FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2019年03月 ] 記事一覧

家族葬

ぐっすり眠って目覚めればいい天気。二階の窓から見た町。左が義兄の家。札幌郊外の住宅地はキューブ型の家が多い。現代の北海道の典型的な風景。今回は家族葬。昼過ぎに納棺士というおばさんが来て、仏様のお色直しをして柩に入れた。そんな仕事があるらしい。親族と故人とごく親しい人たちだけの人数的にはささやかな通夜。さすが北海道、お寿司が美味しくてかつ安い。...

夜明け前

夜の病棟 2019年3月14日5時1分、義母逝去、享年88歳。まるで快い夢を見ているかのように安らかに息をひきとった。煙草を吸いに夜の出入り口から出ると夜明け前の空が青い。病室 ...

病院

看護士さんの検診結果、最高血圧51、最低血圧36。主治医は何があってもおかしくないので今日も泊った方がいいという。脳関係のお医者さんが、孤立した患者、時々お見舞いの来る患者、ずっと家族が寄り添ってくれる患者で、余命が全く違ってくるという。義母には妻がほぼ1年間ずっと付き添って来た。それがあってか、昨年春と言われてから1年間、少なくとも精神的には元気に生き延びることができた。医学的に証明できないがそれが実...

片道切符

午前中からいろいろな懸案を片付けるため外出し、夕方パソコンを開くと妻から義母危篤とのメールが入っていた。電源を切っていたケータイを開くと妻からの着信も入っていた。まだそんな状況ではないと思っていたので・・・。札幌行の20:15羽田発の片道切符を予約。病院には11時頃着いた。先に来ていた長女が病院の外で待っていてくれて夜間の入り口から入る。幸い小康状態で少なくとも今すぐどうということはなさそう。妻は義母の...

藤原雪まつり

土曜日の夜、夕食を済ませゆっくりしていると、8時15分に近くにある藤原スキー場から花火の音が聞こえた。その音で、今日は「藤原雪まつり」が藤原スキー場で開催されていることを思い出した。前回来た際に、宝台樹スキー場の頂上にあるあさひラウンジでポスターを見たので知っていたが、すっかり忘れていた。これがポスター プログラムまで覚えていなかったがこれから本番なのだろうと期待して現地に向かう。歩いて10分ぐらい。...

パンク 2 

明日編集なので日曜日にもかかわらず帰ることに。藤原トンネルを通過し、粟沢へ下る山道で雪解けで落ちたらしい石を踏んだ。大きくはないが小さくもない石。雪の塊かなと思う間もなくちょっとした衝撃で石だったとわかった。嫌な予感はあったがしばらくして明らかな車の振動の変調が。ほぼ確実に左前輪のタイヤに異常が発生している。原因としてはパンク以外に考えられなかったが、確認しても仕方がないので、最寄りのガスステーシ...

完璧な快晴

昨日の雪がまるで遠い日の出来事のように思える快晴の朝。窓の明るさに目が覚め、時計を見ると6時過ぎ、夜明けもいつの間にか早くなっている。まだ起きるには早いよなと思い、布団をかぶったらそのまま熟睡、目覚めれば8時近くになっていた。昨日の新雪も今日は圧雪され絶好のゲレンデコンデイションのはず。いつも寝起きに温泉に浸かるのだが、今日はそれもせずすぐ朝食にして宝台樹へ向かうことにした。 空を撮らずに快晴の空を...

群馬県が金と銀

深夜から雪になったらしく目覚めれば本格的な雪。車もセミ雪だるま。車の左手の高台に長ネギを活けたのだが、跡形もなく雪に覆われているから積雪は20センチぐらいか。アメダスの観測値を見ると、昨夕の積雪深が88センチで9時現在が109センチだったので降雪量は21センチ。長ネギ積雪計の実用精度が確認された瞬間。 20センチぐらいだとなんの差し障りもないし、所詮春の雪、明るいしそれほど寒くないので、車を掘り出しスキーに行...

別の春

先週金曜日に東京に戻ったばかりだが、下旬までまとまった時間枠が取れないのでやってきた。今年は暖かなので雪解けも早い。帰る時に雪に活けた長ネギが20センチほど顔を出していた。アメダスの観測値は89センチ、帰る時より19センチ減っているので、長ネギでも十分な精度で観測できそう。何よりもコストが低い。着いた時から降っては解ける大粒の春の雪が舞い始めた。湯からあがるとけっこう本降り、数時間は降り続くらしい。菜の...

菜の花の沖

◎…「立春」の4日、神奈川県横須賀市の「長井海の手公園・ソレイユの丘」では約10万本の菜の花が見ごろを迎え、多くの人が訪れた=写真。3月下旬まで楽しめるという。一月ほど前、こんな豆記事が目に入った。これまでまとまった菜の花畑を見たことがない。一昨年から昨年にかけての自宅から城ヶ島までハイキングで三浦半島にすっかり親しくなっていたおかげで、ソレイユの丘の名に記憶があった。なんとなく三浦半島と丘という名詞の...

美味しい日本酒

先日、美味しい日本酒を飲む機会があった。いずれも思わず旨いと言いたくなるようなお酒。最後に飲んだ銘柄が「花巴」、奈良県の吉野のお酒だった。聞いたことも飲んだこともない。ちょっと酸味が強く日本酒としてはちょっと変わったタイプ。気持ち良く家に帰って新聞を開くと、こんな記事が目に留まった。なんとなくほろ酔い気分が残る中、目を通す。内容はたいしたことはないのだが、その中に 「花巴」という銘柄で知られる美吉...

普天間基地と辺野古:不都合な真実

先日、読売新聞の方と話す機会があり、沖縄の県民投票の結果について読売だけが社説を掲載しませんでしたね、と尋ねた。氏曰く、「論説する価値なしということじゃないですかね」、との返。ただしその脇に記事として書いてます、とのことだった。「愛の反対語は無関心」という名言があるが、無視という態度はそれなりに凄い。辺野古移設に関しては2回ほど記事を書いたが、新たに気付いたポイントがある。辺野古と普天間基地に関し...

福島の震災関連死

昨日NHKのニュースで福島の震災関連死に関して、独自の取材結果を放映していた。その中で福島県によりますと、県内で先月までに震災関連死と認定された人は2267人で、震災と原発事故から8年がたつ今も増えていて、津波などで犠牲となった1605人を大きく上回るようになっています。とあった。確かアナウンサーは震災関連死は全体で3800人と述べていたので、2267人の大部分は福島原発事故により帰還困難ということで非難を余儀なく...

拉致問題:失われた30年

トランプと金正恩との会談の余録。話を持ち出したトランプ氏は立派なもの。それはそうとして、新聞テレビで拉致問題に関する報道がなされるたびに、30年前、土井たか子を筆頭にして社民党がしかるべき対応をとり、新聞テレビが森友学園や加計学園、統計不正問題に対して示した熱意をもって報道してきたら、事態はずいぶん異なった様相を呈していたろうに、といつも苦々しく思ってきた。まさに失われた30年。日経新聞から この機会...

2月のまとめ

今年は雪が少ない。県道も町道も家の前の道路でさえも黒々とした路面になっている。ここ藤原だけでなく全国的に雪が少なかった。今日現在の積雪深の平年比分布マップを見れば一目瞭然、全国的に真青で平年比40%に満たない観測点も多い。藤原アメダスの今シーズンの積雪深の推移(緑)。白先が平年値なので、平年比マイナスの証明、誰も疑うとはおまわないが。参考までに赤は観測史上1位を記録した2005-6年の推移で3メートルを記録...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック