風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

帯状疱疹

昨夜、妻に背中がヘンなので見て欲しいと言われた。見ると、背中上中部に3X4センチぐらいの赤い発疹があった。「虫に食われたわけじゃなそう」ということで、ネットで帯状疱疹の画像を見るとどうもぴったり。問診をはじめると、日曜ぐらいから静電気みたいなピリピリした感じがあったという。発疹に気が付いたのは火曜日。しかし痛いとか痒いというほどのものではなく、最近続けている柔軟体操に伴う筋肉痛かと思ったがちょっと違う、という程度。また昨日になって腹部側にもピリピリ感があるという。

これは絶対に帯状疱疹の初期症状だから明日病院に行った方が良い、というのが昨夜の問診の結論。

今日は城西句会ですっかり遅くなってしまったが、帰ってすぐ尋ねると、やはり帯状疱疹との診断だった。治療はヘルペスウイルス用の飲み薬(ジェネリックの「バラシクロビル」)と対症療法の痛み止めと塗り薬。ウイルスの増殖を抑える効果があるらしい。2-3日で利き始めると薬の説明書きにあった。同時にグラクソスミスクライン社の提供している帯状疱疹の小冊子も貰って来た。読むと、治療は早ければ早いほど良いとある。

罹患した経験も患者を見た経験もないが、以前NHKの「ガッテン」で放映された帯状疱疹の番組を観た記憶が残っていたのが幸いしたようだ。患者としては結構初期段階で対処できたのかもしれない。まだそれほど痛む訳ではなく仕事にも差しさわりがないぐらい。ただし運動に対しては中止勧告あり。原則安静して体力の温存を図るようだ。まあ、ウイルスとの闘いだから当然だろう。熱もなく外見は普通なので見ている方は比較的安心していられる。

やはり夢と知識とお金はたくさんあった方が良い。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック