風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

悲しい通知

悲しい通知、といっても誰かが亡くなったわけではなく、他人にとっては典型的などうでもよい話で、全く同情の余地がないのは知っているが、自分にとってはとても悲しい話。

水上高原ホテル200から封書が来ていた。主旨は2016年のグリーンクラブ友の会の会員募集案内。去年はこれではなく8万円の年間パスポートを購入した。おかげで、ワンバッグ割増フィーを払っても、3000円台で、ゴルフコースの貸し切りプレーをしてきたことは昨年随分書き記した。ところが、今年は年間パスポートの案内がない。資料を見ると、アーノルドパーマー設計の旧プリンスホテルの3コースのゴルフ場が2コースに縮小され、名称もからまつコースが「フォレストコース」に、こぶしコースと白樺コースがハーフずつ合体して「スカイコース」と改称されたという。確かに、予約なしかつ3000円台で、ゴルフコースの貸し切りプレーをしてきたこと自体が異常なことで、他人事ながら経営を心配したのは正しい心配だったということだ。プレーフィーもそれぞれ、平日で7200円、7700円、夏季はさらにプラス1000円と値上がりした。2バッグ料金は平日無料とあるが1バッグ料金の記載はない。

さすがに1バッグが拒否せれることはないと思うが、友の会会員になってもプレーフィーは大幅に上がる。多分、ワンバッグ自体が許しがたいプレート気付かれなくなったのだろう。まあ、閉鎖されるよりは100倍ぐらいましなので、みんなで経営に協力しましょう、と思えばそれほど悲しいことではないか、と書きながら気付く。ワンバッグでも2バッグ料金を払えばプレーさせてもらえると楽観中。

今日は「季」の例会だったが、まるでダメ。昨日に続き今日も外れの日。この際、厄は出し切った方がすっきりしていいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック