風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

晩秋真っ盛り

朝のテレビでピカピカの青空の東京が放映されていたが、こちらは冬雲が一杯の空。気圧配置が冬型だからしょうがない。おまけに北風も強く、どうしようかとグズグズしていたが、8時半過ぎに水上高原GCに向かった。さすがに10月下旬の平日もなると閑散としている。アウトは前後無人の貸し切り状態、インのスタートに前の組がいたので、近くの人影のない15番からスタートした。ゴルフ場はそんなことにこだわらないし、前の組も後ろに付かれるより10倍ぐらい快適なはず。もはや完全にマイコース状態、三木谷氏よりよく知っているかもしれない。

寒いし追加ハーフを回る気にもならず、県道水上戸倉線の18キロポイントに行くことにした。天気予報では午後からお日様マークになっていたから。確かに雲は多めだが太陽がたっぷり出た。照葉峡は丁度紅葉の見ごろだったが、ここまで登ると山の木々はすっかり葉を落としている。
 20161027-2.jpg

まさに晩秋真っ盛り、ちょっとヘンかな。
20161027-3.jpg

こちらが照葉峡。日が射すといい雰囲気になる。
20161027-4.jpg 20161027-5.jpg

ついでに奈良俣ダムへ。冬型のため北からの雲の流れが早いのだが、ダムと太陽の間に絶妙な雲があって、これが帯状に続きなかなか切れない。すなわちダム提の付近はいつも雲の影。30分ほど粘ったが諦めた。数少ない雲の切れ間の貴重な画像が右。
20161027-6.jpg 20161027-7.jpg

山荘にもどり温泉に入ってビールを飲んでこんなものを書いているとそろそろ夕食の準備の時間。こんな生活をしていると一日があっという間に過ぎてしまう。
20161027-8.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック