風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

トラック一杯のアジサイ

雨は朝には上がっていたので暫くぶりにゴルフに。こぶしコースも白樺コースもクローズされているがから松コースは来週いっぱいオープンしている。出遅れたので、スタートは8時45分頃。アウトは何組か出ているというのでインに回してくれた。11月の平日でもプレーする人はいるんだと思いつつ、結局人影を全く見ないで1ラウンド終了。

簡単な昼食後、気になっていた棚の作成に取り掛かる。棚があると何かと便利かな、と以前から思っていた。棚一枚ではあるが、大工作業にもすっかり慣れてサクサクと完成。完成してみると机に置くものを全部棚に上げておくのでとてもすっきりかつ快適。


続いて秋耕ならぬ晩秋の庭の手入れ。最初の作業がアジサイの剪定。アジサイは花を付けた枝には翌年花を付けない。だから、花の終わった枝は根元から切り取る。剪定というと、ガーデニング好きのおば様が上品に枝を切るようなイメージだが、アジサイの選定はダイナミックかつ肉体労働。今年は花の付きが悪かったとはいえ、切り取った枯れた花のついた枝は軽トラ半杯分くらいになる。花の付かなかった枝が3倍ぐらいある感じなので、来年はアジサイガーデンになりそう。

続いて駐車スペースの整地と枯れた花や葉の刈り取り作業。これは入り口右側の手を全く掛けてやらなかった部分から始めた。ビフォーアフターの撮影をしなかったが、これらもけっこうな肉体作業。

作業を終え、温泉に入り、ビールをウメェーと飲み、日記というかブログを書くとそろそろ夕食の準備の時間になってしまっている。ホームページにも手がつかないし、12月3日の荒地句会までに延べ55句を取り揃えばならない状況なのに、少々時間があると思って手を抜いたせいかこれもかなりまずい状況になりつつある。ピアノの稽古も碁の勉強もできそうもない。夏の4か月、月6日間も働いていたのがなんとも不思議。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック