風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

第40回俳人協会新人賞

第40回俳人協会新人賞に句集『山羊の角』 (やぎのつの)鎌田 俊が選ばれた。「俳句文学館」の1月号に新人賞候補9編の一つにノミネートされていたが、受賞に至った。機密情報の漏洩ではなく、俳人協会のホームページにも記載されている。

鎌田 俊て誰?というのは当然の疑問だろうが、「河」の副主宰兼編集長。要するに編集を一緒にやっている。いくつかの句会でもいっしょ。おじさんではなく、まだ四十前で、やはりおじさんか。

1月の東京例会にて、副主宰からも色紙をいただく幸運に恵まれた。幸運というのは謙遜ではなく、欠席投句された句が特選に取られたが、不在のため横滑りで秀逸を得た拙句に色紙が回ってきたもの。色紙の句はこちら。「山羊の角」の45ページにある一句だ。
 
   抱けば子の熱きはらわた十三夜

20170130.jpg

蛇足ながら色紙を得ることになった駄句は

   滾りたつ夜明けのミルク銃猟期
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック