風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

第37回角川春樹賞応募句提出

幸いの雨空。個人的に今日が実質締め切りの角川春樹賞への応募句を朝からまとめ、投函してきた。今回で4回目の応募。最初がスカ、2回目の2014年が入選で去年がスカ。昨年の全国大会競詠作品では2位になったが、主宰や角川春樹賞の選者の先生方、無鑑査同人11名の内、お一人が3位に取ってくれただけ。すなわち、現状では出すだけ無駄、という雰囲気が目いっぱい漂。当然ヤル気にはならず5月の連休が明けてからようやく手を付け始めたというのが実態だった。去年一昨年はちゃんと年初から意識して準備を進めていた(去年はスカだったが)。

それでも、編集に携わっているし、HPの実質担当責任者みたいなことをやっているのでやはり参加しなくてはならない。幸いパソコンで俳句を作っているので、ボツにした句を「ゴミ箱」として多数保存してある。今回は時間が無いので、ゴミ箱漁りからスタート。けっこう今見ると使えそうな句があるのでそれらを拾い自己添削、いくつか新作を加え30句揃えた。どうなるかわからないとはいえ明らかに主宰の好みとは遠いところに居るのであまり期待しないでおこう、と書きつつ競詠みたいな奇跡をちょぴり期待している自分がいる。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック