fc2ブログ

風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Archive [2024年02月 ] 記事一覧

2月のまとめ

今年もはや二月が終わる。一年の6分の一が過ぎ去ってしまった訳だ。誰しも同じ感覚を抱いていると思うが、歳を重ねると年々時間の経過速度が速まって感じるのはなぜ?うちの二歳半の子にとってはどうなのだろうと思ったら、ふと答えに気が付いた。70歳の老人は840カ月間生きている。彼もしくは彼女にとって新年からの二か月間は人生の2/842、約0.24%に過ぎない。二歳半の子にとっては2/32、6.25%になる。すなわち時間の価...

日本財政は持続可能か?

一週間ほど前に「日本の持続不能な財政状況」なる三本立ての記事を書いたばかり→こちら。そんな中、今朝こんな記事を見つけた。上述のブログ記事は「持続不能」との結論の下、財務省の資料を数多引用して「持続不能」の証明であったが、このウェビナー(こんな言葉があるらしい)は「持続可能か?」という疑問形というのが大きな違い。2月22日開催 内容はこんな感じ。1.冒頭挨拶2.基調講演(30分)  矢野康治  神奈川大...

完全情報ゲーム

藤井聡太棋王に伊藤匠七段が挑戦する 第49期棋王戦五番勝負第二局が24日の土曜日に行われた。第一局は藤井棋王の先手番で、結果は相入玉となる持将棋で引き分け。この将棋、観てはいないが局後の両者のコメントがたいへん興味深かった。プロの公式戦で初の持将棋を経験した藤井棋王は「飛車を押さえ込まれて自信のない展開になってしまった。飛車を回って使っていく筋を見せたほうがよかったかな」と悔しそうに振り返った。振り駒...

小雪舞う朝

昨日とは様変わりの寒くて小雪の舞う朝。三連休の最終日であり、やることもないし昨夜から喉にわずかとはいえ痛みがあり、そうでなくても遅くなると渋滞に巻き込まれるので午前中に出発。先ほど覗いた現在の関越道の渋滞状況、18:22時点で赤城越えの月夜野IC‐赤城IC間18キロで70分の渋滞とか。...

新築の餌台

朝から気温は低いがいいお天気。右手の盛り上がった雪は前回孫たちが作った山の跡だそうだ。高さは半分ぐらいになっているとか。雪が少ないので庭巡り。雪が多いと窓の上部まで雪に埋まってしまうので冬にこの角度から撮影する写真は初めて。 屋根からの落雪の頂上から。昼食後のお茶。昨夜、新しい餌台を作った。これまでの餌台はそれなりの進歩ではあったが、位置が窓のちょっと下だったので餌を入れにくいし、ガラ達が来ても上...

積雪較べ

会社を辞めて11年目というのに、人様の迷惑を顧みずになぜか三連休の初日に出発。となれば関越道の渋滞もすさまじやと思ったが、9時半ごろに渋滞の現状をリアルタイムでチェックするもスキー人口が激減しているためか渋滞も穏やか。とはいえスキーに行くわけでもないのに渋滞に巻き込まれるのは嫌なので11時過ぎに出発した。都内の一般道はなぜか混んでいて練馬の関越道の入口まで一時間近くかかったものの、関越道は想定通り...

一世代分の時間

歴史的大ニュースとあって、日経新聞ではこれ以上ないレベルの特大記事だった。もはや個別株を保有するのは鬱陶しいので昔無償増資で得たキャノンの50株しか保有していないから他人事なのだが、とりあえずの記念撮影。日経の記事がなかなか味わい深いのでコピペ。日経平均株価が、ついに「天井」を突き抜けた。天井とは(原文ママ;筆者註)、多くの日本人が二度と届かないと考えていたであろう、1989年末のバブル経済の頂点で記録...

天然ボケ?

数日前、幼稚園児の長男と2歳半の下の子を預かり妻が保母さんをした時のこと。何か二人の子の間でささいなもめ事があり、下の子がお兄ちゃんに向かって「○○○、きらい!」と言ったそうだ。それを聞いた妻が下の子を茶化して、「じゃあ、おばあちゃんは?」ときいたところ、同じ調子で「きらい!」と返されたという。「お姉ちゃんは?」ときくとやはり「きらい!」との反応。「じゃあ、ママは?」ときいても躊躇なく「きらい!」と...

記録的高温の実態と分析

昨日20日の東京は温度計を見なくてもわかるぐらい2月としては異常に暖かだったが、実際記録的な最高気温が各地で観測されたようだ。一方東京にいると分からなかったが、19日に北海道や東北北部では記録的な最高気温を観測していた。気象庁の資料には新記録が観測されるとアメダス観測点にひげマークが付けられるが、これらのエリアのアメダス観測点には軒並みひげが伸びていてまるで鬣のようになっている。気温の絶対値として...

日本の持続不能な財政状況(3)

思っていたよりもはるかに長くなってしまった昨日の続き。日本の現在の状況と将来に関しての認識が変わるものではないが、おかげできちんとした資料をもって日本の実態を正確にして冷静に記述することとなった。財務省に深謝。5.日本に明るい未来はあるのか?結論を簡単に述べれば「ない」。ただ財務省としても「ない」と公言するわけにはいかないので形づくりをして、国民のパニックの防止に努めている。それが財政健全化目標と...

日本の持続不能な財政状況(2)

昨日の続き。4.日本の借金の状況50年にわたる毎年の国債の発行により、普通国債残高は累増の一途をたどり、2023年度末には1,068兆円に上ると見込まれてる。この額は2023年度予算における所得税、法人税、消費税、その他税収の総額60.4兆円の17倍超に相当する額、税収全てを債務解消に充てても17以上かかるという異常なレベルにある。別の指標として、税収を生み出す元となる国の経済規模(GDP)に対しての債務の比...

日本の持続不能な財政状況

先日こんな記事が。「ケニアのルト大統領は日本経済新聞のインタビューで」とあるから他紙には掲載されていないし、日経新聞の購読者でもケニアの財政に関心を抱く人は稀有だろうから目に留めた人は多くはないかと思う。日経新聞2月12日 記事の主旨はともかく反応したのはこの部分。ケニアを巡ってはかねてデフォルトリスクがささやかれていた。国際通貨基金(IMF)は2020年、同国の債務リスクを「高い」に分類した。ケニア国...

「ハイキュー」

雲の多いうすら寒い土曜日、ひとりで起きて独りの朝食。「何かあったの?」という書き出しに見えるが妻が8時ごろに映画を観に出かけただけ。会社勤めの長女と二人で「ハイキュー」という映画を観に行くことになって長女がチケットを購入しようとしたところ、土曜日とあって朝一番の回しか空いていなかったそうだ。「ハイキュー」とは排球、すなわちバレーボールのことで人気アニメだという。アニメ映画と言われてるとなんだと思う...

新「城西美女図鑑」

6年前に「河」の句会である城西支部の企画で「城西美女図鑑」なるものを作成、配布した。そのブログ記事が→こちら。当時のメンバーで辞めた人もいれば新たに参加した人もいる。昔の「城西美女図鑑」を見た新会員から「私も入れて」という声があったことから6年ぶりに「城西美女図鑑」のリニューアルバージョンを作成することになった。写真は前回が二十代だったが今回は三十代とし、各自数枚を提出してもらった。今日がそのお披...

最高気温偏差

一昨日の予想どおり東京の今日の最高気温は20.6度、平年値は11度ぐらいなのでと2月としては記録的な気温を観測した。東京だけでなく北海道以外は概ね平年値に較べ6度以上高い最高気温が観測されたようだ。上図では6度以上は十把一絡げなので、東京に対し実際何度高かったのかを調べると今日はプラス9.7度、ちなみに昨日がプラス7.7度、一昨日が6.5度だった。平年値より10度近く高いというのは確かに異常値であ...

左サイドMenu

プロフィール

時の旅人

Author:時の旅人
辰年の獅子座のO型

最新記事

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック