風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

雲龍渓谷へ

昨年の暮、みなと句会のC先生から雲龍渓谷の企画に誘われ快諾、行ってみたいところの一つではあったが一人で行く気にはなれず長年放置し忘れていた。ただ、ここ数年山からは遠ざかり、昨年行ったのは確か高ボッチ山と鉢伏山(1928m)だけ。6月に書いたが、高ボッチ山が頂上まで10分、鉢伏山が15-20分ぐらいだから、昔だったら山に行ったとは絶対に言わなかったレベル。体力に自信がなかったので少しだけ熱心にトレーニングをした。昨日もオアシスで傾斜を12度つけ時速5キロで30分歩いたがけっこう快調だった。
雲龍渓谷

40年ぶりに冬山装備を引っ張り出した。ピッケルもアイゼンも錆が少々浮いているが機能に問題なし。中国製の羽毛服も日に干したらかなり膨らんでくれた。転んでひどいことにならなければ大丈夫。スキー用のヘルメットを装着して行く予定。
20170127-1.jpg

寒気団も去り、29日(日)の12時の上空850hPaの高層天気図は0度の等温線が福島の上付近まで北上すると言っている。天気は曇がちだが、気温は-5度以上だろう。歩くと汗をかくぐらい。
20170129高層

今日もオアシスに行こうとは思っていたが、遅くなったのでパス。今日はさる飲み会で神田へ出かけねばならない。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック