風の行方とハードボイルドワンダーランド

再雇用の機会を捨て自由な時と空間を・・・ 人は何のために生まれてきたのだろうか? これから本当の旅がはじまる・・・

Entries

「ラーメンな女たち」

上野の東京文化会館大ホールでの矢野顕子と上原ひろみのライブに行ってきた。グランドピアノ2台だけの二人の天才ピアニストによる共演。二人揃って登場し、いきなり始まった「ラーメン食べたい」。矢野の歌で始まるが、後は2台のピアノによるジャズとかクラシックをとかの枠を超越したピアノの協奏曲。超絶技巧の上原ひろみのピアノが主で矢野は伴奏という形だが、二人の気が溶け合って異様な興奮と感動が高まっていく。10分近い演奏が終わると満員の観客の拍手が凄い。以下前半に6曲、全て10分近い熱演。休憩を挟み、プログラムの最後曲がなんと「ラーメン食べたい」。同じ曲だが演奏が異なり新たな曲を聴く感じ。涙が出そうになるぐらいの感動だった。終了後は観客総立ちのスタンディングオベーション。これまで矢野顕子のライブは数多く聴きに行ったが、ピアノ芸術の完成形として最高、もしかしたら世界的に見ても歴史的ライブだったかもしれない。

と書いても、「ラーメン食べたい」にどうしてそんな感動できるのか想像することは不可能と思う。ところが、28日(金)8時からのテレビ朝日の「ミュージックステーション」に矢野顕子と上原ひろみが出演し、「ラーメン食べたい」を演奏するという。会場にはテレ朝の花輪も出ていた。ライブでは10分ぐらいをかけて最後は上原ひろみの渾身のピアノで感動の頂点に達するのだが、テレビでどの程度の枠が与えられ、どの程度のライブの感動が伝わるのか疑問だが、是非一見のほど。歌という枠を遥かに超えた世界という事はわかるだろう。

さらにホットニュース、5月13日(土) 18:00-18:30放送予定フジテレビ系「MUSIC FAIR」にも出演が決定したという。

ラーメンな女たち
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

最新トラックバック