風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

金沢はゼロセンチ

西日本の日本海側での大雪、車や列車が立ち往生してニュースの映像には事欠かない様子。なんとか大雪の感じを出そうとカメラマンが苦労して撮っているのがよくわかる。アナウンサーは深刻な声で原稿を読んで読んでいるものの、雪の量としてはたいしたことがはなく、雪に対して無防備な地域に降ったので騒ぎが大きくなっている。

普通寒気団は北海道の左上から降りてくるのだが、今回は本州の左上から日本列島の横っ腹へのボディーブローのような感じで寒気の直撃を受けた。だから上空の温度は北海道の方が高いという変則パターンになっている。
20170211高層

そのため、福井県から島根県にかけて平年比で2倍以上の大雪になった。小浜では平年の6倍になっているが、平年値が11センチなので驚くには当たらない。興味深いのは石川県から山形県にかけての海沿いの平野部では、依然として雪が少ないこと。元々石川県は雪がそれほど降らないところなのだが、金沢では昨夜に3センチほど降ったようだが現在の積雪深はゼロ。しんしんと雪の降るひがし茶屋街などさぞ風情があって良いと思うが今年も巡り合うことは難しいようだ。
20170211積雪深平年比

雪のないひがし茶屋街。DSC_2243.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック