風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

Windows10のデスクトップ画像

Windows10になってからパソコンを起動すると、時々というか頻繁に、きれいでしょ、といわんばかりに勝手な画像が現れる。鬱陶しいこと甚だしいと思っているが、たまに行ったことがある画像があると溜めることにしている。手ぶれはないしピントばっちりの高精度画像なので、画像としては悪くない。しかし、写真としては好きではなく、この写真家とは話が合わないと思う、向こうもお前と話す気などないと言うだろうけど。

これまでに6枚溜まったのでコメント記入。


これはノルウェーのフィヨルド沿いの町。ベルゲンではないと思うがさてどこだかよくわからない。

b20160526.png
シンガポールの「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」という4年程前に開園した植物園の入り口の前庭。超有名なホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」の隣に位置する。確かに度肝を抜かれる感じ。

b20160530.png
カナダはバンフ国立公園のレイク・ルイーズ。なんで曇り空の写真にするのかセンスを疑うが、確かに美しい。この撮影ポイントの右側にしゃれたホテル「シャトーレイクルイーズ」がある。訪れたことのある人も多いだろう。カルガリーへの出張時に車で連れて行ってもらった。出張に観光が付くのは普通、だから舛添さんを非難しない。

b20160608.png
ここはさすがに日本人で訪れたことのある人は少ないだろう。ノルウェー人でも多くはないに違いない、全人口が600万人しかいないのだから。「アトランティック・オーシャン・ロード」といい、ノルウェーの首都オスロの北東400kmほどに位置する。「世界でもっとも美しい道路の1つとして、車のCMのロケ地としてもよく使われる」そうだ。アルバムを紐解くと1998年7月行っている。出張の用事が済んでから、レンタカーで行った。家族が写っていたから一緒に行ったらしい。ただし旅費経費は自費、潔癖というより、そういうことに公費を使う自分がイヤ。

b20160626.png
これはエーゲ海のミコノス島。ここも人気スポットなので行ったことのある人は少なくないだろう。クルーズ船に初めて乗った旅で、トルコのエフェソスやクレタ島まで行くエーゲ海クルーズ。船は3000トンぐらいで、今や小舟。


b20160806.png
タイはプーケットのパンガー湾。30年ほど昔のバンコク駐在員時代。なんで曇空なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック