FC2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2019年08月 ] 記事一覧

ライター気分

俳句結社誌「季」に山頭火に関する連載「捨てて拾われ青い山」を書き始めてもう六年目に入っている。年四回の掲載だったが、「季」が隔月刊になった今年からは毎回、すなわち二か月に一回となった。日曜日、句会から帰ると編集の方から原稿請求のメールが入っていてびっくり。なんとなく偶数月の月末と思っていたのだが、奇数月の月初に配送するので、思えば中旬までに原稿を送付せねばならなかったことに気付いた。ということで日...

開戦前の世界

昨日の記事は、ミッドウェー開戦に大敗を喫し、日本が破滅的な状況に直面してからの話。このような危機的状況にあっては過去の経緯もいきさつも無関係に、現状を冷静に分析判断し、短期的将来予測をできる人間が多数派を締めれば、国民の被害は最小限だったはずというのが主旨。一方、開戦そのものについては話は別、短絡的に非難はしないし、かといって肯定するわけでもない。この機に開戦についても見解を記しておく。また簡単に...

何を反省すべき?

15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で開かれ、天皇陛下が皇后さまとともに即位後初めて出席しお言葉を述べられた。その日の日経新聞夕刊の見出しは「天皇陛下「深い反省」踏襲 」。その一節はこちら。戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世...

手花火

朝から太陽が照りつけて予報通りの猛暑模様。句会のため小田急線に乗ったのだが、車内の温度まで高く暑く感じた。気のせいではなく外気温が高かったのでその影響だと思う。が、猛暑が予想された割に東京の最高気温は34.5度と猛暑日にはならなかったようだ。今日が孫たちが我家に滞在する最後の夜、長女も帰宅し家族全員が揃って花火を楽しんだ。孫たちにとっては初めての花火だそうで、上の子は朝から花火花火とヤル気満々だった。...

オオカミ少年

台風10号は大禍なく過ぎ去り御同慶の限り。昨日も記したが、予測技術の進歩により精度の高い予測が公開されているにもかかわらず、近年地方自治体や鉄道各社の過剰な反応が目立つ。住民や客を災害から守るためという大義のもと、全面的に住民に避難指示を出し運休すれば災害は起きないということなのだろう。しかしその裏に住民や客を保護するというより、何か起きた時の非難をさけるためという保身と、本当に危険に晒されている住...

台風10号上陸

朝のテレビ、どこのチャンネルも台風10号の上陸間近とあって、現地レポーターを配置し各地の各地の映像を含め臨戦態勢の報道状況だった。しかし、大雨のエリアも確かにあったが、今後の予想を含めても大騒ぎをするほど深刻な状況にあり、かつ深刻な状況が起こるようには見えなかった。そこで気象情報オタクともいえるぐらい充実した気象情報を、長いタイムウインドウでゆるく流しているTBSにチャンネルを合わせた。8時半頃ぐらいだ...

Love Machine

孫一行が来日して早くも一週間が経過した。今日はどこかの水族館に行く計画だったが、台風の千切れ雲による雨が降り始めて中止、家の中でゆっくり過ごす。上の子はダンスが好きなので、Wiiを引っ張り出しダンスのCDをかけた。次女も使っていたぐらいだから古いもの、AKB48の「Love Machine」で親子そろってノリノリ。夕方には晴れたので、屋上で水遣り。水をやる必要はないのだが、水を遣りたいというから遣らせた。なんでも楽しい...

ライオンキング

昨日、孫たちを連れ新宿ピカデリーへ「ライオンキング」を観に行った。娘の予定もあって、時間の制約があり観たのはオリジナルの字幕版。4歳の長女に英語版でわかるかなと心配すると、難しい日本語はいずれわからないから英語でも同じと言われ夕方の回へ出かけた。予想された通り1歳半の子は直ぐに飽きて騒ぎ始め、娘が連れ出した。幸い眠ってくれたとかでしばらくして戻ってきた。ミュージカルなので話は単純明快、裏切られるもの...

世界で一番広い村

昨夜NHKで南硫黄島を紹介する貴重な番組を観た。南硫黄島は3万年前に海底火山の噴火によって生まれた島で、人間の上陸を規制していたため、島の誕生から現在まで、島の進化がそのまま保存されている世界唯一の島だそうだ。島の形状も特異で、海面から45度の急傾斜で916メートルの山頂まで一気に島が突き上げている。916メートルというのは高尾山などよりはるかに高く、大島や八丈島を含め東京都の島嶼の中で一番高い。伊豆に連なる...

2000円の価値

飛行機に乗るなら窓側が好き。国内でも街や山岳地帯、海岸を見てれば楽しいし海外ならなおさら、巡航中の高度10000メートルから見下ろす雲や宇宙と地球の間の境界線をぼんやり眺めていると幸せを感じる。だから、席が空いていれば窓側の席を予約する、航空券の価格は同じだから。10月のシンガポール行きの旅程が確定したので妻がチケットを確保した。当然窓側の席を予約したのだが、今回、窓際の席が他の席より2000円高かったそう...

焼き肉屋

娘たちは上野の恐竜展、我々は墓参り。娘がもってきたマンゴスチンとランプ―タンを備えての供養。 夕食は長女を交えて初台の焼き肉屋へ。珍しく娘のリクエスト、シンガポールにも焼き肉屋はあるのだが、あまりに高くて入る気にならないとか。孫はロースだのカルビだのをむしゃむしゃ食べていた。美味しかったらしい。「牛角」にて  ...

台風10号:日米欧の進路予測勝負

アメリカでは24時間Wether channelとかいう24時間気象情報だけを放映するテレビ局がある。出張中、観る番組がなくて徒然にチャンネルを回している時に見つけて驚いた。日本の有線にもあるのかもしれないが見たことはない。日本では気象情報を正確丁寧に放映するのはNHKだと思っていたが、実はTBSが気象情報の質や情報量において日本で一番優れていて、朝や昼のワイドショーでたっぷり時間をかけて放映している。ウェザーマップと提...

孫たちの来日

8月下旬の長女の結婚式に合わせてシンガポール駐在中の次女が孫二人を連れて一足先に来日、夕方羽田へ迎えに出かけた。6月末に訪問したばかりとあって孫たちもすっかり慣れていた。機内食の夕食は軽食なので、羽田の出発ロビーで夕食。蕎麦がいいというので4階の隅にある江戸横丁の蕎麦屋へ。いつも思うが羽田空港国際線の出発ロビーは、その企画デザインコンセプトにおいて、数少ない日本が世界に誇れるものの一つだと思う。ただ...

股関節外来

ノルウェーから帰国した1999年頃から、妻は足にしびれや痛みを覚えスキーは早々に断念したが、軽い登山やハイキング、ゴルフは続けていた。その間整形外科等いろいろとそれなりの処方をしてきたが改善せず、そのうちハイキングも無理、3年前からゴルフも無理になった。さらにここ一二年は歩くのもつらくなってきていた。ただし自転車に乗るのはいくら乗っても平気というから、それほど深刻なものではなさそう。いずれにしろ中距離...

狂った世界へのご招待

信じられないかもしれないが、以下の図は全て写真である。すなわち見たまんま。現実にはありえない存在をエッシャーが描いてきたが、あくまで絵、二次元上の錯視を利用したもので、現実、すなわち三次元世界ではあり得ないはずだった。しかし、下の写真に見るようにそれが存在していた。こんなのもある。 実在できないものが確かに存在しているのだが、実は三次元での錯視。左図は真ん中にスロープと階段が下がっているように見え...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック