風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

5月の異常高温

城西支部のおばさまから、「初めての出品で銀賞をとりました!」という招待状をいただき、朝一で立川に行く。水墨画をやっているのは知っていて、何かあったら連絡をくださいね、と以前に話したことがあった。実は学生時代に絵を習ったことがあって、それが水墨画。生徒は、当時の眼から見ておばあさんばかりだったが、けっこう若かったのかもしれない。張歩という画家の展覧会に行った時、画集を購入してサインをもらったこともあった。昼から碁会だったので、10時の開場に合わせてでかけた。「春を待つ」という題の力強い渇筆の見事な作品。写実と言うよりは抽象画に近いかもしれない。一言で言えば素晴らしかった。

帰宅して「真田丸」を見た後は「河」HPのアップデイト作業。とても忙しい一日とはいいつつ、ブログもアップ。

ここ数日、北海道東部が最高気温ランキングでベスト10を独占、というニュースが流れていた。昨日のデータだが確かに網走北見地方が上位に並んでいる。気象庁の記録を見ると、しかし異常気象というわけではなく1996、98年にも5月に33度以上の最高気温が観測されていた。妻はこの地方の育ちなので知っていそうだが、その頃はオスロで暮らしていた。
20160521最高気温

なんでこんな気温に?と調べると、850hPa等圧面、すなわち上空1500m付近に15度以上の暖気団が北海道北部に居る。これは沖縄以南の上空の気温と同じ。なるほど、というわけではなく、なぜそんな高温の気団がそんなところにできるのか、よけい気になるがよくわからない。多分サハリンでも異常高温と騒いでいるのだろう。
20160521高層
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック