風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2016年05月 ] 記事一覧

5月の回顧

久しぶりにゆっくりした月だった。1)寝場所: 自宅 22日、外泊 9日。2)内容: -用事のない日 6日:用事と言えないものも多くそれらはカウントされていないので快適なレベル。-用事のある日 14日:仕事が途絶えたせいか余裕ができた。1日は山荘からの帰京とダブルカウント。-山荘 11日:5泊6日と4泊5日の2回。このぐらいゆっくりできると幸せ。-山と旅 1日:足利フラワーパークの夜の藤。3)ゴルフ: 4回。水上高原が3...

第37回角川春樹賞応募句提出

幸いの雨空。個人的に今日が実質締め切りの角川春樹賞への応募句を朝からまとめ、投函してきた。今回で4回目の応募。最初がスカ、2回目の2014年が入選で去年がスカ。昨年の全国大会競詠作品では2位になったが、主宰や角川春樹賞の選者の先生方、無鑑査同人11名の内、お一人が3位に取ってくれただけ。すなわち、現状では出すだけ無駄、という雰囲気が目いっぱい漂。当然ヤル気にはならず5月の連休が明けてからようやく手を付け始め...

「十二荘菖蒲の図」

日経新聞の日曜版に「美の美」という2ページ見開きを使った特集があって、今日は「園芸の都 江戸 下」、江戸の園芸文化について浮世絵を6枚引用して語られていた。その中の1枚として大判扱いで掲載されていたのが、歌川芳宗の「十二荘菖蒲の図」。万延元年、1860というから明治維新のちょっと前のスナップショット。十二社については先日記したばかり→品川亭。その時にネットで見つけた浮世絵を貼ったが、今回の絵は大判錦絵三...

昨日と今日

昨日が小さな句会で今日がみなと句会。昨日が晴れで今日は曇り。昨日が6人で今日も6人。昨日が内幸町で今日が新宿吟行。ということで新宿御苑。1時間半程の吟行タイムを設定したが短すぎた。広いし多様性もあるので2-2.5時間は欲しい。    続いて明治神宮。ここも1時間半の予定だったがここは丁度よい。     以前にも記したが、東京二十三区内の巨大敷地を持つ場所はほとんどが大名屋敷跡。新宿御苑は信濃高遠藩内藤家、明...

変身プロセス

夕刻、家を出るときに妻が、「見て見て」といって見せられたのがこの動画→https://www.facebook.com/shanghaiistCN/videos/213774652342474/ 。2年ほど前に女性の顔は進化するかと題してざわちんの化粧術について記した。この時は結果の静止画像だったが、今回は動画。中国人のどうみても美しくも可愛くもない若い女性が、化粧によってアイドル顔に変身と言うか化けるプロセスが動画で示されている。驚嘆という言葉はこういう時に...

ターボライター

家の近くのファミマ(どこでも多分そうだと思う)でタバコをカートンで買うと、おまけでライターを付けてくれる。これらのライターはタバコの促販用のおまけであることが多い。今日は「Parliment」のおまけ。これがターボライター。普通のライターはロウソク、もしくはマッチの火のようななよなよとした赤い火がつくが、ターボはゴーという音を立てた青くて火力の強い炎が出る。詩情はないがパワフル。前にもおまけの黒い「Parlime...

新中の湯コース

夕方、オアシスへ。レッグプレスで大腿筋のトレーニング。2005年に栂海新道(朝日岳―親不知)をやった時には事前のトレーニングで、75kgで100回と言うレベルだった。今や65kgの負荷で30回がやっとと言う現状。筋力と持久力合わせると当時の8割減の筋力ということになる。11年前といえばまだ50ちょっと過ぎ、それからつるべ落としに筋力が衰えているようだ。なんとなく気が付いてはいたが数字で見ると愕然とする。確かに、ゴルフが...

温暖で理想的な気候

舛添要一東京都知事の公私混同疑惑や、東京五輪の招致委理事長だった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長の“裏金”招致疑惑など疑惑で賑やかな今日この頃。日刊ゲンダイのHPにはこんな記載もあった。、「東京五輪招致というのは、なりふり構わない安倍政権の国家プロジェクト。スポーツのフェアプレー精神など二の次で、招致が成功すれば、何をしても許されるという雰囲気が、政府にもJOCにもあったと思う。初めから...

自業自得

本日、HPをアップした。5月号、4月号に較べ雰囲気が良くなった。Windows10のPDFりリーダーにスナップショット機能が復活したので、文字もくっきり。こちらをクリックするとHPに飛びます→「河」ホームページ。「お試し投句」と言うページを作ったのでよろしければ気軽に俳句を作って投句してみて下さい。俳号と言うか匿名可。なんの義務やコスト、勧誘等はありませんし、初心者でも全く問題ありません。かえって新鮮でいいかも。そ...

柳の舞

朝食後、直ちに明日提出予定のHPのアップ作業に取り掛かる。前回の初版にはいろいろと気に入らない点があり、それらもいじると、まだ不慣れなせいもあって意外と時間がかかったから。適当なレベルで切りあげ、オアシスに行く。6月下旬に大町に行く機会があり、その帰りに焼岳に行こう、と今日決めたので、早速のトレーニング。昔山歩きをしていただけに今の体力では全く自信がない。帰ると、妻が「柳の舞」を知っているかと言って...

5月の異常高温

城西支部のおばさまから、「初めての出品で銀賞をとりました!」という招待状をいただき、朝一で立川に行く。水墨画をやっているのは知っていて、何かあったら連絡をくださいね、と以前に話したことがあった。実は学生時代に絵を習ったことがあって、それが水墨画。生徒は、当時の眼から見ておばあさんばかりだったが、けっこう若かったのかもしれない。張歩という画家の展覧会に行った時、画集を購入してサインをもらったこともあ...

ルノアールの贋作

日経新聞の夕刊に「生命のよろこび ルノワール展から」という特集が毎日組まれていて、今日は(6) 読書する少女。好きな画家の分だけ買った画集全集があって、学生時代にこの絵を模写した。絵など習ったこともないし、頻繁に画筆を執っていたわけでもないない割には良くできたと自己満足していたので、ずっと、そして今も壁に飾ってあるというか置いてある。20年近く前のオスロ駐在時代、オルセー美術館を訪れ初めて本物と対面...

人生のプライオリティ

今日も快晴の朝。が、8時半に山荘を出発、東京へ向かった。今日は午後から城西支部の句会がある。こういう状況に置かれると、自分の中のプライオリティに嫌でも気が付く。天気がいいしゴルフに行って庭仕事をして温泉に入ってすきなCDをかけて独り食事をして、という時間が好きであれば、欠席投句にすることができる。俳句もしくは句会の方が重要であれば、朝早くてもそれに間に合うように帰るわけだ。俳句にそれほどのプライオリ...

森の中の自画像

約束された快晴の朝。今回の庭仕事は概ね片付けたのでゴルフに。朝電話を掛けるも誰も出ないので直接行くことにした。3㎞しかないのでその方が話が早い。今日はスカイコース、旧「こぶし」と「白樺」コースのハーフアンドハーフ、を回るつもりだった。こちらの方が500円高い、多分名前のせいだと思う。しかし行ってみると、今日は団体貸し切りとか。仕方なくフォレストコースへ。スタート係の人のスタート表をのぞく。スカイコース...

二つの世界

成宮アイコの朗読CDを聴いた。今回のライブで,朗読された詩が入っている。たまたまHKT48の歌が話題になっているという記事を見た。秋元康が書いているので彼の妄想の想像の世界ではあるのだがそれなりにリアリティがある。フィッツジェラルドの世界。全く異質な二つの世界。それが現実。ものすごく長いが両方を下記に丸ごと引用する。HKT48の詩はこちら。「アインシュタインよりディアナ・アグロン」難しいことは何も考えない頭か...

「河」ホームページ

雨。昨日植え替えを行ったのも今日が雨とわかっていたから。けっこう雨が好き。天気が良いと庭仕事やゴルフなど気ぜわしくなるが、雨に降り込められると部屋にいるより仕方がない。とても穏やかで落ち着いた気分になれる。やることもたくさんあるし・・・。その一つが「河」ホームページのアップデイト。4月分から公開され、毎月アップします、と明言したので5月分を来週発行所に行くまでに完成させなくてはならない。こんな状況に...

10円で買える幸せ

朝から植え替え作業に着手。バラバラだったバラをまとめて薔薇園コーナーにし、今回買い付けた花苗を適切なロケーションに植え替える。言葉にすると二行で終わってしまったが、5-6時間ぐらいかかった。二行とはいえ、行間にたくさんの作業と考慮時間が含まれている。上の写真は今日の完了図、下は5月4日の手つかずの状態。違いが良くわからないが荒地からずいぶんとガーデンの雰囲気が出てきた。自己満足tの典型。お昼は焼きそば。...

NHKスペシャル「天使か悪魔か」

本日21時からの番組。人工知能の実態と現状についてわかりやすくかつ間違いなくまとめられていた。新聞やニュースを見ない人達には世界がどうなっているかが良くわかったことと思う。しかし、この内容、これまで書いてきたこのブログの記事を読んで企画したんじゃないの?と言うぐらい内容的にはうり二つ。番組の〆で「未来はもう始まっている」という旨い言葉でまとめていて、これには座布団三枚差し上げるが、敏感に反応したのは...

花便り

先週買い付けた花苗が気になって、今週は予定を入れずに昼前に東京を発つ。連休明けのためか、単に11時過ぎと出発が遅かったためかわからないが、関越道はガラガラ、昼食を取りコメリとサンモールでの買い物をしたにもかかわらず、15時過ぎには山荘に着いた。山荘に入ると室温は22度、暑く感じるほど天気が良い。とりあえずのいい加減な定点写真。11日前(右)と較べると緑が生い茂って雰囲気がまるで違う。多分7月一杯毎回来るたび...

カウンター達の朗読会 Vol.10

2回目の「カウンター達の朗読会」。今回も葛原りょう(ペンネーム:高坂明良)から直接誘われていたので行ってみると、彼は出演キャンセル、詳しいことは伝えられなかったが入院中という。渡された「お詫びとお知らせ」という紙には体調不良により今回の出演が困難になった、とあった。成宮アイコがMCで、この朗読会も10回目、7年前に二人で始めた時は次回まで生きるため、と言うのが動機だった、これまでずっと揃って開催できた...

OB会ゴルフ

2年ぶりの元の会社のOB会ゴルフ。昨年は人数が揃わず中止、今年も2名がキャンセルしたので最終的には6名。あらためて健康年齢と言うことをふと思う。さて場所はいつもの総武CC印旛コース。太い木々が並ぶ歴史を感じさせるコースで、手入れも行き届いている。来場時にはジャケット着用と格式も高い。千葉県でも高級なコースに属し、24年前の正会員会員権は2800万円ぐらい、今も200万円以上するらしい。値下がり率が99%を超えるゴ...

親バカ

娘がプロの写真家に依頼して子供の写真を撮ったそうだ。URLにアクセスすると25枚の写真が貼ってある。愛想が良かったらしく、「Easy girl!」と褒められ10分ほどで撮影は終わったらしい。月齢10か月。...

北方領土の不都合な真実

GW中にこんな記事があった。妻に言わせると「北方領土は日本のものでしょ、見えてるし」、ということで多くの日本人はそう思うし、ソ連(ロシア)はどさくさに紛れて日本の固有領土を掠め取った卑劣な国、というのが日本の常識だ。外務省HPにもこう記されている。1855年2月7日,日本とロシアとの間で「日魯通好条約」が調印され択捉島とウルップ島の間に国境が確認されました。それ以降も,択捉島,国後島,色丹島及び歯舞群島から...

4月の回顧

お休みの日。久しぶりにオアシスとマーランドゴルフへ。新宿でちょっと買い物をしたこともあって、それだけで夕方になってしまった。午後からは小雨も降り出している。屋上の鉢植えの薔薇が咲き始めた。ピエールドロンサール、薔薇族なら知らない人はいないほどの人気品種。5年以上前に3000円で買って、剪定した枝を挿したら根が付いた。高さ30㎝程度だが毎年数輪花をつける。熱心に増やせば、10年で1000本ぐらいに増やせる計算。...

最終日

昨日Joyful本田で買い付けた花苗をきちんと植え付ける時間はないので、とりあえずこれまで整地した庭の一角にまとめ植えした。どこに植え付けようと迷う時間だけで1-2時間かかる。10種の宿根草各2ポッドと、999円の彩り用マリーゴールド10ポッド、秋に植え替えて絶滅させてしまった「もってのほか」10ポッド。宿根草の名前は後日。レシートに名前の記載があると思ったら「花苗」の記載がずらっと並んでいるだけだった。 続いて去...

夜の藤

死ぬまでに一度は行ってみたかった足利フラワーパークへ。「行くんだったら絶対に夜がいい」と言われ、昼過ぎに出発してジョイフル本田新田店に寄りイングリッシュガーデン2016用の苗を購入してから行くことにした。GWの最後の土曜とあって混雑は必定、去年の赤城南面千本桜の渋滞に巻き込まれてひどい目にあった経験から、昨夜、JR足利駅近傍で駐車し電車で富田駅に行くという学習効果十分の計画を策定した。両毛線は16時台に一本...

北海道土産

新装開店というか2コースに縮小された水上高原ゴルフコースへ行ってきた。コースの名前が変わっただけでコースに何か変化が生じたわけではない。「パスポート」がなくなったので、「グリーンクラブ」に入会、入会金3000円。毎回1000円割引になる。「からまつコース」は名前が「フォレストコース」に変わったが料金に変更なしで、昼食付きの平日料金は7200円。5月6日、すなわち今日までは6700円とお買い得。リゾートコースなので二...

山は新緑

連休最終日も良いお天気。少々早起きして庭仕事に。二日目ともなると、沈思黙考する時間も減り、手際よく作業を進められるので昨日の2倍ぐらいの効率で作業が進む。思えば昨日の作業時間の半分は思案していたことになる。おかげで植え替え作業はずいぶん進んだ。傍目には良くわからないだろうけれど。14時半頃作業を終え温泉を浴びる。15:39水上着の電車で妻が来るので迎えに行く。新緑がきれいなので新道の峠道ではなく湖沿いの...

ウグイスを聴きながら

ゆっくり起きだしたせいか外は晴れ。先週の天気予報では雨だったのでちょうどよい休息日になると思っていたのだが、お日様が顔をだすとそんな気分にもなれず庭仕事に。スイセンとユキヤナギとムスカリが満開だった。今シーズンは久しぶりに大々的な庭の模様替えをするつもり。少々の手入れでは自然の生命力の前には無力ですっかり荒れ果てて、イングリッシュガーデンの趣などすっかりない。元気の良いのは野草系だけ。先ほどからホ...

ブラームスの享年

夕刻といっても18時に着いたので、とりあえず缶ビールを開けて、買ってきた弁当の夕食を食べ(買い出しは東京で済ませた)、テレビを観て温泉に入るともう22時すぎ。テレビをそれほど観る習慣はないのだが、なんとなく観てしまった。その中で、ブラームスの話が少し出た。ブラームスは1833年生まれで1897年逝去。1897年というのは明治30年、ちょっと意外。そして享年63歳、ここに目がいってしまった。自分と同い年。ブラームスが...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック