風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2016年06月 ] 記事一覧

サクランボ

この季節と言えば』サクランボ。母は山形県東根市の果樹園の生まれなので、ものごこころがついたころからサクランボとりんご、そして今ではすっかりポピュラーになったラフランスを食べて育った。今年も本家のいとこから「特選」のサクランボが届いた。食べきれないほど届くので、今日の「河」の編集作業への差し入れとして1パック持参した。当然の所作として冷蔵庫に入れてくれたのだが、15時の休憩時に出されたものは凍ってしま...

沢口靖子と2ショット

「関西なまりがあって歌は下手、美人なのに華がない。」東宝名誉会長の松岡功氏が日経の「私の履歴書でこう書いていた。「東宝シンデレラ」と名付けた全国公募のオーディションで募集したところ、3万人を超える応募があり、1984年1月の最終審査の25人に残ったのが当時3年生だった沢口靖子。その時の氏の印象が上記だったが、「間違いなく女優の資質がある。磨けば必ず玉になる。」ということでグランプリに選ばれたそうだ。そのこ...

国民投票の実態

円高になるし株価はさがるしと、何もいいことがない英国のEU離脱。国民投票結果のマップを見ると実に味わい深い結果になっている。もちろん青が離脱が過半数を取った地方。この国民投票結果、法的な拘束力はないそうだ。だったら何なのか?世論調査、もしくはアンケートと本質的に同じじゃないのというのが結論。アンケート、もしくは世論調査の結果などというものは、その時の個人的感情もしくは認識、損得計算に基づいて、大変良...

車の健康診断

3年前に購入したインプレッサの車検を8月までにしなければならないのだが、その前に見積もりをするので都合の良い時に車を持ってきてくれとスバルから言われていた。で、今日車を持参。1時間後に行くと、車検時の作業内容と見積もりが用意してあり説明を受けた。健康診断のように車をくまなくチェックしたらしい。その中の1項目としてタイヤの交換を提案された。タイヤが2輪膨れていて早急に交換する必要があるという。確かにタイ...

世紀の渇水

6月18日(土)の午後、今年の東京の渇水危機の現況を確認すべく八木沢ダムと奈良俣ダムへ行ってきた。まず、八木沢ダムへ、といっても車で20分ほど。駐車場に車を止めると最初に飛び込んでくる光景がこれ。誰が見ても悲惨な状況だと気付く。とりあえずビジターセンターの建物へと進む。当たり前だが湖の奥まで剥き出しの湖の壁面が続いている。なお、ダム湖は奥利根湖と呼ばれる。水源は大水上山で新潟との国境線にあり、学生時代に...

飯田市というところ

I 君のGOLFで拾ってもらい、市内から南へ10キロぐらいの自宅へ行く。奥さんも同乗してプチ観光。一望の南アルプスにはしゃいでいたので、西岸の大規模なソーラーパネルの展開する丘に連れて行ってくれた。飯田市と言うのは中央アルプスと南アルプスの間の狭い谷間に広がる町。真ん中を天竜川が流れ、南アルプス側に緑の河岸段丘が南北に延びている。その河岸段丘に中央アルプスの影が横たわる。河岸段丘には小さな家が点在し、まる...

高ボッチと鉢伏山

昨日の夕方の澄み切った青空が幻だったかというような曇天。さいわいレーダー画像を見ると雨雲がいなかったので計画通り高ボッチに向かう。ナビに100%頼って国道20号を右折するが、どうみても裏道のような細い道に入って右へ行けとか左だとかうるさい。そのうち比較的広い高ボッチへ向かう道に出た。事前に調べた通り1.5車線ぐらいの細い曲がりくねった道が続くが、完全舗装道路で保全状態もよい。対向車に注意しながら30分も進む...

雨の続き

雨の中10時にチェックアウト。さてどうしようかとつづら折りの旧道を下っていると、「そうだ、白骨温泉に行こう」とひらめいた。登山を中止したので時間はたっぷりある。こんな時でもないとなかなか寄る機会はない。白骨温泉という標識で国道を左折(!)すると4キロしかなかった。森の中を走り抜けて最初に見た白骨温泉の標識。「日帰り入浴」とあったので喜んで700円を払ったが、湯船がやけに小さい。この4人組も雨だったからと...

目覚めれば雨の音。九州でこれだけ雨が降ったのだから長野県で青空を期待するのは当然ながら無理。雨雲レーダーでは昼前に雨雲は抜けるという予想でも山のガスは消えないだろう。天気が良ければ中の湯新道を通って焼岳にいくつもりだったが、さすがに諦めた。10時チェックアウトなので今日はゆっくり過ごすことにする。もともと梅雨の最中なので、二日間のゴルフで雨に会わなかっただけでも上出来。朝食は旅館定食。ご飯が5杯ぐら...

中の湯へ

二日目は穂高GC。このあたりでは有名なゴルフ場らしくキャディ付きで平日にもかかわらず朝から一杯、、昼食のチャーハンも入れて1万3000円とコストも一流。2時過ぎに上がり、一路中の湯へ。信州と云えば蕎麦、というのが日本の非常識と思っていた。なぜなら、玄蕎麦、すなわち蕎麦の玄米に当たるものの単価があきれるほど安いので、蕎麦など信州では作っていない、と信じていたから。蕎麦の生産者取引単位は45kgで、中国産などの輸...

夏至の夕暮れ

オスロ会ゴルフ大町分科会の一日目は日向山GC。詳細は3年前の書いたので略。9ホールのゴルフ場とあって人も少なく、朝の内は猿の方がずっと多かった。夕刻からバーベキュー。今日は夏至らしく北アルプス沈む夕日が気分のせいかとってもきれい。一人5000円の予算で7名なので我が山荘のBBQに較べて超豪華。メインは1.5kgの刺し入り長野牛の丸焼きと30㎝以上のニジマスが4匹。まあ、某商社のオスロの社長さんだったから。そういえば参...

バタバタの二日間

今信濃大町。昨日からバタバタの二日間。なんでこうなるの?という人生の不思議。昨日は9時過ぎに山荘を出発、12時ごろには東京に帰りたかったから。14時開演の真夏座の6月公演に間に合わねばならない。今回は日曜日が最終日だった。夕刻に帰宅し、夕食前までのわずかな時間を西原ゴルフセンターで打ちっぱなし。今一つ調子が悪かったので調整。「真田丸」を観てから、ダム視察の写真の整理とブログへのアップ。ちょっとしたへまが...

メオ族の親子

次女はタイ生まれ。確かチェンマイに行ったときにメオ族の民族衣装をお土産に買った。その衣装をとってあったのでシンガポールに持って行く時に持たせたのだが、ようやく1歳になったので着せたらしい、こんな写真をフェイスブックにアップしていた。...

BBQはスペアリブ

朝から良いお天気。エゾハルゼミが鳴いているものの今年はずいぶんと数が少ない。セミにも当たり年と外れ年があるらしい。元々は今日もゴルフのはずだったが、妻が昨日調子が良くなかったため今日はパス、というので庭仕事となった。昨日蕾だったニッコウキスゲとハマナスが咲いていた。  連休中に植えたジャガイモが驚くほど大きくなっている。わずか40日間。右が5月8日の植え付け後の写真。左が「キタヒカリ」で右が「男爵」。...

定食はバーベキュー

今回の目的はゴルフ。妻の勤める健診センターが本日休業だそうで、だったら平日ゴルフをしようかということで、昨夜やって来た。予報では雨っぽかったが、曇りの予報に変わり、目覚めれば予報通り。雨雲レーダーを見てみると雨雲もなく、ではと9時過ぎに水上高原GCに向かった。当然の如くガラガラ。一人と違いゆっくり回り、ハーフで昼食をとるなどほぼ一日がかりの日本型ゴルフ。戻って庭の点検。すっかり緑が濃くなっている。今...

満一歳の誕生日

今日は城西句会だったが4時頃退席、高円寺で妻に拾ってもらい山荘へ。サンモールで買い物をしたこともあって到着は19時を過ぎ、雨模様も重なりさすがに暗くなっていた。昨日は孫の1歳の誕生日、車の中で、娘から写真が届いていたという話があった。餅がないので、一升餅の代わりに2kgのお米を背負わせたとか。思えば去年の6月14日に明治神宮御苑で満開の花菖蒲や杜若を見た翌日に孫は生まれた。あれから1年。あっという間に大き...

開脚の女王

今日の用事は夕方の碁会だけ。やることリストを作って一つずつ片付けた。その一つがオアシス、ようするにジムだ。先日、新聞広告に「ベターッと開脚」なる本が掲載されていた。どんな体がかたい人でも4週間でベターッと開脚できるとある。どこかの本屋で4週間連続1位と書いてあり、なんとなく利きそうな気がして、妻がフラワーズを買いに行ったときに買ってきてもらった。著者は「開脚の女王 Eiko」。で、今日からそれを実践する...

ファーストクラス

現役時代は海外出張が多く、社内規定により新入社員の時からビジネスクラスを使っていた。一二度何らかの理由でファーストクラスに乗ったこともある。一方、個人旅行では当然ながらエコノミークラス。今の値段は良くわからないが、東京-欧州便の往復で、エコノミークラスが20-40万円、ビジネスが60-100万円、ファーストクラスが200万円ぐらいだろうか。エコノミーからの差額として、ビジネスが40万円、ファーストが160万円とい...

大剪定作業

30年近く前、両親の家をへーベルハウスに建て替えた。その時、旭化成が、狭い敷地内の明り取りのような空間に月桂樹を植えた。月桂樹と言うのは緑の密度が濃くて、都会では目隠しにいいが、成長が早すぎるのが欠点。10年ほど前の外壁塗替え工事の時、足場を利用して大きく伐採したのだが、また鬱蒼と茂ってしまった。それ自体は我が家の問題だが隣家にまで大きくはみ出している。苦情を言われたことは一度もないが、気になっていた...

「ポーの一族」

今週、妻はそわそわ。先日、NHKの朝7時のニュースで、萩尾望都が40年ぶりに「ポーの一族」の新作を月刊「フラワーズ」に発表したところ一瞬で売り切れたので、11日(土)に緊急重版が発売される、というニュースが流されたという。昨日、新宿の「ブックファースト」で予約を頼みに行ったら予約は受け付けていないとか、11日の入荷は何時になるかわからないという状況で、どうしようと騒いでいた。アマゾンでは初版が2000円で売られ...

この夏は水不足?

これまで何回も書いてきたが、今シーズンは記録的に雪が少ない。12月-3月の4か月間の降水量でみると平年値に較べ45%減、量で320㎜少ない。この量は平年の6、7月二か月間に降る雨の量に匹敵する。今年の夏は、水不足で大騒ぎになるかも、と他人事のように心配していた。そんな中、「関東の水がめピンチ 利根川水系8ダム、貯水率47%」なるニュースが9日の新聞に載っていた。情報源は利根川水系渇水対策連絡協議会、国土交通省が...

舛添知事問題異見

舛添知事の公私混同問題は過熱しているのか冷めてきたのかよくわからないが、いずれにせよ辞職コールに集約されつつあるようだ。家族との宿泊費や飲食費を公費としてつけていたのだから、人間の品格を問われてもしかたがない。都議会の代表質問で新たな事実が出るかと思ったが、愚問の繰り返しでもあったのだろう、新聞には何も出ていないに等しい。40代にオスロに4年間駐在していて、うち3年間は現地法人の代表として一人事務所だ...

駄文

昨夜、舛添都知事の件で記事を書いたのだが、気にいらなく思って消去した。今思うとけっこう面白かったかも、下書きで保存しておけば良かったとかなり後悔。夜遅かったせいもあるが若気の至り。かといって書き直す気もしないし二日続けて何も書かないのもどうかと思い、とりあえず書き始めた。慣れてくると何も考えていなくても指が考えてくれる感じ。今日は「河」の編集。6月版のHPのファイルを持参しHPをアップした。その時に、...

探し物は冷蔵庫から

妻が「タブレットがない」というので「冷蔵庫を見た?」とアドバイス。今回山荘に向かう時地元のスーパーで買い物をし、ついでにタバコを一箱買い足した。着いてからいろいろと持ってきたものや買ったものを整理すると、買い足したタバコが見当たらない。あれ?とあちこち探すが見当たらない。確かに買ったよな、と思いつつ、アッと思い冷蔵庫を覗くと野菜入れに赤いパッケージが見えた。野菜を入れるときになぜか一緒に入れたらし...

大和くん捜索の不思議

小学2年生の男子が偶然無事に発見されたそうで喜ばしいかぎり。このニュース、3日にどこかのモーニングショーが現地レポーターを入れて報道しているのを見た。これまでの捜索経緯が紹介され、自衛隊隊員が1m間隔に横一列で森の中を捜索している映像が流された。警察、消防、自衛隊合わせて180人態勢で連日捜索したという。中継では現場の地図が示され、この先は行き止まりなので消息が不明と言うのは不可解、とコメントされてい...

「蒼茫」の世界

午前中にいくつかの庭の整備作業。やることはいくらでもある一方、何をしよう、どうしよう、という考慮時間も長いのであっという間に時間が経ってしまう。お昼はソーメンにして出発、それでも14時近くになってしまった。時間が無い時はソーメンに限る。準備も含め10分もあれば食べることができるから。今回のミョウガ畑作り、雑草に覆われた荒地を拓き、土壌改良作業まで行ったので、開墾。ふと、一昔前の屯田兵や南米の移民のこと...

日永の夕暮

快晴の朝。さすがに天気がいいとゴルフも気持ちが良い。これから少なくとも一週間は曇り続きらしいのでもっと快晴の高原ゴルフを楽しむべきだったかな。朝チェックインする時、『xxさん、ポイントカード渡していませんでしたよね、帰る時までに用意しておきます」と言われた。精算時に受け取ると判子が5個押してあった。7回行くと、平日のプレーが無料になる。本来グリーンクラブ入会時に渡すものなのだろうが、用意ができていな...

ミョウガ畑

今朝の玄関先の温度計は10度、曇り空で寒い。昨日お天気のお姉さんが言っていた通りの天気。そんな天気の中、朝早く起きたこともあって、水上高原GCへ。今年改装になった「スカイコース」へはまだ行っていなかったから。昨年までずいぶん通った「こぶしコース」のアウトとパスポートでの除外コースであった「白樺コース」の9ホールからなる。朝電話しても繋がらなかったので直接コースへ。スタート表を覗くと、「フォレストコース...

暗い夕暮

諸々の懸案事項も5月をもって大方片付き、気分新たに今日から6月、日曜まで何も予定がないので14時過ぎに家を出た。午前中は以前より手を付けていたがまだ終わっていない屋上の植え替え作業の一環に従事。出発が遅くなったのと曇り空のため夏至も近いというのに暗い夕暮れ。2週間前に比べると植物達がずいぶん成長している。新しい花がいくつか咲いて暗いながらも賑やかな庭になっていた。とりあえず、暗い日暮れの撮影。ヤブデマ...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック