風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

12月と2015年のまとめ

結局、12月31日24時の積雪深は11cm。統計上、2016年1月1日の最大積雪深は20cmになる見込み。記憶にある限りでは最小の積雪深。では記憶外では?、ということで過去に遡った。すると、藤原のアメダスの積雪深の観測開始は新しく1989年の11月から。まだ27年分しかない。で、今年より雪が少ない年は2回、1997年と1998年の元旦で、それぞれ11cmと3cm。すなわち、27年間で3回は雪の少ない正月になる。この冬が異常、と言うほどではなさそうだ。

さて、12月のまとめ。

1)寝場所:
自宅 26日、外泊 5日。

2)内容:
-用事のない日 7日:気分的には慌ただしかったが自由な時間も多かった。ただ、なすべきことも多かったので気分的には慌ただしかった、というトートロジー。
-用事のある日 18日:だから見かけ上忙しそう。
-山荘 6日:要するに山荘に来るまとまった時間が取れなかったわけだ、なるほど。
-山と旅 0日:当然。

3)ゴルフ:
1回。妻との赤羽ゴルフだけ。練習もちゃんと行っている。練習が調子いいのは当たり前だが、内容が変化している気がするには思い上がり?

4)走行距離累計:
累計約27,500km。 クルマが来てから27ヶ月半。。

5)アルバイト :5日、ただし午前だけというのが2日。

6)引き出したお金:15万円。何かと多い。


続いて2015年も総括する。わかりやすいように2014年と比較。休日とは、東京にいてかつ誰とも約束をしていないので1日を100%自分の好きなように使える日、ただし一人旅、例えば花行脚、は除く、というのが比較的正確な定義。用事のある日とは、逆に誰であれ、すなわち妻であっても、何らかの約束をして何かする日という意味。時間は無関係。
2015年間内訳

2015年の特徴は定時出勤を伴う仕事を引き受けたこと。定時出勤はしない、と公言していたにもかかわらず、2つ引き受けたので27日間相当(半日出勤が3回)ある。また時間契約の仕事が18.5時間。また参加する句会も増えた。だから2014年に較べ、休日が大幅に減った。ただし、1年は52週あるのに年間休日が60日未満というのはブラック企業並、というわけではない。

一方、相変わらず山にも旅にも仕事を辞める前に思っていたほど行っていないし、山荘には年間100日ほどと、この二つはあまり変化がない。2016年は妻も仕事を辞めるというし、山と旅にも出かけたいなと思うようになったので、行動パターンに変化が現れるかもしれない。

なお、ゴルフが34回でスキーが14回。分類のカテゴリーは上図とは別。いずれも普通の人よりは多いかもしれないが、趣味とする人から見れば少なくなんとなく中途半端な数字。数字をみればその人の生き様が見える。



関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック