風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

月の大きさ

編集作業の合間のおしゃべりで、K子さんが昨日お月様がこんなに大きかったの、といって両手を大きく広げて見せた。何時頃?と聞くと6時過ぎというので、月の出のすぐ後、街並みの上に見えたのだろう、なるほど目の錯覚で大きくは見える。そこで、月が真上にある時、月の大きさはどのぐらいに見えるか尋ねた。すると女性陣は概ね両手で巨大バスケットボールぐらいを示した。

大分前に家で同じ話題になったことがあった。妻が一番大きくてバスケットボールぐらい、娘二人はそれでもバレーボール程度を示したのでその時はひどくびっくりした。自分では月の大きさはせいぜいテニスボールを二回りぐらい小さくしたイメージだったから。そして、再び当然のようにバスケットボールのような月が示された。

昨日は満月、月齢は15.1日。先ほど16日の月の大きさを測った。両手を伸ばして親指と人差し指で月を挟むようにするとその隙間は1㎝ほど。月の大きさを手で示すということ自体物理的にはナンセンスな話であるのは承知しているが、人によってイメージがそんなに違うという人間の感覚の個体差に茫然。もしかしたら女性の方が大きく見える傾向があるのかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック