風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

ハンディ9

すべからくどんな分野であってもトップクラスになるためには、人生の荷重をその分野に大きくかけねばならない。ゴルフも同じでシングルハンディとなる人はゴルフにかける情熱や時間やお金がまるで違うというのが常識。このハンディ9というのが元の会社の技術部コンペにおける私のハンディ。私を知らない人は、よほどゴルフに情熱を傾けた人なのだと思うかもしれない、ゴルフの記載も時々あるし。

しかし実態は世のシングルハンディとははるかに遠い世界にいる。ハンディ9の日本選手権があったらダントツのブービーメーカーになるのは必定。なぜ、そんなことがになったのか?

元の会社、ゴルフをやる人はそこそこいるが、技術部では上手な人が少ない。また参加者も少ない上うまい人はあまり参加しない。100を切る人が毎回2-3名という極めてゆるいゴルフコンペ、参加するには楽しくて良い。そんな中、何回か優勝を含め入賞してハンディがみるみる減った。1位3割、2位2割減というハンディ調整。去年の秋はハンディ12で参加してグロス97、ネット85で2位、その結果ハンディ9になったしだい。

今日はそのゴルフコンペの秋の大会、といっても参加者10名、場所は恒例の赤羽GC。高確率の雨の予想だったが結局一粒の雨も降らなかった。結果はハンディがものを言ってBB賞。ちなみに参加者の平均グロスは106。ああ楽しかった。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック