風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

4番目のお仕事

1番目目は現役時代から仕事を共に進めていたコロラド州の会社との時間契約、2番目が某社とのほぼ同条件の時間契約、3番目が5-8月に携わったセンターとの日当契約。いずれも現在具体的な業務はないが契約上、オファーがあれば引き受けること可能という状況。2番目の契約だけはやる気十分あり。

という環境下、今週月曜日に卒業した某私立大学研究室の跡を継がれた教授からお仕事の打診を受けた。某省が来年の春からある実証実験を始めるそうで、その計画に対し別の某省が独自の立場から計画を審査する。その審査の下請けを某社が請け負い、その某社のお手伝いをしてもらえないかというもの。週に1日という話だったので、お役に立てるならという前提の元、話だけは伺うことにした。で、早々に今日の午前中に面談をしてきた。話を聴くに、必要とされる背景は了解、業務内容も対処可能、ただし1月中旬に最終計画書を提出する状況の元、計画書を全て理解して期待に応えるには時間的に無理、と応えた。が、先方曰く、専門家がいない現状において相談相手という立場でも結構なので、と丁重な要請。わからんでもない状況なので、而して新たな仕事を引き受けることとなった。9時出社、17時半退社という日課の元明日から出社。明日は荒地句会なので17時過ぎには・・・と言うと、その辺は適当にという話。なかなかホームページに手がつけられない。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック