fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2024年01月 ] 記事一覧

七輪といえば・・・

先日、珠洲市の酒蔵「宗玄」の記事を書いた。能登地震に関しては様々な角度からの様々な情報が流されているが、もう一つ学んだことが七輪。珠洲市は日本一の珪藻土の産地だそうだ。今日の新聞に珠洲市の七輪産業について紹介されていた。日系新聞夕刊 「能登半島地震は石川県珠洲市の一大産業として知られる七輪の生産に大きな影を落とす。製造会社「鍵主工業」が長年使ってきた製造用の窯は全壊し、事業再開への道は険しい」とい...

小鳥の足跡

朝から日の射すいいお天気。二階の窓から撮った雪の庭。画像の下部中央に飛んでいる小鳥が写っていた。今日は帰京の日とあって何枚かの記録写真の撮影のため外に出た。雪を開削した玄関への通り道。たいへんそうだが柔らかい雪なので想像よりずっと容易な作業。通路が真っ黒なのは、ホースで浴槽のお湯を階段前に流しているためで雪が溶けてしまったから。除雪だけだとこうはならない。青空がきれいだったのでいいポートレート画像...

冬晴れの日曜日

ようやく冬型の気圧配置も緩んで、雲も薄く時折日の射す穏やかな朝。今回は特になすべきこともないので、午前中はEテレで将棋の観戦。ふだん見ることはないのだが、今日の将棋の解説者が藤井聡太というのでチャンネルを合わせた。藤井君、何か熱く語りながら解説するのかと思ったが、いつもと同じ口調とで語り特筆すべきことは何もなかった。1時からは碁があるのでそれまでの間、小鳥たちのお食事の時間にした。。雪の時間が長か...

タヌキのお客さん

依然としてはっきりした冬型の気圧配置とあって、寒気が去ったにもかかわらず朝から終日雪模様。といっても積もるほどの雪ではなくささやかな雪が舞うばかりの一日だった。スキーに行くわけでもないし、外に出る気もなく山荘の中で過ごした一日。わずかではあるが道路側の落雪。物置の屋根の雪のこの感じが好き。さて夜の記事過ぎ、外の様子を見に玄関テラスに出ると、暗闇にネコのようなものが階段の下にいた。でもネコがこんな所...

大雪の後の山荘

昨日は48時間降雪量ベスト10で5位入賞の「大雪」、積雪深は113センチだったが、雪はその後ほぼ降り止んで今朝の積雪深は99センチだった。依然地上天気図の気圧配置は典型的な冬型であったが強い寒気は当方に去っており、もう雪の心配はないので予定通り12時前に山荘に向け出発した。水上にはほとんど雪はなく道路は真っ黒、藤原トンネルを抜け宝川温泉分岐までもほとんど県道に雪はない。そこから先の山道はさすがに雪道であ...

大雪予想の成績

今季最強の寒波というレッテルの貼られた今回の大雪、一部で影響もあったようだが、結果としては事前の予想と違ってそれほどの大雪にはならなかったようだ。1月24日のニュース 1月23日18時から25日18時までの降雪量のアメダス観測結果がこちら。48時間で80センチ以上の降雪を観察したアメダス観測点(赤)は5か所に過ぎなかった。さらに48時間と長時間の雪にもかかわらず60‐80センチの降雪しか観測しなかったポイントも10か所...

洗脳戦

昨日の日経新聞に掲載されていた署名入りの社説のような大きな記事。主旨は中国やロシアによる情報戦の話で、結論である最後の一文でこう締めくくっていた。各国はウソやデマの拡散にとどまらず、公開情報を使った世論の洗脳工作にも一層、目を光らせたほうがいい。著者には申し訳ないが、添付されていた図が興味深かった。情報操作は印象操作による洗脳の手段であり、具体的にその手法の分析結果が示されていた。一番多い手法が「...

寒気のかたち

金曜日から山荘に行く予定なので今週に入り気象データ等を注視している。週の中頃には寒気の南下と強い冬型が予想されるので気になっていたが、昨日今日と「この冬一番の寒気」とか「警報級の大雪に警戒」と連日まがまがしい見出しが新聞に並んでいた。日本気象協会の気象予報士のお兄さんかおじさんも、昨日予報記事で、25日(木)の18時までの降雪量は北陸で最大200センチ、関東甲信すなわち藤原で110センチと予想していた。 気...

「宗玄」のおすすめ

「能登半島地震で大きな被害が出た半島北部「奥能登」では地元の酒蔵も壊滅的な被害を受けて酒造りができなくなり、正念場を迎えている。日本四大杜氏(とうじ)の一つの「能登杜氏」を輩出してきた伝統文化にとって深刻な事態。」だそうで、先日書いた珠洲市の酒蔵「宗玄」も少々の被害は免れまいと危惧していたが、そんなレベルではなさそうだ。おまけの引用記事;▼能登杜氏 石川県能登地方出身の酒造りの統率者。岩手県の南部...

誕生日のお祝い

娘の長男は1月3日生まれ。お正月をお婿さんの実家で過ごしたので、遅ればせながら我が家でもお祝いをすることになった。夕食後、自分で作ったバースデーケーキで誕生日の儀式の始まり。弟もぼくも、ということで二歳だが自作のケーキにローソクを一本立てて参加。...

杉野は何処

昨日は城西支部の月例会。蜜柑を詠んだ句があり私だけが採った。選評でNSPの「さよなら」に言及し、学生時代の昭和の景と気分について熱く語った。ちなみに歌詞のこの部分である。去年の冬は ふたり仲よくこたつで まるまっていたんじゃないか君はみかんを むいてくれたしありがとうって ぼくは笑ったはずさ二次会の席で、二歳年長である作者のWさんから私の気持ちをを完璧に分かっていただいて嬉しかった旨の話をしたことから、昔...

日暮里と本行寺

今朝も京成上野から日暮里へ。京成の日暮里駅の改札を出ると、目の前に台東区の観光案内所があることに気づたので寄ってみる。観光マップあります?と訊ねると、暇そうに座っていたおばさんが嬉しそうにマップを2枚くれた。車窓からの谷中霊園 帰りの大江戸線で貰ったマップを広げてみる。一枚が「日暮里・谷中散策マップ」、一枚が「荒川区日暮里まちあるきマップ」、JR線の西側と東側で、JR線が区の境になっていた。日暮里駅...

氷漬けのアメリカ

米国時間の15日に行われた予備選の初戦となる共和党のアイオワ州党員集会でトランプ前大統領が圧勝した。得票率は全体の5割を超えた。4年前の大統領選挙ではバイデンに僅差で破れたがアメリカ国民の半数がトランプ氏を支持していたのが現実。パリ協定離脱を公言するなど裸の王様を裸だと言った子供のように、真実に対しては臆することなく対峙する姿は好ましいと感じている。相対的に見ればバイデンよりずっと世界の平和と繁栄に貢...

日暮里への行き方

市ヶ谷から日暮里に発行所が引っ越し、今日は三回目の出勤。大昔の頭だとに日暮里に行くとなれば新宿から山手線となるのだが、大江戸線があるので上野御徒町駅まで大江戸線を使い、JR御徒町駅から山手線を使って日暮里に行っていた。「賢いな」と自画自賛していたのだが、昨日の二回目の帰りに京成電鉄の路線があることを再認識し、今朝、京成線を使ってみた。欠点は上野御徒町駅から京成上野駅までの距離が、JR御徒町駅までと較べ...

ハチペイデジタル商品券

渋谷区は毎月一回、「渋谷区ニュース」という広報誌を各世帯に配布している。たぶん全国の市区町村でも同様の広報誌が配布されているのだろう。渋谷区ニュース1月号 1月号の最後のページに「ハチペイデジタル商品券」の販売のお知らせが掲載されていた。一言で言うと、1万円で1万5千円分の商品券を購入できるという話。一人2枚までという制限が付いているものの俄かには信じがたいが、詐欺ではなく渋谷区が主体となって推進して...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック