fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2023年12月 ] 記事一覧

劇的な一年?

年末にこれほど雪が少なかった記憶はなかったので、手許の資料をもとにノルウェーから帰ってからの20年超の12月31日の積雪深を調べた。やはり正解、少なくともこの期間では今年の冬が最小で7センチ。7センチというのは日最大積雪深、すなわち24時間で一番多かった積雪深で夜中の0時での観測値である。ちなみに現在の18時ごろの観測値は3センチであった。なお、編年値は70センチだから、劇的に少ないことがわかる。...

山荘へ

年末の帰省ラッシュ、NEXCO東日本の渋滞予測では30日の今日がピーク、ただしピーク時の渋滞は10時ごろで最長20キロとあった。ずいぶん穏やかな渋滞予想なので本当かなと半信半疑だったが、朝同社のHPを覗くと事故渋滞が少々あるだけで赤い渋滞矢印はほとんどない。長女が到着、出発準備に少々手間取り11時20分に家を出たのだが、激しい渋滞に巻き込まれることなく4時間で山荘に到着した。みなかみICの出口にある谷川岳...

遅れて来たクリスマス

24日のクリスマス・イブのイベントは順延となって、今日が遅れて来たクリスマス。長女は会社の仕事納めで欠席となったが次女一家が参加しての賑やかなクリスマスとなった。料理はチーズフォンデュ、鍋なので準備が比較的簡単。子供たちも珍しい食事にテンションが高い。 ひとしきり食べ終わったところで、上の子のピアノ演奏。たまたま、前回まで習っていた曲が「We wish a merry X'mas」だったので喜んで弾いていた。最後は子...

東京の14番目の月

26日、ロイズタウン駅から戻り、昼前の電車で千歳空港へ。太美駅は複線のようだがここは単線の電車のすれ違いの駅になっているため。上りの電車がやってきたので乗り込む。下り電車を待つことしばし。上りの電車の先頭車両から撮った下り電車、線路が二股に別れ、ここですれ違う感じがよくわかる小学生の社会科の教科書に載せたいような画像。社内の「おたる水族館」の吊り広告。おかしかったので魚拓。薬名の下に、用法として「...

ロイズタウン探訪の旅

今日は15時の飛行機で東京に戻る。時間があるのでロイズタウン駅からロイズタウンに行くことにする。チェックアウトして、荷物を置きに宿の天然温泉「ふとみ銘泉 万葉の湯」から自宅へ、歩いて5分ほどと近い。甥と姪が食事中だったのでパチリ。逆光でかっこいいよと姪に見せたらバカ笑いしてくれた。少々してから太美駅へ、ここはさらに近い。以前は道路から駅のフェンスの裂け目のようなところにある階段でプラットホームに入って...

告別式

快晴の朝、家族葬とあって告別式は自宅、冬日に熟れたカーテンがまぶしい。お坊さんがお経をいくつかあげる。最後のお経は阿弥陀経だった。阿弥陀経を読んだことがないが、「しゃりほー」という言葉が何回も繰り返される。阿弥陀経では仏陀の弟子で知恵第一と言われたシャーリプトラのことかなと思いつつ聞いていたが、帰宅後調べるとやはり正解、阿弥陀経では「舎利弗(しゃりほつ)」と書かれていた。ちなみに般若心経では「舎利...

札幌へ

22日の金曜日、発行所で校正の仕事をしているとスマホが鳴った。妻からだった。電話がかかってくることなどないので訝しく思いつつ電話を取ると、義兄すなわち妻の兄が亡くなったとの知らせだった。義兄は二つ下、長い間パーキンソン病と闘っていた。明日はクリスマスイブ、先日孫たちが来てクリスマスツリーの飾りつけをしたばかり、クリスマスプレゼントも用意してのクリスマスの予定だったが、通夜が24日というので札幌へ向...

大寒波の再終幕

昨日からNHKのニュースのトップは大雪。今回の寒気、強いものではないが大きな寒気だったので先週から北日本を覆い北海道では記録的な、と言っても北海道なので量的にはそれほどではないものの、大雪となった。その寒気、過ぎ去る前の22日に上空5000メートル付近のマイナス36度の等温線が、本州中部での大雪の目安である能登半島付近まで南下した。気圧配置も等圧線が南北に縦に並ぶ立派な冬型、ただそれほど線の間隔が狭くないの...

2024年度予算のわかりやすいたとえ話

昨日から記事になっていたのでニュースでも何でもないが、とりあえず今日の夕刊に2024年度の政府予算案の数字が公表されていた。記事には概要が手短に書かれて文句はなく、その中の次の二つが今日の本記事のトピックスである。・国債の返済や利払いにあてる国債費は27兆100億円程度で過去最大となる。23年度当初予算の国債費は25兆2503億円だった。・歳入面では新規の国債発行額をおよそ34兆9500億円とする。当初予算での新規の国...

我が世誰ぞ 常ならむ

毎年恒例の我武者羅会の忘年会。「我武者羅会」について初めて記事に書いたのはいつだろうと検索すると2013年の12月だった。そこに概要があったのでコピペ。「我武者羅」というのは、知り合いの方が趣味が高じて開いた大久保にあった碁会所。過去形なのは体を悪くして店を畳んだから。その時のメンバーが集まって、我武者羅会として新宿のある碁会所の屋上の小部屋、といっても碁盤が10面置いてある、で毎週火曜日碁会を開いている...

気象予報士なら

今回の寒波に関して16日に記事を書き、結論のようなものとしてこう記した。「ただ19日には冬型も消えまた寒気(マイナス36度線)も東北止まりなので騒ぐほどの大雪にはならなず20-30センチ程度か。」これに対し、17日に日本気象協会の気象予報士のお姉さんが同協会のHPにこんな記事をアップしていた。動機が国民に対する警鐘という職務上の責任感なのか、、もし予報よりも大雪になった場合に批判されることを恐れての保身のためな...

クリスマスツリー

句会から帰ると孫たちが来てクリスマスツリーの飾りつけをしていた。娘と下の子はお買い物に出かけていたが、寝てしまったとかで自宅へ直帰したので二人ですべてを飾り付けた。普通の核家族の家庭では家のスペースの制約から大きなクリスマスツリーは買わないだろうから、なかなかいい経験かと思う。我が家で最初にクリスマスツリーを買ったのはなぜかバンコク。そう書くとヘンな感じだが、長女が2歳半から5歳過ぎまでバンコクに暮...

冬将軍の到来

忙中閑ありの土曜日、東京の空は快晴で最高気温は21度になるという。この最高気温は十月二十日ごろの平年値だから秋のど真ん中と同じ。しかし、上空5000メートル付近、正確に言うと500HPaの等圧面での等温線で見ると今シーズン最強の寒気が南下していて、明日17日にはマイナス36度の等温線が東北北部まで南下する。当然地上天気図ははっきりした冬型。となれば明日は大雪になるのだろう。ここまで暖冬とはいえ三回雪が降ったがいず...

大谷翔平へのアドバイスと金のフラクタル

このブログでプロ野球の記事を書くことは極めて稀だが、先日に続いての追加記事。日経新聞には11日、12日と紙面を割いていたが、今日の話はその後。これもネット上や各メディアで報道されていたが、1000億円の契約金の大部分が後払いになることがわかった。[12日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)ドジャース入りが決定した大谷翔平選手の代理人であるネズ・バレロ氏が米スポーツ・イラストレイテッド誌の独占インタビューに...

新NISA口座のお薦め

来年から現行のNISAに代わって新NISA制度が始まる。これまでふーんと眺めていただけだったが、さすがに目の前に施行が迫ってきたので改めてどんなものかを確認した。一目でわかるのが下図、自分用のメモも兼ねて貼っておく。一言で言えば、証券会社などを通じた投資額に対し通常は利益を得ると20%の源泉分離課税が課せられるが、新NISA口座で取引を行えば年間240万円までの投資に対し源泉分離課税が免税=0%になるというもの。投...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック