風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

心霊写真?

千円札の裏を見て異様な感覚を覚えた。富士山の華麗なシンメトリーが崩れている。背筋が寒くなる気がして慌てて財布にしまった。「リング」の貞子が出てきそうな嫌な感じ。電車の座席に座って財布を取りだし、あらためて千円札を眺めるとそこには見慣れた富士山の均整の取れた姿があった。変だなと思うも、すぐに先ほどは千円札を逆さまに見たからで、歪んでいるのは本栖湖に映った富士山の方だと気が付いた。信じられない方はご確認のほど。
千円札

これが湖岸で切り取った本体の富士山と上下反転させた湖影の拡大図。鏡像なので同一でなければならないが明らかに湖影の富士山は歪んでいる。
千円札影

気になって調べた。製造元の国立印刷局のHPに行くと、「写真家の岡田紅陽氏が本栖湖から撮影した写真を基にした富士山」とある。写真がベースだとすると原版を作った職人がデフォルメしたことになる。そんなデフォルメを印刷局は認めたのか?

さらにネットサーフィン(死語かな)すると、岡田紅陽氏の原画の写真が見つかった(出典はこちら)。確かに写真から湖に映った富士山の容が歪んでいる。物理的にこの現象が説明可能かどうか考えたがよくわからなかった。それともこれは心霊写真?怪奇現象?
千円札原写真
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック