風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

冬日

目覚めれば冬雲の間から日が射していた。西に寒気が来ている割に暖かい。これは、お米を焚いている釜。シンガポールで娘が使っていたいたものを貰った、ロンドンでは使えないので。1合でもおいしく炊ける。


簡単な朝食を終え作業開始。昼前から時雨模様になるも無事終了。今までビニールシートを捲いてから棕櫚縄で結んでいたが、棕櫚縄を雪が引っ張るので今年は棕櫚縄で枝を縛り付け、しかる後にビニールシートを捲くことにした。これなら、雪が滑るので被害は少ないはずという学習効果、があるはず。
20151216-2.jpg

これ、シュウメイギクの種。冬ざれの野にぴったり、とはいえ家の庭。
20151216-4.jpg

而して一日が終わる。
20151216-3.jpg

一瞬を雲の燃え立つ冬日かな
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック