風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

花行脚2017

今年の桜は遅いと言っても、3月末には二三分咲きになっていたので四日ともなれば満開に違いないと思って今年の花行脚に出かけた。場所は市川。明日五日に本八幡で俳人協会の「花と緑の吟行会_東京」と銘打たれた俳句大会がある。ある「河」の会員が小島健理事に頼まれて受付をすることになっていた。その人から、「受付なので吟行に行けないから、花見に行くなら本八幡方面にしないか?」と誘われ出かけた次第。事前に吟行して出句を用意しておきたいという。調べてみると、市川観光協会だかがわかりやすい資料を公開していた。短慮の末、北総線の矢切から市川までにある5か所の「桜のみどころ」と中山法華経寺を訪れてきた(下図の赤丸)。
市川桜

大門で北総線直通の都営浅草線に乗り換え一本で矢切駅に着く。昨年末矢切の渡しまでロケに来たのでちと感無量。なんと矢切は地下駅だった。多分用地買収がこじれて地下鉄にしたのかな、などと思っていると、最初の目的地、じゅん菜池緑地に着いた。桜は見えないが、緑地の鬱蒼とした緑の中の小路をしばらく行くと池に出た。桜はあったが多くは二三分咲き。かすかに北に位置するだけでこんなに違うのかとびっくり。桜が多いわけではないが鴨は多い。なんといってもどこかの里の村という気配が良い。満開の時はさぞ気持ちの良い所だと思う。
20170404-1.jpg 20170404-2.jpg

20170404-3.jpg 20170404-4.jpg

そこから少々歩くと里美公園。Yahooのマップでは国府台城として城跡マークが付けられていた。公園に到る道の両脇は七分咲きの桜の道。期待が高まる。公園の入り口に着くと、ただの公園風、土日はライトアップもある地元では桜の名所らしい。確かにあちこちに石積みが残り、「夜泣き石」などという名跡もあった。里美氏が支配していたらしいが北条に破れ、徳川家康が関東を治めると国府台城は江戸俯瞰の地であることから廃城となったそうな。と、由緒正しいものの桜としては見るべきものなし。
20170404-5.jpg 20170404-6.jpg 20170404-7.jpg

続いて、真間山弘法寺へ。寺の由来はともかく、南総里見八犬伝の伏姫にちなんで「伏姫桜」と名づけられた樹齢400年のエドヒガンザクラがある。東京ハイクに較べれば距離が短いと馬鹿にしていたせいもあって20-30分歩くとずいぶん遠い気がする。大きな寺で途中の電柱に道案内もあった。
20170404-8.jpg 20170404-9.jpg 20170404-10.jpg

なるほどの枝垂桜。観光客そこそこいる。ここも残念ながら五‐七分咲きだろうか。ちょっと残念。
20170404-11.jpg 20170404-12.jpg

細かな地図を持たなかったので多少もたもたしたが次なる目的地の須和田公園。確かに桜はあるがただの公園。さらに歩くと桜土手。川沿いにあるのかと思ったら普通の道の片側が桜並木になっている。けっこうなボリュームはあるのだが、道の反対側には住居が並び風情絶滅。市川駅には12:45頃、待ち合わせの約束に少々遅れた。

昼食後、下総中山の中山法華経寺へ。東京に住んでいるので駅の名前は知っていたが下車するのは初めて。どうもこの街は歴史ある門前町らしい。駅から真直ぐに中山法華経寺へ続く道が延びている。平日というのにすごい人の波。大きな山門の向こうにいっぱいの桜が見える。相当のお寺とお見受けする。
20170404-21.jpg 20170404-22.jpg

桜並木のトンネルを抜けると写真で見た立派な五重塔が見えた。桜に浮かぶ五重塔は実に絵になるのだが、惜しむらくは桜は五分咲きぐらい。桜は樹の下から開花してゆくので、樹冠部はまだ赤い蕾ばかり。満開の頃はさぞや美しいのだろうと思う。
20170404-23.jpg 20170404-24.jpg

建物も多くあり、歴史は相当古いようだ。期待していなかっただけに大当たりの感動大。
20170404-25.jpg 20170404-26.jpg
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック