風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2016年08月 ] 記事一覧

8月のまとめ

あっという間に八月尽。特に後半はあっという間。1)寝場所: 自宅 21日、外泊 10日。9日間家を離れていた効果。夫婦仲が冷えているわけではない。それでも月の三分の二は家で寝ている。会社を辞めた時は月に三分の一程度と思っていたが、やはりなんとなく思ったというのはリアリティに欠ける。2)内容: -用事のない日 6日:前半はゆったり、後半は休みなしというパターン。 -用事のある日 14日:こんなもん。ダブルカウン...

花笠まつり(3)

一夜明ければ、昨夜の賑わいが夢か幻だったかのように屋台がすべて消え、殺風景な地方都市の顔をした町があるばかり。同宿したH師匠夫妻と三人で山口食堂に挨拶に行く。御主人が外のビニールハウスの骨組みを解体していた。お土産に行者ニンニクの味噌漬けのようなものと三ツ矢サイダーをいただく。師匠夫妻は山形市の養老院に行くというので駅まで送る。師の執筆した「おぐのほそ道」におまけとして付いているCDを朗読されたOさん...

花笠まつり(2)

母の里は東根市神町、尾花沢の24㎞ほど南に位置し、現在いとこがサクランボやモモ、ラフランス、リンゴの農園を継いでいる。今日の朝尾花沢を発つ予定だったので午前中に挨拶に行くと連絡していた。しかし今日も花笠まつりを見物することになったので、食堂の手伝いをせずに朝からそちらに出かけた。前回来たのは20年以上前、サクランボの時期に子供達を連れてきたら、「これ、おまえらの木だ、好きなだけ喰え」と言われて鈴なりの...

花笠まつり(1)

尾花沢という町の歴史は古く1658年(万治元年) に尾花沢代官陣屋が置かれた。その頃すでに400戸ほどの町だったそうだ。今回の宿「加登屋」の看板の左には「創業江戸後期」と赤字でつつましく書かれていた。廊下には大正時代の写真が飾られ、7代目とあったから歴史は相当長い。ただし建物は新築されたもの。入り口の上がり框にはこんな人形が出迎えてくれる。 芭蕉は奥の細道の旅で尾花沢を訪れている。1689年の陽暦7月上旬で、時...

尾花沢へ

予定を変更して直接尾花沢の加登屋へ。ナビで調べると7時間近くかかる。集合は15時。7時に出発するつもりで6時過ぎにケータイのアラームをセットした。目覚めるとDさんの家のサル除けのラジオが遠く聴こえる。時報が聴こえアラームのなる前に起きた。テレビをつけると、ん、7時過ぎ。アラームに気がつかなかったらしい。朝食もとらずにバタバタと片付け出発は7;24分。ナビは到着は14:19、走行距離は470㎞と言っている。一...

「河」ホームページ

月山行を中止したので丸一日が空いた。なんだか得をした気分。全面的な曇り空だが雨は降らないということだし昨日の調子がとてもよかったので今日も朝一でゴルフ。これで三日連続だが平日にもかかわらず毎日客が増えている感じ。実際毎年来訪するゴルファーが増えているそうだ。また3コース復活になるまで客足が伸びることを期待する。ここはICから30分と遠隔地なのが欠点だが、元々はアーノルド―パーマー設計と言うプリンスのリゾ...

月山登頂断念

今朝は薄日と水色の空が覗く、大気が不安定な割には良い天気。雨の降る気配がないので水上高原GCへ。昨日少々出遅れたので、今朝は7:30にチェックイン。8時台の空いている枠を割り当てられたが、係のおじさんが朝一番のおばさん四人組に話してくれて、その前にスタートさせてくれた。いきなりのスタート上おばさんたちの視線を感じて力がはいり、ティーショットはチョロ。焦りつつもう一度ティーショットをするが何とか前に飛んで...

サルの餌

昨夜のニュースを見ると、台風9号の影響は結構大きかったらしい。大きな被害を受けた地域があったというべきか。派手なレーダー画像は伊達ではなかったようだ。この地もカラフルな台風の雨雲の最中に巻き込まれているようだが微妙に外れていたらしい。わずかな差でも4位とメダルを取るのでは大差、みたいな感じ。今朝は雨雲がいなかったので水上高原GCへ。昨日の台風の影響で客は少ないかと思って行ったらけっこう混んでいる。まあ...

文筆業

今日が雨とわかっているのに昨日来た理由は、書き物が溜まっていたため。雨で外に出られない状況というのは、締切が迫った作家がホテルに缶詰めになるようなもので、今日は文筆業に専念する。締切順に、「河「」HPの「お試し投句」のアップ、季」に連載中の山頭火の話の原稿、いくつかの投句締切、そして元の会社の社内誌のOB便りの原稿。台風9号が上陸する日だが、雨は9時頃からシトシトと降るばかりで台風、という風情は全くない...

ミョウガの収穫

明日は台風上陸で大雨、との予報だったので、一人午後に出発。どうせ行くなら一人でも二人でも同じなのだが妻はパス。別に仲が悪いわけではなく、前回の8月1日、雷雨による上越線の運休停止の影響で家まで7時間以上かかった経験により、大雨の時は行かない、という学習効果を反映したもの。台風が来ているせいかただの日曜日の午後の下り線だからか、練馬までの一般道も関越道もガラガラ。これだけ台風に囲まれているにも関わらず...

台風が3つ

今日は季の会の例会。月曜日が妻の勤務先が休みということで、句会から帰ったら山荘に行こうか、と話していたが、台風が3つも日本付近にいるとあって山荘行は中止になった。とりあえず台風が3つもいる天気図は珍しいので収集。ただしずいぶんと小さな台風たち。それでも大気は十分不安定なので日曜、月曜と好天は望めない。月曜日はゴルフをする予定で昨日赤羽GCで練習ラウンドをしてきたのに・・・。 気分はすっかりだらけて、...

「チヤリング・クロス街84番地」

この話、ヘレーン・ハンフ女史の実話で本にもなっているらしい。時は1949年、場所はニューヨークとロンドン。ニューヨークに住むヘレーン(望木祐子)がロンドンの古書店に注文の手紙を書き、古書店のフランク(宮本充)が返信を書く。舞台は、左手が彼女の書斎、中央から右手が古書店という設定。劇はほぼ全編が二人の手紙のやり取りだけ、という異色の展開。それが20年間続く。劇としては、それぞれの手紙をそれぞれが読むだけ。...

盆休み明け

お盆休みが明けてから急に慌ただしい日々が続いている。落ち着いてブログを書く余裕もない。昨日は城西支部の月例会。席上、11月の句会は長野吟行にするとの知らせがあった。主催は城西支部だが長野支部との合同句会で他支部からも個人的な参加が予定されているという。お知らせの内容は、日程と当日11時に長野駅集合ということとホテルのバスが長野駅で待っているといことだけ。どこに行くとかどこに泊まるとか費用とか一切ない。...

200%と600%

他の新聞は知らないが、日経新聞では「ヘリマネ」、いわゆる財政ファイナンス系の記事が春頃より堂々と多数見られるようになった。政府は当然全面否定するが、財政ファイナンスが公然と語られることはなかったから、実はこれは日本経済が全く新しい局面に差し掛かっている証左である。このブログではいつもの事ながらいち早く「財政ファイナンス」に言及し、今検索したら2014年11月5日から6本の記事を書いていた。さて日経新聞の14...

小さな旅:清澄白河からミッドタウンへ

お盆のお休みも今日で終わり。三日間家にいたのでどこかへ行こうか、となったが、車だと渋滞に巻き込まれるのは必定とあって、葛西にカレーを食べに行くことにした。それだけだとさすがに淋しいのでおまけで清澄白河辺りにまず寄ることになった。調べると清澄庭園が駅から3分の至近距離にある。ここは下総の久世大和守の下屋敷であったが、明治になって岩崎彌太郎がこの地を取得、大規模な造園工事を行って大名庭園に作り上げたも...

エレガントな数学

今日も変哲のない休日。ついては徒然に昨日の新聞記事に関する随想。記事はこれ。 「菅原響生君 数学検定の最高位、最年少13歳で合格 「エレガントな解法」求め日々研究 」(日経新聞夕刊より)実用数学技能と言うものがあるそうで、15階級あり、最高位の1級は合格率7%程度、これに千葉市の公立中学校に通う2年生が合格したという話。あどけなさも残る表情で「エレガントな解き方を見つけるのが楽しい」と数学の魅力を語った...

ゆるい一日

昨日今日となんの予定もないゆるい日々。今日は15日締め切りの投句や中旬の句会用作品を用意したり、HPのアップ作業、屋上の世話、今日は夕方から西原の打ちっぱなしというような日々。オリンピックや高校野球に見入るというタイプの生き方ではない。時間に余裕があったので新聞をゆっくり見ていたら、こんな記事があった。日経の新聞記者もすっかりお盆モードなのだろう。安倍晋三首相がこれまで「国家機密」として明かしてこなか...

メダルの価値

リオオリンピックの日本選手団は概ね快調らしく、今朝は金メダルを3個も取っていた。珍しく朝早く起きてテレビをつけると、内村君が大逆転で金をとった直後らしい映像が流れていた。此の金メダル、原価は6万円ぐらいらしい。団体で内村君が「重い」と呟いたのは、さすがいろいろと貰っているから。金メダルの価値は6万円――。国際的な金の調査機関であるワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は、リオデジャネイロ五輪で使う金...

ルノワール展

なんとなくどこかでやっているような気はしていたが、どうせその辺のルノワールを集めたものだろうと思っていたせいで全く興味がなかった。ところが先日、新聞と一緒に日経の販売店からの切手の無い封書で、ルノワール展のチケット一組様が抽選で当たります、という案内をもらった。申込先はその販売店というローカルなもの。妻が申し込んだら当たった。午前中は健康診断だったので、終了後妻と待ち合わせ、新宿のサイゼリアで500...

熱中症対策再掲

朝から暑い。今日の東京の最高気温は37度。ただしこの暑さ、山梨を含む関東地方が中心のようだ。猛暑日(最高気温が35度以上)は170地点(14時現在)と多いが特に多いわけではない。が、全国的にどうあろうと東京の人にとって暑いことに変わりはなく、出かける気もなく家で過ごすことにする。夕方から碁の定例会があるが、体操団体の金メダルの録画が飽きるほど放映されるので、その鑑賞を優先することにした。歴史的瞬間でもある...

Windows10のデスクトップ画像

Windows10になってからパソコンを起動すると、時々というか頻繁に、きれいでしょ、といわんばかりに勝手な画像が現れる。鬱陶しいこと甚だしいと思っているが、たまに行ったことがある画像があると溜めることにしている。手ぶれはないしピントばっちりの高精度画像なので、画像としては悪くない。しかし、写真としては好きではなく、この写真家とは話が合わないと思う、向こうもお前と話す気などないと言うだろうけど。これまでに6...

お盆の法要

昨日は墓参り、天気が良いというよりは暑かったので朝のうちに出かけようと「ドラとら」で中央道の様子を調べると、9時過ぎで日野バス停を先頭に20km、思えば夏休中の土曜日だった。出発を諦め11時頃あらためてチェックすると小仏トンネルを先頭に40km。再度諦め、渋滞の尻尾が八王子ICになった12時半頃出発。無職の老人は土曜日に出かけてはいけないよな、などと話しつつ渋滞も消えた中央道を快適に霊園へ。ただ真夏の白昼と...

7月のまとめ

梅雨はなかなか開けないし、そのくせダムの水位は低いしという夏の始まりだったが、8月に入ったらしっかりと夏。自然のたくましさを思う。思えば夏の日射エネルギーは冬の3倍なので、太平洋高気圧が居ようと居まいと、太陽が出れば暑いわけだ。八木沢ダムの水位は39%まで回復して、6月に書いた水不足の心配は杞憂に。6月としては観測史上最低の11%の現地視察をすれば、心配するよな。結局すべてが普通の夏になりそう。1)寝場...

東京都の浄化

今回の都知事選、結果は小池知事となって順当な結果に終わった。公示日の7月14日のブログにこのようなことを記した。再構成すると、「・・・都議会議員と言うのは愚の塊のような人たちの集まり、都の幹部もそうなのだろう、・・・小池氏の、「当選したら都議会解散」というのは都議会に対する挑戦状であると共に都民への都議会の現状に対する暗喩。・・・だから、都議会与党にとっては小池氏は不倶戴天の敵。都議会自民党の親分に...

ポケモンGO in 明川

ケータイは発信機能と受信機能さえあれば十分なのでスマホは持っていないし、そもそも人間によってプログラムされたコンピューターゲームに全く興味がないので、ポケモンGOがいくら人気があろうと他人事の世界。一方、妻は訳あってタブレットを保有している。先日、日本でも無料ダウンロードできるというので、どんなものなのかは興味があったので東京で覗いた。確かに何かポケモンがいて紅白のボールを投げつけるとゲットできた。...

衛星写真

水上高原GCは今年、2016年から3コースが2コースに、すなわち1コースが放棄される。もう手入れがされていないので若干荒んだ雰囲気が漂うもののまだ見た目はそれほど変わらない。でも、10年後20年後にはどうなっているだろう?ということに気付き、衛星写真を記録しておくことが素晴らしいことに思えた。数年以上前の6-7月の撮影画像だ。ついでに山荘のある明川の写真も記録。郷土館という建物が映っている。数年前に取り壊されて今...

紫陽花の海

昨日は雷雨は3時過ぎに収まったものの梅雨のようなシトシト雨が夜まで続いた。今朝は晴れ。朝から残りの紫陽花の選定をはじめる。    まだなんとなくきれいなので、切った紫陽花の花を庭に敷き詰めた。これで全体の2/3程で、430個ぐらいある。ちょっとした屋外前衛芸術、銘「紫陽花の海」。まあ、落選確実。 ...

紫陽花の大剪定

昨日の天気予報では大気の状態がとても不安定で曇時々雨、とお姉さんが嬉しそうに話していて、確かにそうかもな、と思い今日は屋内でゆっくりの計画。目覚めれば雨は降っていないし日も射している。しかし西北の空には朝から力強い積乱雲がいて、ゴルフに行かなくて良かったかな、などと朝の紅茶を飲んでいると9時頃から優しい雨となった。それも昼前には上がり夏の陽射しが射している。天気もいいし、紫陽花の大剪定作業をするこ...

運と不運

昨日今日と水上高原GCでのゴルフ。昨日は晴れ、今日は関東北部の大気が不安定とかで午後からは雨、の予報だった。朝の内は薄日も射していたし、8時24分スタートであればお昼過ぎには上がるので天候は気にせずゴルフ場へ。アウトのスタート予定だったが、コンペのグループがいるとかで、スタートのおじさんが前にがら空きのインへ回してくれた。おかげで前に人影はなく後ろに追いついてきたカップルを見るのみ。雨は最終ホールのグ...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック