽食を取り、水上で買い出しをして3時間半ほどで着いた。先日のオスロ会のゴルフ大会では、平日にもかかわらずなのか平日だからかわからないが、「季美の里」から3時間半。雪はすっかり消えて例年より1か月ほど時が早い。右は昨年の4月11日。 右は同12日。明日から雪囲いを解き、荒れた庭の手入れと春の準備、春耕。ちなみに...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック