風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

芋餅

妻は北海道生まれ。先日北海道に帰った時に母から芋餅を教えてもらったという。戦後、お米の無い時期の北海道ではおもてなし料理に作っていたらしいが、食べた記憶は全くないとか。戦時食みたいなもので良い思い出がないからだろう。作り方はとても簡単、ジャガイモを茹でて、製パン器(餅つき器)に入れ、スイッチを入れるだけ。写真は卵焼みたいだが、ジャガイモ4個から作った芋餅。食感はかなり柔らかな餅という感じ、多少の粘り気もある。今日はこれが夕食だった。餅のようにちぎって納豆餅とお雑煮のような汁物に餅として入れて食べた。納豆餅は、納豆の香りが強いので柔らかな餅を入れた納豆餅と言われてもわからない。お雑煮はやはり柔らかな餅だが、多少ジャガイモのニュアンスがある。ただジャガイモを入れた汁物があるぐらいなので違和感はなし。これでお腹いっぱいになり幸せ感十分。


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック