FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2019年06月 ] 記事一覧

スパゲティーナポリタン

有料で追加ハーフをする気にはならないので11時前戻ると、妻が農薬の散布をしていた。それに合わせて作業着に着替え農作業を始めた。お昼、妻が何にするというのでスパゲティーを選択。ソースは何にする?それともナポリタン?と言われ、そんなものもあったなあと思い、ナポリタンを選んだ。朝が早くて、ゴルフをラウンドしてかつわずかとはいえ農作業をした後なので、さすがに空腹感もある。そんな状況で久しぶりに食べたナポリタ...

BBQ

6月後半の唯一のまとまったタイムウインドゥが今日から木曜の午前中までの三日半、幸いにも梅雨の晴れ間に恵まれた出発。到着が5時ごろと予想され、夕食をどうするか協議したものの、天気はいいし日も長いのであっさり庭でいつものBBQと決定。食事中、「ねえねえ、BBQって何の略?」という話になった。思えば知らない。Wikiによると、「バーベキュー(英: barbecue、米: barbeque (米、一部のレストランなどに限る))とは、薪、炭...

俳句ウィークの結果

水曜日は鶴巻句会、土曜日は「季」の俳句大会、今日は「河」の東京例会と、句会の重なった俳句ウィークも今日で一区切り。「俳句」のカテゴリーを設けながら俳句を記すことは稀だったので、今回記してみる。水曜の鶴巻句会、1時間ほどかけて小田急線の鶴巻温泉まで出かけている。「みなと句会」が解散となり、俳句入門時の師匠である屁師に教えを乞うべく参加して二三年になる。今回は師をいれて11名の全員参加、6句投句で7句選、...

キン肉マン(修正版)

6月5日(水)、「運動なしで筋力アップ!?」なる?キャッチフレーズの「ためしてガッテン」 が放送され、半信半疑でNHKを見つづけた。タネは大豆。どこかの病院で、寝たきりの要介護の患者に毎食煎り大豆を20粒ほどを2週間だか1ヶ月だか食べ続けたところ、筋力が平均40%アップ、歩けるようになった人もいたそうだ。そこで、ガッテン!が徳島大学 二川健教授の指導の下20代~70代の健康な男女54名に「煎り大豆」を2週間食べてもら...

7 rings

今年の春ごろから、オアシスで「My favorite things」のカバーのような曲がBGMとして時折流されていた。魅力的な女性ボーカルで、当然編曲は原曲と異なるが、それだけでなく歌詞も異なりかつ何を言っているのか全くわからない。曲も1メロは全く同じだがその最後からまたちょっと編曲され、違ったラップのような部分が後半に続く。それはともかく久方ぶりに聴いた印象的な曲だったので、流れるたびに誰の歌だろうと気になって仕方が...

衆愚政治の極致

昨夜の碁の後の飲み会でも話が一瞬盛り上がったが、各局の今朝のワイドショーでもこの話題が取り上げられていた。テレビでは各局の方針やゲストの「専門家」次第で関心の中心が異なるが、TBSが一番まともだった印象。この「問題」、金融審議会報告書「高齢社会における資産形成・管理」の中身は問題でも何でもなく、それなりの専門家が時間をかけて作り上げた、国民にとっては本来年金問題についての認識を再確認するにちょうど良...

大國魂神社

長女の結婚式を8月にひかえ、式場である府中の大國魂神社に当日の衣装の打ち合わせに行ってきた。男性は紋付き袴というのでレンタルのため、妻は留袖の衣装を持ち込んでの打ち合わせ。京王線は幼い頃から親しいが、おもえば府中で下車すのは初めて。駅を6番出口から出ると見事な欅並木が続いているのでびっくり。この欅並木、、1924年(大正13年)に日本で二番目に指定された天然記念物だそうだ。大國魂神社の参道でもあり、約150...

角川春樹賞

朝から梅雨らしい雨が一日中降り続いた。今日は十日ぶりの発行所での編集の作業。先月末に締切だった角川春樹賞の応募句の校正だった。全応募句を3人が全て見て、旧仮名の間違いや誤字、入力ミスなどを赤で修正する。角川春樹賞には2013年から応募し、今回で7回目になる。これまで2014年と17年に入選、16年には選者1名、残りの3回はスカだった。全応募句を見ることになるので、一応自作の主観的評価はできる。これまで、まあいいか...

生きている証

昨日は帰宅の日。夕刻に家に着き、夜、9時までBSプレミアムで「ウルトラ重機5~大地と向き合う重機たち~」を観てから、俳句をいじっていたら遅くなってしまった・今日は真夏座の夏の公演。夜10時過ぎに帰宅してお茶をしていたらまた遅くなってしまった。二日続けてブログを更新しなかったことは、確か今までになかったような気がするので、元気に生きている証として形だけの更新。...

梅雨入り

屋根を打つ雨音で目が覚めた。雨が好き、と書いたことがあるが、雨だとゴルフに行く必要も庭仕事もない。まるで義務でゴルフや庭仕事をしているようだが、話は逆で、天気がいいともったいない気がして出かけるに過ぎない。ただ好天が続くと一日がそれで終わてしまう。実は屋内でやること、書き物や俳句など義務のような事も抱えており、本を見たり音楽を聴くのも好き。それらの文化的な催しが、雨の日は心乱れることなくできるから...

今日も長い一日

今日はフォレストコースに回された。1番ホールでふと振り返ると次の組がティーグラウンドの来ていた。追いつかれることはないだろうと思っていたら5番辺りで追いつかれた。調子が悪かったので何回か打ち直しをしたりボール探しをしたためだろう。ちょっと焦って以降は普通のゴルフへ。インに入ると調子を取り戻し、10時10分には上がってしまった。あまりに早いし、アウトの出来が悪かったので追加ハーフ。途中四人パーティに追いつ...

ひとりゴルフ

ゴルフはコンペを除きほとんど一人で回っていると話すと、多くの場合は怪訝な顔をされるか、話半分未満に見られることが多い。だからどうということはないのだが、偶々昨夜、どの程度予約が入っているのか、水上高原ホテルのHPを覗いた。火曜の夜なので水曜日の予約は消えていたが、木曜日の予約表が載っていたので魚拓。フォレストとスカイの2コースあるが、今日回ったスカイコースの一部、9時過ぎまで。アウト、イン併せて22スタ...

季節の移ろい

まとまった時間を確保して山荘へ。夏至も近いとあって到着が5時ごろだったにもかかわらず十分に明るい。庭は緑が鬱蒼として夏はすぐそこ、日本は四季の移ろいを感じられるいい国だな、と思う。でも世界は広い。オスロでは、冬の日の入りは午後3時頃、夏の日の入りは夜の9時過ぎだった。北極圏では極夜と白夜。そんなことを思いつつ、ちょっと到着が遅くなったので、到着早々炭をおこしてから鍵を開け屋内に入った。炭は簡単に起こ...

ラビュリントス(2)

昨日の続き。後で読んだ時、何のことかわからないのでいくつか具体的な背景と思われるものを書き連ねておく。・国際関係:アメリカ、中国を筆頭とする国家エゴの氾濫。自国優先は常に当然ではあるが、歴史上これほど露骨な時代はなかったのではないか。植民地時代や第二次世界大戦でも各国に大義と希望が夢があったように思う。関税戦争がその表れ。自国を含めて幸せになれる国がない。・マーケット:世界の株価が下落中。暴落の始...

ラビュリントス

今年になって、これまでもなんとなくそんな感覚はあったが、世界がまるでラビュリントスのように行き場のない幽閉状態にあるように感じていた。何か特別な出来事という訳ではなく、国際関係や経済や社会や技術や文化において。そんなこと言われてもなんだかわからないだろうが、その下の日常の階層においては目に直接入るだけにいくつかの例をあげることは容易だろう。六十数年生きてきたので、それぞれの時代をそれなりに見てきた...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック