風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

オスロ会ゴルフコンペ優勝ス

すっかり定着した感のある千葉県の季美の森GCでのオスロ会のゴルフコンペ。

昨年の3月のブログを見返すと、「・・・土曜日の調子よかったので、今回も、と、大いに期待して、馬券も自分を頭に全員流しという気の入れようだった。が、よくあるように結果はいまひとつ。空振りさえあった。力が入っていたわけではないが、さまざまな練習ではありえないスイングや球が出て、高ハンデにもかかわらず2位。準優勝ではあるが、内容に不満が多くちっとも喜べない。」だそうだ。

で、今日はというと、「昨日の練習の調子が絶好調だったので、今回は、と、大いに期待して、(以下同分)」。一つ違うのが、ハンデが大きいので優勝した。去年に較べ4打減。もう一つの違いが失敗の原因に対する認識。「力が入っていたわけではない」訳はなく、失敗は全て力みのせいといって良いことに今年は気付いた。これは大きな進歩。いずれにしろ出来が悪いので、やったぜ優勝!、という感はない。

次回幹事の権限として、開催ゴルフ場の変更を優勝スピーチで提案した。ここは、手入れの行き届いたたいへんきれいなゴルフ場なのだが遠い。車で75kmほどだが、朝は首都高を抜けても千葉周辺の渋滞があるし、帰りは東京の渋滞がある。電車の人は7:15東京駅発の特急に乗り、タクシーで来ている。帰りもそれなりにたいへん。

代替案として、新宿から埼京線で20分、駅から徒歩10分という赤羽GCを提示した。皆さん、思う所は同じでも全員違う会社とあって慣例の変更を言い出せなかったのか、あっさり異議なしで可決。これだけ宣伝してかつ実行すれば、赤羽GCから表彰されるかな。

関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック