風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

プライオリティの変貌

今日は久しぶりに「みなと句会」の定例会に出席する。吟行が二つ入ったせいもあるが、出席は4月以来。少々前までは「みなと句会」のプライオリティは高く、万障繰り合わせて、という感じで参加していた。出席しなかったのは何か用事があった訳で、手帳をめくってみた。どうも句会のプライオリティが下がったというよりは、他にやりたいことがあった、というのが正しい表現のようだ。それをプライオリティが下がった、というんじゃないの?という指摘はその通りであるのだが、会社を辞めて自由に生きているうちに、自分にとってより価値のあるものが新しく生まれていた、という感じ。全体のレベルアップ。これまで最高においしいと思っていたものよりもっとおいしいものがあったという発見に似ている。相対的に価値が下がったという意味で碁も確かに同じような位置づけだ。面白さが以前と変わったわけではない。きっと人生がより広く豊かになっているのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック