風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

十三夜

十三夜。陰暦九月十三日の月。だから満月ではない。俳句をはじめるようになって知ったことは数々あるが、十三夜もその一つ。満月ではないのに、名前を付けて愛でるとは日本人ならではの文学性。中秋の名月を「前の月」、十三夜を「後(のち)の月」と呼んだり、二つの月を合わせて「二夜(ふたよ)の月」と呼び、中秋の名月にだけ月見をし、十三夜を祝わないことを「片見月」と呼んで忌み嫌うという風習もあったらしい。

自分が知らなかったから、というわけではないが、現代の日本において十三夜の月を愛でる人というのは百人に一人もいないのではないか。これが十三夜の月。確かに少し欠けたその姿にはもの寂しい趣もある。

20151025.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック