風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

恐怖のリアリティ

2017年度予算案が閣議決定されたそうで、一般会計の歳出総額は97兆4547億円、5年連続で過去最高を更新と、まあそこだけはめでたい、のかな。細かい話はスルーして国債に注目する。日経の図がわかりやすいので借用。歳出に国債費として23.5兆円、一方歳入に国債発行で34.4兆円。どういう事かと言うと、まず2017年度に償還しなければならない国債、すなわち返済期日の来る借金のようなものが24兆円あり、返すお金がないし他にもお金が必要なので35兆円新たに国債を発行してお金を借りるというもの。
2017年度予算

借り入れが普通であるように国債の発行自体はよくあることでおかしなことではないのだが、国債残、すなわち借入金がサラ金で借りたように膨張し続けてしまった、というのが日本の現状。この借金残をGDP比でみればダントツの世界一。
201612国債残高

これの意味するところと対策は何回か詳しく書いてきたので割愛して、今回は関係する数字が出たので現状を正確に記しておく。

まず予算。新規国債発行額がずっと減っています、偉いでしょ、となっているが、先に記したように10兆円(=34.4-23.5)国債残は増えている。これは来年度だけでなく恒常的な構造。新規の国債発行を0にするためには、歳出を削減して税収を上げるという神業が必要だが現実的には不可能。

次に国債発行残高。年度末の見込みは844兆円。財務省資料には「税収の15年分」とあるが、税収を全て国債費に充てるわけにはいかないので意味は規模感だけ。今回の予算の国債費だと36年分になり、こちらの方が多少規模感としては現実的だろう。ただし、これは新規国債発行額が0の場合。実際には上述のように10兆円ずつ毎年増えるので、将来的にも新規の国債発行額が国債費を下回らない限り無限大に発散する。これは冗談ではなく算数として最も可能性のある日本の財政の将来像。

もう一つの数字が今日発表された12月20日現在の日本銀行が保有する国債の銘柄別残高。これが348兆円、発行残の4割にあたる、国債発行額の10年分。日銀は日本の中央銀行であると共に、財務省所管の認可法人で、出資者の55%が政府という上場会社。即ち親子関係で、打ち出の小槌を持つ孝行息子が、親の借金の4割を返済して借金の手形だけを保有しているようなもの。息子が手形をこっそり破り捨てても見かけ上は何も起きない。が、さすがにできないでいる。これが財政規律という話。

話は少しずれるが、日銀の国債の平均買い入れ金利は0%に近い(=高い価格での国債購入)ので、市場金利が1%にでもなれば国債価格は暴落する。しかも、財政規律を守るのであればいつかは量的金融緩和を解除する時には市場で売却しなければならないので、国債の大暴落は必至。国債が暴落すれば円も売られるが、更に財政規律を破れば円の大暴落。国債と円の暴落が生ずれば金利は上がり、而してインフレスパイラルが生じる。

と、定性的な話は全く変わりはないが、金額がはっきりしたので恐怖のリアリティが満載になったという話でした。




関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック