風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

日の出時刻

呼子で気のついたことの一つが朝の太陽の低さ。東京で8時といえばそこそこの高さに日が上がっているが、呼子ではやけに低く思えた。確かにここは日本本土でも西の端に位置している。太陽は東から上るので西に行くほど日の出も遅い。1月21日の呼子の日の出時刻は7時27分。東京は6時53分。気のせいではなかったようで30分以上遅い。

そもそも東京の日の出時刻が7時を過ぎることは冬至と言えどもない。思えばここはこれまで訪れた中で一番西に当たる。正確には石垣島の方が西に位置するが、夏だったので朝の日が高い低いという事は気にならなかった。一方一番東が根室。そこで4か所の日の出時刻をまとめたのがこれ。表示は東京の日の出時刻との差。東に位置する根室は若干東京より早い程度で、石垣島では40分遅い。
日の出 

ついでに日の入りも。なぜか日の入りの時刻の方が差が大きい。太陽は西に沈むので東の方が日の入りは早く、根室で43分も早く、石垣島では76分も遅い。両者の差は2時間。緯度、経度とも約20度の差がある。日本はその主権の及ぶ領域において、決して小さな国ではなさそうだ。
日の入り

屋上では見ごろの薔薇が咲いていた。年末から咲き始めた梅は五六分咲きで、昨日までの雪の世界が夢のよう。
20170126-1.jpg 20170126-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック