風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2016年09月 ] 記事一覧

9月のまとめ

雨の多い9月だった。台風もたくさん上陸した。9月10日から29日までの20日間の降水量を平年比で見ると明らか。関東地方以南は水浸し。当然日照時間も平年比で半分。確か40数年前の9月も雨ばかりだった気がする。何故そんな昔のことを覚えているかと言うと、その年の9月、毎週山に行ったから。痛い目に会うと人は忘れない。1)寝場所: 自宅 24日、外泊 6日。山荘に2回行っただけ。2)内容: -用事のない日 8日:とてもゆっくり...

小池知事所信表明

この度の小池知事の所信表明が少なくとも東京都民にとって注目されるのは、豊洲も東京オリンピックも、都と都議会とゼネコンなどの業界が、三位一体となって進めたプロジェクトであることにある。小池氏は立候補の時から、暗にそのことを訴えたものの、都民の過半数はNOで応えたが、運よく得票数で1位となり知事となれた。知事になったものの、都職員も都議会議員の過半数も的という四面楚歌状態。今回の所信表明、40分にわたり都...

第9回日本一行詩大賞・新人賞授賞式

昨日はいつもの通り「アルカディア市ヶ谷」で日本一行詩大賞の授賞式。今年の大賞は、伊藤一彦氏の歌集「土と人と星」、氏の第13歌集で、氏は短歌の世界では有名な人らしい。万葉の歌は、五七・五七・五、で切るように読む、などと述べられている。確かに氏の作品はそのように切って読むと雰囲気ががらりと変わる。なるほどと感心。新人賞は松永富士見氏の句集「バレンタインデー」と千種創一氏の「砂丘律」。松永富士見氏は「河」...

秋本番へ

目覚めれば秋の日が部屋にいっぱい。ようやく秋本番の気分だが、夕方までに帰らねばならない。一行詩大賞の授賞式の受付と写真撮影という仕事がある。帰る前に「もってのほか」を摘む。母が植えた山形から持ってきた「もってのほか」を一昨年余計なことをして全て枯らしてしまったので、今年、ジョイフル本田で苗を10本買って植え付けた。そのうち何故か三本が花を付けていた、残りの七本はまだ蕾。玄関前のテラスに蝉の死骸。羽を...

雨の多い9月

秋霖も明けて秋本番と思ったら雨。天気予報で示された雨雲レーダーの予測では12時過ぎから濃厚な雨雲が流れてくるという計算結果が・・・。今日は朝からスカイコースでゴルフだったが、幸い雨も小降りというかほとんど曇に近い状態だったので、誰も疑問を挟むこともなくコースへ向かった。帰って天気図を見ると秋霖そのもののように前線が日本に横たわっている。13時半頃の雨雲レーダー実況データもはっきりした雨模様。こんな状況...

秋本番で雲散霧消

雨上がりの朝。長かった秋霖も終わり。いよいよ秋本番。  水上高原ホテル10時集合でゴルフ。雲は多いながらもおだやかな良い天気。全般に調子良かったもののつまらないミスが多く今一つの出来。オリンピックでは1800円のマイナス。夜は碁会。こちらは2勝1敗とまずまずの出来。悪いこともあればいいこともある。夜、碁の最中に妻からウキウキ声で電話があった。すごくいいニュースがあるのという。ロンドンの長女に親しい人ができ...

秋の長雨

夕刻山荘着。今にも雨の降りだしそうな空のせいか人影もなくしんと静まり返っている。今年は秋雨の期間が長いわりに東京にいても落ち着いた気分になれず、ここに来てやっとほっとした気分になった。東京にいると楽しいことも多い一方で、やることもまた多く慌ただしいからだろう。昨日は何も用事がなかったが、午前中に俳句を整理して、久しぶりにオアシスに行って、マーランドゴルフでレッスンを取って、相撲を観たら夕食の時間に...

テレビ朝日のモーニングショー

朝日新聞が未だ絶滅しないのが不思議でしょうがないぐらいだから、テレビ朝日のモーニングショーなど観たことはなかったのだが、今年春頃より暇な朝は「羽鳥慎一モーニングショー」にチャンネルを合わせることが多い。それまでは長らく小倉智昭のフジテレビだったのだが一言で言えば面白くないから変更した。ブログでも4月18日の熊本地震の時と9月13日の豊洲問題について書いた時は、「テレビ朝日」とわざわざ引用したほど。そんな...

金融緩和の「総括的な検証」の検証

さすが日経新聞とあって、一面トップ記事なのは当然として、5ページにわたりいろいろな関連記事が掲載されていた。日銀のHPにそのネタ元の資料がこれまた当然ながら公開されていて、全55ページの大作、「目で見る総括的検証」なるダイジェスト版もある親切さ。このブログでも金融緩和系の記事を何回か書き下ろしており、「ブログ内検索」で「金融緩和」を検索したところ2014年11月5日から12件がヒットした。量的金融緩和の実態は、...

AIの将来像

「将棋世界」1998年8月号に加え、2010年12月号があった。普段買っているわけではないので特別に買い求めたものらしい。開くと清水市代女流王将(当時)とコンピュータ「あから2010」との対戦記事が目当てだったらしい。将棋プログラムが初めてプロに平手で勝った歴史的一戦。ただし、「アルファ碁」と違ってこれはアルゴリズム、現在の「深層学習」型のコンピューターとはメカが全く違う。今年3月に「アルファ碁」がイ・セドルに勝...

大崎善生の観戦記

大崎善生という作家がいる。どのぐらい世に知られているかわからないが、「聖の青春」は映画化されて今年の11月に封切られる予定。作家になる前は、日本将棋連盟の発行する「将棋世界」の編集長だった。処女作の「聖の青春」が2000年の第13回新潮学芸賞を受賞、第12回将棋ペンクラブ大賞を受賞下のを機に編集長を辞め、作家として独立した。その大崎善生が昨日18日(日)から日経新聞主催の第64期将棋王座戦五番勝負第一局、羽生善...

4連続句会、終了ス

今日は一遍上人忌俳句大会。オープンな句会ではあるが、藤沢市俳句協会主催とあって参加すするのは藤沢の結社中心と言うかそれが全部(多分)。なぜなら大会の情報が限定されているから。そんな状況だから参加者は51名。年々減っているらしい。これで4連続句会は終了。参考までにどんな句を書いているか恥を忍んで記しておく。●15日(木)城西句会一樹会(副主宰選)月浴びて卵身籠る少女Kしづけさに耳火照りだす良夜かな●16日(金)...

感動の俳句

うすものや又もかなはぬ恋をして  米子夏色のマニキュアにして会ひに行く 米子今日は18時から小さな句会。旧荒地句会の同世代5人によるまさに小さな句会だが、二人は社会的にも重鎮をなす職にあるため、夕刻の開催となる。日比谷の某会員制パブレストランで年に4回ほど集まっており、今日も飲んで喰って句会をして22時過ぎになってしまった。その前は終日「河」の校正作業。今日は三校、先週休んだためもあって河会員の投句を見...

4日連続句会

今日は中秋の名月、旧暦8月15日。俳句を初めて知ったが、旧暦8月15日というのがポイントで、満月かどうかは無関係。ちなみに本日の月齢は13.7日。ただしあいにくの曇り空で月は見えないだろう。だから無月、月の見えない十五夜に対し「無月」と言う季語がある。というマクラとは無関係に、今日から、「城西句会」、「小さな句会」、「季の会例会」、「一遍上人忌俳句大会」と、句会が四日連続で続く。四日連続の句会は多分初めて。...

秋霖

秋になったな、と思う日がある。それが秋の雨。毎年今頃になると残暑をもたらす太平洋高気圧が消え、秋雨前線が日本列島を横断する。いわゆる秋霖、気候が一夜にして変わる。今回はまさにその時期なので好天を期待しない、というか天気予報では毎日雨模様だった。とはいえ、24時間雨が降り続けるわけではない。雨雲レーダーを見て、一昨日は朝から、昨日は11時過ぎからゴルフ。秋霖の最中の平日と言うのにけっこうな数のお客さんが...

東京都の暗闇

築地市場の豊洲新市場への移転に係わるスキャンダルが賑やかになってきた。今朝のテレビ朝日では地下構造物に関する質の高い報道を流しており、小池知事の就任により、ようやく、新聞・テレビが東京都議会や都庁の腐敗を報ずるようになった。もし小池氏でなく、増田氏や鳥越氏であれば何事もなく都議会や都庁の暗黒の支配が続いたことだろう。「都議会議員と言うのは愚の塊のような人たちの集まり、都の幹部もそうなのだろう」と書...

算数はお好き?

資料の虫干し。8月末の日経新聞から。玩具メーカー大手のバンダイが小中学生の勉強に対する意識を調べたそうだ。インターネットを通じて7月にアンケートし、小学1年から中学3年までの子供を持つ保護者900人(各学年100人)が、子供と一緒に回答したという。結果は、小学生の3割の子が好きな教科のとして算数を揚げている。中学生でも四分の一の子が好き。一方苦手な教科として挙げられたのも算数もしくは数学。そして比率も同数...

暫くの単身生活

思えばこの夏の、7月8月で3回しか来なかったというか来れなかったというか・・・。今回も前回から2週間以上空いている。今週も月火水と東京にいた方が好ましい用事があったのだが、そんなことを言っていると来る機会が失われるのでわがままを通してしまった。14時過ぎに出発したが、日曜でも9月とあってか関越道は超ガラガラ、気分的にはあっという間についてしまった。東京は曇りだったがこちらは晴れもどき。白の木槿が満開。 ...

懐中時計

今日、ロンドンの娘から小包が届いた。開けるとHappy Birthdayのカードと共に福袋みたいにいろいろなものがぎっしり入っていた。妻も私も7月生まれなので、「遅くなってごめんね」の前書きも。娘は高校入学のため単身早めに帰国したものの、オスロで3年弱暮らしたのでヨーロッパの普通の国は概ね訪れている。だから、今年になって余裕ができたのか国外によく出かけているが変わったところが多い。今回の品は、英国の品もあるが、リ...

3回目のs**t kingsライブステージ

ほぼ2年ぶりのs**t kingz (ファンの間ではシッキン)の公演に行く。シッキンについては何回か書いている→こちら。今回でシッキンだけのステージは3回目。この度は東京だけで1日2公演の10日間、さらに地方も4公演あるそうだ。初回が小さな劇場での3公演だったことを思うと、隔世の感あり。今までは自分たちの手作り感満載だったが、今回は「テルマエ・ロマエ」の漫画家ヤマザキ マリが脚本を書いたということで、全ステージが統一...

「河」巻頭

「河」の会員には「河会員」、「半獣神」、「銀河集」と三つのクラス分けがある。入会すると「河会員」となり、「新人賞」を取るか支部等の推薦を得て「半獣神」、そして「河賞」を取ると「銀河集」に属する。賞をいただくためには毎月の成績が重要となる。河誌に初めて投句し掲載されのは2011年10月号、今数えたら49位、全部で200人ぐらいいるので嬉しかったのを覚えている。自信がなかったので1年間の会費ではなく半年間で申し込...

ツヅレサセコオロギ

なんだか慌だなただしい日々が続くが、夜になると虫の声が賑やかになり秋なんだなあと実感する。こんな都会の真ん中でも、家と家との合間のわずかな地面に雑草が生い茂り秋の虫が住んでいる。先日妻に「この虫、なあに?」と尋ねられ、「コオロギ」じゃないの」と答えたものの、すぐにコオロギにはオカメコオロギとかエンマコオロギがいることに気付いた。「でも何コオロギかわからない」ということで調べることに。親しい名前のコ...

OB会副会長

帰ると元の会社の総務部長からメールが来ていた。もちろん現役時代に一緒に仕事をした仲なので腹蔵なく話せる。「・・・さて、来月のOBOG会に向けxx会長他幹部と準備を進めておりますが、年央より副会長のxxさんが体調を壊し、この度同職辞任の申し出がありました。xx会長、xx副会長と先週打ち合わせた結果、会長の意向でxxさんにお願いしたいとの結論に至りました。」、という内容。こういう打診は誰にでもあるものでは...

尖閣列島領海侵入と外務省(2)

昨夜の日中首脳会談はこんな様子だったらしい。全く対話になっていない対話がなんとも趣深い。【東シナ海問題】 首相 東シナ海での中国公船や軍による特異な活動は極めて遺憾だ。一方的に緊張をエスカレートさせる行動をなくし、状況改善を。東シナ海の安定なくして日中の安定はない。 習主席 平和と安定を維持していく。さて、昨日のの続き。外務省HPには「外務大臣会見記録」も公開されている。大臣の発言と記者との質疑応答...

尖閣列島領海侵入と外務省

今年の8月、中国船舶による尖閣列島領海侵犯に対する日本政府の度重なる「強硬な」抗議姿勢が報道された。今朝の日経朝刊にも、「日中首脳きょう会談」という記事の中で「・・・首相は沖縄県の尖閣諸島周辺海域で8月、中国公船の領海侵入が相次いだのを踏まえ中国側に緊張緩和を促す。」とあった。 外務省の「報道発表」資料によれば、確かに8月に12回の報道発表を行っている。最初の8月5日の内容は以下の通り。1 本5日午後1時30...

英語俳句

今日は「河」の中央例会、とは無関係に、外務省のHPを見ていたら「第5回日EU英語俳句コンテスト結果」なるものがあった。クリックして出てきたのがこれ。全部で7頁あるので一部を切り貼りしてある。良い宣伝になるので、著作権侵害だ、と賠償請求はされないとは思うが、外務省欧州局政策課といかにも融通の利かなそうな部署が主催している。これは意外。英語俳句は3行の詩であればいいらしく、厳密な音節や単語の数の制限はないら...

今年の夏

例年と違い今年はそんな暑い夏にならない、と書いたのが7月27日。では実際に今年の夏はどうだったのかという自己総括。まずあらためて東京の夏を長期、データのある140年間について概観する。明治時代から確実に夏は暑くなっている、と以前に示したが、今回は完璧なデータで表示。まず、「夏」の定義を7月20日‐8月31日、すなわち東京の夏休み区間とする。この期間の毎日の最高気温を140年間にわたり全て時系列でプロットした図...

矢野顕子x糸井重里

   今日のメインイベント。会場は新宿文化センター大ホール、2000座席ほど。今回の単発ライブはソロデビュー40周年記念企画と銘打っており、会場のロビーにはデビューから今日までの珍しい資料が展示されていて、ミニ矢野顕子博物館もどきになっていた。デビュー時(1976)の資料(左)が、これ誰?という美人系の写真が使われているのが微笑ましい。素顔の写真がアルバムに登場するのは6枚目のアルバムの1980年。日本の音楽世...

イレブン・ミニッツ

日経新聞の金曜夕刊に「シネマ万華鏡」という映画の紹介コーナーがある。いくつかの映画が取り上げられ評論と寸評、そして★印の数で評価が掲載され、映画ファンではない人たちには良いガイダンスになっている。8月19日に取り上げられたのがこれ、イレブン・ミニッツ。長年日経新聞を購読しているのでわかったことの一つが、四つ星、三ツ星は観て良かったな、と思うものが多いが、五つ星というのは芸術系も多く満足度において結構微...

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック